岡本和真 祝・結婚!未来の巨人を背負う男を5つのポイントで知る

未来のジャイアンツの主砲として期待されている岡本和真は2016年に結婚を果たし野球に集中できる環境を整えた。今、期待の若手を5つのポイントで迫っていきます!

岡本和真のプロフィール

懐かしいっていっても去年9月の写真 #岡本和真 #久々に突然投稿

ちいちゃんさん(@okachii38)がシェアした投稿 –


ジャイアンツの将来の4番候補として2014年ドラフト1位契約金8000万円でプロの門を叩いた岡本和真は兄の影響で3歳の頃から野球を始めたという。

岡本和真の高校通算73本塁打はかつてジャイアンツ不動の4番打者、松井秀喜(60本)をも上回る数字だ。岡本和真は身長185cm、96kgの体格の良い選手で高校時代と同じく長距離砲としての期待がかかる。

2017年シーズンは3年目となる岡本和真は三塁手、一塁手、左翼手を守ることができる。背番号は「38」。この38番は、当時監督だった原監督が、自身が現役時代につけていた「8」とミスタージャイアンツ長嶋茂雄の「3」を合わせた数字なのだ。

岡本和真にかかる期待の高さが伺える。2016年末に2歳年上の女性と結婚した岡本和真。野球に集中する条件は整った、あとはレギュラーになり結果を残すだけだ。そんな岡本和真を5つのポイントで紹介する!

岡本和真を知る① プロ入り前の活躍に注目!


奈良県出身岡本和真は兄の影響を受け野球を始めた。岡本和真が本格的に野球を始めるのは小学1年生の頃で投手兼内野手として、3年生からはクリーンナップ4年生からは4番打者として活躍した。

中学時代の岡本和真は橿原磯城シニアで投手兼三塁手、2年生の時は主軸として全日本中学野球選手権大会、ジャイアンツカップでベスト4、3年生の時には右肘を骨折しながらも日本代表として全米選手権で打率5割で優勝に貢献した。

強豪校約20校からスカウトされる中、奈良の智弁学園高校に入学。1年生の秋頃から4番をつとめ、高校通算本塁打数73本、86回選抜1回戦三重高校戦では1試合2本塁打を放った。

3年最後の夏の大会後は18Uアジア野球選手権大会日本代表にて4番として打率.437、5打点をマークし準優勝に貢献した。岡本が大活躍しているのはこの成績を見れば明らかだろう。素晴らしい実力である。

岡本和真を知る② 背番号38 プロ入り後の活躍



岡本和真の背番号「38」には当時一軍監督だった原辰徳氏が、ジャイアンツ終身名誉監督である長嶋茂雄氏の「3」原氏が現役時代につけていた「8」を合わせた「38」となった。

これは原氏の提案によって決まったことだが、岡本和真には球団の期待がかなりかかっていると感じる。かつてジャイアンツの背番号で大きな話題となったのは大田泰示(現日ハム)の55番の事。

ジャイアンツの55番といえばジャイアンツ時代3度の本塁打王、メジャーリーガーとなり日米通算507本の本塁打を放った松井秀喜

大田泰示は55番を継承したのだが鳴かず飛ばずで松井秀喜の重圧からか、背番号を「44」に変更した経緯がある。ジャイアンツの「3」と「8」はいずれも偉大な数字、「38」を背負う岡本和真には背番号に恥じない選手となってほしいものだ。

岡本和真を知る③ プレーの特徴は……


持っている男。岡本和真は新人の年の2015年9月5日公式戦通算3打席目にして砂田毅樹(横浜Dena)から2点本塁打を放った。

これで岡本和真の一軍初安打、初打点、初本塁打と、巨人の高卒新人野手が一軍公式戦で本塁打を放ったのは1993年の松井秀喜以来22年ぶりとなった。

2016年の岡本和真は期待されながらも一軍での活躍はなかった。しかし2軍では通算96試合に出場し、4番打者に固定され、18本塁打、74打点の好成績を残した。

同年岡本和真はファーム日本選手権でも4番打者として4打数2安打1本塁打3打点と活躍チームを21年ぶりの選手権制覇に導きMVPにも選ばれた。獅子奮迅の大活躍である。

岡本和真の特徴と実力は?



岡本和真のプレーの特徴はやはり長打が魅力の攻撃的な打者であろう。チャンスにも強いので打点も増やせ、率も残せる打者だと思う。

守備面でも方が強く最近任されている外野の守備でもレーザービームが期待できる。内野、外野の守備力はまだまだ伸び代があると言われており、練習と経験が必要だろう。

岡本和真が一軍でレギュラーを奪取することができるのならば、打率.270、20本塁打、70打点位が最低線ではないだろうか。将来的には坂本勇人と同じくらいの存在感を放ってもらいたい選手であることに間違いない。

とにかく一軍での活躍が待たれる岡本和真、生え抜きの和製大砲にジャイアンツファンは今か今かと、待ちわびている。松井秀喜、高橋由伸、阿部慎之助、坂本勇人に続け岡本和真!

岡本和真を知る④ 反町隆史にジョニー・デップ!?ユーモアセンスも抜群



岡本和真はひょうきんな男でもある。岡本和真は一軍キャンプの新人挨拶の時に「奈良から来ましたジョニーデップです」と言い放ち、周囲からの笑いを誘った。

その後もチーム内でこのギャグは浸透した。2015年の9月26日、大事なヤクルトとの首位決戦にて7番・サードでスタメン出場し、岡本和真は貴重な同点タイムリーを放ち勝利に貢献した。

その試合でのヒーロインタビューに選ばれた岡本和真はお立ち台上で「初めまして奈良県から来ましたジョニーデップです」と挨拶ジャイアンツファンの笑いを誘った。

今ではチームのムードメーカ的存在の岡本和真、今後もお立ち台にどんどん上がってもらい東京ドームだけではなく多くのジャイアンツファンを魅了して行ってもらいたい。

ジョニーデップだけではない岡本和真のギャグ!?



さらに岡本和真はある全体練習のミーティングの前では「雨にも負けず、風にも負けず、宮崎から来ました、反町隆史です」と挨拶をした。

首脳陣やチームメイトから一斉に笑いが起きた。このような選手はジャイアンツの選手では珍しいような気もするが、そうでもないのだろうか。

ジャイアンツといえば熱血漢で、熱い男、もしくは寡黙な選手やイケメンが集まるチームカラーのイメージが強いが、岡本和真は新ジャイアンツの顔となっていくのだろうか。

いずれにせよ岡本和真が一軍で活躍するようになれば、ベンチのムードはさらに明るく良い状態となっていくでしょう。やはり岡本和真の成長がジャイアンツ浮上のカギとなりそうだ。

岡本和真を知る⑤ 結婚おめでとう!お相手は一般女性

試合前の素振りのときにバットではなくボールを握る人。 #岡本和真

ちいちゃんさん(@okachii38)がシェアした投稿 –



岡本和真は20歳という若さで2歳年上の一般女性と、2016年末のクリスマスの日に結婚を果たしました。この場を借りて「おめでとうございます!」

岡本和真は「より野球に集中できる環境になり、責任感も出て来ました」と語っている。最愛のパートナーを手に入れ、共に歩んでいく岡本和真の野球人生は今後どのように変化していくのだろう。

プロ野球選手は姉さん女房が多いが、見た目が優しそうでのんびりとしてそうな、岡本和真にはうってつけかもしれません。家のことは奥さんに任せて、あとは野球で結果を残すのみ!



岡本和真と結婚した女性は岡本和真が高校生の頃からの知人でプロ野球に入団後、再開し結婚に至ったそうです。取材の際に似顔絵を公開していた岡本和真、今後の期待がさらに高まる!

ジャイアンツの4番となれ岡本和真!

#岡本和真 #ジャイアンツ#ジャイアンツ球場

YUIさん(@12yuuuui24)がシェアした投稿 –



岡本和真に期待したいのはやはり将来4番打者になってもらいたいということ。ポジションはやっぱ三塁手が良いかな。ただ、今は村田修一やマギーがいるから、外野での出場となりそうだが。

1日も早くレギュラーポジションを奪い、2軍での活躍同様に1軍で成績を残して行ってもらいたい。やっぱジャイアンツに限っては生え抜き4番が楽しいよな

長嶋茂雄しかり、王貞治、原辰徳、松井秀喜、阿部慎之助と、2017年現在ジャイアンツの4番は阿部慎之助が主に勤めている。阿部慎之助の次はやっぱり岡本和真しかいない。

そうなってもらいたい。今高校野球を騒がせている清宮幸太郎がもしジャイアンツに入って来たら、岡本和真の存在感一気に小さくなってしまいそう。そうなる前に頑張れ岡本和真!