マッスル野郎 ジェイソン・ステイサムの黄金の筋肉について語る

アメリカのハリウッドには素晴らしい筋肉美を持っている大スターが沢山います。その中でもイギリス出身のハリウッド俳優ジェイソン・ステイサムは元水泳の飛び込みの選手だったため、ただ鍛えられた筋肉とは違い、まさに魅せる黄金の筋肉と言われています。そんな世界から絶賛されるジェイソン・ステイサムの鍛えられた筋肉や彼の肉体美が見られる映画の数々をご紹介し、彼の筋肉美もご紹介させていただきます。

元水泳飛び込み選手だったジェイソンがハリウッドのタフガイに!

Jason Statham ❤ { #JasonStatham }

Jason Michael Statham ♥さん(@jason_statham_fans_page)がシェアした投稿 –

現代のハリウッドのアクション映画界の大スターと言っても過言ではないと思われるジェイソン・ステイサム(本名:ジェイソン・マイケル・ステイサム。彼は1967年7月26日にイギリスのダービーシャーで生まれました。今年50歳になるハリウッド俳優です。とても50歳になるとは思えないような肉体美だと思うのは筆者だけでしょうか・・・

彼は、1998年にガイ・リッチー初監督作「ロック、ストック・アンド・トゥー・スモーキング・バレルズ」でスクリーンデビューを果たしました。当時モデルの契約をしていたファッションブランド「フレンチ・コネクション」がこの映画のスポンサーになった事がきっかけだったそうです。

Jason Statham ♥ { #JasonStatham }

Jason Michael Statham ♥さん(@jason_statham_fans_page)がシェアした投稿 –

実は当時のモデルとしては、モデルらしくない普通の男性モデルを探していた時に彼がまさにイメージ通りだったというプレスの話もあるんですよ。こんなチャンスがなかったら、今の彼は違った生き方をしていたかもしれませんね。

その後2001年にジェット・リーと「ザ・ワン」で共演したことで、アクションスターへの階段を駆け上りはじめました。そして、大人気のシリーズ化しているリュック・ベッソン製作・脚本の「トランスポーター」で注目を集め、続編2作にも主演することになりアクションスター俳優としての地位を確立していきます。

そして、2008年公開の「デス・レース」の撮影の前にジェイソンは、本物の海軍特殊部隊と一緒に週6日の肉体トレーニングを10週間行ったエピソードがあるそうです。本当に筋肉を磨くことに力を入れている人なんだなとこんなエピソードからも感じられますね。

2010年に公開されたハリウッドのアクションスターが大集合した映画「エクスペンダブルズ」(R15+指定)に引き続き、同じ役どころで出演した2012年公開の「エクスペンダブルズ2」(PG12指定)において彼は偉大な共演者達に恵まれます。

Jason Statham ❤ { #JasonStatham }

Jason Michael Statham ♥さん(@jason_statham_fans_page)がシェアした投稿 –

前作とは違いジェット・リーはもちろんですが、アーノルド・シュワルツェネッガーブルース・ウィリスらとも共演を果たしています。アーノルド・シュワルツェネッガーやブルース・ウィリスなんて言ったら、もう誰もが知っているハリウッドのアクションスターの大御所です。

筆者は以前ハワイでブルース・ウィリスが泊まっていたホテルが同じだったため、ビーチで本人にお会いしてお話しましたが、ものすごい肉体美の方で光煌やくオーラ全開でしたもの。きっと同じ肉体美を持つ大御所のハリウッドの大スター達と共演できてジェイソンは興奮したことでしょうね。

Jason Statham ♥ { #JasonStatham }

Jason Michael Statham ♥さん(@jason_statham_fans_page)がシェアした投稿 –

彼がこれまで出演した映画は40本以上あります。彼の出演する映画を見てみるとお分かりになると思いますが、殺し屋だったり、犯罪者だったり、運び屋だったりとなぜかアンチヒーロー?というか反社会的な役が多く、やはりアクションものがほとんどのように感じます。

ジェイソンは劇中スタントなしで演じることが多く、2011年公開の「キラー・エリート」のプロモーションで来日した際に記者からアクションシーンについて聞かれた時に

俳優として、すべてのシーンに責任があると思っている。もちろんアクションシーンもね。だから、そこだけを他人に任せるというのは、ちょっと違う気がする。可能な限り自分で演じ、その緊迫感で表現できることが大事だと思う。」と言っています。

こうゆう彼の真面目で一生懸命さがハリウッドでも認められて大スターへの階段を上がっていったのかもしれませんね。彼の一生懸命にスタントなしでアクション映画を演じる俳優魂というのは本当にすごいことだと思います。

演じる役もそうゆう危ない役どころが多いせいか、2014年公開の「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」では、九死に一生を得ているそうです。

黒海に向かってトラックを走らせるシーンでの出来事だったそうですが、ギリギリでトラックを止めるはずだったトラックが止まらず、ジェイソンもろとも黒海の中に沈んでしまったそうなのです。元々水泳の飛込競技の選手だったからこそ九死に一生を得たのかもしれませんね。

マッスルボディを拝むならこの映画だ!

ご紹介してきたようにジェイソン・ステイサムが現代のアクションスターだということは分かっていただけたと思います。そんな彼は身長178cm、体重 84kgとプロフィールを見ても分かるように思っているよりも小柄な男性です。そんな決して大柄ではない男性が筋肉美で耀けるのには彼の日々の体力作りが背景にあるようです。

トレーニングをしているときは、早寝早起きをして友達や仲間とも飲みに行ったりしませんし、パーソナルトレーナーと栄養士を雇ってトレーニング施設で日々トレーニングをし、映画の撮影期間中には肉体の維持のために鳥のささ身を蒸したものとブロッコリーしか食べないとその徹底ぶりには目を見張るものがあります。

そんな彼が毎日欠かさずに体力作りをした成果?のオススメの黄金の筋肉が見られる映画をいくつかご紹介させていただきます。

トランスポーター / トランスポーター2 / トランスポーター3 アンリミテッドと続きで必見!

リュック・ベッソンが製作、脚本を手がけたこの「トランスポーター」。米仏合同製作映画なためか、音声は英語なのに作品名のタイトルはなぜかフランス語の「Le Transporteur」でちょっと不思議な感じです。2002年公開のこの映画ですが、2005年、2008年に続編が公開され三部作化しました。

元軍人で天才運び屋ドライバーのフランク役のジェイソン・ステイサムが、ある日マフィアの抗争に巻き込まれてしまうstory。劇中マニュアル車のBMWやアウディなどに乗っているのが車好きには堪らない感じです。当時まだ日本では発売されていなかったオランジーナが頻繁に登場したりしました。

ジェイソンがドアごと蹴りを入れるシーンや油まみれで悪漢数人をやっつけるシーン、トラックでのバトルシーンなどの彼のアクションすべてが見所です。彼のカッコイイ筋肉美もお見逃しなく。

アドレナリン / アドレナリン2

R15指定に指定されている「アドレナリン」ですが、正直ちょっと気持ち悪い感じなので女子向きではないかもしれません。最初の作品が「アドレナリンを出し続けないと死ぬ」という設定で、二作目は「充電し続けないと死ぬ」という設定のもとに作られているstoryなのですが、最初の作品の内容的には日本の昔のウルトラマン対ガメラ?(ウルトラマンに失礼かもしれません。すみません。)みたいな感じもします。

殺し屋シェブ・チェリオス役のジェイソン・ステイサムが九死に一生を得て目覚めるのですが、彼の強靱な肉体に目を付けた老ギャングにより、彼の心臓は粗悪なバッテリー式の人工心臓に替えられてしまっていました。

しかし、そのオペを担当した医師から人工心臓は1時間ごとに充電が必要なことを知り、手段も場所も選ばず充電を繰り返しては盗まれた心臓を追って街中を駆け回るというstoryなのです。内容的にはちょっとバカっぽい感じもしたりするかもしれませんが、彼の肉体美は健在の映画になっています。

Storyの途中では、心臓を盗んだ敵?を追って高圧電線のある発電所で大量の電気を浴びた彼は身長18メートルぐらいに巨大化してしまう・・・・という口があんぐりしてしまうような内容なのですが、この作品も彼の肉体美に集中しながら見ていただければ、あなたにもアドレナリンが出るかも?

「ワイルド・スピード」シリーズ

ワイルド・スピードは2001年に1作目が公開され、世界で大ヒットをし続けているシリーズものの映画です。現在、劇場でワイルドスピードシリーズ最新作の第8弾の「ワイルド・スピード ICE BREAK」が上映中です。筆者も先日4DXで観てきましたが、これまたものすごいスピード感のある激しい映画です。正直アクションものが好きじゃなければ、おすすめはしないかも?

storyの内容的には、ヴィン・ディーゼル演じるドミニクが急に仲間を裏切ります。家族のように強い絆で結ばれていたはずの他のメンバーのとの絆の崩壊の危機を感じさせつつも、仲間を裏切った理由を知ったメンバーの対応など見所満載です。アクションものなのに、しっかりしたstoryがあって愛を感じられる1本です。もちろんジェイソン・ステイサムの筋肉美はもちろんですが、笑顔もチャーミングなのでお見逃しなく。

「エクスペンダブルズ」シリーズ

現在エクスペンダブルズシリーズ3まで公開済のこの映画、エクスペンダブルズを日本語に訳すと消耗品軍団となるのですが、バーニー・ロス隊長(シルヴェスター・スタローン)率いる最強で無敵の傭兵団のことなのです。最近CGだらけのアクション映画とは違いすべてリアルに作られていて、アクションものが好きな人にはオススメの映画です。

豪華アクションスターが筋肉と肉体美?を頼りに爆破と筋肉が見所のアクション映画です。この新旧のアクション映画の大スター達を大結集させ、製作してきた大ヒットシリーズ「エクスペンダブルズ」ですが、先日シルヴェスター・スタローンが突然の卒業を表明したためにファンの間に驚きと落胆が走っているようです。

米映画業界のニュースサイトDeadlineHollywoodによると、シルヴェスター・スタローンは彼の過去最高額となる推定2000万ドルの出演料を提示されていたにもかかわらず、シリーズ第4弾の出演を断ったと言われています。

どうやら、製作を手がけるアビ・ラーナーと監督の人選や脚本の内容をめぐり意見が一致しなかったのが理由だと報じていました。ただ、確執が以前から取りだたされていたラーナー曰く95%合意しつつあり、まだ彼の降板は決まっていないとも言っています。ファンにしてみたらちょっと心配なニュースですね。

ジェイソン・ステイサムはエクスペンダブルズのメンバーの内では一番若く、元SAS隊員であってナイフ術のエキスパートとして出演しています。ジェイソンはもちろんですが、この作品の出演者の豪華さと言ったら、筋肉が好きな方々には堪らない作品です。ぜひご覧になってない方は必見です。 

ジェイソン・ステイサムのマッスルな魅力

さて、魅惑の肉体美を見せてくれるジェイソン・ステイサム (Jason Statham)のオススメの映画を知っていただいたところで、今度は彼の肉体美に迫ってみたいと思います。とにかく、彼の筋肉を保つ為のストイックなところはすごいですよ。

どうやら、日本でも彼の筋肉美に憧れる男性は多いようで、彼は男女問わずに筋肉好きには憧れの存在のようです。それもそのはず、彼のトレーニングのストイックさといったらここでは語り尽くせないほど細かいメニューをこなしています。

どちらかというと、一般的な人が体作りで行うメニューとは違い、元飛び込み水泳の選手だったために無駄な筋肉をつけないで、必要な筋肉だけをつけているようですね。そんな彼の肉体美をパーツごとにご説明していきたいと思います。

ジェイソンの分厚い背中はデッドリフトのおかげ!

ジェイソンの筋肉を語る時にまず外してはならないのが彼の背筋です。彼の背中を見ればお分かりになると思いますが、何かに似ていると思いません?そうです。あのコブラの頭にそっくりなんですよ。背中にある広背筋が大きく広がっていて大円筋などが盛り上がってどう見てもコブラの頭に見えませんか?

素人から言ったらまさに逆三角形カッコイイの一言です。この迫力ある背筋だからこそ、決して身長も大きくない彼がまるで迫力ある大きな男に見えるそうですよ。この魅力ある背筋になるにはデッドリフトをしているそうです。

デッドリフトとは、筋トレBIG3の一つで死んだ人を持ち上げる動作に似ていることから、この名前がついているそうです。彼の背中に憧れる人にはオススメのトレーニングかもしれません。

この腹筋は努力の賜物!

Jason Statham ♥ { #JasonStatham }

Jason Michael Statham ♥さん(@jason_statham_fans_page)がシェアした投稿 –

ご紹介しているように、ジェイソンと言えばあの三角形のコブラのような背中の筋肉と思われがちですが、彼の腹筋もまた素晴らしい。いわゆるシックスパックなんて聞いたことがあるでしょうが、お腹の筋肉の割れ具合がすごいんですよ。

1つ1つの腹筋が太く、溝のようなものがしっかりと深く刻み込まれています。それに加え、腹斜筋という筋肉も発達しているのでボリュームのある筋肉になっている感じですよね。こう全てが完璧だと非の打ち所がありませんね。

立体感のある大胸筋を作って惚れ惚れする谷間のある胸が完成!

ジェイソンのトレーニングメニューは先程も少し触れたとおり、個人トレーナーと栄養士を雇ってトレーニング施設でとてつもなく大変なトレーニングメニューをこなしているそうです。

食にも気をつけていて、添加物などの入っているものは一切食べないそうですし、1日に6回摂取すべき食事を小分けにして取っているそうです。そうすることによって、余分な脂肪分を取らずに済み、筋肉も落ちにくくなるそうですよ。

もちろん誰もがそうすればこんな体になると思ったら大間違いですね。彼の場合元アスリート。長い時間をかけてこの筋肉のベースが出来上がっているからこそなんだと思います。その証拠がこの胸の筋肉・・・惚れ惚れしちゃいますね。

セクシーな均等ある上腕二頭筋に惚れてしまいそう!



実は筋トレをしなくても、腕を使っているとそこそこ腕に筋肉は着くといいます。しかし、ジェイソンの上腕二頭筋には特徴があるといいます。上腕二頭筋の筋の幅が均等なんだそうです。上腕二頭筋は筋肉の始まりと終わりである部分は誰もが細くなってしまうそうなのですが、彼の場合は違います。

だからこそ、筋肉好きにはたまらない腕なのかもしれませんね。1つのトレーニングに限らず、様々なトレーニングを取り入れることによって出来上がるそうですよ。素人から見たら、この腕に寄り添いたい・・・なんて思ってしまうくらいかっこいいですよね。

立ち振る舞いはさすが元モデル!でも実はジェイソンはみんなの憧れの筋肉マン!

Jason Statham ♥ { #JasonStatham }

Jason Michael Statham ♥さん(@jason_statham_fans_page)がシェアした投稿 –

いかがでしたか?筋肉と一言で言っても様々な形態がありますし、ただ筋肉を着ければいいというものでもなくてジェイソンのような無駄な筋肉のない身体はとても魅力的ですね。

マッスルメモリと呼ばれてるようですが、身体は一度トレーニングを創り込むと、たとえ筋肉が落ちたとしても、短期間のトレーニングで元の体に戻るといいます。ジェイソンはこの筋肉美をきっと大先輩のシルヴェスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガーやブルース・ウィリスのように何年経っても維持してアクションスターとして観客を夢中にしてくれる映画に出演し続けてくれるでしょう。

この筋肉の体型のガタイで、強面の顔で、スマイルされたら女性ならイチコロですよね。殿方の皆様、ジェイソンを見習って明日から筋トレでも始めてみませんか?