【小林誠司】球界一のイケメン選手5つの魅力!年俸や成績にも迫る!\t

2017年WBCでその名を一気に広めた読売巨人軍の正捕手小林誠司。野球の実力も然ることながら甘いマスクで人気は急上昇中。球界一のイケメン捕手はメジャーも一目ほどの強肩の持ち主。小林誠司の魅力に迫る!

イケメン選手、小林誠司とは

・ #小林誠司 #22 #侍ジャパン #wbc2017 #0312

Mihoさん(@miho_hayato)がシェアした投稿 –



小林誠司は1989年6月7日生まれ大阪府堺市出身のプロ野球選手です。小林誠司は読売ジャイアンツに所属していてポジションは捕手で右投げ右打です。小林誠司は阿部慎之助のあとを担う正捕手として期待されています。

小林誠司の背番号は「22」で、2017年現在プロ4年目打順は主に8番という下位打線を任されています。小林誠司は内角を攻める強気なリードと二塁への送球1.9秒の強肩を誇る捕手として注目されています。

小林誠司は2017年のWBCで活躍をし昭和の名捕手野村克也氏に「これからは小林を見るのを楽しみにグラウンドに行きますよ」と評されました。ジャイアンツの扇の要が強ければ強いジャイアンツが再び蘇ります!小林誠司に迫ります!

魅力①小林誠司のスタートは?

幼少期から水泳に励んでいた小林誠司は小学2年生でソフトボールを始めました。堺市立赤坂台中学時代は大阪泉北ボーイズでプレーしていました。ちなみに小林誠司の母親が指導していたスイミングスクールには藤浪晋太郎(阪神)が通っていました

広島県の強豪、広陵高校に進んだ小林誠司は1年の冬に捕手に転向しました。2年の秋から正捕手になると3年夏の広島県大会決勝では、延長11回表に決勝点となるソロアーチを放ちチームの優勝に貢献しました。

高校最後の夏の甲子園大会は準優勝、同志社大学に進学しベストナイン3度、チームをリーグ戦4連覇に導く。ドラフトでのプロからの指名はなく日本生命に進んだ小林誠司は2013年社会人No1捕手としてドラ1で巨人に入団しました。

魅力②実は強肩!小林誠司の成績は?

お顔が整い過ぎです😂👏🏻 . #藤崎台球場 #小林誠司 選手

Ayumiさん(@ys_ttt)がシェアした投稿 –


日本生命時代の小林誠司は入社1年目から都市対抗野球に出場し、全ての試合でマスクをかぶるなど社会人捕手No1の実力の持ち主でした。プロ1年目の2014年、63試合に出場した小林誠司は盗塁阻止率.417と強肩ぶりを見せつけました。

2年目の小林誠司は70試合に出場して盗塁阻止率は.438と前年を上回ります。さらに2016年は129試合に出場し盗塁阻止率を.356と4割を切るもリーグトップの成績を残しました。

小林誠司は二塁までの送球タイムを1.9秒としていて、現役1位の相川亮二(巨人)の1.72秒に迫る勢いです。相手チームは足の速いランナーが塁に出ても小林誠司の強肩があるため、そう簡単に巨人バッテリーから盗塁することはできません。

魅力③小林誠司の年俸推移をチェック!



2013年社会人捕手No1として読売ジャイアンツにドラフト1位で入団しました。当時小林誠司は1億円の契約金でジャイアンツと契約を交わしました。年俸は1500万円でした。

1年目の2014年の小林誠司は63試合に出場して打率.255、2本塁打、14打点、盗塁阻止率.417で、シーズンオフに2500万円の年俸で契約更改しました。

2年目の小林誠司は70試合に出場し、打率.226、2本塁打、13打点盗塁阻止率.438年俸は2600万円としました。

レギュラーに定着してきた3年目の2016年129試合に出場し打率.204、4本塁打、35打点、盗塁阻止率は.356でリーグトップ、年俸は5000万円となりました。

魅力④2017年のWBCでは野村克也を魅了!



2017年第4回WBCにて日本代表は準決勝でアメリカ(優勝チーム)に惜しくも敗れました。しかしこの大会を通じ、プロ野球選手としてレベルを上げた選手がいる。その男の名前こそ小林誠司なのです。

辛口コメントで有名な野村克也氏「小林って正直、あまり注目していなかった」しかし「このシリーズで小林が俺の脳裏に焼き付いてしょうがない」と高評価をしました。

さらに野村克也氏は「大活躍だね。攻守に渡って。長生きではないけど、小林を見るのを楽しみにグラウンドに行きますよ」と今後の小林誠司の活躍に想いを寄せました。

野村克也氏は滅多に人を褒めるようなコメントはしません。本当に良い選手には「良い」と言い、悪い選手には「だめ」とはっきり言う人なので、今大会での小林誠司は相当良い活躍をしたのでしょう。

2017年WBCでの活躍



小林誠司は2016年シーズンオフに2017年にかけて師匠でもある阿部慎之助と自主トレを行ったことが報じられました。阿部慎之助に捕手道を叩き込まれた小林誠司。

WBC開幕直後は良い意味でファンの期待を裏切り、2次ラウンド終了時点で打率.444、18打数8安打と期待されていなかった打撃面で結果を残しました。

守備面での評価はもともと高かった小林誠司ですが、小林誠司がヒットを打つとなぜかチームが盛り上がっていて、野球中継のアナウンサーも小林誠司のヒットには興奮していました。

守備面でもオーストラリア戦ピンチの場面で岡田俊哉(中日)に声を掛けに行ったシーンはとても印象に残りました。今大会で最も良いプレーを見せてくれた小林誠司の今後に期待です。

魅力⑤小林誠司は坊主にしてもイケメン



侍ジャパンでの活躍が好印象の小林誠司は2017年初めに頭を丸刈りにして新しいシーズンに挑みました。この小林誠司のとった行動には多くのファンが驚いたのではないでしょうか。

小林誠司が丸坊主にした理由、それは先輩で師匠でもある阿部慎之助に原因があるようです。阿部慎之助は「勘違いしちゃダメだよ、髪なんかどうでもいいだろっ」と小林誠司にバリカンを入れたそうです。

元木大介氏などのジャイアンツの他の先輩も「今は野球に専念する時期、顔で人気が出ちゃって自信過剰になって落ちていくパターンになって欲しくない」と小林誠司に想いを込めたようです。

しかし丸坊主にしても小林誠司のイケメンぶりは変わらず、かえって好印象になり、新たな小林誠司ファンを獲得した結果となりました。

巨人のイケメンキャッチャー



今やその人気は坂本勇人を脅かすほどのものとなりつつある小林誠司。2017年WBCが終了すると東京ドームシティーのジャイアンツショップなどでは小林誠司グッズの売れ行きが半端ないそうです。

今でも生産が追いつかず背番号付きユニフォームなどは品切れになってしまうことが少なくないようです。ジャイアンツのイケメンといえば坂本勇人、長野久義、片岡治大などですが、小林誠司のイケメンぶりは更に加速して行きそうです!

あとは2017年以降チームで結果を残していけば何も言うことはない最強の捕手になってくれそうです。強肩と強気のリード、大舞台に強い打撃でジャイアンツを勝利に導いてほしいものです!

小林誠司の魅力は今後も増し続ける!

とりあえず形になってきましたと言うところでしょうか。阿部慎之助の捕手としての後継者が完全に固まりつつあるジャイアンツですが小林誠司にかかる期待は大きいと思います。

エース菅野智之を筆頭にジャイアンツ投手陣をまとめ上げる女房役、小林誠司は内角を幾度となく攻める強気なリードと決して盗塁を許さないレーザービームでランナーを警戒します。

ただもう一つ欲を言うならば小林誠司の打撃力にもう少し期待したいところではないでしょうか。打率の方も2割そこそこでは相手投手も楽なもので、3割いかないまでももう少し、相手にプレッシャーをかけて行きたいところです。

小林誠司に今後も注目!

2017.04.04 #小林誠司 #giants #ハマスタ

みさっきーさん(@89___g31)がシェアした投稿 –



小林誠司が元気だとチームが元気になります。小林誠司がヒットを打てば味方ベンチが盛り上がります。きっと何か持っている選手なのだと思います。今やチームに必要不可欠なムードメーカー。

守備面はもうあまり心配しなくても良さそうですが(伸び代はあるでしょうけど)やはり気になるのは打撃面ですね。もし小林誠司が打率.270、12本塁打、68打点くらいの成績を毎年残してくれれば、高橋監督はかなり助かるはずです。

しかし何れにしても現れた新スターをこれからも応援して行こうではありませんか!小林誠司がヒットを打てばチームが元気になります!つまりジャイアンツが元気になる!優勝目指して頑張れ小林誠司!