charlotte名言&名シーン10選!例え全てを失っても運命を変えますか?

なんて不完全な能力なんだ!?ある日突然異能力に目覚めた主人公と彼を取り巻く生徒会の面々、そして、世界の秘密が今暴かれる・・・。大人気アニメCharlotteを徹底解析!

麻枝准の新たなジュブナイル・Charlotteとは


ある日突然異能力に目覚めた主人公、乙坂有宇5秒間だけ他人に乗り移れるというその能力を使い、カンニングをし進学校へ入学します。進学校で秀才の美少女白柳弓を罠にはめ、自らが救った様に装い彼女に意識させるなど、通常描かれる主人公たちとは一風変わった腹黒い一面を持っているキャラクターです。

Charloote2015年P.K.WORKSによって製作されたオリジナルアニメ作品で、監督は浅井義之、原作、脚本、劇伴をKanon、AIRを手掛けた麻枝准がそれぞれ務めています。

発表前のインタビューでは麻枝は、今までやった事が無かったので、一番ゲスいなと。(中略)物語開始の時点では、今までのKey作品の中でも一番ゲスいといえます。 とコメントしており、キャラクター設定上も今までにないチャレンジをした作品です。

一癖も二癖もある登場人物たちと不完全なその異能力



Charllotoのストーリーの主軸は何と言っても思春期の一定時期に目覚める人もいるという異能力とそれを扱うキャラクター達です。

主人公の有宇を始め、様々な能力に目覚めた少年、少女が登場しますが、作中でたびたび有宇がなんて不完全な能力と突っ込むように、笑ってしまうほど不完全な形や偏った異能力をもったキャラクター達に出会います。

今回はほんの少しだけですが、作中に登場した異能力者とその能力を紹介します。

乙坂有宇



乙坂有宇は、この物語の主人公です。高校1年生の16歳で原作の麻枝の目指した通りゲスい主人公となっています。能力は五秒間相手の体を乗っ取るというもので、それをカンニングや人を誑かす事に使用している時に友利によって星ノ海学園に転入させられます。

妹がおり、両親の離婚後遠方の叔父が親権者の為、物語の開始時点では妹と二人暮らしをしていますが、本当は3人兄弟で一番上の兄の記憶は消されています

有宇の本当の能力は略奪で、相手の体に乗り移る事で相手の能力を奪い自分で使用する事が出来るというもので、兄の記憶を消した時に一緒にその能力の事も忘れていました



本来の略奪の能力を自覚する前、妹が死んだ際には精神的に不安定になり逃避行を行っていた時は、とても暴力的で5秒間体を乗っ取って喧嘩に明け暮れる日々を過ごしていました。

精神面の不安定さはその後も現れ、物語の最後、世界中の能力者の能力を吸収するための旅の途中でも情緒不安定になっていきます。

元々性格がゲスという設定上目的のために手段を選ばない残忍さを持ち合わせているという一面があり、それをなんとか理性でコントロールしていたため、妹の死後と世界中を旅している際は理性のタガが外れている描写が多くあります。

友利奈緒

友利奈緒16歳の高校1年生星ノ海学園の生徒会長で、この物語のヒロインです。 普段は余り表情は無く生徒会の活動上人に恨まれる立ち位置の為、生徒会の人間以外とはあまり関わらないように過ごしています。生徒会の人間には気を許しており、キツいツッコミや砕けた口調で話をしています。

能力は不可視で、一度に一人の人間にだけ認識されなくなるというもので、保護目的で能力者を集める為にその能力を使い暴力をふるうこともしばしばあるため、周囲には誤解をされやすくリンチに遭う事もしばしば。生徒会の活動の状況記録の為にハンディカムをいつも携帯していて様々なことを記録しています

年の離れたがおり、異能力を研究する科学者たちに兄とともに実験の被検体になっていたという過去を持っています。その辛い経験の為、異能力者の保護に対しては一際尽力しており、カリスマ性と仲間の能力を見極めてその時々で適切な判断や指示を出すことに長けています

有宇の兄、隼翼(しゅんすけ)とも交流があり、被検体になった後にその実験の激しさから廃人になった兄を隼翼の作った病院で療養させて貰っていたり、異能力者の為の保護施設としての星ノ海学園へのスカウト役を務めるなど、隼翼からも深い信頼を得ています

また責任感も人一倍強く有宇の妹、歩未が死亡した際は自分にも責任の一端があると考え、自暴自棄になり逃避行を行う有宇に不可視の能力を使い常にそばに居て待つという行動に出ています。

高城丈士朗

高城丈士朗(たかじょうじょうじろう)星ノ海学園の生徒会役員で、16歳の高校1年生、有宇が転校してきた際には奈緒と同じくクラスメイトで常に有宇や奈緒の事を見守る立ち位置に立っているキャラクターです。

能力は瞬間移動(超高速移動)ですが、真っすぐにしか進めない為常に生傷が絶えません。自らの能力で命を落としかねないので、体を鍛え常に制服の下にはプロテクターを着用しています

柚咲(ゆさ)の大ファンで、柚咲の登場後は殆どギャグ担当のような立ち位置になってしまった残念なキャラクターのように見えますが、有宇に自身の立場と覚悟の話をしたり、常に会長の奈緒をさり気無く気遣って寄り添っていたりと言う生徒会内のムードメーカー役をこなしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

柚咲のディープなファンで、おまじないシリーズや登場していたTV番組を網羅しています。あまりのディープさに奈緒からはヒクな!と攻撃、、、ツッコミをされることもしばしば。柚咲の姉の美砂にもよく暴力を振るわれますが、これはどちらかと言うとご褒美の役割でしかなく、高城本人は痛いけど嬉しいという雰囲気が描かれています。

柚咲に対しても、ディープなファンだけど何処か見守る立場を守っており、柚咲が能力を手放す際には少し寂しそうに美砂を見送るなど、本当の意味で仲間を大切にしている様子が描かれています。

西森柚咲

本名、黒羽柚咲は大人気ロックバンドHow-Low-Hello(通称ハロハロ)のボーカルの人気アイドルで、星ノ海学園へ奈緒たち生徒会の勧めで転入してきました。能力は口寄せですが、発動するのは姉の美砂に対してだけで、発動中は意識が無いため能力に関しては最後まで無自覚です。

本人は明るく、天然でとても可愛らしいのですが姉の美砂の能力が危険すぎるため生徒会に入会、奈緒たちと行動を共にしています

高城が網羅しているという柚咲のおまじないシリーズを場を和ます為や相手を励ますためによく行い、クラスや生徒会のムードメーカーとして男女ともにとても愛されているキャラクターです。

黒羽美砂

黒羽美砂柚咲の姉で数年前に交通事故で死亡しています。柚咲の能力で憑依していますが、美砂が主導権を握っている入れ替わりは美砂の自由に行われています。能力は発火ですが幽霊の為、柚咲に憑依しているときにしかその能力は使えません

生前はヤンキーとして活動していたほど、暴力的で口調も悪いですが、仲間や妹をとても大切にするなど根はやさしく細やかな女性です。生徒会に入ってからはこの役は柚咲に譲ってやるかと言いながら、柚咲の好きな焼きトウモロコシや他の美味しものを譲ったり、楽しい思いを柚咲に譲ったりといつも妹の事を思い大切にしている優しい姉として柚咲を見守っている描写があります

柚咲のディープなファンの高城に対しては、暴力を振るいつつも認めており、高城の立場や立ち位置、覚悟をしっかりと理解しています

乙坂歩未



乙坂歩未有宇の妹中学一年生。異能力に目覚めた兄と共に星ノ海学園の中等部に転入しました。趣味は天体観測で好きな星は彗星。寝る前に天体望遠鏡をのぞき込むのが日課で、有宇に寝るように言われるまでのぞき込みながら彗星の話をよくしていました。

両親の居ない乙坂家では家事全般を担っており、有宇が幼いころ好きだったという秘伝ソースを使用したオムライスをしばしば作り、余りの甘さに有宇を悩ませていました。柚咲の大ファンで、異能力発症のトリガーとなった発熱時に柚咲が見舞いに来たときは本人を前に鼻血を拭いて倒れてしまうほどです。

歩未の異能力は崩壊で歩未本人はその能力に無自覚でした。クラスメイトに逆恨みされカッターナイフで襲われた際、校内で周囲の建物を崩壊させ自らも崩落に巻き込まれて死亡します。タイムリープ前にもその能力は中々発現せず科学者たちが無理やりに能力を開花させたため研究所の大規模崩落が起きました

その能力の危険性から歩未の即時処分が決まり、有宇や隼翼は歩未を救うためにかねてから行っていた脱出計画(タイムリープ計画)を決行し隼翼のタイムリープによって過去へと引き戻されます。校内の崩落によって死亡した際もタイムリープが有宇によって行われ死なない歴史になっています

隼翼の記憶は記憶の消去を受けている為に無いのですが、時折有宇と同じくもう一人誰かいたのではないかと言う感覚と共に断片的に隼翼の記憶を思い出しています

乙坂隼翼

乙坂隼翼は有宇と歩未の兄でタイムリープの能力者です。その能力を危険視した科学者達に隔離されていましたが、歩未が崩壊の能力を発動させた際に兼ねてから計画されていた脱出計画を決行、自分だけがその時の記憶を持った状態で過去へとタイムリープをし異能力者達を組織するリーダーとなります。

異能力者達を守る為の資金調達のためにタイムリープを繰り返し奈緒の兄が入院する病院や星ノ海学園を設立、能力の反動で視力を失った後は山の中にある異能力研究施設で奈緒や有宇、歩未を初め、異能力者達を守る為に暗躍していました。

熊耳とは幼馴染で一番最初に接触した異能力者です。長くコンビを組んでおりプーと呼んで慕っていました。その為熊耳が亡くなってからは無気力となり其の為に有宇が世界中の能力者の能力を奪いに旅に出ることになります。

熊耳

熊耳生徒会の協力者として生徒会に接触している、隼翼率いる異能力グループのメンバーで隼翼の右腕です。能力は特殊能力者の発見で、異能力グループにいるという身分を隠すために奈緒たちには服を着た状態で全身水浸しにならないと能力を発揮できないと偽っていました

全身水浸しという怪しい風体から、生徒会メンバーからはちょっと存在自体にひかれていますが、実物は美形で、能力の発動も特に水に塗れる等の制約はありません

海外テロ組織に拉致、監禁された際、有宇が崩壊を発動させてしまい、その時に同じく監禁されていた奈緒を守る形で命を落としています

Sara Shane

Sara Shane(サラ・シェーン)は奈緒と兄が大ファンのZHIENDのボーカル兼作曲担当の女性年齢は明かされていないが成人以上と設定されています。後天的な全盲で、相手の息遣いや声色から精神状態や感情を感じることに長けています

ライブの前日に有宇に出会い、奈緒の兄の病院に訪れ自身の唄声を聞かせることで彼の理性を一部取り戻させることに成功した。本人は深くは語っていないがズルをして有名になり、其の罪滅ぼしのために全盲になったという過去があります。

現在は小さなバントのフロントマンに落ち着いていますが、過去は恐らくはサラも異能力者でその能力を自身が有名になる為に使い、其のために隼翼と同じく全盲になったと推測されています

声優紹介

出典:https://www.amazon.co.jp

シャーロットはその声優陣も個性派と言われている人が多く、主人公の乙坂有宇に、ガンダムUCでバナージ・リンクスやISで織斑一夏を演じた内山昂輝、ヒロインの友利奈緒をやはり俺の青春ラブコメは間違っているで一色いろは、トリニティセブンで風間レヴィを演じた佐倉綾音、高城丈士朗に僕だけがいない街の白鳥潤を演じた水島大宙、黒羽柚咲、美砂にダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかのリリルカ・アーデ役の内田真礼がそれぞれ務めています。

また作中の音楽の殆どを麻枝准が担当しており、サラの歌うZHIENDの曲は学生時代や過去に作った未発表の曲、How-low-helloで柚咲が歌う曲はアニメのために書き下ろしたなど、深いこだわりをうかがう事が出来ます

可愛いのにカッコいい!Charlotteの名言・名シーンランキング

シャーロットの物語は前半は主人公の乙坂有宇が様々な異能力者に出会い、生徒会の面々と一緒に関係し成長していく物語です。有宇自身は他人の体を5秒乗っ取るだけと思っている能力ですが、実は相手の能力の略奪で、歩未の死をターニングポイントとした物語の後編からは有宇の真の能力を使用していく物語になります。

そんな有宇や生徒会の面々、出会った人々からでた名言・名シーンを今回はランキング形式で10個だけですが、ご紹介させていただきます

【第10位】12話「約束」より

「両親の愛、その隠し味で絶品の料理になってる、だからここまで美味しい、すごくおいしいです、ご馳走様でした。」


大切な人を亡くす痛みを知っている有宇は熊耳を亡くした後、病室に見舞いに来た美砂に死亡した後両親にあったのかと問いかけます。ヤンキーをやっていて親不孝者だった自分、最も先に死んだ自分は親に合わせる顔が無いと美砂は拒みますが、柚咲に両親にすぐに会いに行くようにとけしかけます

そこそこ最後の晩餐という柚咲のレギュラー番組で、自身の両親の営む蕎麦屋に来た柚咲。両親の蕎麦と天ぷらを食べて感想を言っている時に美砂が柚咲の体を乗っ取り、両親に気持ちを伝え泣きながらそばを食べるシーンです。

それを生放送でみた有宇は、いい親孝行になったなと、能力が消えたらもう会う事が出来ない美砂がきちんと思いを伝えられたことに喜びます

【第9位】8話「邂逅」より

奈緒の兄の一希の病室でサラが歌うシーン


科学者たちに実験の被験体にされ、遂にその心まで病んでしまった奈緒の兄一希は、隼翼の創設した病院で、鎮静剤が切れると狂気の作曲を行う日々を過ごしていました。

一度奈緒に連れられてその光景を目の当たりにしている有宇は、ZHIENDのボーカルのサラと出会った時に、奈緒の兄に逢わせたいと病院へやってきます。ある事情で全盲になってしまったサラは病室の光景を見ることはできませんが、その空気や一希の行う作曲(叫びながら布団をむしる行為)を前に、静かに歌い始めます

その歌を聞き、心を病んでしまう前はバンドマンでZHIENDの大ファンだった一希は狂気の作曲をやめ、有宇の問いかけにわずかながら反応するという奇跡が起きました

【第8位】2話「絶望の旋律」より

「言葉を選んでみてはどうですか?」

奈緒の兄、一希の病室に案内された有宇は、科学者によって被検体にされ狂気に陥った元能力者の姿を目に焼き付けました。布団をむしり叫びながら作曲する一希を見て、掛ける言葉を失ってしまいます。

病院の敷地内の海の見える高台に、一希を車いすに乗せて連れて出しましたが、どれだけ美しい風景がそこに広がっていても一希は興味を示しません。いつか特効薬が出来るかもしれないという有宇に、奈緒は自らが知っている現実を突きつけます

科学者にとって能力者は乾電池、その言葉を聞いて怖いこと言うなよっと少し茶化しながら言った有宇に対して奈緒が言った言葉です。

【第7位】12話「約束」より

「では約束、帰ってくること。もう一度会いましょう、絶対です。」

奈緒は有宇に世界中の能力者の能力を略奪するという提案をしたあと、有宇から恋をしていると告白をされます。しかし、奈緒は相性が合わないといって告白を受け入れません。

奈緒が有宇に出した条件が世界中の全ての能力者から能力を略奪して無事に帰ってきたら、恋人になるという更なる提案をし、有宇はそれを受け入れます。

【第6位】7話「逃避行の果てに」より

「私はあなたが立ち直るまで付き添う、そう決めたんです。」

歩未を亡くし、自分から逃避行を続ける有宇を、実は奈緒は不可視の能力を使用して有宇に見えない形でずっとそばに居ました。喧嘩に明け暮れ、ある時手に入れた麻薬に手を出そうとした瞬間、有宇は奈緒に留められます。

ほっといてくれと言う有宇に、奈緒は自分も責任を感じていることを告げ、自分の覚悟を伝えるために言った台詞です。

【第5位】3話「恋と炎」より

「アタシの事は忘れて明日からはお前の人生を歩め。いつまでも死人の事を引っ張るな」

柚咲を追っかけていたテレビ関係者を撃退し、柚咲の身の安全の為に星ノ海学園に転入する事がきまりました。そのとき、元ヤンキーの仲間だったショウが美砂に思いを伝えようとします

二人でバイクに乗っていた時、交通事故を起こし死んでしまった美砂。ショウはずっと自分を責めていたのが分かり、美砂は自分は楽しかったと伝えるシーンです。

泣き崩れるショウに、生きていってほしいからと言ったセリフです。

【第4位】8話「邂逅」より

「まぁ、今のアンタにゃわからないだろうな。けど、もしそんな時が訪れた日にゃぁ、うまくやれよな」

偶然、ZHIENDのサラに出会い親しくなったことで、有宇はサラを奈緒の兄、一希に合わせてみようと提案します。奈緒は有宇の提案に今一つ納得が出来ず、可能性は0ではないので好きにしてくれと有宇に託しました。

サラと病院を目指している時に、サラの目について聞いた有宇に対してサラは自身の過去の話をします。話の内容から恐らくは元異能力者だった彼女は、有る時を切っ掛けにその能力を使わなくする代わりに視力を失い盲目になります。

サラがその覚悟を決めた時の話をした際、今後もしもっと大変な事が起こることになったら、とサラなりの有宇への励ましのせりふです。

【第3位】7話「逃避行の果てに」より

奈緒の作ったオムライスを食べるシーン

歩未を失って自暴自棄になり自分や歩未の居た現実からの逃避行を行っていた有宇と、歩未の死に責任を感じずっと付き添っていた奈緒。有宇に自らを認識させた後に、取りあえずまともな食事をしろと奈緒は言います。

一口だけでいい、その一口を食べるだけでお互い2度と関わらない。そういう約束の上で高城の実家で奈緒が作ったのは、ひでんと書かれたオムライスでした。一口食べた有宇はなぜ歩未の作ったオムライスと同じ味がするか奈緒に尋ねます

歩未が作っていた甘いオムライス母親が残したレシピノートを元に作られたものでした。有宇が子供の頃大好きだったという理由で大きな花丸が付いていたそのレシピを歩未は再現し続けていたのを知り、そこから歩未の愛情とそれに気付かず無下にしていた自分を振り返り、泣きながらオムライスを平らげます

【第2位】10話「略奪」より

「これからの未来は大丈夫だ、安心して生きてくれ。ずっと愛してるよ、さよなら」

異能力者たちを助けるために、何度もタイムリープを繰り返した兄隼翼星ノ海学園を設立した最後のタイムリープで視力を完全に失い盲目になってしまいます。そして、今後自身が暗躍するためと、自身の存在が有宇と歩未の脅威にならないために、隼翼は記憶を消す能力者 前泊(まえどまり)に頼んで自分の記憶と、自分が居た痕跡を消し家を出ます

有宇の能力の略奪、歩未の能力の崩壊は隼翼のタイムリープよりも脅威的な能力で、過去の科学者たちも歩未の崩壊の能力の危険性から即時処分を行おうとしたほどです。なので今後二人が能力を発動しても、科学者たちや様々な脅威から二人を守る事が出来るように二人から離れるという覚悟と愛情からでたセリフです。

【第1位】13話「これからの記録」より

乙坂有宇くん、おかえりなさい

世界中の異能力者を守る為に、たった一人で何千、何万という異能力を一人で身に着けた有宇。期間は作中では明示されていませんが恐らく2年程の時間を一人で世界中を彷徨い、時には戦闘や命のやり取りまでした結果、全ての異能力を手に入れた有宇はその代償に脳にダメージを受け自身の記憶を全て失います

最後の異能力、勇気を手に入れた後に隼翼達によって保護された有宇は病室で目を覚まし奈緒と再会します。しかし有宇は奈緒の事を忘れていて、ところであなたは?という問いかけに奈緒はあなたの恋人だと答えます。

有宇が旅立つまでの話をし、 自分の作った単語帳を有宇は記憶をなくしてもお守りみたいなものだと言って大事に持っていたと知り奈緒は泣きながらも有宇の愛情と支えになっていたことを知ります。その時に奈緒が有宇に伝えたセリフです。

【番外編】柚咲のおまじないシリーズ

高城曰くゆさりんのおまじないシリーズとは、柚咲がレギュラー出演をしていた情報番組の占いコーナーで行っていたもので、おまじないシリーズが全部で64種あるそう。(ダブりがあって実際は63種)今回はものすごく可愛いと視聴者にも大好評の作中で行われたゆさりんのおまじないシリーズを番外編として紹介します。

【第4話…シリーズ13】仲直りのおまじない。
【第4話…シリーズ9】冷静になるおまじない。
【第6話(使用されなかったのでシリーズNOは不明)】鼻血が治るおまじない。
【第8話…シリーズ1】大丈夫のおまじない。

おまじないーと歌いながらくるくる腕を回す柚咲、とっても可愛らしかったですね。

異能力青春アニメCharlotte

出典:https://www.amazon.co.jp

ここまで読んで下さりありがとうございます。Charlotteを観ていいなと思ったセリフやシーンをこの度は紹介させていただきました。

よくある特殊能力モノと違うところは主人公が実はあまり強くないという部分です。物語の後編は略奪を使用してどんどん強くなりますが、この物語の主人公は自身の本当の能力を知るまでは弱く卑屈な部分を持つ普通の高校生です。自分の事しか考えていなかった主人公の有宇が、奈緒たちと出会い様々な出来事や辛さ、絶望や挫折を経験して人を労る優しさや思いやりや責任感を強く持つようになります

Charlotteはただの異能力モノではなく青春モノだからここまで面白い作品になったのだと思います。今一度、そんな異能力青春モノのCharlotteをもう一度見てみませんか?

Charlotte(シャーロット) 1 (完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2015-09-23)
売り上げランキング: 47,668
TVアニメ「Charlotte」 Original Soundtrack
Charlotte
Aniplex (music) (2015-11-04)
売り上げランキング: 39,876