沢尻エリカ素顏を暴く!ツンツンエリカ様のトリビア7選!

エリカ様でおなじみの沢尻エリカ。女王様のような性格のイメージが濃い沢尻エリカ。そんな彼女の素顔ってどういうものなのか気になっている人も多いはず。より沢尻エリカが好きになるかもしれない、彼女の素顔を追っていきます。

沢尻エリカのプロフィール

本名\t澤尻 エリカ

別名義\tKaoru Amane、ERIKA

生年月日\t1986年4月8日

身長\t161cm

血液型\tA型

出典:https://ja.wikipedia.org

みんなを魅了するエリカ様こと沢尻エリカ。漢字は本名と異なるものの、本名と同じ名前で芸能活動をしています。CDをリリースした際は、「Kaoru Amane」や「ERIKA」と本名とは異なる名義で活動をしています。

東京都で生まれた沢尻エリカ。お父さんが日本人、お母さんがアルジェリア系フランス人の家庭で生まれています。なのでエリカ様は日本人とフランス人のハーフになります。エリカという名前は花のエリカに由来しているそうです。

地元は東京都西部の杉並区で、同じ中学校の1つ上の学年には実力派俳優として知られている松田翔太がいたと言われています。なんとも豪華な学校ですよね。

Sawajiri Erika #sawajirierika #沢尻エリカ

Big Upさん(@big_mystreet_up)がシェアした投稿 –

小学6年生で芸能界デビューを果たしていて、2005年に放送されたドラマ「1リットルの涙」や映画「パッチギ」の熱演で大ブレイクしたのは皆さんご存知のはず。数々のドラマ・映画に出演を続けています。

2008年にはハイパーメディアクリエイターの高城剛氏との結婚が報じられ、2011年には離婚をしています。クローズドノートの舞台挨拶の「別に」発言以降、干された時期があるものの、カムバックを果たしていて、ここ数年は多くの作品に出演を続けています。離婚後は以前のキツイ印象が薄くなり、やや穏やかになったのではないかと個人的には感じています。

沢尻エリカ様トリビア① 「別に」事件は解決したのか?

先述の通り、表舞台から遠ざかるきっかけとなった「クローズドノート」の舞台挨拶で質問に対し「別に」と発言した彼女。この発言と舞台挨拶の悪い態度により、一時期干されていたのは記憶に新しい人も多いでしょう。「別に」発言はその後どうなったのか気になっている人も多いでしょう。

発言の後、謝罪会見を開き、世間から叩かれた彼女。彼女の一本気な性格を表す印象的なエピソードになりました。当時不機嫌だった理由に関しては、共演者とのやり取りなどが原因ではないかと言われていますが、10年以上たった現在でも本人の口から語ることはされておらず、「別に」発言の真意は闇のままとなっています。

離婚後、女優活動を本格的に再開してからは、角が取れて丸くなったといわれています。大人しくなったと言われていますが、バラエティ番組などで毒のある言葉を披露している彼女。ここまでくるとエリカ様のキャラということもあり、ファンに受け入れられています。

沢尻エリカ様トリビア② 役者復帰後の主演作で大成功

出典:https://www.amazon.co.jp

2012年に公開された映画「ヘルタースケルター」で日本での女優復帰を遂げた沢尻エリカ。過激な性描写が特徴的な作品で、彼女の体当たり演技は評論家・ファンの間で評判になり、20億円を超える興行収入を記録。ヘルタースケルターの大ヒットをきっかけに、日本での女優活動を良い形でスタートすることができました。

岡崎京子原作の人気漫画の原作となった作品で、全身が整形で作られた美女モデルという難しい役どころを演じたエリカ様。元来の美しいビジュアルに加え、徐々に闇に落ちていくモデルの様子をダイナミックで繊細な演技で見事に演じ切っています。

「別に」発言で干され、結婚、スペインに移住、高城剛氏との離婚を通じ、様々な経験を得た彼女だからこそ、演じ切ることができたのではないかと個人的に感じています。以前よりもレベルアップをしたエリカ様をスクリーンで見せつけたことで、彼女の人気が再燃しました。

沢尻エリカ様トリビア③ 復帰作に入り込みすぎて体調を崩した?

「ヘルタースケルター」の熱演で、女優復帰を最高のスタートで飾ることのできたエリカ様。熱の入った演技は共演者にも好評だったようです。一方、過激なセクシーシーンや感情をむき出しにするシーンなど、体力面・精神面共に削られる場面もあったようです。

無事クランクアップを終えて、劇場公開を迎えるわけですが、映画公開後は公の場に沢尻エリカは登場することはありませんでした。ヘルタースケルター以降、体調不良を理由に長期の休業に入っています。

突然の休業の発表に世間では様々な憶測が飛び交っていますが、ヘルタースケルターの過激な役に対し、真剣に向き合ったことによる体調不良も要因の1つとして考えられているようです。過激な描写の多い作品だったからこそ、先述の通り体にかかる負担が大きいのではないでしょうか。それほど沢尻エリカが主人公「りりこ」の役作りをストイックに取り組んだ結果と考えれば納得もできます。

沢尻エリカ様トリビア④ 脅威の主役・ヒロイン率!

#沢尻エリカ #erikasawajiri

ぽんさん(@po_n_po_n)がシェアした投稿 –

2003年から女優として活動をはじめた沢尻エリカ。キャリアを重ね続けている彼女ですが、彼女のスゴイところは主演・ヒロインを演じてる作品の割合が高いという点にあります。なんだかんだいっても、何かを持っている若手女優ということに変わりないようです。

パッチギ」や「手紙」、「タイヨウのうた」など数々の名作で存在感を表しているエリカ様。出演している作品の70%近くで主演・ヒロインを演じています。同世代の女優でもここまで役どころに恵まれている人はまれではないでしょうか。

彼女が主演もしくはヒロインを演じた作品はヒットしている傾向が高く、ヒットメーカーとしての役どころも担っている沢尻エリカ。もちろん物語の良さや周囲の演者の演技など様々な要素が必要になるものの、ここまでヒット作に恵まれている女優というのも珍しいのではないかと思います。

ビジュアルが良い女優さんは、「事務所のごり押し」など揶揄されることが多い昨今の芸能界。美しいビジュアルに加え、高い演技力と作品に好かれているということは、もはや才能の1つです。優れた女優の才能があるからこそ、過激な発言でもファンがついてきているのではないでしょうか。

沢尻エリカ様トリビア⑤ 芸能界の交友関係がとても広い

母になる やっぱ、沢尻エリカすごいな…💭 エリカ様の演技は神😭 #沢尻エリカ #藤木直人

Love collectionさん(@suki_photo7)がシェアした投稿 –

自分らしいブレない言動でファンを魅了する沢尻エリカ。わがままで、我の強いイメージがある彼女。強気な性格であるが故、交友範囲が狭いと思われがちな彼女ですが、性格のイメージと異なり、交友範囲が広いそうです。

一時期、沢尻会と呼ばれる会合を持っていたと言われているエリカ様。そのような噂が出ている時点で、社交性の高さをうかがうことができるでしょう。沢尻会に所属していたと噂されている芸能人としては、上野樹里香椎由宇などが挙げられていて、同年代の女優と交友が深かったようです。

沢尻エリカと親しいとされる業界人は数多いと言われていて、上記で挙げたメンバーのほかに、岩佐真悠子やヘルタースケルターの監督であるカメラマンの蜷川実花、同じ中学校と言われている松田翔太、落語家の笑福亭鶴瓶など幅広い分野の人々と交友を持っているようです。

たくさんの人物と交友を深めていることができるのも、沢尻エリカが持っている優れた社交性が影響しているのではないでしょうか。

沢尻エリカ様トリビア⑥ もともとは天然パーマだった

美しいストレートヘアのイメージがある沢尻エリカですが、もともとはクセの強い天然パーマの持ち主だったといわれています。

小学校六年生でファッション雑誌、二コラでモデルデビューを果たしたエリカ様。芸能界デビューを果たしたころは、まるでアニーの主人公を彷彿とさせるクルクル感の強いヘアスタイルでした。当時のプロフィールで、好きなところ&嫌いなところで「天然パーマ」と挙げていたそうです。そのくらい彼女のパーソナルな部分だったのではないでしょうか。

今の美しいストレートヘアもいいけど、くるくるパーマの強いエリカ様も見てみたいですよね!

沢尻エリカ様トリビア⑦ 10年以上テレビを一切見ていない!?

ドラマ・映画の最前線で活躍しているにも関わらず、沢尻エリカは10年近くテレビを観ない生活を続けているといわれています。自宅にテレビはあるものの、地上波やCS、BSのアンテナはつなげていないようです。あくまでDVDやブルーレイディスクの観賞用モニターとして使っているそうです。

なぜテレビを観る生活をしていないのか具体的な理由は定かではありませんが、TV番組というフィルターを通すことで、余計な情報を吸収すると考えたのではないでしょうか。役作り、演技に対するストイックな姿勢を貫き続けるエリカ様だからこそテレビを観ない生活を選択したと思われます。

進化をとげたエリカ様から目が離せない!

女王様系若手女優、沢尻エリカの素顔に迫っていきました。徹底した仕事へのストイックな姿勢とブレない自分を持っている沢尻エリカ。性格が悪いと言われがちな彼女ですが、性格が悪いのではなく、頑固な職人気質の性格の持ち主なのではないかと個人的に感じています。

サバサバした男性のような性格の彼女だからこそ、世間のバッシングに耐え、無事復活を遂げて、日本の芸能界にカムバックできたのではないでしょうか。干される以前よりも演技力も身に着け、進化を遂げて帰ってきた沢尻エリカ。性格が丸くなったといわれていますが、これからも自分らしさを貫き、たくさんの作品で活躍をしてもらいたいですよね!

ヘルタースケルター スペシャル・プライス [DVD]
Happinet(SB)(D) (2015-02-03)
売り上げランキング: 4,313
「ERIKA2007」 沢尻エリカ写真集 通常版 (エンジェルワークス)
塚田 和徳
SDP
売り上げランキング: 55,419