杉谷拳士は球界の芸人枠!笑いだけじゃないムードメーカーに迫る

日ハムのスーパーサブ的存在の杉谷拳士。打撃練習では「シャアアコオオオイ!」と大声を張り上げる明るいいじられキャラのムードメーカー。とんねるずの番組で石橋ジャパンに選ばれて近年人気急上昇中の彼だが、甲子園では投手をつとめ、捕手もでき、スイッチヒッターでもある彼は究極のユーティリティを持つ。そんな彼の人物像に迫る。

杉谷拳士のプロフィール

杉谷拳士(すぎたにけんし)というかっこいい名前を持つ彼は日本ハムファイターズ、いや野球界のムードメーカーである。明るい性格といじられキャラで近年人気急上昇中である。とんねるずのリアル野球盤に出演したことでも彼の認知度は高い。

「へえい!アツ!飯行こうぜ」アツとは稲葉篤紀のことで一回り上の日ハムのゴリゴリの先輩である。野球という縦社会を生き抜いてきた人物に違いないが自らその常識を打ち破る度胸にはチームメイトの度肝を抜いた。

9連敗のどん底の中で一人だけ「監督が暗い顔していたので注意しておきました」とサイコな発言をしたことでも有名だ。毎年スタメンも間近と言われ続けるが、高校時代はこのままではレギュラーになれないと察してスイッチヒッターに転身し、それでも怖いので日ハムの入団テストに自ら受けに行くバイタリティを持つ人物だ。

とんねるずでお茶の間の人気者に。



お正月の恒例番組、「とんねるずのスポーツ王は俺だ!」でメンバーに選出。いやあ面白いですね、リアル野球BANは。石橋貴明と同じ帝京出身ということもあり「日ハムでなんと素晴らしい成績を、2割4里」といじられている。

身長が低く声が高いことから自らも人をいじるのが得意で、番組内では先輩の中田翔を平気でいじったりしている。相手が本当にちょっとキレているのになおも金髪やネックレスをいじり倒すメンタルの強さには驚かされる。

個人的には木更津キャッツアイの猫田を思い出してしまうのだが、とにかく世渡りのうまいルーキーという印象だ。この番組をきっかけに視聴者が野球が好きになった人がもいるだろう。初めて見た人は野球選手と言うより芸人と思ったかもしれないが。

甲子園ではあの伝説の試合に出場



これでも杉谷拳士は名門帝京高校の出身で春夏含めて甲子園にも三度出場し、二年連続ベスト8進出している。そして高校野球史に残る2006年88回選手権大会、智弁和歌山高校戦にも出場。場面は大逆転した9回裏、なんと投手として出場。

こちらはMステで「すぎたに」と謝って紹介されていたことで何かと話題になったが、もっと大きな話題を作ったのは彼が投手に交代し1球でデットボールにしてしまったことだ。ランナーは生還し、サヨナラ負け。史上初の甲子園1球敗戦投手となった。

これは素直に悲しかった。この甲子園の試合はのちにプロに行った大田阿斗里や中村晃などもいたとても印象的な試合でもあった。その後も甲子園に出場し、3年次にはキャプテンになり、通算25本の本塁打も打っているので、本当はちゃんと上手い選手なのだが。

プロ入り後の活躍は……

#杉谷拳士

ponさん(@_chacha5_)がシェアした投稿 –



高校後進路は社会人野球に決まっていたが、プロの夢を諦めきれず、自ら入団テストを受けに行ってドラフト6位指名を受けた杉谷拳士。実はプレーの実力ももちろんそうだが、ひときわ声のでかいやつがいるということで首脳陣の目に止まったそうだった。

一年目は二軍スタートだったが、打率.269を出しルーキーの勢いそのままに、翌年も高梨利洋の記録を12年ぶりに破り133安打を叩き出した。功績が認められ2011年に一軍に初出場。一軍の打席数は増えたが打率は伸びずじまい、しかし二軍では着実に打率を.336に伸ばした.

2012と2013は1軍と2軍の間を行き来することが多く、打率もあまり伸びなかった。2015になって一時首位打者になったが、この辺りあたりから故障が続く。2017年現在では左ヒラメ筋筋挫傷で1軍の登録抹消となってしまった。

うるさ杉谷!面白さはもはや芸人!?



足が早く盗塁がうまく、高校時代には右打ちから両打にし、プロでは左のほうが成績がいいという何かとオールラウンダーな杉谷拳士だが、彼は今や野球界の超人気者である。テレビに出ると何かと面白いことをしてくれるので、そのセンスはもはや芸人級と言われている。

先輩だろうが御構い無しにいじったりする彼は野球解説者の岩本勉から「うるさ杉谷」と言われてあだなが定着した。2016年に日本一になった日ハムで今にもレギュラー間近と言われ続けているのに、なかなかうだつが上がらないが、注目度は一番。

リアル野球BANでは侍ジャパンのメンバーと戦ったが平気でマエケンのことをマエケン体操と言ったりしてとにかく挑発が得意。これは引退した後も確実にテレビでの仕事はやっていけるだろうというバイタリティを感じさせた。

ウグイス嬢にイジられる。

杉谷拳士はじめて生で見た⚠️ #杉谷拳士 #日本ハムファイターズ #2 #ジャイアンツ球場

himekaさん(@bb_89_h)がシェアした投稿 –

「暑い仲杉谷選手がポジティブにバッティング練習を行っております。」とウグイス嬢にもいじられている杉谷拳士。いつもいじっているのは西武ドームのウグイス嬢。2015年西武戦では3日連続で「口撃」を受けたことで話題になった。

「打球がマレにスタンドに入ることがあります。気温も高くなっておりますので、杉谷選手と熱中症にはご注意ください。」とこの適度で上品ないじりをしているのは一体誰だろうか。毎回恒例になっているこの「口撃」をしているのは鈴木あずささんという方だ。

実はこのきっかけは杉谷本人がアナウンサーに打撃練習の終わりに「杉谷選手、打撃練習終了です。」と言ってくれませんかと直々にお願い。え、自己演出?と思ったが、ウグイス嬢もやっちゃえと言わんばかりに思い切って言ってみたらウケていつの間にかファンができたそうだ。

 ウグイス嬢のセンスがすごい

#杉谷拳士 今日も勝つぞッッ✊🏻✨

ponさん(@_chacha5_)がシェアした投稿 –

一体鈴木あずささんは自分でこのセリフを考えているのだろうか、それとも杉谷選手が考えて原稿を渡しているのか。渡しているならもしかして二人は付き合っているのだろうか、といろんな疑惑が生まれそうだが、とにかく彼女のいじりは面白い。

「大きな打撃がまれにスタンドに入る場合がございますが…」とこれには中田翔もニヤニヤとベンチで笑っている。栗山監督も密かに大爆笑。この二人のやりとりと、妙な睦まじさがクセになるらしく、球場に運ぶファンの数も増えているとかいないとか。

しかし杉谷選手がファンに愛されていることは事実。実際いつもファンに挨拶をし、礼儀正しいと評判。鈴木あずささんにも打撃練習後は放送席に向かって「いつもありがとうございます」と挨拶しているらしい。彼女はこれに対し窓越しの関係ですと言っている。何か怪しい…。

杉谷拳士と中田翔は超仲良し?

杉谷拳士がいつもいじっているので必然的にこの二人はカメラに抜かれることが多い気がするが、実は杉谷拳士と中田翔はとっても仲良し。実は年齢は一個しか違わないので、もしかしたら杉谷拳士はさほど先輩と思っていないのかもしれない。

とんねるずの番組では堂々と「侍ジャパンの敗北の原因」と言っていじっていたが、少し嬉しそうな顔をしているように見えるのは私だけだろうか。実際杉谷拳士がハイタッチしようとしてスルーされたり、お尻を触って叩かれたり、ボールをぶつけられてたりするのを見て仲睦まじさを感じる。

杉谷拳士があまりにもポジティブすぎるので本当はどうなのかさっぱりわからないが、一度だけベンチで中田翔がぶん殴っているのを見たことがあるが、かなりリアルだったのを覚えている。時々真顔で「あれ、怒ってる?と思わせる場面はたくさんある。

杉谷拳士の活躍はこれから?

#北海道日本ハムファイターズ #杉谷拳士 #鎌ヶ谷スタジアム #2017.5.7

aicoさん(@aichoco_photo)がシェアした投稿 –



2017年4月に故障し、2週間の離脱を強いられたが、一軍復帰を代わりにしたのは渡邉諒。田中賢介選手からレギュラーを奪うと意気込んで始まった2017だったが、立て続けに怪我に悩まされていた。

内野も外野もほとんどのポジションをこなせるだけあって彼の使いどころはたくさん。オールラウンダーの誇りにかけて近年は打率も上昇の気配を見せているし、近々本当に一軍昇格を果たす日がくるだろう。

5月に入ってからはスタメンでチームに貢献しているが、日本ハムファイターズは最近怪我が多いのでスタメンを組みにくそうである。普通にファイターズの動向が気になってしまうが、杉谷選手にもこれからもいいムードを作って頑張ってもらいたい。