能登麻美子のキャラが最高だったアニメ作品おすすめTOP5!能登かわいいよ能登!

子供からお年寄りまで!?綺麗なウィスパーボイスで演じ分ける能登麻美子さんの最高だったキャラクターのアニメ作品TOP5を紹介します。

能登麻美子とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

出生地 石川県金沢市

生年月日 1980年2月6日(37歳)

血液型 O型

身長 162 cm

職業 声優、女優、歌手、ナレーター

事務所 大沢事務所

ウィスパーボイスと呼ばれる柔らかく滑らかな声が特徴。音響監督の本田保則には、「声に混濁したあれがないんですよね。これは天性持って生まれた、ちょっと浮世離れしたところが得な所じゃないですか」と評されている。

出典:https://ja.wikipedia.org

番組の最後に流れるエンドロールを見なくても、作中聞いた途端「のとまみボイス」と分かる程、特徴のある声をしています。まるで天使のような透き通った綺麗な声で、キャラクターより先に声から好きになる人も多そうです。

新アニメなどでCV.が能登さんと発表された時も「のとまみキターーー!!!」と盛り上がり、始まる前から脳内再生される影響力あり!

5位 犬夜叉/りん

簡単な作品紹介

人間の母親と犬の大妖怪の元に生まれた半妖である犬夜叉と、現代から戦国時代へとタイムスリップした女子中学生のかごめが出会い、四魂の玉のかけらを集める旅に出る冒険活劇。

犬夜叉の異母兄弟にあたる大妖怪の殺生丸は半妖の犬夜叉や人間を蔑んでいて仲良くしようとはしませんでした・・・他人のことなど興味もなく生きていましたが、何故か亡き父から与えられた刀は人を蘇らすことのできる「天生牙」でした。

「天生牙」を上手く使うことが出来なかった殺生丸ですが、初めて人間の子供「りん」を生き返らせる為に使い、それ以降行動を共にするようになりました。

キャラ&演技の魅力紹介

りんは殺される前に殺生丸と出会った時は心の傷により言葉を話せませんでした・・・最初は気まぐれで天生牙を使い蘇らせたりんでしたが、身よりもなく助けてくれた殺生丸に付き慕うようになり、次第に元気で明るく喋れるようになりました。

りん自身と殺生丸の生き方が出会ったことにより変わっていき、りんは冷徹だった殺生丸の守りたいと思う大切な存在で重要なキャラクターとなっていきました。

殺生丸だけではなくアニメを見ている視聴者までりんを守りたくなるような、儚く頼りない感じから愛嬌のある子供らしい奔放さもある声と演技でした。

4位 地獄少女/閻魔あい

簡単な作品紹介

世間で、ある都市伝説めいた噂が流れていた。「午前零時にだけアクセス出来るWebサイト『地獄通信』に晴らせぬ怨みを書き込むと、地獄少女が現れて憎い相手を地獄に流してくれる」。しかし、その噂は真実だった。

怨みを持った者が「地獄通信」に書き込んだ直後、依頼者の前にセーラー服を着た長い黒髪に赤い瞳をした地獄少女・閻魔あいが現れる。

出典:https://ja.wikipedia.org

現在アニメ第3期までが放送され、2017年にも第4期が放送される人気作品。自分ではどうにも出来ず、法でも裁けない怨みの依頼を承り地獄少女が成敗していく物語。

問題が解決するとスッキリした気分になるのが普通ですが、始まる前から嫌な予感しかせず、終始ハラハラしたりゾっとするような展開で進んでいきます。

キャラ&演技の魅力紹介



能登麻美子さんを代表するキャラクターと言えば地獄少女を上げる人は多いと思います。特に決め台詞となる「闇に惑いし哀れな影よ。人を傷つけ貶めて。罪に溺れし業の魂。いっぺん、死んでみる?」と言う強烈なフレーズのインパクトは大きいですね!

「地獄少女」という文字を見ただけでも既に怖いですが、能登さんのミステリアスな演技と声でついついのめり込んで見入ってしまう程、ピッタリと役にハマっています。

アニメだから冷静でいられますが、本当にホラーな雰囲気の中、能登さんの声で「いっぺん、死んでみる?」と言われた腰を抜かしてしまいそうですが(笑)怖くても、もっと聴いていたいと思う背徳感があるキャラクターですね。

3位 君に届け/黒沼爽子

簡単な作品紹介

青白い肌や長い黒髪と言うその見た目から「貞子」と言うあだ名で呼ばれていた主人公の黒沼爽子。大人しく内気な性格で貞子は霊感がある!などの根拠のない噂が広まり、周囲からは恐れられていました。

高校に入学しても直ぐにはクラスに馴染めずにいました…しかし、学年1の人気者で男女問わず明るく接している「風早翔太」に出会い、爽子にも他の子と同じように平等に接してくれ、段々とクラスに馴染めるようになっていきました。

仲良くなっていくうちに風早は爽子の事が好きだと意識して、また爽子も風早に惹かれますが恋と言う感覚に自分で気付けず、すれ違うことに…

キャラ&演技の魅力紹介

爽子のキャスティングが能登さんと決まった時に、貞子と言うあだ名を聞いて、また「地獄少女」みたいな役!?!?と思った人もいるでしょう。物語の初めも本当に貞子や座敷童みたいな感じが出ていましたし(笑)

しかし、ストーリーが進むにつれ純粋で無垢な爽子の魅力に惹きつけられ、貞子って本当は超絶美少女なのでは!?と風早だけでなく、視聴者も気付いたことでしょう。これは完全に見た目や性格プラス、のとまみボイスが大きく影響していますね!

能登さんの演じる黒沼爽子は女性ファンが非常に多いです。思わず爽子を応援したくなったり、友達になりたいと思うのは当然の可愛さ!!

2位 シドニアの騎士/科戸瀬ユレ

簡単な作品紹介

奇居子と呼ばれる生命体によって太陽系が破壊された1000年後の未来。種の存続を賭けて繁殖と生産を維持しながら宇宙を旅する「播種船」を建造した人類は、太陽系を脱出して移民できる惑星を求め航海していた。

出典:https://ja.wikipedia.org

科戸瀬ユレは、科戸瀬イザナの祖母であり「外生研」の所長を務める科学者。不死の船員会の一員で不死なのでイザナから「おばあちゃん」と呼ばれているが若い容姿をしており老人には見えない。

しかし、自分の職業や不死の船員会のことをイザナに隠して生活している。現代のシドニアにおける光合成などに計画を実行した優秀な博士で、一線で活躍し続けている。

キャラ&演技の魅力紹介

メインヒロインである星白閑が物語の序盤で戦死してしまい、エナ星白から生まれた融合個体ので外見を「恥部そのもの」と揶揄される見た目の白羽衣つむぎがヒロイン!?のポジションに立ったり、イザナが性別のない中性から女性へと変化したり…

メインで登場するヒロインに値する女性?キャラクターが個性的過ぎなので、スタイル抜群で若い見た目と可愛い顔をした、名ばかりの「おばあちゃん」であるユレまでもヒロインに引けをとらない人気ぶりでした。

珍しく能登さんがお婆ちゃん役?と思いましたが、何歳だろうが関係なく惹かれてしまう程、のとまみボイスだからこそユレは魅力的でした、むしろこんな声のおばあちゃんだったから堪らない!!

1位 銀魂/パンデモニウム

簡単な作品紹介

SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。

江戸時代末期、「天人」と呼ばれる宇宙人達が襲来した。まもなく地球人と天人との間に十数年にも及ぶ攘夷戦争が勃発。数多くの侍・攘夷志士が天人との戦争に参加した。しかし天人の絶大な力を見て弱腰になっていた幕府は、天人の侵略をあっさりと受け入れ開国してしまう。

出典:https://ja.wikipedia.org

陰陽師篇にてパン食い競争の食べ物として、人面虫のような過激な見た目をしたパンデモニウムがぶら下がって登場!!「式神の中ではポピュラーなスナックみたいなもの」と言われ食べた神楽は吐きました。

それでも式神役の新八がしかたなくパン食い競争に出場し、あまりの見た目の気持ち悪さから「食えるかっ!」と拒絶反応を起こしていました。

キャラ&演技の魅力紹介

見た目のインパクトが強すぎて、完全にバツゲームのようになっていましたが、従来のパン食い競争の要領で飛び付いた新八はパンデモニウムさんと唇と唇が触れ合い、キスしてしまったのです(笑)

「初めてだった」と、お互い「ファーストキス」と恥じていると、何故か急にパンデモニウムさんが物凄く美少女に見えてきた新八は惚れてしまい何も出来なくなってしまいます…

声優の無駄遣いと言う言葉がここまでピッタリくるキャスティングは中々ありません!たった少ししか登場してないのに強烈な印象を残し、パンデモニウムさんと聞くだけで一瞬であの容姿が脳裏を過ぎる能登さんの演技は圧巻。意外性と幻覚を見そうになる声の可愛さから1位です!!

最後に

出典:https://www.amazon.co.jp

可愛くて綺麗な声だから、演じるキャラクターも若くて可愛い女の子ばっかりかと思ったら意外性のあり過ぎるキャラクターも見事に演じています!演技もさることながら、声を聴いてるだけ癒されて耳が幸せです。

原作を全く知らない作品でも、アニメ化される際に能登さんがキャスティングされたのをキッカケに見てみると新しい扉が開く可能性が無限に広がりますね。

最初はキャラクターとのギャップに違和感があっても気付けばすっかり夢中になっている人続出!!幼女、おばあちゃん、顔面虫も視聴者を釘付けにしてしまうような演技に今後も期待します。