『機動戦士ガンダム サンダーボルト』ストーリー&声優キャストまとめ!気になる映画の評価とは?【ネタバレ注意】

アニメ第二期始動!気になる第二期の情報と第一期のあらすじや見どころをまとめました!ガンダムファンは勿論、音楽監修が菊池成孔なので前編に渡るオリジナルJAZZも必聴です!

機動戦士ガンダム サンダーボルトとは?

作画 太田垣康男の考えたガンダムの世界

出典:https://www.amazon.co.jp

機動戦士ガンダムサンダーボルトとは2012年の4月号ビックコミックスペリオールにて連載開始したガンダムシリーズ作品です。

作画は太田垣康男で太田垣は今作についてガンダムを知らない人に触れてほしい作品だとインタビューで語っています。モビルスーツの作画についても他のガンダム漫画に負けないためにも、ちょっとアレンジというレベルではなく、いま自分の考えられる最高のもので勝負しようと思ったと語っており、太田垣自身にとってサンダーボルトは大きな挑戦であることが伺えます。

太田垣はサンダーボルトの連載が始まる前、ガンダムの歴史に残らなくてもいいので自由にやらせてほしいと編集部へ言っており、作品も主人公もターゲットも大人、元来のガンダムシリーズとは違い連邦対ジオンの戦争の書き方にもこだわりが散りばめられています。

太田垣が過去ガンダムで最も気になっていたのは、なんで15歳でないといけないのとか、青い正義を語ったりする必要があるのかという部分。ガンダムシリーズでは少年と呼べる年齢のパイロットが主人公になっていることが多く、今回はそのなぜの部分から、主人公を大人に設定し、よりリアルな世界観を追求することに成功しました。

また、ガンダムを壊すことを念頭に連邦対ジオンの戦争に対しても、どうしても連邦は良い者でジオンは悪者という固定観念を取り払うために、あえて双方にフラットな見方が出来るように書いており、普通に生きてきた人たちが戦争に巻き込まれた時にどう振る舞うのが生き残る最良の方法なのかを描きたいと語っています。

新型のガンダムはフルアーマー、対するジオン軍の実験型モビルスーツとは?

出典:https://www.amazon.co.jp

ガンダムシリーズの見どころと言えばもちろんモビルスーツもその一角を占めています。それぞれのガンダムシリーズでは多種多様なガンダムや敵モビルスーツが出現し、ファンに喜ばれてきました。

今回は初代ガンダムの居た時代一年戦争の時間軸を舞台としているので、モビルスーツのデザインも斬新なものではなく初代の物にアレンジを加えるといった形になっています。特にサンダーボルトでは作画の太田垣も語っている通り、ガンダムを悪役として書きたかったそうでちょっと大人顔の怖いガンダムにしたのだとか。

そして、リアルさを貫くためにも、兵器というモノという扱いではなく、兵器と魔神を掛け合わせたような魔物的なイメージとしてモビルスーツを描いたと語っています。

連邦軍 フルアーマーガンダムと搭乗者イオ・フレミング

出典:https://www.amazon.co.jp

今回のモデルはMSV(モビルスーツヴァリエーション)のフルアーマーガンダムをベースモデルとしています。このガンダムの特徴は装備として初代ガンダムとイメージに差をつけるためにビームライフルが封印されており、バックパックにビーム・キャノンやミサイルランチャーを装備しています。

悪役イメージを強調するために過剰な武器を装備させたと太田垣は語っており、その一方で頭部のバルカンをなくすなどモビルスーツ本体には武器が付いていないという特徴を持たせています。

モビルスーツの設定資料の太田垣MEMOには、こんなに描くのが大変なものを漫画に出そうと思った自分はどうかしていると語っており、インタビューなどでも良いデザインが出来たが連載で毎回描くのかと思うと恐ろしくてぞっとしたと語っています。


この人物が今回のサンダーボルトの連邦軍側の主人公でガンダムの搭乗者イオ・フレミング少尉です。サイド4のムーア首長の息子ですがジオンの攻撃の的になり沈んだサイド4の出身者が多く乗るムーア師団では敵も多く、首長の息子らしく死んで英雄にならせるために最新鋭機のフルアーマーガンダムを与えられ戦場に投入されますが、本人は「もっと夢中にさせてくれ、ガンダム……」という程相性がいい機体となりました。

本人はモビルスーツと戦争が自分を自由にするため愛しており、友人のコーネリアスにはイオは戦争と言う狂気の中でしか生きられないと言われています。

ジオン軍のダリルとの初対戦時にはJAZZが聞こえたら俺が来たと思えと語っている通り、コクピット内にまで小型ラジオとドラムスティックを持ち込んでいて戦闘中もJAZZを聞いています。

ジオン軍 RPD装備高機動型ザクと搭乗員ダリル・ローレンツ

出典:https://www.amazon.co.jp

RPD装備高機動型ザク、通称サイコ・ザクはフルアーマーガンダムと同じくMSVの高機動ザクがモデルとなっています。

今回のサイコ・ザクにはRPD(リユース・サイコ・デバイス)という特殊な機能が付いており、パイロットの四肢神経の電気信号を直接モビルスーツに伝達させ手足を動かくのと同じ感覚で操縦できるようになっていますが、完全な性能を発揮するには四肢を全て対応義手・義足に変えなければならない為、機動テスト段階では足部と腕部は別々のキャラクターが担当して起動していました。

サイコ・ザク装備の何より目を引くものは背中に搭載された大型のロケットです。大量の武器を運ぶため重い機体になったサイコ・ザクの機動力を上げるために考え出されたロケットで、太田垣は劇中で動かせるか不安だったと語っています。

ジオン軍側の主人公はダリル・ローレンツ曹長。作中では途中でサイコザクに搭乗したため二階級特進し少尉になります。今回は傷痍軍人にジオン軍の物語の焦点が当てられています。ダリルも戦闘で両足を失い義足のスナイパーとしてサンダーボルト宙域を守るリビング・デッド師団に配属されました。師団の中でも特出した腕を持つ狙撃手です。

子供の頃父親に買ってもらったラジオをコクピットに持ち込んでおり好きなジャンルはポップス系のラブソング。 性格はとても穏やかで仲間思いな為多くの部下から慕われています。

船内待機中に左腕を失いサイコ・ザクに乗る為右腕を命令によって切断されました。(アニメではイオとの戦闘で左腕を切断された事になってます。)サイド4内でのイオとの戦闘ではダリルが勝利したため、英雄と言われることも多くあります。

月一放送!映画 機動戦士ガンダム サンダーボルトの声優紹介

出典:https://www.amazon.co.jp

劇場版 機動戦士ガンダムサンダーボルトの声優陣を紹介します!

連邦側の主人公、イオ・フレミングの声にベテラン声優で鋼の錬金術師のグリードやおそ松さんで松野カラ松を演じた中村悠一を、ジオン側の主人公、ダリル・ローレンツの声に坂道のアポロンの西村薫やReLIFEの夜明了を務めた木村良平がそれぞれ演じています。

またそれぞれのヒロインや友人役には連邦軍側ではクローディア・ペール役に行成とあコーネリアス・カカ役に平川大輔、二期のヒロインのビアンカ・カーライルに古川友理奈が。ジオン軍側ではカーラ・ミッチャム役に大原さやかフィッシャー・ネス役に森田了介がそれそれ演じています。

本作の声の録音は、プレスコ方式(プレスコアリング方式)と言う方法が採用されており、声優の声が先でアニメーションを後からそこに合わせるという方法で録音をされているので、イオ役の中村は信頼できる役者さんたちとせりふの掛け合いを出来てよかったと答えており、対するダリル役の木村も僕達役者にとっても、完成する作品にとっても大きいものになったと思いますと答えています。

また、中村は主人公のイオに対し原作を読んだ解釈ではイオは悪役でどちらかでいうと敵役の仇役というイメージで演じたと語っており、強者の立場から話せばいいのかなど役作りにもずいぶん悩んだ様子をインタビューでは語っています。

菊池成孔×モビルスーツ!アニメ全編に響く書き下ろしJAZZは必聴!

https://youtu.be/VVbr_AR0bfg 機動戦士ガンダムサンダーボルトの見所(聴き所)はもう1つあり、音楽を菊池成孔が全編にわたって担当しており、PVでも曲が凄くかっこいいと大きな話題になりました

菊池成孔といえばジャズと言う程日本で有名なジャズミュージシャンの菊池ですが普段はアニメに一切触れず、以前にルパン三世の仕事の際はとても驚いたとか。ルパン三世の曲自体がジャズベースなのでその時は仕事に納得したが、今回はガンダム×ジャズと聞きガンダムはいくらなんでもジャズベースじゃないだろうとまず最初に思ったのだとか。後に原作を読みなるほどと納得して仕事を引き受けたのだと語っています。

また戦闘シーンで使用されている曲は原作の物とは違いフリージャズという凶暴なイメージのあるジャンルの曲を提案し、戦闘シーンにリアリティを産んでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

また、今回菊池が担当したのはジャズだけではなく、ダリルが戦闘中に聞いているポップスの作詞作曲もしています。2016年の6月に発売されたサンダーボルトのオリジナルサウンドトラックでは、イオの好きなフリージャズとダリルの好きなポップス系ラブソングと言う二重構成になっており、聞きごたえのあるアルバムとなっています。

また菊池はインタビューでサンダーボルトに関しては、私が昔から思っていた戦争と音楽の問題にガッツリ触れていたので、モチベーションが全然違いましたね、と語っており、実際の戦争でも兵士たちは音楽を聴きながら戦闘に従事てることを踏まえ、戦争における音楽の持つ力をサンダーボルトがきちんと描いていることを高く評価していました。

【ネタバレ注意】アニメ第一期のあらすじと見どころ

こちらの項目は【ネタバレ注意】となっております。大まかなあらすじを書いておりますが、アニメをこれから見ようと言う方はご注意ください。

第一話

https://youtu.be/nYTxnjzMI_g 【連邦側】
まだGM機だったイオはサンダーボルト宙域の一角にいる凄腕のスナイパーの排除を目的とした作戦で機体を壊された後に敵のモビルスーツを奪取、その際ジオン軍のダリルと邂逅し帰還します。その作戦で多くの上官が死に、イオが一番位の高い軍人になったため、新機体フルアーマーガンダムに乗ることになります。

【ジオン側】
スナイパーとしてLD師団でサンダーボルト宙域に駐屯していたダリル両足が義足の兵士で凄腕のスナイパーです。その日もダリルの班はスナイパーとして戦線に配備されますが 味方の一人が撃ち殺され自軍モビルスーツを一機奪われます。奪った連邦軍兵士はイオと名乗りジャズが聞こえたら俺が来たと思えと煽り文句を残し去ってしまいます。仲間を殺し自分の義足を笑ったイオを必ず殺すと誓います

第二話

https://youtu.be/h7ByFzUe8oc 【連邦側】
サイド4ムーア首長の息子のイオは、ムーア団にも敵が多く死んで英雄になる為に与えられたフルアーマーガンダムがイオに馴染み多大なる戦果を挙げることになります。、敵のスナイパーをほぼ殲滅し、再度邂逅を果たしたダリル機のコクピットにビームサーベルを突き刺しダリルの左腕を奪います

【ジオン側】
両足義足のダリルはカーラの開発している四肢接続型の新型モビルスーツのテストに協力しています。戦場に出撃後、ジャズが聞こえイオが襲来し対戦しますがかなわず、イオの攻撃で左腕を失います。L.D師団の被害は甚大で大局を覆すにはサイコ・ザクの導入を行うと言う軍の命令によって、健常な右腕も切り落としサイコ・ザクのパイロットになります

第3話

https://youtu.be/GZiPMIY_nLk 【連邦側】
新らたに編成された学生兵に対し、戦場へ送ることを苦しむ艦長クローディアと、彼らの上官として同じ消耗品の兄弟たち、生きて帰ったら一杯やろうと激励を述べるイオ。学生兵を盾にして宙域を進んだ先でイオはL.D師団をほぼ壊滅状態まで追い込みます。しかし、母艦が落とされたという情報が届き、ジオン軍の新型モビルスーツに搭乗したダリル三度目の戦闘になります。

【ジオン側】
カーラの話を聞き、生き残ろうと励ますダリル。新型のモビルスーツサイコ・ザクに搭乗連邦軍の艦隊を殲滅しました。まだ宙域に居るモビルスーツとイオの搭乗したモビルスーツ撃墜する為、学生兵たちの乗るGMを落とし、ついにイオとの三度目の邂逅を果たし戦闘に雪崩れ込みます

第4話

https://youtu.be/Rj1QYl0EUfw 

【連邦側】
艦長クローディアは部下に銃撃され行方不明になります。脱出艇で逃げ延びたイオの友人でメカニックのコーネリアスは生き残るために沈んだジオンの母艦を強襲します。そこでカーラに出会い彼女の心が壊れるのを目の当たりにします。一方、サイド4では死闘の末に負けたイオが目にしたのは四肢のないダリルの姿でした。生き残ったイオ達はジオン軍の捕虜になります

【ジオン側】
研究データと共に部下を逃がし沈む母艦に残ったカーラは度重なる悲劇についに心が壊れてしまいます。一方ダリルはイオとの死闘に勝利しますがサイコザクを失い、先の戦闘で正気を失ったカーラを無言で抱きしめます。捕虜となったイオに面会し自らの戦争への思いを伝えますが、嘲笑と共に戦争を呪いながら戦争に魅入られてるという心理を暴かれ打ちひしがれます

【ネタバレ注意】最新作 2017年3月末より第2部開始!一年戦争が終わり次の戦場は地球!?

こちらの項目はコミックスを主体とした考察も入るので【ネタバレ注意】となっております。これからアニメを見たいという方はご注意ください。https://youtu.be/Yc25jVXfdFc 

5話からのあらすじ

第二期の要となる作戦のコードネームはサンダーボルト作戦ここから物語の本編が始ります

ア・バウアクーが落ちジオン軍の敗戦で戦争は終戦しました。その後ジオン公国はジオン共和国へ変更、しかしまだ連邦に対して抵抗を続けている元ジオン軍の兵士は多く、ジオン残党軍と言われ地球でも激しい抵抗をおこなっておりその中にダリルも所蔵しています。一方イオは新たな機体アトラスガンダムと共に強襲型揚陸艇スパルタンに配属され、新たなヒロインのビアンカ・カーライルに出会います

新機体 RX-78AL アトラスガンダム

出典:http://item.rakuten.co.jp

第二期から新しく登場した機体は水陸両用機体のアトラスガンダムでこちらは作画の太田垣オリジナルの機体です。

他のガンダムモデルと違う部分は間接が球体になっており、地上、水中の双方で自由に動ける設計になっています。さらに軽量機体で殺陣も可能なように他のモデルよりもスマートな機体になっています。もう一つの特徴は背骨の部分で、陸上や水中で有機的な動きをするために重要なパーツで、この背骨がある事で体の重心や動かす時のひねりがスムーズに表現できるようになっています。

太田垣はフルアーマーガンダムとは全く違う方向性で勝負しないとだめだと思い、相当悩んで作り出したのだとか。アトラスガンダムがサンダーボルトという漫画の代名詞になる機体になってくれればいいなと思っているとコメントしています。

新たな登場人物

2期から新たに登場したのキャラクターを紹介します。

【連邦軍】ビアンカ・カーライル

連邦側の新たなヒロイン、ビアンカ・カーライルはMSパイロットで搭乗機体はガンキャノン・アクアです。歴戦の戦士らしく、自身が死んだときの識別や亡くした戦友たちを忘れないために体中に今までの所属した部隊の部隊証の刺青が入っています。戦前はジャズバンドでボーカルとピアノを弾いており、スパルタン内のスタジオではイオとジャズセッションをするなど、気が合う描写が多々散りばめられています。

地球で初めての戦闘となった氷上戦闘では水中で機動を失ったアトラスガンダムを救出するなど、イオからも相棒と呼ばれるほどの腕前で操縦の腕を認められています

【ジオン残党軍】ビリー・ヒッカム

ビリー・ヒッカムジオン残党軍側に新たに加わった同僚です。ア・バウア・クーで自身がサイコミュ兵器を扱えなかったためニュータイプでないと判り、フルアーマーガンダムを倒したダリルがニュータイプじゃないかと考えています。アニメ版ではまだダリルたちに随伴する用になった一人としか描かれていませんが、漫画版ではダリルの能力とニュータイプかどうかを見極めるため、1:3の戦闘にあえて手を貸さず見極めようとするなどニュータイプに対する期待と因縁が伺えます。

喫煙者オニオンが苦手、更には制圧終了後にジオン残党軍の上官達が生き残りの女たちに暴行を加えようとしているところをモビルスーツを使用して止めるなど、ビリーなりの正義をきちんと持っている人物で、今後どのように絡んでくるのかが楽しみなキャラクターです。

太田垣の新たな挑戦、第三勢力の南洋同盟とは

出典:https://www.amazon.co.jp

第2期以降では、作画の太田垣は新たな挑戦を機体以外にも挑戦を行っています。今まであるガンダムは戦争や戦闘、友情や恋愛、少年兵や民族など様々な面にスポットライトを上げてきましたが今回太田垣がサンダーボルトでチャレンジするのは宗教です。

南洋同盟という宗教団体は、連邦とジオンの戦争が終わった後、戦争で集めたモビルスーツを自分たちで組み上げ宗教国家としての自治権を主張する仏教系の宗教団体です。戦後まだ後処理やジオン残党と小競り合いをしている連邦にも復権を望むジオン残党軍にも、孤児や戦火に焼け出された人を助ける余裕はまだありません

そこで人々が拠り所にした1つが南洋同盟で、そこではサイコ・ザクのデータを持ったカーラの部下が匿われ、サイコ・ザクと同じタイプのRPDを搭載したモビルスーツを開発しています。

戦士の悲哀は雷光とともに続く……

ここまで読んでいただきありがとうございます。今もなお連載中の機動戦士ガンダムサンダーボルトの記事はいかがでしたでしょうか?

今回のガンダムは大人向けで私自身もとても楽しみにしており、今現時点で既に漫画もアニメも期待以上に素晴らしい作品になっています。太田垣氏の作品は以前から好きで、今回はここ(宗教)に焦点を当ててきたかと言う驚きと、今後の展開への期待があります。

私自身は今まであまりガンダムシリーズに触れる機会が無く、少し前のUCから見始めたのですが、今回のサンダーボルトはそんなガンダム初心者の私にも見やすく、またアニメもとてもカッコいいと感じる作品です。元々のガンダムファンの方にはもちろん、今までガンダムに触れる機会が無かった方菊池氏のジャズファンの方社会派系が好きな方におすすめです。