【織田信成】信長の末裔スケーターは3人の子供の父親!現役時代から現在の活躍や性格を調査!

織田信成といえば、号泣です。弱々しい人なのかと思いきや、戦国武将織田信長の血を引き、一途な愛を貫いた男の中の男なのです。最近は母校・関西大学スケート部の監督にも就任した織田の軌跡を振り返ります。

織田信長の末裔!織田信成とは

ホントに織田信長の子孫?

織田信成は、日本人なら誰もが知っている戦国武将織田信長の血を引く人物です。本人の説明では、「織田信長の七男・信高の系統で、信長から数えて17代目の末裔」だと。このことは、「ザ!世界仰天ニュース」に出演した時、中居正広から執拗に「怪しくないか?」と攻撃を受け、他の共演者が仲裁に入ったこともありました。

また、ワイドナショーにゲスト出演した時、犬養弁護士から「織田信長の子孫ということが負担になることはあるか?」と聞かれ、「友達から色々言われるのが嫌で、自分からは言わないようにしていた」と答えました。日本史の授業で安土桃山時代になると、教師が織田に答えさせようとしてプレッシャーだったと。

そんな織田がフィギュアスケートの試合でテレビに映ると、アナウンサーが「信長の子孫」と全国に伝えてしまいました

お笑いの人ではなく、凄いフィギュアスケーターです!!

織田信成は、男子フィギュアスケートの凄い人なのです。「お笑いタレント」と勘違いしている人がいるかもしれないので、ここで改めて説明させて頂くと、2005年世界ジュニア選手権男子シングルで優勝しています。その時の女子シングルの優勝者は浅田真央で、日本人がアベック優勝を飾った記念すべき大会でした。

その後、織田はシニアに転向し、世界レベルのフィギュアスケーターとして活躍しています。そうです!オリンピックにも出場したことのある正真正銘のアスリートなのです。ただ号泣するだけの人では、決してありませんので、お気をつけください。

大人気スケーター織田信成の軌跡

ママ直伝の英才教育でフィギュアスケーターに

メスケさん(@me_suke_55)がシェアした投稿



織田は大阪府高槻市出身で、実家は祖父が設立した下水管洗浄会社を、父が引継いで(現在は引退)いました。母はバレリーナからフィギュアスケーターに転向した人で、その影響から兄姉が滑っていたので、織田も自然と7歳からスケートを始めました。

「フィギュアスケートはお金がかかる」というイメージがありますが、織田も子供ながらに「親に迷惑をかけたくない」とスケートを辞めようと思った時期もあったようです。節約のためかはわかりませんが、織田のコーチは基本的に母・憲子でした。

母・憲子の指導のお陰で、織田は2005年世界ジュニア選手権で優勝を果たしましたが、母・憲子も息子の世界選手権優勝で、文部科学省の国際競技大会優秀者表彰・指導者の部で表彰を受け、フィギュアスケートの一流指導者という称号を手にしています。

織田の才能に惚れた関西大学がスケートリンクを建設!?

その後、織田は関西大学に進学し、アイススケート部に所属していました。一つ上に高橋大輔がいて、2人は既に世界的に有名なフィギュアスケーターでした。しかし、関西大生が練習していたリンクが閉鎖し、練習場難という大きな問題を抱えました。

すると、関西大学が「高橋大輔、織田信成という世界レベルの選手がいるのに、ウチがスケートリンクを作らなくてどうする!!」と、創立120周年記念事業の一環として2006年に日本の大学初の国際競技規格のリンクを備えたアイススケートリンク「高槻アイスアリーナ」を建設したのです。

そんな織田を、悲劇が襲います。2006年トリノオリンピック代表をかけた全日本選手権で、優勝と発表された後に採点ミスで2位に陥落し、オリンピック出場を逃しました。さらに、酒気帯びバイク運転の摘発で、試合出場停止の処分を受けました。

悲願のオリンピック初出場でまさかのアクシデント!!

2010年バンクーバーオリンピックは、謹慎前の織田の健闘で日本男子は過去最多の出場枠3人を確保していました。復帰した織田は、2009-2010シリーズで快進撃を続け、悲願のオリンピックへの切符を手に入れます。

そして、臨んだバンクーバーオリンピック初日のショートプログラムは、4位につける好発進。翌日のフリー次第ではメダルも狙える位置にいたので、高橋大輔、織田信成、あわよくば小塚崇彦と3人の男子がメダルを取るのではないかと、日本中の淡い期待が集まりました

織田のフリーは、予想外のアクシデントに見舞われました。終盤のジャンプで転倒し、困惑した顔で審判席に駆け込み、右足を見せ必死に何かを訴える織田。なんと、靴紐が切れていたのです。3分の演技中断で結果は7位入賞でしたが、練習中から切れていたのにそのまま本番へというのが、織田らしいです。

織田信成の現在は?

選手引退後はバラエティ番組でも活躍!?

2013年12月24日、ついにその日は訪れました。全日本選手権に出場していた織田は、会場のさいたまスーパーアリーナに向かう電車の中で、引退を決めたと言います。フリーの演技は悔いなくできたのに、思った結果が出なかったことで、「引退」がよぎったと。

全日本選手権のエキシビションでの演技終了後に、織田自身がマイクで「引退」を泣きながら表明しました。引退後は、後進の育成に関わるつもりだった織田ですが、希望に反してテレビ番組から出演依頼が舞い込みました。

最初は、「引退の記念に」という軽い気持ちで引き受けたようですが、あれよあれよという間に、お茶の間の人気者になり、出演機会が増えました。関西人なので、どうもバラエティに出たかったらしいです。

母校への恩返し-関西大学スケート部監督就任へ

愛美さん(@mana4552)がシェアした投稿

「このままバラエティの人になるのかな」と心配していた矢先、「2016年4月から、母校の関西大学スケート部監督に就任」という、嬉しいニュースが飛び込んできました。監督就任記者会見では、「初めてこの話を頂いたときは、自分でもビックリした」と発言しました。

また、「現役時代の国際試合への出場や海外の選手たちと戦ってきた経験を活かして、これからの選手に伝えていけたら」と、抱負を語りました。現役スケート部員の女子フィギュアスケーター宮原知子は、「織田新監督任命で、より明るく、笑顔の絶えない部になることを期待する」とコメントを寄せました。

関西大学アイススケート部といえば、伝統の名門校です。古くは、浅田真央引退までコーチを務めた佐藤信夫、久美子夫妻、高橋大輔、町田樹らを輩出していますが、織田の手腕の見せ所です。

涙もろくて優しい!人気の理由は性格にあり!

エピソード1:いい人と思われたくない!?

織田が現役引退して間もない2014年4月3日OAのアウトデラックス(フジテレビ)に出演した際、これまでに織田が泣いた迷シーンをまとめたVTRを流すと、当時のことを思い出して大泣きする織田の姿に、マツコとヤベッチが大爆笑で、「いい子」を連発。

すると、予想に反して織田は、「いい人と思われたくない!!」と、意外な本音を漏らしました。織田によると、「30歳にもなって、すぐに泣くのは恥ずかしいから、泣かないようにしているのに、感動して泣いてしまうが、いい人じゃないのを世間に伝えたい」のだとか。

さらに、「涙は自然に出るものなのに、番組で泣くことを求められているようで、どうしていいかわからない」と訴える織田に、「私たちのために泣いてくれて、ありがとう!!」とマツコは感激し、ヤベッチからも「ほんまにいい子や」と言われてしまいました

エピソード2:浅田真央引退で放送事故!?

manaさん(@mana_4680)がシェアした投稿

浅田真央が引退表明した翌朝の『あさチャン!(TBS)』生放送に大阪から中継で出演した織田は、初めから鼻をすすっているように見えました。司会の夏目三久に、「浅田真央選手が引退を表明。どのように受け止めましたか?」と聞かれた途端涙を流し、言葉を詰まらせる始末。

「真央ちゃんがどんな決断をしても、応援してこうって、思ってたんですけど、やっぱり引退って聞いてすごく寂しいなっていう気持ちがあります」と号泣し、浅田の活躍を振り返るVTRが流れている時も泣き続けました。

出演時間の最初から最後まで泣きっぱなしでしたが、織田と言えば号泣がお約束なので、視聴者の期待を裏切らない『いい仕事をした』と言えますが、放送直後からSNSで「放送事故じゃないか!?」と話題になりました。きっと真央ちゃんに「泣きすぎ!」と叱られたことでしょう。

アニメ「ユーリ!!! on ICE」に織田信成役で出演!?

アニメとリアルの“夢の競演”にファンも大興奮!!

festy読者なら、よくご存知のアニメ『ユーリ!!! on ICE』。テレビ朝日で2016年10月から12月に放送された、全12話の男子フィギュアスケート選手たちの人間模様を描いた物語ですが、その最終話直前の第11話に、織田信成役で本人がゲスト出演するというニクイ演出がありました。

フィギュアスケートの世界では、オリンピック、世界選手権を含めて、三大大会といわれるグランプリファイナルの実況中継を、アナウンサー・諸岡久志役のテレビ朝日アナウンサー・加藤泰平と一緒に解説するのが織田信成で、その役を本人が演じるという設定でした。

OA3日前に羽生結弦の史上初4連覇で閉幕した、リアルGPファイナの実況アナは加藤、解説は織田が務めたので、ユーリは「もう一つのGPファイナル」となり、織田がアニメとリアルで“夢の競演”を果たしました。これには、ファンも大喜びでした。

織田信成、3児の父親に!

学生結婚でしかもできちゃった婚!?

織田は、中学の同級生と結婚しています。その時、織田はまだ大学生で、しかもできちゃった婚でしたが、「結婚するつもりで付き合ってたから、できちゃった婚とちゃう」と。世間では、それをできちゃった婚というのですが、織田らしい解釈ですね。

2人の馴れ初めを知ると、織田の純粋さが判ります。織田が中1の時、同じクラスの女性に一目惚れ。勝手に「この人と結婚する」と感じ、恋心を隠しながら友達付合いをスタート中3でまた同じクラスになると、一方的に運命を感じるポジティブさ

別々の高校に進んだものの、織田のフィギュアスケートでの活躍を、女性がいつもメールで応援してくれ、世界ジュニア選手権優勝を機に織田から告白し、やっと交際に発展。5年もの月日が流れていました。一人の女性を一途に思い、恋愛を成就する男こそが本物の男です。

子どもたちは将来フィギュアスケーター!?

2010年4月に彼女が妊娠4ヶ月で結婚した織田は、同年10月1日第1子の男子を授かり、2013年1月5日には第2子の男子が生まれました。さらに、2016年11月7日に第3子の男子が生まれ、織田は「赤ちゃん産まれました!元気な男の子!男三兄弟になりました。母子ともに健康です」と報告しました。

長男と次男には、もう織田がスケートを教えているようで、2016年4月23日OAのさんまのまんま(フジテレビ)に出演した際、如何に息子達にフィギュアスケートの才能があるかを力説する親バカぶりでした。

織田の話では、フィギュアスケートには、リンクに立っただけで観客を惹きつける華やかさが大事で、「うちの子は兼ね備えている」と。あまりのべた褒めにさんまも「俺が見てから決める」と、呆れ顔でしたが、この調子では確実に三男も滑りますね。息子が金メダリストになる日も、近いかもしれません。

氷上のお殿様の活躍はまだまだ終わらない!

織田信成という男

いかがだったでしょうか。織田信成を漢字一文字で表現すると「笑」ではないかと思います。「笑」は、「夭」が腰をくねらせた巫女の様子で、「竹」が人の両手になるので、「神様に向けて舞い踊っている様子」を表し、「神様を楽しませる」が転じて「笑う」となります。

織田が登場するだけで、その場は明るくなると感じます。また、織田が号泣する姿は、見る人を大笑いにします。「笑う門には福来る」ということわざがありますが、明るく笑いが満ちた家には幸運が舞い込むという意味ですし、「笑い」が病気の予防や治療になると、医学的にも注目されています。

そんな織田には、監督として指揮を執る関西大学スケート部の活躍にとどまらず、ジュニアのスター選手の育成に加えて、日本スケート界全体の活性化にも一石を投じて貰えたらと期待しています。

女子力の高さで新境地開拓を!!

織田といえばスィーツ好きとしても、有名です。スィーツに目覚めたきっかけは、妻のことをもっと知りたいという気持ちが高じて、どうしたら妻が喜ぶかを考えていたら、女子の好きなものに関心が行くようになったためです。

織田は、お弁当やお菓子作り、パンを焼いたりもします。妻への関心から、女子力の高い一歩間違えると大阪のおばちゃん的な織田が形成されたのかと思います。男子のフィギュアスケーターは、柔らかい身のこなしからか、線が細いというかナヨナヨした風に見られがちですが、織田の場合はちょっと違うようですね。

この女子力の高さを活かし、親子で作る料理番組に織田を起用するのは、いかがでしょうか。料理指導者を裏方にし、織田がリードして子どもと一緒に料理して、自分の子ども意外と組ませるという番組です。ご一考ください。