ファンタジー系アニメ作品おすすめランキングTOP10!アニメの王道ジャンルの名作は?

アニメの王道ジャンルといえば、ファンタジーでしょう。ベタなだけでなく、古典文学にもそのジャンルが登場するほど、歴史もあります。そんな昔から愛されてきた王道ジャンルのアニメを10作品選んで、ランキングしてみました!

アニメの王道ジャンル、ファンタジーとは

ファンタジーは現実から最も遠い空想世界

出典:https://pixabay.com

ファンタジーのジャンルには「剣と魔法」に代表されるように、空想上の生物空想上の国などが登場するジャンルです。現実では起こりえないことが作者の創造によって引き起こされるのが魅力となっています。完全に別世界を構築するハイファンタジーから、現実世界にありえない事象が起こるローファンタジーの2種類があります。

定義も幅広く、系統も様々です。ゴブリンやオークといったお馴染みの亜人や、ドラゴンなど先人による空想がしばしば受け継がれています。いわゆるトールキンの流れを汲む王道です。神話の生物が登場することもあります。作者によるまったく新しい想像も登場したり、SFと融合したりその可能性は様々です。

魅力がいっぱい詰まったファンタジー

出典:https://pixabay.com

剣による熱い戦い、魔法による驚きなどファンタジーの魅力は尽きることがありません。神話の生物や空想上の生物など、クリーチャー好きにとっても魅力が詰まっています。架空の国同士が争う歴史ファンタジーでは重厚な人間ドラマが楽しめるのも魅力のひとつです。とにかく想像力をかき乱される快感があります。

今回のランキングでは作者の想像力に溢れるものを厳選して選びました。現実では起こりえないことや、自分の創造を遥かに超えるできごとを鑑賞するのは楽しいです。それだけでなく、想像力が掻き立てられます

ファンタジー系おすすめアニメ第10位

『魔法陣グルグル』 ギャグ満載のファンタジー

『魔法陣グルグル』は、衛藤ヒロユキによる漫画を原作としたアニメです。1994年に放送されました。2017年には3回目のテレビアニメ化が発表されています。内容は勇者として育てられたダメ勇者のニケが、強力な召喚魔法「グルグル」が使える少女ククリと魔王ギリを倒しに行く物語です。ギャグアニメに位置づけられていますが、ファンタジーらしいほのぼのとした世界観で人気を博しました。

徹底されたパロディとギャグが魅力

『魔法陣グルグル』はRPGをパロディしたような芸風が当時話題になりました。「勇者は魔物を攻撃した」や「勇者は魔法を覚えた」などシステムメッセージを模したギャグが有名です。他にもキタキタおやじの踊りや、唐突なさっぱり妖精の登場など、お決まりのギャグで日本中の子供たちが虜になりました。ニケとククリの恋模様も可愛く、ファンタジーにつきものな策略や陰謀などもなく、嫌な気分にならずに楽しめるのも魅力です。

ファンタジー系おすすめアニメ第9位

『モノノ怪』 ミステリー風の和風ファンタジー

謎の薬売りが現れてモノノ怪を退治してくる『モノノ怪』は2007年にフジテレビ系列の「ノイタミナ」で放送されました。もともと同じノイタミナ枠で放送された『怪 〜ayakashi〜』のエピソードのひとつである「化猫」をスピンオフ化したものです。

謎の薬売りが事件の現場に神出鬼没し、モノノ怪を退治して事件を解決するという内容です。謎の薬売りは退魔の剣を持っており、その剣を抜くには条件があります。モノノ怪の正体、どうしてモノノ怪となったのか、そのモノノ怪が現れた目的の3つを解き明かすことによってはじめて剣を抜くことができるのです。妖怪退治のファンタジーと謎解きのミステリーが融合しています。

『モノノ怪』と薬売りの魅力

その最大の魅力はなんといっても独特な雰囲気です。和紙に水彩絵の具で描いたような日本独特の不思議な空気を放っています。また主人公の薬売りというキャラクターがカッコよく、マネしたくなるようなセリフ回しが特徴的です。

妖怪退治というファンタジー要素も面白いのですが、人間模様が色濃く描かれたミステリーも楽しめます。モノノ怪の背景には必ず人間がいて、その業の恐ろしさがとてもよく描かれた作品です。

ファンタジー系おすすめアニメ第8位

『龍の歯医者』 歯医者が主役の風変りファンタジー

NHKで放送された『龍の歯医者』は全2話完結のオリジナルアニメです。日本アニメ(ーター)見本市で配信された短編が長編化されました。音響監督に庵野秀明を迎え入れています。

物語は龍の歯医者を生業としている少女のもとに死んだはずの敵国の少年が現れるところから始まります。そんな中、人間をも殺してしまう凶悪な虫歯菌が現れるのでした。死と向き合って生きる人々の賢明さが描かれた作品です。

『龍の歯医者』の魅力

和風のファンタジーですが、作者の想像力あふれる不思議な世界観が最大の魅力です。龍の歯医者ということで、ほのぼのした歯科医業かと思いきや、凶暴な虫歯菌と特殊な武器で戦う緊迫したアクションシーンも観られます。

出家騒動で芸能界から姿を消した清水富美加がヒロインの声を務めていますが、これが想像以上のハマり役です。元気で明るい少女の声が特徴的で、声優としての演技も違和感ありません。それだけに彼女がどれだけ惜しい存在であるかがわかる作品です。

ファンタジー系おすすめアニメ第7位

『The Soul Taker 〜魂狩〜』 クセの強いファンタジー

出典:https://www.amazon.co.jp

タツノコプロによって制作された『The Soul Taker 〜魂狩〜』はSF色も強く、一風変わったクセのあるファンタジーです。世界設定、キャラクター、演出まで変わっています。WOWOWで放送され、全編ハイビジョンで放送されたアニメは当時珍しく、話題になりました。

母親に殺された記憶のある伊達京介は蘇ると、謎のミュータント組織「病院(ホスピタル) 」に襲われます。さらに自分を助けた岬真夜とという少女が桐原グループに誘拐され、実の妹のクローンであるフリッカーと呼ばれる存在を知り、妹を探しながらフリッカーを救済する旅に出るのでした。

『The Soul Taker 〜魂狩〜』の魅力

出典:https://www.amazon.co.jp

とにかくクセの強いキャラクターが多数存在します。主人公を助けてくれる壬生シローはキザでハードボイルで、戦いにハッキングも得意としていて有能です。立ちはだかる敵ドクトル凶也も妙に好戦的で変態です。ホスピタルのロリっ子、中原小麦は敵役ながら交換が持てるキャラで、のちに『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』というスピンオフができたほどです。

ファンタジー系おすすめアニメ第6位

『D.Gray-man』 スタイリッシュな悪魔祓いファンタジー

出典:http://dgrayman-anime.com

『週刊少年ジャンプ』に長期連載されていた人気漫画『D.Gray-man』はアニメ版も人気博し、長期に渡って放映されました。悪魔を兵器とし、その悪魔を倒すために組織されたエクソシストの物語です。

世界の終焉を演出する千年伯爵悲劇を材料に人間の魂を宿して殺戮を繰り返す機械兵器AKUMAの製造者。神の結晶「イノセンス」に魅入られ、特殊能力を手に入れたエクソシストだけがそのAKUMAを破壊できる唯一の存在でした。若きエクソシスト、アレン・ウォーカーが仲間とともに因縁深い千年伯爵との戦いに挑むのでした。

『D.Gray-man』の魅力

出典:http://dgrayman-anime.com

独特な雰囲気が魅力の『D.Gray-man』です。漫画版の絵も独特な雰囲気を醸し出していました。19世紀のヨーロッパを模した舞台設定にキリスト教の宗教臭を絡めた世界観は、ありそうでなかったものです。武器のデザインや能力の設計も独特でスタイリッシュなものとなっています。

ファンタジー系おすすめアニメ第5位

『アルスラーン戦記』 王道歴史ファンタジー

出典:http://arslan.jp

田中芳樹による歴史ファンタジー小説が待望のアニメ化となりました。パルス王国を中心とした歴史が描かれています。無敗を誇っていたパルス王国が侵攻してきたルシタニアに敗北するところから物語は始まりました。乗っ取られた王都、幽閉された国王。王子アルスラーンは王都を奪還すべく、頼もしい仲間とともに旅に出るのでした。

『アルスラーン戦記』の魅力

出典:http://stat.ameba.jp

歴史ファンタジーということで、国同士の壮大な戦争を観られるのが魅力のひとつです。国の策略や、兵法に至るまで大人数の激しいぶつかり合いが見られます。それに加え、魅力的なキャラクターたちによる、個人戦も熱いです。重厚な人間ドラマも魅力のひとつとなっています。

ファンタジー系おすすめアニメ第4位

『七つの大罪』 ゴルフファンタジーから王道ファンタジーへ

『七つの大罪』の原作者である鈴木央は『ライジングインパクト』の作者でもありますアーサー王と円卓の騎士から取られた名を持つ人物たちが特殊能力を活かして戦うゴルフものから純粋なファンタジーへと転身しました。

物語の内容は「七つの大罪」と呼ばれる桁外れな集団が、反逆者というレッテルを貼られながらも、王都の危機に立ち向かうお話です。王女と七つの大罪たちとの交流も描かれています。

『七つの大罪』の魅力

本作はアーサー王と円卓の騎士でお馴染みのケルト神話がテーマにあり、それを基にしたファンタジーな世界設定が最大の魅力です。神話時代のイギリスをモデルにしており、アーサー王や魔術師マーリンなど、ケルト神話好きなら観ずにはいられない要素が満載されています。キャラクターそれぞれが特殊な能力を持っており、激しいバトルが観られるのも魅力です。

ファンタジー系おすすめアニメ第3位

『精霊の守り人』 和風にして王道ファンタジー

出典:https://www.amazon.co.jp

上橋菜穂子による原作を神山健治がアニメ化した『精霊の守り人』は異世界を舞台にしたファンタジー作品です。新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムは水妖をその身に宿してしまったために、国の掟で殺されてしまいそうになります。槍使いの女バルサは溺れていたチャグムを助けたことをきっかけに、チャグムの母である二ノ妃にチャグムを守ってくれるように依頼されるのでした。

『精霊の守り人』の魅力

出典:https://www.amazon.co.jp

この世と異世界が存在し、その2つの世界を結びつける精霊という設定がファンタジーファンの心をくすぐります主人公が30歳の女性というのも特徴的です。多くの功績を持つ女戦士ですが、最強ではなく、迫りくる敵の攻撃をどう切り抜けるかというハラハラした展開を見せてくれます。同時にチャグムを懸命に守ろうとする母性に溢れた魅力ある主人公です。

ファンタジー系おすすめアニメ第2位

『ベルセルク』 ダークファンタジーの金字塔

出典:http://www.berserk-anime.com

三浦建太郎による大人気漫画『ベルセルク』の2度目のアニメ化です。すべての物語を映像化することを目的とした「ベルセルク・サーガプロジェクト」の一環で、現在も計画は進行しています。

黒い剣士と呼ばれるガッツが主人公の物語です。彼は復讐のためにゴッド・ハンドと呼ばれる存在を探して旅をしています。やがてかつての友で最大の敵となったグリフィスと再会し、世界を巻込んだ大きな運命に飲み込まれていくのでした。

『ベルセルク』の魅力

出典:http://stat.ameba.jp

ダークファンタジーということで、血と暴力に溢れた物語が最大の魅力です。妖異が次々と登場し、容赦なく人間たちに襲いかかる悲惨さが物語を暗くしています。属性の概念なども登場し、エレメンタルの力を借りて叩く姿もファンタジー的で面白いです。大剣を振るって敵を切り伏せるガッツの最強っぷりも魅力のひとつになっています。

ファンタジー系おすすめアニメ第1位

『グイン・サーガ』 ヒロイックファンタジーの金字塔

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

栗本薫による原作小説は130巻まで刊行されましたが、作者死亡により未完のままになってしまいました。が、著名な日本の作家が彼女の意思を受け継ぎ、いまなお『グイン・サーガ』の世界も受け継がれて、新刊が刊行されています

物語は魔道大国としてしられるパロがモンゴール軍に攻め入られ、国王の長男であるレムスとその姉のリンダが転送装置を用いてルードの森へと飛ばされることで始まります。2粒の真珠と謳われる美しい双子がそこで出会ったのが筋骨隆々の体だに豹の頭を持ったグイン名乗る男でした。レムスたちはグインの力を借りて、パロ奪還のためルードの森からの脱出を試みます。

『グイン・サーガ』の魅力

出典:https://www.amazon.co.jp

豹の頭と美しい肉体美を誇る体を持ち、グインという名前以外の記憶がない主人公のインパクトが強いです。パロの王子たちとの出会いから、自分の国を持ち、かつての友が国王になった国との対立など、グインという異形のヒーローの存在が世界を巻込んでいく物語は壮大になっています。

王道だけどファンタジージャンルが熱い!

世界の創造と神の存在を記した聖書に始り、ファンタジー世界は長きにわたり多くの人間から想像され続けてきました。魔法、剣、神話や異形の生物。どれも想像力を刺激して、ワクワクを掻き立てられます

今回はその中でも想像性の強いハイファンタジーを中心にランキングしてみました。中世のヨーロッパをモデルにした王道ファンタジーも良いですが、和のファンタジーも私たちに馴染み深くて面白いです。

グイン・サーガ I 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス (2009-07-22)
売り上げランキング: 42,344
精霊の守り人 Blu-ray BOX
精霊の守り人 Blu-ray BOX
posted with amazlet at 17.05.09
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-11-25)
売り上げランキング: 11,863