【ポール・ポグバ】特徴的な髪型と確かな実力!注目選手のプレースタイルも紹介!

2016年8月、とうとうCロナウドの9400万ユーロを軽く超えて歴代最高移籍金1億1000万ユーロでレアルマドリードへ移籍したポール・ポグバ。6年以上抜かれなかったこの記録を破ったこの男は一体何者だろう。モンスターボールをイメージしたという髪型でも有名なポグバについて詳しく解説していきたい。

ポール・ポグバとは

この男、実はフランス人。ギニア系のルーツを持つ移民の家系に生まれ、おしゃれでモダンなル・アーブルで育ちマンチェスターの下部組織でプロデビューを果たした。そして若干21歳でユベントスを優勝にみち大スターになった。

ユース時代の彼を0円でユベントスに放出したというマンチェスターユナイテッドは彼の目覚ましすぎる活躍に大いに急り、急遽クラブ、いやサッカー史上最高額で彼を呼び戻した。その金額なんと1億1000万ユーロ。それまで6年間破られなかったCロナウドの9400万ユーロを軽く越した。

一億でも足りないと今度はユベントス側が後悔をした。186の長身に意外にもスピーディ、そして繊細なボールタッチ。まさに「早い!でかい!うまい!」の三拍子。ジダンも「彼は未来のバロンドール賞だ」(フランスの最高栄誉)とか言い始めちゃっているレベル。早速彼の実力に迫っていく。

ポール・ポグバの来歴をチェック!

Very happy for our first trophy together! ??Ready for more, United we make it! ???? @manchesterunited #mufc #eflcup #NeverFollow

Paul Labile Pogbaさん(@paulpogba)がシェアした投稿 –

このポーズ、実はDABポーズというのをご存知だろうか?日本であまり馴染みがないが、海外では今流行りまくっているポーズ。巨人の阿部慎之助がやってたこともあるが、これはポール・ポグバがやり始めたものだ。

やることなすこと目立ちまくる彼のサッカー人生の始まりは6歳の時、フランスのプロリーグ、ル・アーブルに入ってU-16のキャプテンを務めた。双子の兄も実はギニア代表のサッカー選手であり、子供の頃からかなり有名な兄弟だったようだ。

フランス代表だけでなく、プレミアリーグにも常連として名を連ね始めてから欧州ビッグクラブが注目し始め、満を持して入ったマンチェスターユナイテッド。しかし!ここでまさかの半年で契約は解消。なんというこけ方をしたのか、ユベントスに0円で放出されてしまった。

0円でユベントスへ

Great win tonight, merci everybody for the support ?? #pogboom #forzajuve #marquei #BeTheDifference #blessed

Paul Labile Pogbaさん(@paulpogba)がシェアした投稿 –

イタリア代表ブッフォンは「ファーガソン(マンU監督)がポグバに出場機会を与えずに放出したことは、もっとも不思議なことの一つだよ」といっていたが、各サッカー界でものちのポグバの異常な覚醒によって意見を同じくするようになる。

MFながらユベントスに移籍してから2ヶ月後に初ゴールを決め、シーズン5得点を決め一躍トップ選手に。この辺りからユーベも「あれ、でかい割に早いぞ、そしてテクニックも多彩だな」と思いはじめる。翌シーズンからスタメンに確定し、さらによくシーズンには背番号10番が与えられた。

ハタチそこそこにしてプラティニやバッジョ、デル・ピエロの黄金番号を獲得してしまったわけだが、プラティニもその活躍に驚き、「彼は得点をとっていないからスーパースターじゃない」とか言い始めてしまった。そんな意見は無視してマンUは急遽ボグバのひき戻しに走る。

マンUからひき戻し

Where we going? ??‍♂️Semi-finals? Let's goooo ?? @manchesterunited #MUFC #neverfollow #europaleague

Paul Labile Pogbaさん(@paulpogba)がシェアした投稿 –

やっぱり帰ってきて、というマンUのツンデレ具合には驚かされる。急遽2016年8月にかつて半年で放り出された古巣マンチェスターユナイテッドに移籍。2017年現在彼は今シーズン47試合に出場しEFLカップで優勝も果たした。

そして今まさにヨーロッパリーグ準優勝に駒を進めているが、ユベントスの元チームメイト、バルザールは彼の活躍ぶりを見て寂しそうにこう言っている。「彼は本当にマンチェスターユナイテッドに移籍したかったのかな…」彼もツンデレなのだろうか…。

ポール・ポグバのプレースタイルは?

Happy for the win and play against my bro Kurt ?? now we get ready for next game Europa League @manchesterunited #MUFC #neverfollow

Paul Labile Pogbaさん(@paulpogba)がシェアした投稿 –

  ポグバのプレースタイルを言い表すのは簡単だ。「早い!でかい!うまい!」この三拍子。どういうことかというと彼はMFとしてとても万能でどこのポジションもできる上に、186の長身ながらスピードに長け、南米特有のボールテクニックも持っているのだ。

アシストはもちろんの事MFながら得点率も高く、スピードとスキルとフィジカルで抜けていくドリブルは誰も止めることはできない。頭にヒョウ柄を入れるイカつい髪型の彼は、クラブユースの少年たちのようにうま〜いテクニックでパスやアシストを送る。

体、テクニック、パス、まさに南米と欧米のいいところをうまく組み合わせた選手であり、見た目と裏腹に安定感のある選手だ。なので彼のピッチの上での信頼感はかなり厚い。意外に頭の回転も早くMFとして守備のポジション取りも目をみはるものがある。

ポール・ポグバは髪型が特徴的!



とにかくいろんな髪型にすることで有名なポグバ。モヒカンは定番のスタイルだが、いつもだいたい何かしらのマークをそっている。一時は「モンスターボールをイメージした」とツイッターにつぶやきモンスターボールをそったこともあった。

23歳の時だったが、彼もポケモンGOをやっていたのだろうか。ユベントスの監督マッシミリアーノ・アッレグリはポグバのコロコロ変わる髪型を見て、「このような少年は6つも7つも美容室に通うのだろう、私にはそもそもそんなことする髪の毛がないがね」と自虐ネタを言っていた。

まだまだやんちゃな若者に見えるのかもしれないが、実は彼の髪型にはテーマがいつもある。ある時はバッドマン、そしてモンスターボールの時はポケモンのように「ナポリをゲットしたい!」という意味だったらしい。実は小さい頃ポケモンに熱中していたようだ。

ポグバ、移籍市場史上最高額!?

Pogbro's for life ❤??#pogbance #pogba

Paul Labile Pogbaさん(@paulpogba)がシェアした投稿 –

ポグバに出したマンチェスターユナイテッドの移籍金は日本円でざっと130億。1億5000万ユーロはCロナウドの9400万を破ってサッカー史上最高額の移籍金になった。ところで移籍金とは誰に払われるお金だかご存知だろうか?

移籍金とは実は選手ではなく元いたクラブへ払われる金である。契約の途中から選手を譲ってもらうわけだから携帯の2年縛りを解除するために払うあれみたいに違約金が発生する。しかし携帯会社と違うのはその金額をクラブが指定できることだ。(…携帯会社なら自分が違約金を決めれることになる)

この金額ではどうですか?と提示したクラブはマンU以外にバルサなどたくさんあったが、もっとも多くお金を積んだのがマンUだったのだ。当然ユーベ側は「あれじゃ安すぎたかな」と後で後悔したのである。

マンUでの活躍はいかに!

ポグバの今後は?

Dieu est grand, bien joué notre équipe ?? God is great, well done team @manchesterunited #mufc

Paul Labile Pogbaさん(@paulpogba)がシェアした投稿 –

メッシやクリスチアーノ・ロナウドのキャリアにもそろそろピークを迎えようとしている中で、早速台頭してきたのがこのポール・ポグバ。世代交代の波の一番初めにたったのが若干24歳のスーパースターであり、未来のバロンドールと呼ばれている人物だ。

2017年3月、マンUに移籍してからパスを通した数が1000本に達し、クラブを変える存在として話題は絶えない。パスの成功率はなんと驚異の83パーセント。チームの貢献度はまさに随一だ。あちこちでマンUでなくバルサやレアルでもよかったんでは?という声もあるが彼の決意は硬かった。

「いつかマンチェスターユナイテッドに戻ってきてトロフィーを手に入れるんだ」そういう思いでマンUに戻ってきた彼は古巣で自分が活躍を見せて何かを残すことを志にしている。誰がなんと言おうとこれでマンU移籍は成功だったのだ。

えっ!ポグバを最高額は夏に破られる?

Happy with our team's victory, keep up United ?? @manchesterunited #mufc

Paul Labile Pogbaさん(@paulpogba)がシェアした投稿 –



「夏にはポグバの移籍金が安かったことがわかるだろう」そう答えたのはマンチェスターユナイテッドのモウリーニョ監督。各誌でポグバの移籍金があまりにも高すぎることを指摘されてこういったのだが、一体どういうことだろうか。

実はこれから移籍若手選手の物価が高騰するらしい。2017年の夏にはポグバの半分くらいのクオリティの選手がポグバの最高移籍金額を超える額で取引されるようにあなると予想しているというのだ。なのでポグバは株を安値で買ったようなもので、高いどころか安いと言いたいようだ。

またもうリーニュ監督は2年後にはそんな金額で取引がゴロゴロ行われるようになると行っている。どうしてだがわからないが、最近参入している中国資本家の影響もあるのだろうか。とにかくお金でなく技術で査定すると間違いなくポグバは一番だ!と言っているのには違いない。