長嶋茂雄の名言・迷言ランキングTOP10!伝説級のエピソードが満載!

「我が巨人軍は永遠に不滅です」というという言葉とともに球界のレジェンドとなり、引退試合のセレモニーでは大の男達が涙してミスターの引退を惜しんだ人がいます。それが国民的大スター長島茂雄名誉監督ですが、選手だった時代はもちろんのこと、監督になっても、引退をされても今なお日本国民に愛され続けています。彼は野球界のレジェンドで様々な伝説や武勇伝があることは有名です。人を魅了するちょっとおちゃめで光る何かを持っている長島茂雄さんの数々の名言や迷言?をご紹介します。

ミスタージャイアンツと呼ばれ日本国民に愛される長島茂雄とは?!

長島茂雄さんといえば、日本の野球界の伝説的人物です。選手の腕はもちろんのこと、引退してからも監督や野球に携わる伝説の人物として数多くの功績を残しています。引退するときに言った「巨人軍は永遠に不滅です」という言葉を覚えている方もたくさんいらっしゃると思います。

長嶋さんのことをちょっとだけご紹介させていただきます。彼は1936年千葉県の農家の家に生まれました。幼い頃、阪神タイガースの藤村富美男選手の活躍を見て野球選手になりたいと思うようになったそうです。お兄さんの影響もあり、小学校4年生の時に長嶋さんは野球を始めました。

もちろんその当時は終戦だったために道具も充実しておらず、長嶋さんはお母さんにビー玉と堅い布でボールを作ってもらいグラブもお母さんの手作りのものだったそうです。そんな彼は、小学校6年生の時にお兄さんと同じ地元の青年野球団のハヤテ・クラブに入団し、遊撃手として育てられていきます。 長嶋さんは、中学に入っても野球部に入り毎日野球に熱中していました。

当時の日本は終戦直後だったため野球がブームになっていて、誰もがプロ野球選手になるのが夢だった時代。中学時代の先生も長嶋さんがこんなにも有名で伝説的な野球選手になるとは思っておらず、あまりに野球に熱中する姿に「もっと将来を現実的に考えろ」とプロ野球選手になりたいと言っていた生徒全員を長島さんと共に机の上に正座させたそうです。

先生はその時のことを「長嶋がプロ野球の大スターになるとは思わなかった。子供の夢を頭ごなしに否定してはならない」と反省したというエピソードまで残っています。

その後、千葉県立佐倉第一高等学校に進学。高校時代にはほとんど無名だった彼でしたが、2年生から4番打者を担う実力を持っており、高校生最後の大会地区予選で勝ち進み、南関東大会に千葉代表校として出場を果たしました。

その南関東大会の第一試合で試合には負けたものの、高校公式試合で自身唯一の本塁打を放った打球はバックスクリーン下の芝生への鋭い打球を打ち込み野球関係者から注目を集めることとなります。このおかげで様々なスカウトがあったのだけれど、長嶋さんの父親が進学を希望して立教大学経済学部へと進学をします。

高校時代からプロ入りが確実視されており、さまざまな球団がコンタクトをとっていた中で、母親から「せめて在京の球団に」と懇願され、ほぼ南海ホークス(現在の福岡ソフトバンクホークス)に決まっていたにも関わらず、巨人への入団を決めました。当時の契約金は最高額の2000万弱と言いますから、すごい期待をされ入団していたことが分かります。

1958年に読売巨人軍に入団し、1974年に引退するまでに新人王、MVP5回、首位打者6回、セリーグ本塁打王2回、打点王5回、ベストナイン17回、ゴールデングラブ賞2回のタイトルを総なめしました。その他にも日本シリーズMVP4回、オールスターゲームでの通算打率.313と大打者でもありました。

彼の背番号はご存知のように3番。入団時に与えられた番号ではなくあえて昔から使っていた3番にこだわった長嶋氏。この番号は、ジャイアンツの中では永久欠番となっています。V9を含む11度の日本一、13度のリーグ優勝に貢献しました。この成績を見ても彼の力なくしては巨人の現在はなかったかもしれませんね。

2013年には師弟である松井秀喜と共に国民栄誉賞を受賞しました。現在は株式会社読売巨人分専務取締役終身名誉監督として在籍しています。そんな伝説とも言えるミスターですが、野球選手という顔とは別にこれまたなかなか面白い方で名言?迷言が沢山ありますのでご紹介していきたいと思います。

第10位 「I live in Edo(江戸)」

長嶋さんが立教大学に通っていた時代に英語の先生が留年させないために出した問題で、「I live in Tokyo.の過去形は?」と質問した時に、彼は驚くべき答えを答えました。

もちろん本当の答えとしては、「I lived in Tokyo」もしくは、「I had lived in Tokyo before I moved to Kanagawa.」などと答えるのが正解なのですが、ミスターは真面目な顔をして 「I live in Edo(江戸)」 と答えたという逸話があります。

確かに言いたいことは、間違ってはいないようにも感じますが・・・長嶋さんにはナガシマイングリッシュ?があるのか?独特な表現で笑わせてくれますよね。ちなみに立教大学では、長嶋さんを授業中に指さないという暗黙のルールのようなものが教授陣の中にあったそうです。ちょっと・・・わかるような気がしませんか?

第9位 「いいな、みんな。槇原が緊張するから完全試合なんて口にするな」(隣に槇原)

思わず、ええええええええええ?????こらこら、本人が隣にいてしっかりと一緒に聞いてますけど?と言いたくなるような言葉ですよね?この時、槙原さんは隣にいたと言われています。もちろん言葉には悪意はなく、ミスターなりに、ピッチャーの槇原さんに気を使って、そんなことは気にせずに投球に集中しろ!と本気で思って口から出た言葉なのかもしれません。

しかし、仮に他の選手が言ったら、先輩選手に後ろからどつかれそうな言葉です。でも天然と言うか、気を使ったつもりで実は墓穴を掘る?みたいな感じがとてもお茶目に感じます。そこもまた長嶋さんの魅力なのかもしれませんね。

第8位 「ジャイアンツの監督は大変ですよ、毎日がジャイアンツ戦ですから」

そりゃあそうだ!だって、ジャイアンツの監督ですものね。と言いたくなるような微笑ましい名言です。スポーツは結果がすべて、たとえ選手が失敗しても結果は結果として監督の責任になりますし、監督としての長嶋さんの置かれている状況は本当に大変なんだろうと察します。ただ・・・これはそうゆう意味ではないことは確かですよね?

「ジャイアンツの監督は大変ですよ、毎日がジャイアンツ戦ですから」とは・・・・長島さんはジャイアンツの監督ですからね。毎日ジャイアンツ戦なのは仕方ないですよね?こんなことを言って許されるのも長嶋さんの魅力の1つなのかもしれませんね。

第7位 アメリカにて「こっちには外車ばかりだね」

これは長嶋さんがアメリカに行った時におっしゃったそうですよ。他にも「(マクドナルドを見て)へえ、こっちにも進出しているんだ」、「外人がいっぱいいるな」などと驚くようなことを言ったり、食事をしようとしてきっと鳥の料理を注文しようとしたのだと思いますが。「アイアムチキン」(私は鳥)と言ってしまったりしたそうです。言いたいことはわかるのですがね・・・・

それに、初めてお会いする人にきっと「こんにちは。はじめまして」と言いたかったのでしょうが、口から出た言葉は「See you again」でした。まだ挨拶もしてないのにSee you(またね)って・・・・きっと言われた方もびっくりだったでしょうね。

挙げ句の果てには「英語がうまいなあ」と外人に言ったとか?そりゃあそうですよね。母国語でしょうから・・・もうここまで来たらナガシマイングリッシュという言語があるような感じになってしまいます。笑いを取るためではなく素で言ってしまうところもこれぞ長島茂雄だと言えそうですね。

第6位 「時間がないんですか?それじゃ、続きはまた来年」

長嶋さんのご子息の一茂さんが小学校で卒業式を迎えた日に、卒業式で式辞を頼まれて話をした長嶋さんですが、長嶋さんの話があまりに長いので、途中でもう終わりにしてくださいと壇上から降りるように言われてこの言葉が出たそうです。 「時間がないんですか?それじゃ、続きはまた来年」って・・・・

確かに式の時間は決まっているでしょうから、あまり長くなっても後が詰まって大変でしょうね。そこはさておき、続きはまた来年って・・・・一茂さんご卒業で来年はもういませんけど・・・と誰か突っ込んでください。って感じになるのは筆者だけでしょうか?こんな長嶋さんも面白くていいですよね~。

第5位 「いいかげんにしてよ。僕にだってデモクラシーがあるんだ」

当時お付き合いしていた奥様になられた女性とデートをしてた時に追いかけてきた記者たちにおっしゃった言葉だそうですが、それを言うならプライベートだと思うのですが・・・・デモクラシーって民主主義って意味なんですけど・・・もう本当に長嶋さんおもしろすぎますよね?

きっと本人的にはプライベートのことはほっといて欲しいとでも言いたかったのでしょうが、デモクラシーって言っちゃいましたね。彼女を守ろうとした気持ちは男気があって素敵なんですが、この言葉は筆者ならドン引きです。まあ、これもまた長島マジックで許してしまいたくなるのが面白いですね。

第4位 努力は人が見てないところでするものだ。努力を積み重ねると人に見えるほどの結果がでる。

まさにこの言葉は来年4月から長島茂雄氏の人生が小学校5年生の道徳の教科書になるのにふさわしい言葉ですね。創立70周年を迎える教育出版は「人生七転び八起き」という題名で長島茂雄氏の人生を道徳の教科書にしようと現在最終段階に入っており全国からの審査を待っている状態です。

これは、小学生時代に手作りの道具で練習し、中学、高校、大学で実力を着けプロに入団したものの、様々な屈辱を味わったことで、もっとがんばろうと思ったという彼の強い志とそれまでの人には見せない努力が感じられる言葉の1つです。この言葉と共に道徳の本も昭和の国民的スターの人生が、この先の日本を担って行く子供たちの道しるべになったらいいですね。

第3位 なにか一つのことに脇目も振らずに打ち込める時期を持てる人は幸せかもしれない。今の若い人達はのめりこめるものを見失っている。不幸な時代だとは思うけども、時代のせいにするのはどうかな。

野球というスポーツは人生そのものです。」そんな風に何かのこと1つに打ち込めるものを持っていた長島さんならではの言葉なのかもしれません。とても素敵な言葉だと思います。確かに、現代は様々なものがありすぎてチョイスするのも大変です。なんでもいいから1つだけ自分が自信が持てるものが持てたら、きっとその他のことも上手くいくような気がします。

例え時代が変化し、状況が変わったとしても根本的なことは変わらないのだから、老いも若きも何か自分がのめり込めるものを見つけられた時にきっとそれが生きがいになって様々なことを頑張れるのかもしれませんね。自信とは自分を信じてあげることなのですから・・・・まずは何か打ち込めるものを探して自信を持ちましょう。

第2位 ファンが「長嶋さんと同じ誕生日なんですよ」と言ったのに対し 「へぇ、あなたの誕生日いつ?」

長島ファンならば、せっかく長嶋さんに会えたなら、もしもお誕生日が一緒ならばこんな風に声をかけたりしたくなりますよね?しかし、同じ誕生日なんですよと言ったのに対してこの答えって・・・もしかして?もうボケちゃった?それとも???あ?それとも馬鹿にされてる??なんて思われても仕方ない感じもしますよね?

普通、お誕生日が同じなんですよ。って言われていて「へぇ、あなたの誕生日いつ?」なんて絶対に答えないですものね。もしかしたら?長嶋さんって人の話を全く聞いてない人だったりするのかも?それとも狙って笑わせようとしていて天然のフリをしていただけなのかも?なんてもちろん憶測ですけど、感じてしまうのは筆者だけでしょうか?だって、あまりにおちゃめすぎて・・・おもしろすぎませんか?

第1位 小さなボールと一本のバットには運命と人生がつまっている。

幼少期、兄の影響もあり野球が好きになり、お母さんが作ってくれた本物ではない手作りのボールと手作りのグラブ、そして青竹を割った手作りのバットを使い練習してきた長嶋茂雄さん。
その後高校卒業前の試合でラッキーにも野球界に注目してもらえて読売巨人軍に入団。野球が好きだった長嶋さんは寝ても覚めても野球のことばかりだったようです。

一部報道では、野球選手としては一流だったけれど、家庭を守る父親としては4人の子供に恵まれたにも関わらず決していい父であり、夫であったわけではなかったと言われています。家庭をかえりみず野球のことばかりだったそうです。

きっとこの言葉の裏には本当に彼の握ったボールとバットには彼の努力の結晶となった運命と人生がつまっていると同時に同じ妻の立場から言われて頂ければ、少しだけ家庭を顧みなかった反省も入っていて欲しいなと願うばかりです。

天然ボケ&天真爛漫な名言はスーパースター長島茂雄の代名詞!?


もしかしたら?ある意味天然なKYだったのかもしれない長島茂雄名誉監督ことミスターレジェンドですが、この他にも様々な迷言や名言、そして面白いエピソードが沢山ある方です。ある日、ミスターが大好物のふぐを食べる時に、大皿がメインのお客である長嶋茂雄氏の前に置かれたときに「あれっ?みんなのはどこ」って聞いたこともあったとも言われています。

野球の腕はピカ一なのに、本人は狙っているわけではないのでしょうが、巧みにオリジナルなナガシマイングリッシュ?を操り、少年のような素直さを持ち合わせた彼だからこそ日本国民に愛される永遠のミスターなのかもしれません。2004年に脳こうそくで倒れ、命は取り留めたものの麻痺が残り、以降リハビリを続けている長嶋さんですが、いつまでもお元気で日本の野球界を見守り続けて欲しいですね。