【聖☆おにいさん】色んなトコから怒られない?驚愕の聖人コメディが大人気な5つの理由

突如!東京都立川市に現れた2人の神々しい聖人…!イエスとブッダ、絶賛バカンス消化中!世界共通で知らない人はいない2人が、立川を拠点に色々と満喫しちゃいます。登場するのは堕天使から背中にお絵かきのあるアッチ系の人、果ては聖母マリアまで!?

新ジャンル!聖人コメディ「聖☆おにいさん」

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

神の子イエスと目覚めた人ブッダ、2人の“聖人”彼らがバカンスに降り立ったのは東京都立川市…!絵に描いたような古風な作りのアパート!2人が『聖』という名字(?)を名乗り立川の住民たちと交流を深める本作は聖人日常系コメディです。

時に四大天使や堕天使、十大弟子や梵天などが現れ外界の生活を覗き見たり影響されたりと、神様たちって意外と暇なんだな…と、思う場面も。【聖☆おにいさん】の面白い所は、そこまでやってもいいのかとツッコミたくなるようなシュールなギャグと読者の方が宗教問題に気を使ってしまう勢いにあります。

どちらも、全世界で知られ崇められている神の2人…そんな2人(特にイエス)が自身をジョニー・デップに似ていると意識し始めたり、弟子を主人公にした漫画を描いてみたり彼らがバカンスでしたかったことは一体なんだったのか…これでいいのか聖人…。

理由①聖☆おにいさんの主人公は究極の聖人!

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

作中では主人公の2人の事を『最聖コンビ』と呼び言葉からも分かるように、とても尊い存在だという事が伺えます。しかし、2人の行動(特にイエス)に関してはどこか常識的にぶっ飛んでいる部分が多くこれが聖人ギャップなのか…と、非常識な行動にも妙に納得してしまう節があります。

性格も宗派も全く違う2人の聖人…なのに、とても相性がよい謎のコンビ…イエスとブッダ!皆さんが知る2人とは、また別の顔を見せてくれる彼らの事をかいつまんで紹介したいと思います!

神の子イエス

ご存知、石や食器をパンに変え水をぶどう酒へと変化させる“奇跡”を起こしたその人。基本的にインドア派でネットに精通し、趣味のドラマ感想ブログなどの運営を行っており、その手の方面でもちょっとした有名人。

節約家のブッダとは正反対に浪費家で“最新”というワードに少々弱い。外見は『そのまんま』であり自身が意識するジョニー・デップに若干寄せたりもするが似ているかと言われればジョニー・デップ個人というよりもジャック・スパロウに近い。(ロン毛)

妙に空気を読めない天然で、サウナで出会い意気投合した『背中にお絵かきしているおじさん』こと竜二に、極道の2代目と勘違いされており、ブッダはイエスの舎弟と思われている。

弟子の天使達には、その性格ゆえか非常に心配されており、時には父(いわゆる神)までもが外界に降りてくる始末。頭の茨の冠はシャンプーハットになるらしい。

目覚めた人ブッダ

日本人なら知らない人はいない“目覚めた人・悟りを開いた人”として知られる彼、お釈迦様と言えばピンと来る人もいるでしょう。腫れぼったく重たそうな瞼が特徴の青年で、ヘアスタイルもお団子のような膨らみがある例のアレ。

基本的に、家事全般を引き受けており財布を握っているしっかり者。だが…まれに“期間限定”というような日本人も弱いワードに引っかかる事がある。スタイルはTシャツにジーンズが基本!

このTシャツには『仏×3』などシュールなプリントが施されており、これはブッダの手でシルクスクリーンにより作られているらしい。趣味は苦行、自ら苦しみを味わいにいくスタイルにイエスからはドン引きされる事も…。

かねてより興味があった美術方面へ進展し『悟れ!アナンダ!』という弟子のアナンダをモデルに漫画を書き始めた。天敵は近所の小学生達で、少年たちはブッダの額の『ボタン』を狙っているが押されると非常に痛いとの事。

理由②その他の登場人物もギリギリ!

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

彼らが生活をするアパートの大家でもある松田さんを始め、イエス側・ブッダ側双方合わせて濃ゆい天界人たちが登場します。先述した四大天使の他にも十二使徒と呼ばれる現代っ子のイエスの弟子たち…中でも、元漁師のペトロとアンデレの兄弟など。

2人はイエス以上にネットに精通しておりSNSやオンラインゲームを楽しむだけならまだしも、ジャブジャブ課金の人でもあることが分かっています。そしてブッダの方はもう少しお硬い感じなのかな?と、思いましたがちょっと礼儀正しくなっただけで個性豊かなのには変わりありませんでした。

イエスの弟子たちが彼を慕うサークルの全く怖くない後輩のようなものなら、ブッダの弟子たちは絶対的先輩力によって躾された後輩達という感じでしょうか…同じ弟子たちでもベクトルがかなり違うというか、お国柄というかイエスの方は四大天使達も含め俗に言う「パリピ」

また、神が出ていればもちろんそれに対なす存在『堕天使・悪魔・マーラ』そして忘れてはいけない裏切り者の代名詞として知られるユダも勿論登場しています。特に堕天使であるルシファーの存在は本誌に置いて大きく「実は良い人」ポジション

外界においてはアパートに立ち入る際には手土産を持参するなど細かな部分に気が回ります。弟でもある四大天使の1人、ミカエル(中二病)には慕われていて弟からの気持ちに思わずウルッとくる堕天使らしくない堕天使。

どちらかというと、中二病でヴィジュアル系の弟ミカエルの方が堕天使のようにも感じます…ブッダ側の悪という立場ではマーラという名の誘惑の化身が登場しますが、こちらはルシファーと比べて「残念空回り人」かつツンデレな一面をもつおいしいと言えばおいしいポジション(笑)

ブッダに対抗意識を燃やすも相手にされないだけではなく、友人だと思っていたルシファーからはフェイスブック上で、ただ単に「友人」として追加されていただけだったりと…ちょっとこれ以上紹介すると悲しくなりそうなので割愛しますが、そんなに悪い人ではありません。

外界の住人も負けず劣らずギリギリだった…

先述した、背中にお絵かきのあるおじさん事、竜二&静子夫妻。まさかの聖人漫画に極道さんが登場するとは終末が訪れたのかと勘違いするレベル。サウナで竜二と出会った最聖コンビは、とある事から自身らも「極道関係者」だと勘違いされます。

そしてその後、竜二の愛娘の運動会から家族ぐるみで付き合う事になるわけですが、ブッダはなんとなく察しているもイエスに関しては全く分かってない…だけじゃなく、大きな勘違いを生んだ張本人でもあります。

他にも松田さんの幼馴染で商工会の会長、緒方さん…彼のおかげでお笑いコンビ「パンチとロン毛」が誕生したと言っても過言ではないでしょう。初見殺しの名前を持つ評論家の保地丁夫(ポジティブ)某演歌歌手だと思われる「きよし」など、良くも悪くも日本って平和だな…と、感じる外界の皆さんです。

理由③さらにギリギリな聖人ギャグ&あるあるに爆笑!

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

聖人と外界住人の間に壁を感じる皆さん【聖☆おにいさん】では私達、外界の住人でも、つい「あるあるwww」と思っちゃうような、なんとも言えないけど分かるソレ的なギャグが本作1番の見所だという事は既にお分かりでしょう。

しかし、笑えるけど宗教的にそれ大丈夫なの?と笑った後「ハッ」としてしまうようなネタも…というかこの漫画自体、宗教的に大丈夫なの…?そんなに宗教に詳しくない筆者ですらも、時たま心配になってしまう事があります。そんな気になる部分を紹介!

・ブッダが横たわると小鳥たちや小動物がやってきて涅槃に入ったと勘違いされる『今日は涅槃じゃないから!』

・電車内でイエスの茨が乗客に当たった際、シド・ヴィシャスファンと勘違いされ何がパンクだと叱咤される事案

・ブッダの母は、脇から何か落ちるとまた子供が生まれたのかと思ってビビるも、その正体は脇パッド(ブッダは脇から生まれたとされています)

・イエスの母は演歌歌手きよしの追っかけをしているが、電車を利用した際どこもかしこもリア充だらけで衝撃を受けたのと同時に震えていた

・ナルシストなんじゃないか疑われるほどの小物を揃えるブッダ。部屋には『NIRVANA』のロゴが入ったカバンを持つ仏陀像(Jr)など

・女子高生にジョニデに似ていると言われて舞い上がりジョニー・デップに寄せてみるも実はそんなに似てなかったイエス

・「背中にブッダが描いてある!」無邪気に喜ぶイエス…確かにそれはブッダですが違うのですよイエス…

・そんなにも吹きたいものなの!?!?賛美歌に高ぶりすぎて終末のラッパを吹こうとする大天使ミカエル

・描いた漫画原稿をお焚きあげ入稿するとかいう便利システムwwwせっかく原稿描いたのに燃やしちゃうの!?→この方が早く天に届くという謎の納得感

理由④聖☆おにいさんを読むと仏教とキリスト教の知識もつく

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

完全なる聖人コメディなのに、読んでいると次第に「へ~この弟子はこんな事した人なのか~」と地味に勉強にもつながる【聖☆おにいさん】ですが、これは冗談ではなくキリスト教・仏教共のちょっとした豆知識が身につきます!

宗教に興味があり勉強するという機会は、中々ないと思いますがそんな方にも本作はオススメ。筆者は、手塚治虫が描いた漫画【ブッダ】にて、彼の事はなんとなく知っていましたが…。

専門用語や小ネタなどシュールな笑いと共に勉強出来る分、カッチカチの【ブッダ】より【聖☆おにいさん】は読みやすく感じました。実際に言い伝えられている『スジャータの乳粥とブッダの関係』なども本作ではコミカルに演出されています!

毎年、お中元としてスジャータから送られてくる乳粥に「本当はあんま好きじゃないんだけど」というニュアンスで困るブッダを見ることが出来たりするのですが、そんな事情があったのか…と思わず信じてしまったり(笑)

また、イエスに関しては都市伝説番組などで今でも特集を組まれるほど、謎多き人物とされていますが意外と『普通の感覚の人』という事が分かったり。どちらかというとイエスの周りの弟子達の方が今後もキリスト教における知識を披露してくれるような気がします。

【聖☆おにいさん】には2つの宗派の他にも神と呼ばれるオリンポスの神々や北欧神話に登場するロキ、日本からは八百万の神など好きな人にとっては反応せざるをえない人物達も登場するので、そうした小ネタがイエス・ブッダ2人の関係にどう絡んでいくか見ものですね!

理由⑤聖☆おにいさんまさかの映画化も!

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ありえない組み合わせと混ぜると危険なネタをぶっこみ続けた結果、めでたく2013年には豪華すぎる劇場アニメとして更に周知された【聖☆おにいさん】ですが、注目すべき点は2人を演じた出演者達…

イエスには森山未來、ブッダには星野源を采配し安定感のある作品に仕上げていました。主題歌は星野源が担当した『ギャグ』主題歌のタイトルまで、らしいというかなんというか(笑)ストーリーは、宗教的なネタを減らしマイルドな仕上がりになっていますね。

万人受けするためにはどうしても、その部分に気を使わなくてはいけないと思いますがコミックファンの間では少し物足りないとの意見も。個人的には2人の立川での暮らしを春~冬という感じでそれぞれ見る事が出来ますし、そこまで原作から大きな改変もないように思えました。

全編は90分程の短い映画ではありますが、友人への布教活動の際には世界観を手っ取り早く知ってもらえる1本ではないでしょうか!!2人の立川での細やかではありますが充実したバカンスの様子を見ていると心が温まります。

「聖☆おにいさん」はどの神を信じていても楽しめる!

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

公式のtwitter情報では、なんと!テレビドラマ化が発表され近々重大な発表を控えているとされる【聖☆おにいさん】ドラマ化に続きテレビアニメ化もしてくれないかな~…なんて考えているところではありますが、一体どんな重大発表なのか気になりますね。

宗教を取り扱う漫画…と聞くと少々手が出しにくい重たいものを連想しがちですが、本作はイエスやブッダを知らない子供からよく知る人までが楽しめる、良く言えば壁がない作品です。

聖☆おにいさん(13) (モーニング KC)
中村 光
講談社 (2016-10-21)
売り上げランキング: 2,105
聖☆おにいさん(通常版) [DVD]
アニプレックス (2013-10-23)
売り上げランキング: 54,948
聖☆おにいさん(1) (モーニングコミックス)
講談社 (2012-11-12)
売り上げランキング: 5,287