ホラン千秋はキャスターもできるハーフタレント!5つのポイントで知的美人を知る

キャスターとタレントの二刀流で注目を集めているホラン千秋。美しいビジュアルとマルチな才能をTVいかんなく発揮していて、お茶の間の人気者の彼女。インテリ美人なホラン千秋の魅力について、徹底的に迫っていきます。

今注目すべきハーフタレント・ホラン千秋

ハーフタレントブームの芸能界。タレントからアイドル、キャスターなどなど様々なジャンルで活躍をしている人を多く見ることができます。数あるハーフタレントの中でも、ホラン千秋は注目を集めているハーフタレントの一人とも言われていて、まさに上記のようにバラエティ番組からドラマ、報道番組のキャスターなど多方面でマルチな才能を充分に見せつけています。

クールで知的な雰囲気とハーフの美しいビジュアルがマッチし、たちまちお茶の間の人気者になった彼女。ホラン千秋がなぜ注目を集めているのか?彼女の人気の理由を5つのポイントで紐解いていきます。

ホラン千秋を知る① アイルランド人と日本人のハーフ

凛とした美しいビジュアルが印象的なホラン千秋。彫りのあるホラン千秋のご両親がどこの国の人なのか皆さんもきっと気になっているでしょう。

彼女の母親は日本人、父親はイギリスの隣国であるアイルランド人です。ホラン千秋は日本とアイルランドのハーフということになります。木村カエラなど日本人とイギリス人のハーフという方は芸能界で結構いますが、アイルランドの方と日本のハーフというのは一般的に見ても珍しいのではないでしょうか。彼女の持つ凛とした雰囲気と美しいビジュアルは両親のDNAの賜物と言っても過言ではないでしょう。

彼女の強みである英会話の実力も父親譲りと言われています。自宅でお父さんとの会話は全て英語で統一しているそうなので、その積み重ねが今の仕事に活きているのではないでしょうか。

余談ですが、彼女の出身地はアイルランドではなく、東京都多摩市だそうです。お父さんが日本に来られて、お母さんと出会ったのかもしれませんね。

ホラン千秋を知る② 女優デビューは悪役!?

知的なキャスターの印象が強いホラン千秋。14歳の頃に芸能界入りした彼女。芸能界デビュー当初は様々なドラマに出演をしていたと言われています。意外にも女優としてのキャリアも長いということに驚かされている人も多いはずです。

そんな彼女のデビュー作は2005年に放送された「魔法戦隊マジレンジャー」です。毎週日曜日の朝に放送されている戦隊モノでデビューを果たしたホラン千秋。その中でナイという悪役を演じています。意外な形でドラマ初出演を実現しているようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

マジレンジャーで女優デビューを果たしたホラン千秋。その後も話題作への出演を続けているようです。

TOKIOの長瀬智也主演の「マイボスマイヒーロー」や月9の名作「プロポーズ大作戦」、人気少女漫画の実写化ドラマ「メイちゃんの執事」、彼女がブレイクするきっかけとなった「陽はまた昇る」などドラマ好きなら聞いたことのある有名作品に出演をしていて、キャリアを重ねています。

最近ではタワーマンションを舞台にママ友の人間模様を描いた「砂の塔〜知りすぎた隣人」にも出演をしています。ここ数年はキャスターと女優、タレントの三刀流とマルチプレイヤーとして活躍しているのは皆さんご存知ですよね。

ホラン千秋を知る③ 性格は人見知りで超インドア派?

アクティブな印象のショートボブが特徴的なホラン千秋。髪型のようにアクティブでグイグイいく陽気な性格かと思いきや実はすごく根暗だそうです。仕事のオンとオフの切り替えが上手なのも彼女が活躍し続けている理由になっているようです。

オフのホラン千秋はインドア派ともっぱらの評判とのこと。自宅では高校時代に授業で使っていたジャージにメガネ、むくみとりのソックスという一般的に地味と言われる服装でまったりと過ごしていて、外には一歩も出ないと言われています。化粧はせず、すっぴんでお家でゆっくりと過ごし、冷蔵庫の近くから離れないそうです。その様子は綾瀬はるかが出演していた「ホタルノヒカリ」の主人公の干物女を彷彿とさせますよね。

上記の画像のようなオシャレな服装で青山あたりのカフェでお茶をしていそうなイメージがとても強いので、インドア派ということに驚いている人もきっと多いことでしょう。そんなギャップもホラン千秋の魅力の1つではないでしょうか。

インドア派な彼女。人見知りな性格の持ち主としても知られています。ハーフといえば、ハグなど軽いボディタッチが多いイメージが強い人も多いはず。ですが彼女は人見知りな性格も相まって、ハグなどのフランクなボディタッチは苦手だそうです。

また、部屋の片付けが苦手と言われているホラン千秋。キリッとしたハーフの美人なので、しっかりとした几帳面な性格の持ち主というイメージですよね。でも自宅では干物女というギャップは先述の通り彼女の魅力の1つではないでしょうか。知的な彼女をより魅力的に魅せていると言っても過言ではないでしょう。

ホラン千秋を知る④ スーパーのレジ打ち!?苦悩の時代

順風満帆な芸能活動を続けていそうなホラン千秋。ここまでに来るまではかなり苦労したと言われていて、苦労人の顔も持ち合わせていると言われています。

アメリカ留学を得て、青山学院大学を優秀な成績で卒業した彼女。在学中はアナウンサーを志望していたそうです。在京のテレビ局を全て受けたのですが、1社も内定をもらうことができず、ここで大きな挫折を味わっています。

大学卒業後、スーパーでレジ打ちのアルバイトをしながら、芸能活動を続けていたそうです。この時に髪をロングからバッサリと今のショートボブに変えたことで、キャスターをはじめ様々な仕事が舞い降りてきたそうです。ホラン千秋がスーパーでレジを打っているなんて、とても驚きですよね。

レジ打ちのアルバイトを通じて、彼女の中にハングリー精神が養われたと言っても過言ではありません。彼女の芸能生活のキャリアは意外にも下積みの時間が長く、その間に彼女の中で何か一皮剥けたことで、今の活躍を支えているのではないでしょうか。

スーパーのレジ打ちのアルバイトのほかに、大学生の頃はパン屋さんやお寿司屋さんとアルバイトを3つ掛け持ちしていたとテレビ番組で発言をしていました。そんなエピソードから彼女はとても自立心の高い負けず嫌いな姿勢を伺うことができます。

ホラン千秋を知る⑤ キャスターでも大活躍中



マルチな才能でタレント活動を続けているホラン千秋。キャスターの仕事でも高い評価を得ています。

日本テレビのNEWS ZERO、シューイチ、TBSのNスタなど多くの報道番組でキャスターを勤めている彼女。もともとアナウンサー志望ということもあり、アナウンス力など報道の実力は折り紙つきと言われています。女優の活動に比べると、キャリアが浅いにも関わらず活躍できるのは、就職活動の最中からアナウンス力などキャスターに必要なスキルを磨き続けていたからではないでしょうか。

先述の通り英語が堪能であると評判のホラン千秋。今後はワールドワイドな報道の方面でも活躍が期待できますよね。

ハーフで実力派のキャスターということもあり、第二の滝川クリステルポストクリステルと言われています。滝川クリステルのようにキャスターとしてバリバリと活躍する姿は近い将来に見ることができるかもしれませんね。

負けず嫌いでハングリー精神溢れる性格というのは情報をたくさん収集し、それを視聴者に適切に伝えることが求められる報道の世界で活きるのではないでしょうか。

ホラン千秋のマルチな活躍に今後も期待!

バラエティ、ドラマ、報道など多方面で快進撃を続けているホラン千秋の魅力について紹介をしました。美しい見た目で華やかなイメージが強い彼女。現在の活躍は運だけではなく、自らの努力でもぎ取ったものと言っても過言ではないでしょう。

持って生まれた頭脳の良さに加え、レジ打ちのアルバイトや女優の活動、挫折した就職活動など長い下積み期間によって支えられたハングリー精神と負けず嫌いの強さが養われたのではないでしょうか。下積みで得た経験を余すことなく、今の活躍に生かしていているホラン千秋。彼女のマルチな活躍に今後も期待です!

ワーキングデッド~“特に面倒くさい
アミューズソフトエンタテインメント (2015-04-08)
売り上げランキング: 119,100