加護亜依の8つの真実!苦労の絶えない人生と悲惨な生い立ちとは?

加護亜依(かごあい)さんと言えば、元モーニング娘。のメンバーであり、現在のロリ系アイドルのパイオニア的存在だった美少女です! 10代前半~10代半ば頃までの加護さんは、まさに超絶美少女といわれるのに相応しく、幼い魅力を全面にテレビで大活躍してくれていました! そんな加護さんですが、その後は壮絶で大変な思いをされていったことでも有名です。ここでは、そんな加護亜依さんの成功と転落と復活の物語を語っていきたいと思います!

トップアイドルとして愛された加護亜依



加護亜依さんは、90年代後半から2000年代初頭まで最も影響力のあったアイドルグループであるモーニング娘。の元メンバーで、デビュー時は12歳という、それまでのアイドルではみられなかった、幼さが魅力のアイドルでした。まるで小学生のようなルックスとキャラクター性は、当時のアイドルとしては非常に目新しく、多くの男性ファンを獲得した経緯があります。

しゃべればおバカなことを言って周りを笑わせ、時にわがままめいた振る舞いをし周囲を困らせ、やりたい放題だったのですが、当時人気絶頂だった彼女の暴走を咎める者は誰もいなく、ただただ人気だけが沸騰していったロリ系アイドルでしたね。

加護亜依の素性は?



加護さんはものまねが得意で、つい色々と研究してしまうクセがあるようです。得意レパートリーはサザエさんのタラちゃんやとなりのトトロのメイ等。フラフープ・パントマイム・水泳も得意なようですが、基本的には過度な運動音痴で知られています。ハロー!プロジェクトスポーツフェスティバルという企画では、60メートル走で小学生に負けてしまった程

しかし、ダンスダンスレボリューション(DDR)は得意なようで、『パパパパPUFFY』の企画でDDR対決を行った際は、モーニング娘。内予選と今井絵理子さんとの準決勝を制し、決勝進出までいきました(決勝では大貫亜美さんに僅差で敗れる)。趣味は料理と世界遺産を見ること。

加護亜依の真実①12歳でデビューし人気アイドルに



加護亜依さんは2000年にモーニング娘。に加入し、メディアに露出した瞬間、あまりのかわいさで一気に人気メンバーとなりました。今でこそ12歳でアイドルデビューというのはそんなに珍しくないイメージがありますが、2000年代初頭はまだAKB48のようなアイドルグループもなく、90年代にもいなかったタイプのアイドルだったので、その存在感は幼いながらも大いに醸し出していましたね。

まぁ、正確には幼かったから逆に存在感があったと言えるかもしれませんが。当時は生粋のロリ系アイドルというのは少なく、アイドルデビューというのは大抵10代半ばくらいという風潮があった中、12歳という若さでアイドルデビューした存在感が際立ったのでしょう。加護亜依さんは、いわばロリ系アイドルを世に定着させた先駆者と言えるアイドルです。

正直、今出ても売れない。でも間違いなく一ジャンルを築いたアイドル

加護亜依さんは、AKB48や乃木坂46のような、本当に可愛いロリ系アイドルが多数在籍する現在のアイドルグループにおいては、もはや過去の人でしょう。もし、12歳の加護さんが今のアイドルグループで戦おうとしても、周りのレベルについていけないのは目に見えています。

しかし、それでも加護さんがつくったロリ系アイドルのレールは脈々と今に受け継がれ、日本中の何千万人という人達の潜在意識に、「ロリっぽいアイドルがいてもいいんだ」という意識を植え付けさせたのは、間違いなく加護さんの存在のおかげです。加護さんは続く多くのロリ系アイドルの先駆者であり、新たなアイドルオタクの層を築いたパイオニアであるということを、私たちは忘れてはならないでしょう。

加護亜依の真実②母親は美人!しかし離婚と再婚を繰り返す

加護亜依さんのお母様が、とても綺麗な方だということでも話題になっております。上の画像に写っていらっしゃるのが、その噂のお母様です。確かに綺麗な方ですね! 平成となった今見ても美人だと思うのですから、昭和の熱い時代にこれだけ美人だったお母様は、きっとモテモテだったことでしょう!

それにしてもこのお母様本当に亜依さんに似てますね! 正確には、亜依さんがお母様に似られたという表現の方が正しいのでしょうが、とにかく亜依さんのかわいさは、このお母様から引き継いだものだと言えそうです!

お母様の離婚と再婚

亜依さんのお母様は、どうやら三度の離婚と二度の再婚を繰り返したそうです。亜依さんは一人目のお父様との間に生まれた子どもですが、そのお父様とお母様は、亜依さんが生後1年の頃には離婚しました。そして、亜依さんはお母様が引き取ったそうです。

その後、塗装工をやっている方と再婚したそうですが、これもすぐに離婚。3人目は運送業を営んでいる方ですが、どうやらこの方の仕事は上手くいかなくなり、モーニング娘。として当時4000万円ほど稼いでいた亜依さんの預金を、全て借金の返済に使ったようです。なんということでしょう!

他にも、亜依さんには3人の妹と弟もいるようですが、その子たちの学費も亜依さんの収入から出したという話です。亜依さんは、「家族だから困ってるなら私のお金つかってもいいけど、相談してほしかった」とのこと。当たり前ですね!

バカに見えた加護亜依さんだけど……



テレビ越しでは、とにかく本当にバカそうで悩みなんてなさそうに見えた彼女ですが、遊びたい年頃に4000万円も稼いでいたにも拘わらず、そのお金を家族が勝手に全て使い、なにも残らなかったという彼女の失望感は計り知れなかったでしょう

もしかしたら、テレビでのあの姿は、その辛い現実を忘れるために精一杯明るく勤めようとした、彼女なりの抵抗だったのかもしれません。4000万円という総理大臣並みに稼いでいた加護さんの収入も、家族という避けることのできない現実を前に、ゼロになってしまうとは。家族というものの存在を考えさせられる話ですね。美人なお母様の登場でほっこりな話かと思えば、逆でした。お母様も、もっと大事な時期に亜依さんを支えてあげてほしかったです。

加護亜依の真実③父親が娘の収入を当てにして退職する



運送業が失敗して莫大な借金を背負った継父ですが、亜依さんの収入を全て借金に当てただけでは飽き足らず、なんと仕事までやめてしまったそうです! 仕事が失敗→莫大な借金を抱える→亜依さんの収入4000万円以上を借金返済にあてる→それでもなお借金返済にはお金が足りない→仕事をやめる→もっと亜依さんに頼る。どうなのでしょう?

もし、借金を多大に背負ってしまったとしても、亜依さんがお父様のことを大事に思われているのであれば、それでも良かったと思いますが……。亜依さんの感じだと、あまり義理のお父様を大事に思われている印象はありませんね。それに、やはり亜依さんが稼いだお金を相談もなしに全て使い切るのは間違っているでしょう! 仮に借金返済の手伝いを売れっ子の娘に加担してもらう所までは仕方なかったとしても、亜依さんのためのお金は残してあげるべきだし、亜依さんのモチベーションは維持してあげるべきだったはずです。

加護亜依の真実④生い立ちが原因?喫煙報道で転落



それでも世間的には人気絶頂だった亜依さんですが、2006年2月都内のレストランで喫煙している所を写真週刊誌『フライデー』に証拠写真付きで掲載。亜依さんの所属事務所が事実関係を確認したところ、亜依さんの喫煙の事実はあったということで謹慎処分となりました。これは未成年者喫煙禁止法に触れる内容で、特にアイドルのようなメディア露出が激しい人間がやってはいけないことでした。

この頃から亜依さんの転落人生がはじまり、2008年には謹慎処分撤回を目前にカフェオーナー『SOMA』との群馬・草津温泉での一泊旅行が発覚。再度、喫煙の疑いをもたれてしまいます。やはり、この頃には家族のストレスも限界を迎えていたのでしょう。稼いでも全部勝手に使われるのだから、当然です。仮に家族に借金があったとしても、家族との心の関係がもっと良好であれば、なにかが違ったのではないかと推察します。

加護亜依の真実⑤結婚するも旦那のDVや自殺未遂

亜依さんは、2011年12月に会社役員の男性とできちゃった婚し、翌2012年6月には第一次女児出産を発表しました。しかし、この男性は亜依さんへの暴力がすごく、顔面が腫れあがった亜依さんの写真が雑誌に掲載された程でしたね。もちろん、その男性と亜依さんは既に離婚していますが、男性の方は傷害罪で逮捕されました。

さらに、その男性は亜依さんとの結婚前に、知人に山口組とのつながりをほのめかし恐喝した疑いでも逮捕されています。その時は、亜依さんは交際相手が逮捕された精神的ショックで、手首を切り自宅の前で倒れるという自殺未遂までしてしまいます。加護亜依さん当時23歳。子は親に似ると言いますが、亜依さんの場合もお母様同様多くの男性遍歴があり、お金持ちとの出会いも多かった亜依さんは、お母様以上に壮絶な経験をしましたね。

加護亜依の真実⑥アイドルとして復活するも元夫逮捕で活動休止

亜依さんの元夫は、結婚前から離婚まで合わせても、なんと3回も逮捕されています。一度目は前述した通り、知人を暴力団の名前を用いて恐喝したのが最初、二度目は2014年10月に出資法違反の疑いで逮捕さたこと、三度目は2015年6月9日、亜依さんに対して殴る蹴るの暴行を加えて、全治10日間のケガを負わせた容疑がありました。

亜依さんは、その間も芸能活動を再開したり、出産でおめでたムードがあった時期もあったのですが、ことあるごとに元夫との関係のこじれで尻すぼみに。せっかくの再起のチャンスも、事実上の活動休止状態まで追い込まれてしまいました。ここまでくれば、亜依さん自身の心の問題もありそうですね。亜依さんにとっては、家族とは安らぐ相手ではなく、傷つけられる相手だったのでしょう。

加護亜依の真実⑦会社経営者と再婚し第二子を出産

亜依さんは、2016年に美容関係の会社を経営する10歳年上の男性と再婚されております。世間では「今度こそ大丈夫なのか?」と心配の声が上がっていましたが、今の所大きな問題もなく順風満帆な結婚生活を営んでいる様子です。

2017年2月23日には第二子を出産し、名前を義継と命名。なんとも古風な名前ですが、このようなネーミングは世間ではシワシワネームと呼ばれ、話題になっているようです。名前負けしないような、たくましい子に育ってほしいですね!

加護亜依の真実⑧現在はライブ活動を中心に活動中



亜依さんは、現在は所属事務所を脱退し、フリーランスとしてライブを中心に活動されております! しかし、芸能関係者の意見は厳しく、歌も特別上手いわけではなく女優としての経歴もつけていない亜依さんは、今後は芸能界で活動していくことは難しいだろうという見方をされています。

亜依さんが芸能界で復活するには、どんな汚れ役でも喜んで引き受けた方がいいという意見はありますが、一番は、亜依さんが亜依さんなりにご自分の素質を生かした方向性にチャレンジして、一番輝ける世界を築いていくことですね!

壮絶な人生を捨てて加護亜依は幸せになるべき

壮絶な人生、それも本人の力が及ばない身近な家族の問題が原因だったという、かなり可哀そうな現実のなか生きてきた加護亜依さん。しかし、そろそろ亜依さんも幸せになっていいのでは? と世間の皆さまも思っている頃でしょう。

これまでは、若さからご自分の家族の問題に気がつかなったのかもしれませんが、おそらく、亜依さんの中では「家族とは不幸を与えてくる存在」だという先入観があり、そのせいで異常な精神の男性を選び続けてきたのだと推測します。もう、亜依さんはその不幸な事実に気づいて、新しい人生を歩むべきでしょう。お子さんも二人出産したわけですし、これからは家族仲睦まじく、人生初の幸せな家庭というものを築いてほしいですね。

映像 ザ・モーニング娘。ベスト10 [DVD]
ZETIMA (2000-06-14)
売り上げランキング: 12,065