【最新情報】小林麻耶が完全復帰!長期休養の真相とパニック障害疑惑の真実!

車や電車、自宅へ上がるエレベーターにも乗れないほどやつれ果てていた元TBSアナウンサー小林麻耶。2017年4月に無事にテレビ出演復帰を果たした。ぶりっ子キャラからイタ女キャラへ転向、突然の花嫁修業と公開婚活。近年の少し心配になるほどの激しい芸能活動でついに2016年5月に体調不良を訴えて長期休養していたが、一体この一連の騒動はなんだったのか。

放送中に倒れ長期休養の小林麻耶が復帰!



2016年5月、『バイキング』の放送中に突然体調不良を訴えて病院に運ばれた元TBSアウナウンサー小林麻央。そのまま11ヶ月間テレビに姿を見せなかった彼女はようやく2017年4月に同番組で仕事復帰の発表をしました。

「自分の心と体を取り戻すのに必死だった」と語った彼女は車や電車にも乗れなくなり自宅に引きこもり。挙げ句の果てには自宅へ上がるエレベーターにすら乗れなくなるほどの重体でした。外出先は乳がんで闘病中の妹小林真央の病院に限られていたといいます。

番組中に突然の激しい動悸に襲われた彼女は自分では自然だと思っていたが周りは過呼吸状態で死にそうな顔を見て驚きました。まさにパニック障害の症状ですが、一体彼女に何があったというのでしょう。

小林麻耶がゴールデン番組内で「完全復帰?」にうなずく!

4月30日にバイキングで坂上忍さんと復帰後の初めてのは対談でまだ本調子ではないと語った小林麻耶さんは、4月17日放送の『ザ!世界仰天ニュース』でついにゴールデンにも復帰。MCの中居正広さんに「完全復帰?」と尋ねられて、うんと大きく頷いています。

普段から仕事もプライベートも真面目すぎる典型的な長女型の小林麻耶さん。「気を抜いたほうがいい」と対談で坂上忍に指摘を受けたのはおそらく大御所の優しさだったのでしょう。同じく中居正広さんも復帰早々小林麻耶さんに休暇中に整形した?といじりを入れたのはさすがでしたね。

番組で紹介された整形失敗の女性の話に乗っかってしたややきわどいいじりでしたが、小林麻耶さんは「やろうかと思ったけどやめました!」と素直に反応してスタジオの笑いを誘いました。以前から小林さんのバラエティ番組の立ち振る舞いに感心していた中居さんでしたが、空気と人を見抜く巧みなMCはさすがですね。

バイキング放送中に倒れた!?休養当時の小林麻耶の様子

お正月の小林麻耶 #小林麻耶#正月#日本#🇯🇵#青山学院大学#女子アナ#着物#和服#正月

うさもんさん(@kumaemis.usamon)がシェアした投稿 –



小林麻耶が体調を崩したのは2016年5月19日『バイキング』の放送中、ちょうど運良くCMを振るところ。CM中に、本人は気づいていなかったといいますが、激しい動悸に息をあらげている彼女に声をかけたのは坂上忍。急遽スタッフが彼のいう通りおんぶして楽屋へ運んで行ったというのです。

6月に事務所から長期休暇を発表。そのまま11ヶ月間自宅に引きこもりへ。まさか出家なんてしてないよね、とファンもその長すぎる休暇に心配し始めていたが、休暇中はそんな体力もないくらい重体だったようです。「彼女は周りのペースについていけなくなった」と語っています。

どういうことかというと車や電車、そして自宅の3階に上がるエレベーターすらあまりの速さに目がくらんでしまって乗れなくなっていたらしいです。なので妹の病院以外はなるべく外へ出ないようにしていたのでした。

休暇中は妹の看病に



長期休暇中は外に出るのも怖くてできないくらい体をやつしていましたが、乳がんで入院している妹小林麻央さんの病院には行く力が湧いたと言います。姉として妹を支えてあげたかった彼女にとって、ようやくその機会がつくれて安心したんだとか。

長期休暇をとっている小林麻耶は度々医者から体調を心配されており、予約していたネイルサロンもキャンセルしては予約してを繰り返しており、本当に体調が整わなかったようです。一時そんな姿に「介護疲れ」ではないかと心配もされていました。

妹の乳がんがステージ4に達すると、ブログで「奇跡を起こしたんです!」と元気にコメントを残しており、ようやくネイルサロンにもいけるようになったんだととか。休暇中はこのように体を崩したり、持ち直したりを繰り返していたようです。

小林麻耶の休養の真相!理由は過労と心労だった!



周りのスピードについていけなくなった小林麻耶は休暇中とにかくたくさん寝ていたと言います。1日11時間以上、自分でもこんなに眠れるのかと言うくらい寝て過ごした彼女の症状に、医者は過労と心労のせいだと診断を下しました。

実は倒れる前、自分のスケジュールの過密さから入院する妹に付き添ってあげられないという不安に悩まされており、事務所と相談して仕事を減らしていく算段だったといいます。仕事が忙しくこのまま妹に会えなくなるかもしれないと思っていたのでしょう、そうした不安が解消されて突然力が抜けたのでした。

そしてぶりっ子キャラからイタイ女キャラに転向したり、番組の企画を通して花嫁修業や婚活をしまくって世間から誹謗中傷を受けていたことの心の痛みもあったようですね。いじられキャラとして成功していましたが、そんな姿をそのままイタイと思う人たちもいたのでした。

世間のプレッシャーが原因にも

#小林麻耶 「まや道」

Taka Maenishi ʕ•̫͡•ʔさん(@taka_na_u)がシェアした投稿 –

実は妹の乳がんが発見されてから安全なステージに到達するまで世間には公表するのを控えようとしていたところ、スキャンダルが発覚し一時は大変な騒ぎになっていました。また休暇中は紳助との不倫疑惑など事実でない噂もたくさん噂されており、大変なことが連続していました。

そして番組の企画で始まった婚活女子のキャラクターも受ける反面、イタいとネットで叩かれました。こうした悪いイメージが連続し、体調を崩す原因になったのではないかと言われていまます。

真面目な性格故に?パニック障害疑惑の真相!

倒れた時の激しい同期と過呼吸から、一時パニック障害ではないかという噂がたっていました。実は芸能人にこうした症状は以前から多く、駆けつけた救急隊の経験からもこうした予想が建てられたのではないかと思われます。

突発的な精神不安や動悸息切れをパニック障害といいますが、この病気は神経質で真面目な人間によくある病気です。社会人になってから全く友達ができなくなったと言う彼女はキャラを変えてイジられるぶりっ子を忠実に演じ始めていたらしいのです。

そういうやや不器用な性格が災いして周りとのギャップに耐えられなくなったのかもしれません。明確な診断結果は出ていないのですが、倒れた時の医師の診断はパニック障害と過労で、長期休暇中は外に出れないことからうつ病的な状態だったのではないかと思われます。

小林麻耶の麻央への愛情に号泣!「やっと姉になれた」と語る

2016年6月に乳がんであったことを明かした小林麻耶の妹小林麻央さんはお見舞いに駆けつける姉に対して逆に心の支えになってあげていたようです。入院中自分の放送を見て心の支えになってくれればと思っていた姉でしたが、「お姉ちゃん大丈夫だよ」と励まされてばかりだったと言います。

小林麻央の夫市川海老蔵さんからの突然の乳がん発表から、小林麻央は自分ががんの妹の姉だという責任をずっと背負ってきていたと言います。妹ががんだということに支配されていると感じていた彼女は、その看板を下ろして姉だけになりたかったと語っています。

長期休暇中外にも出るのが大変だった小林麻耶でしたが、妹の看病をするためなら外へ出て行けたようです。妹への看病を重ねるうちに、自然と自分が元の姉の姿に戻っていくことができ、「やっと姉になれた」と思ったそうです。

可愛くて真面目な小林麻耶をそっと見守りたい

現在すでに多くのテレビ番組で再び活躍し始めている小林麻耶さん。ブログでも自身のエッセー本の発売を間近にサイン会やプロモーションの活動の報告をしています。5月からはスペシャル番組や特番にも出演が決まっており、ちょうど一年経って元の調子を取り戻しているようです。

当時ネット上ではアンチの声が多数ありましたが、坂上忍を始めとする数々の大御所芸能人の支えによって好感度も徐々に取り戻しています。涙の復帰で今までの真相が全てはっきりしたので、世間の見方もかなり変わったのだと思います。

ベッキー騒動や出家騒動など、似たような出来事が続いたので心配でしたが、無事に復帰できてよかったですね。これからも可愛くて頑張り屋な小林麻耶さんをずっと応援していきたいですね。