魔女VS世界!終末のイゼッタを傑作百合アクションとして再評価する6つのポイント!

『終末のイゼッタ』はリアルな戦争に魔女が加わったいままでにないアニメです。魔女と若き女王との熱い友情が描かれており、百合展開のあることでも有名になりました。そんな『終末のイゼッタ』を6つのポイントから改めて評価してみました。

ミリタリー×魔女!「終末のイゼッタ」とは

『終末のイゼッタ』は亜細亜堂によって制作され、2016年の秋期に放送された原作を持たないオリジナルのアニメです。監督に多くの原画や絵コンテなどを手掛けてきた藤森雅也が迎えられました。脚本は『コードギアス 反逆のルルーシュ』や『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』を担当した吉野弘幸が書いています。

原作の存在しないアニメーションオリジナル作品で、1話という見せ場で作品への期待感と面白さをアピールしてくれました。ミリタリーと魔女という異質な組み合わせも良く、可愛い女の子がたくさん登場しますが、それがただの萌え要素だけでないことも評価ポイントです。友情とアクションが主軸で、作りこまれた世界設定なども魅力になっています。

評価ポイント①「終末のイゼッタ」の舞台は1941年!

出典:http://izetta.jp

『終末のイゼッタ』の舞台になっているのは1941年の第2次世界大戦ですが、国の名前などが若干違うパラレルワールドになっています。ドイツがゲルマニア(ゲルマン)帝国だったり、イギリスがブリタニア(ブリテン)王国だったり、本物の歴史と照らし合わせながら世界観を確認していくのも楽しいです。

第2次世界大戦がモチーフというこもあり、その時代の古めかしい戦闘機やクラシックな銃などが登場するのも魅力のひとつとなっています。戦場での作戦だけでなく、各国の策略や対立関係なども楽しめるポイントのひとつです。帝国の侵略を中心に、それぞれの国で魅力的なキャラクターたちが活躍します。

評価ポイント②美少女×ライフルという最強の組み合わせ!

出典:http://izetta.jp

魔女といえばホウキにまたがって飛び回るイメージですが、『終末のイゼッタ』ではライフルにまたがって飛び回ります。しかも美少女です。しかもただのライフルではありません。戦闘機に搭載されていた対戦車用ライフルです。硬く冷たいイメージのライフルとは対照的な可愛らしい少女との組み合わせには危険な香りがします。

初登場ではカプセルの中で眠っていたにも関わらず、イゼッタは魔女として力を存分に発揮してくれます。ライフルに乗って飛び回るだけでなく、多くの剣を引き連れて飛び回る姿も圧巻です。ゲルマニア帝国が追跡してくるシーンでは魔法を駆使して逃れるシーンが楽しめます。アクションシーンにも力を入れており、娯楽としての純粋な楽しさがあるのも魅力のひとつです。

1 / 3