秋元才加の8つの真実!強靭なボディの中にある乙女なハートに迫る

秋元才加さんと言えば、元AKB48のメンバーだった女性で、現在でもタレント業をされている方ですね! その特異なルックスはコアなファンを獲得していて、AKB48時代から人気の高かったメンバーです。ここでは、そんな個性的な美人である秋元才加さんについて紹介します!

秋元才加のプロフィール

秋元才加さんは1988年7月26日生まれで、AKBグループの中では比較的年齢が高かったことが伺えます。愛称は、「さやか」「さぁや」「オカロ」など様々。10代の頃には芸能人になりたくて、様々なオーディションを受けていたようです。

愛称の「オカロ」ですが、これは「才加」という文字を分解していくと「オカロ」に見えなくもないということで、特にファンの間で親しまれていた名前です。倉治明日香さんからは「もっさん」という愛称で呼ばれていたり、かなり様々な名称をもつ人気者キャラクターですね。

キャッチフレーズは「強く、気高く、美しく」で、気合いを感じさせる人物でもあります。母親がフィリピン人なので、彼女の独特の顔立ちも理解できますね。しかし、英語は得意のようですが、フィリピンの公用語の一つタガログ語は苦手のようです。

秋元才加の真実① 少女時代のあだ名は「ゴリラ」!?

秋元才加さんは、フィリピン人とのハーフで独特な顔立ちもあったためか、うんと若い頃は同級生に「ゴリラ」と呼ばれていたそうです。お父様は働かない人だったようですが、そんな才加さんを励ますために、「お前は世界一かわいいゴリラだ」とか、ちょっとズレた励まし方をしていたとか。

お父様は酔っぱらって電柱にぶつかり、そのまま入院してしまうような困った人のようですが、かわりに才加さんに対する愛情は人一倍注いでいたと言います。自分の娘が一番かわいいと思っていたようで、ハーフだとかゴリラだと才加さんがいじめられていても、そっと精神的に支えていた所は良いところですね。

秋元才加の真実② AKBのオーディションを辞退しようとしていた

秋元才加さんは、芸能人にこそなりたかったものの、当時はアイドルには興味がなく、渋谷で貰ったAKB48のチラシを見ても、はじめはピンとくるものがなかったらしいです。さらに、当時のAKB48は完全に地下アイドルと同じで、テレビに出るような存在ではなかったので、なおさら興味がなかったとか。

しかし、当時のAKB48は,写メを一通送ればオーディションを受けられるという気軽なものだったので、軽い気持ちで受けてみることにしたといいます。一次審査が受かって劇場に行った時、みんながフリフリの衣装を着ているのを見て、さすがにこれは似合わないと思ったらしく、「二次審査は辞退します」と思わず言ってしまったといいます。しかし、両親が「今は嫌でも、将来は変わるかもしれないよ」と後押ししてくれたようで、最後まで受けてみることにしたという逸話があります。

秋元才加の真実③ 芸能界デビューは「家計を支えるため」

秋元才加さんの家は、とても貧乏だという話は有名です。お父様が働かない方なので、代わりにお母様が朝から晩まで働いていたようです。才加さんの家では、電気とガスが止まるのは当たり前、風呂も沸かせないので冬は水風呂が当たり前、電気がつかない時は新聞紙を燃やして明かりをつける、服はフリマで500円で5着など、尋常ではない生活をされてきたようです

これだけ聞いてしまったら、「お父さん、さすがに働いてくれ~!」と思いますが、それでも父を大切にしている才加さんは、本当に立派な方ですね。いじめられていたことを見返すために芸能界に憧れ、今や綺麗な服を着ても誰も「ゴリラ」とか「ブス」とか言わない。才加さんは、よくがんばったと思います。しかし、今では家計を支える大黒柱だとか! お母さんはがんばっているのでしょうが、やっぱりお父さん、少しは仕事もしっかりしてほしいです!

秋元才加の真実④ 運動神経の良さはAKB随一!腹筋も半端ない

有言実行。

秋元才加さん(@areasayaka)がシェアした投稿 –

秋元才加さんは、身長166cmという長身が魅力的であり、スタイルも綺麗です。しかし、もともとは肥満体型で、今のスタイルは努力によって手に入れたものらしいです。ここでは公開できませんが、腹筋の画像もすばらしく、歌番組で歌っておられた時の才加さんの腹筋は、ジャニーズのそれを超えていました! 見事なシックスパックです!

そんな才加さんは、運動神経も良いことで知られています。長距離は苦手ですが、パワー系や身体操法は得意なようで、合気道も二段を所有しています。また、パワーボールも難しい体勢で見事にホールドしており、そのバランス感覚を見せてくれました。ハーフの方は美男美女が多いですが、もしかしたら運動系にまで良質な遺伝子が作用しているかもしれませんね!

秋元才加の真実⑤ 誰よりも乙女?心は繊細!

本日の衣裳🙆 上品なグリッターでした✨

秋元才加さん(@areasayaka)がシェアした投稿 –

秋元才加さんは、幼いころからフィリピン人のハーフだとかゴリラだとかブスだとか言われてきたためか、物事を多角的に捉え、人の心の動きに敏感にな方のようです。これは悪い意味ではなく、才加さんは様々な経験を通して心優しくなり、良い意味で繊細な所があると解釈していいと思います。

メンバーの携帯が熱湯の中に落ちるというドッキリでも、才加さんは躊躇せず携帯を救出したり、ダンスの練習でストレッチをしたくないと言い張る後輩に対しも、「怪我をしてからでは遅いんだよ。私は嫌われてもいい」と厳しく注意したという逸話があります。

才加さんは、自分がどうなってもいいから正しい方向に全体を進めていきたいという視点をもっていて、そのためメンバーからの信頼も厚く、ファンも大勢獲得していったのかもしれません。心の姿勢は大事ですね。

秋元才加の真実⑥ レズビアンに大人気!総選挙1位に輝く

☕︎🤗

秋元才加さん(@areasayaka)がシェアした投稿 –

「男前」と評判の秋元才加さんですが、なんとレズビアンによる総選挙では、第一位を獲得しています! 素晴らしい! 確かに、才加さんの雰囲気やルックスは、そっちの方面の方に人気が出るかもしれません! 英語は得意だということなので、才加さんのセンスなら海外の映画とかに出演して、少し怪しいキャラクターなどを演じられても映えそうです!

秋元才加の真実⑦ いいともの企画で放送事故レベルの大失敗!?

『笑っていいとも!』の企画で、「秋元才加がAKBを何人スタジオに呼べるか?」というチャレンジがありました。しかし、それで呼べたのは前田敦子さん一人だけ。しかも、前田敦子さんはご自分の映画の宣伝に来ただけで、才加さんのためにきたわけではなかったのです!

これにはショックというか、才加さん本人も苦い思い出になってしまったようです。しかし、いいともは才加さんを人間的に成長させてくれた、良い番組だったとも語っています。

秋元才加の真実⑧ 好きな男性のタイプは「ヤギ」!?

秋元才加さんの好きな男性のタイプは独特で、「ロールキャベツ男子」や「しつこいヤギみたいな人」が良いらしいです。「ロールキャベツ男子」はともかくとしても、「しつこいヤギみたいな人」って、なんだか幸せになれなそうな気がするのですが、いいのでしょうか

どちらかと言えば、本質的には肉食系が好みだということで判断してよさそうですね。好きになり過ぎると仕事に集中できないという発言もしている才加さんですが、これだけでは、一体どのような男性が好みなのかイマイチ判断しかねる所があります。

独立してからが意外と強そうなタレント

もともとアイドルには関心がなかった秋元才加さんは、これからのご自分のタレント活動こそが、本業になっていくべき方向性ではないでしょうか。実は、才加さんはAKB48卒業後のテレビドラマ・映画・舞台の出演数の方が、卒業前より多くなってきております。

子ども時代から多大な苦労を背負ってきて、どんな批判にも耐え、屈せず己の力で成功をつかみ取ってきた才加さん。彼女のように本当に根性がある人間こそが、本格的な舞台女優として才能を発揮していくように思います。

トークも上手く、自虐ネタ的なことも上手い秋元才加さん。女優やタレントという枠を超えて、マルチな方向性に可能性を伸ばしていけそうなタレントなので、これからもまだまだ注目していきたいポストですね!

秋元才加 1st Photobook ありのまま。 (タウンムック)
秋元才加
徳間書店
売り上げランキング: 72,813
劇場版 媚空-ビクウ- [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2016-06-02)
売り上げランキング: 16,277