川島海荷の完全復活を示す5つの証拠!過去の活躍も振り返る!\t

川島海荷といえば少し前に怪物くんなどの作品で一世を風靡した女優ですが、最近彼女が復活したと話題になっているようです。

川島海荷とは

みなさん川島海荷(かわしまうみか)と言う女優をご存知でしょうか?2010年ごろは怪物くんやシーブリーズのCMなど数多くのメディアに出演していたので彼女のことを覚えている方も少なくはないと思います。最近は以前に比べると活躍の場が減ったように思えてしまう彼女ですが、最近では復活してきているようです。今回はそんな彼女の復活劇を追います。

川島海荷は1994年3月3日生まれの23歳です。出身地は埼玉県は新座市となっています。デビュー当時は「9nine」と言うアイドルグループに所属していましたが、現在は脱退して女優業をメインとして活躍しています。

所属事務所はレプロエンタテイメントとなっています。自身のデビュー作となったのは2006年に放送されたテレビドラマ「誰よりもママを愛す」での子役としての出演です。

証拠① 川島海荷、批判もあるがZIPの3代目MCで活躍!

川島海荷は2016年の10月からZIPの新しい総合司会を務めています。前任の北乃きいに変わっての抜擢なのですが、視聴者からはこのキャスティングを疑問視する声が多く上がっているようです。川島海荷自身は明治大学で社会学を選考しており、「学んだことを番組で活かしたい!」と意気込みはあるそうです。

まず、疑問視されている理由の一つめはMC像のイメージと彼女のイメージが異なっていたことが原因なようです。ZIPの初代総合司会といえば関根麻里で、機転の効いた賢いMCとして親しまれていました。そして、彼女の妊娠を受け、MCを引き継いだのが、2代目の北乃きいです。

彼女はよくも悪くも関根麻里とは反対に位置するようなMCで、司会経験はなく、原稿読みは苦手でしたが、マイペースながらも笑顔が可愛いと、こちらも視聴者に愛されていました。しかし、やはり情報番組なので次の司会には司会経験があり、賢い人が求められていたんです。

またもうひとつの理由としては、川島海荷が女優に専念する為に、9nineを卒業していたことです。彼女は9nineの中で最も人気のあるメンバーだった為、彼女の卒業は同グループにとっても大きな痛手となったのです。しかし、ファンは彼女が女優として頑張るのなら応援しようと思っていたにも関わらず、蓋を開けてみれば帯番組の総合司会だったわけです。

ZIPの総合司会が決定したことを聞いたファンからは「最初からZIPの司会ありきの卒業だったんだろ!」「ただ単に9nineの将来性に見切りをつけたってことね!」などと辛辣なコメントが相次いでいるようです。

まだ就任して少ししかたってない為、彼女の司会としての素質を見極めるのは難しいです。彼女の今後を見守りたいですよね。

証拠② 川島海荷の高学歴を活かした高いバイタリティ

彼女は明治大学卒と高学歴ながらも女優としてはバイタリティに満ち溢れた演技で注目を集めています。今年の3月に放送された金曜ロードSHOW!の特別ドラマ企画「北風と太陽の法廷」と言うドラマで彼女は主演女優として出演しました。彼女の役所は子持ちの元ヤン役でした。

ドラマのストーリーとしては冷徹な弁護士と暖かく優しい弁護士が絶対に別れたい夫と絶対に別れたくない妻の双方の代理人として離婚裁判で戦う法廷を舞台にしたドラマです。川島海荷は絶対に別れたい夫の元ヤンの子持ち妻として出演しています。

彼女は今回の役所について、「私のイメージには内容な役をやらせていただいています。自分も最初に聞いたときはびっくりしてしまって、元ヤンにお母さん!?大丈夫かなぁ…なんて思いました。でも覚悟を決め、とことんやってやろうと思いながら挑みました。」と語っていました。

証拠③ 多くの映画に出演しているため演技力は抜群!

彼女はデビューから現在に至るまでに30本以上のテレビドラマに加え、5本の映画に出演しています。これだけの作品に出演しているだけあって彼女の演技力の評価は高く評価されているようです。特に先ほど紹介した「北風と太陽の法廷」での別れたくない妻役では笑顔がとても可愛く、演技もとても上手だと評価するコメントが多く見受けられました。

芸能界に入ったのが小学6年生の時ですから、すでに10年以上を芸能界で過ごしていることになります。13歳だった頃から歌手や女優として活動していれば演技が上達するのも頷けますね。他にも「ぴんとこな」「花燃ゆ」に出演した際の彼女の演技も注目が集まっていました。

彼女は、今後もさらに上達した演技を見せてくれることでしょう。

証拠④ 完全復活?アニメ声優にも挑戦!

川島海荷は女優、歌手と経験してきて今度はアニメ声優に挑戦するようです。日本テレビで今年放送される予定のアニメ、「ナナマル サンバツ」でテレビアニメシリーズのレギュラー声優に挑戦すると発表されました。アニメの声優に対しての意気込みは「声優として不慣れなこともあると思いますが、楽しみたいです!!」と張り切っていました。

同アニメは杉基イクラ「ヤングエース」で連載中の部活競技系クイズ漫画が原作となっています。クイズに青春をかける高校生たちの真剣勝負をアニメーションで熱く描いていく話題作なんだそうです。

川島は「高校生のクイズ研究会が題材になっているアニメですが、私自身、クイズが苦手なんです。でも作品の中では必死にバシバシ答えていきたいと思います!そして一緒に応援してもらえたらなと思っています。」とコメントしていました。

証拠⑤ 川島海荷は9nineでの音楽活動で歌手復帰も可能?

川島海荷が一時期芸能界で姿を見せなくなった理由に関しては様々な説が噂されています。例えば、彼女が学業の優先をしていたとする説です。彼女は堀越学園を卒業後、明治大学に進学しています。大学に進学したともなればそれなりの勉強量も必要になってくることでしょう。そのために芸能活動を一時的にセーブしていたと言われています。

しかし、ZIPの総合司会に大抜擢されると途端に芸能界での活動を本格的に再始動させたと言われるようになりました。女優やタレントとしては復活を遂げた彼女ですが、歌手としてはどうなのでしょうか?一部ではもともと所属していた9nineというグループに再び戻って歌手としての活動を再開すると言われていますが、現実問題それは厳しいでしょう。

ファンからの脱退の際に、結構辛辣なコメントが多数寄せられていたため、簡単に復帰することはできないでしょう。今後の彼女の歌手活動としては現状先行きが不透明な状態となっています。

証拠⑥ 幼かった顔が大人びた雰囲気に!

デビュー当時はその年齢には見えないと言われた彼女の幼さの残る顔立ちですが、ブランクを経て戻ってきた彼女の顔は以前とは違い、年齢相応の大人びた雰囲気を醸し出しています。一部では彼女は顔の複数箇所を整形するために休養期間を設けていたなどと噂されていますが、顔が変わったのは単に成長したのだとする見方が有力です。

また、最近は以前あまりしなかったメイクもするようになり、髪型やメイクによっても顔立ちが随分と変わってくるのでしょう。現在担当しているZIPのMC大人びた雰囲気の彼女ならではの役所なのではないでしょうか?

完全復活を遂げ、さらに成長する彼女の今後に要注目!

川島海荷といえば多くの人が想像するのはカルピスのCMでの彼女ではないでしょうか?透き通った透明感のある彼女ならではの演技で当時注目を集めましたよね。その後の数年間の空白の期間を経て、完全復活を遂げた彼女ですが、2017年はすでに2本のテレビドラマ、1本の舞台、声優が一作品にCM一本とものすごい勢いで活躍しています。

まだまだ復活したばかりではありますが、今後もさらに成長していくであろう彼女の今後の活躍から目が離せません!