【二階堂ふみ】お父さん…しよ?色気MAXなおすすめラブシーンTOP5!私の男やSCOOPは何位?

若手演技派女優として評価の高い二階堂ふみさん。彼女が出演したドラマや映画で人気のおすすめラブシーンを紹介します。10代から色気のある演技で魅了する彼女の魅力に迫ります!

演技派女優・二階堂ふみとは?



若手演技派女優として人気の秘密は、演技の幅があることでしょう。今までに色んな役柄をされていますが、なんと言っても彼女の魅力は、ラブシーンで見せてくれる豊艶な演技ですね。まだ20代前半だと思えないほどの色気があります。男女から人気で、注目をされ続けています。

二階堂ふみのプロフィール



二階堂ふみさんは1994年に沖縄県那覇市で生まれました。大人びていますが、彼女はまだ22歳なのです。女優やモデル・タレントとして活躍されています。彼女は、宮崎あおいさんに似ているので、あおいさんの妹ではないか?と噂されました。しかし関係があるわけもなく、当然他人なので宮崎さんとの共演はNGらしいです。

またかなりの努力家で、映画やドラマ出演で多忙な中に一浪して慶應義塾大学に入学されています。文武両道で、仕事も大学生もしっかりこなしていますね!大学のサークルは「テニスの王子様のサークル」に所属しているそうです。テニスサークルじゃ?と思いますよね!実は、漫画の「テニスの王子様」を読みながらお菓子を食べたりおしゃべりしたりするサークルのようです。

近年より一層かわいさと色気が増した二階堂ふみ

可愛い顔してスタイル抜群!

#二階堂ふみ

@to1859がシェアした投稿 –

身長157㎝・体重は公開されていませんが、おそらく45kgくらいでしょう。気になる胸のサイズはDカップということです。洋服によっては、露出が大きいものもあるので、胸が大きいことは皆さんご存じですね。ちなみに、宮崎あおいさんとの区別に胸を見比べている人もいるそうです。まだ胸も成長しているのだとか・・・。どこまで大きくなるのか気になりますね。

10代でモデルデビューや女優にスカウトされるくらいなので、羨ましい限りです。彼女のボディーにも目が離せません。

男性好みの体を持つ二階堂ふみ。彼女は体当たりの演技で、セクシーな役柄も多いです。実は胸だけではなく、脚もとても長く綺麗なのです。美脚とは、彼女の脚をいう言葉といっても過言ではありませんよ。男性だけではなく、女性にも人気があるのは、彼女の演技が本当に素晴らしいからでしょう。

普通なら、胸が大きくてスタイルが良い女性は、男性にはうけがよくても女性には人気がありませんが、彼女は男女問わず人気があります。きっと、演技の実力もさることながら見る人を引きつける魅了する力があるのでしょう。

二階堂ふみのキスシーンが官能的?

#二階堂ふみ

ぱーさん(@tomatoma__a)がシェアした投稿 –

実は彼女のキスシーンは、男性のみならず女性とも激しい濡れ場を演じています。まだ若い彼女がなぜこんなにも、フェロモンを出せるのか不思議ですが…。彼女の役者魂というものに圧巻させられる作品ばかりです。「ポスト宮崎あおい」と当初は言われていましたが、全く路線が違いますね。

清純イメージのおあいさんと役柄もあるでしょうが、本能のままに突き進む妖艶な二階堂ふみさん。彼女の作品を見れば見るほど、色気と艶やかさに魅了されてしまいます。

過激なキス・・・。



生田斗真さんが主演の脳男では、連続爆破殺人事件の犯人役で共犯の太田莉菜さんとのキスシーンが話題となりました。女性同士のキスというだけでも興味が湧きますが、リハーサル時のキスがあまりにもよく、本番では17回も取り直しされたようです。キスシーンで唾液の糸を引くといういやらしさが・・・ファンにはたまらない映画となりました。

男性も女性も思わずドキドキしてしまう。まだ見ていない人は破壊力のあるキスが必見です!

二階堂ふみおすすめラブシーンTOP5

「この国の空」2015 This Country’s Sky

この国の空では、長谷川博己さんとのラブシーンを演じました。このストーリーは戦時中、妻子を疎開させた銀行員の長谷川さんと、その長谷川さんの世話をする二階堂さんとの禁断の恋が描かれています。戦後70年を節目に戦争映画ではなく、戦時中の庶民の暮らしが描かれています。

その名で、二人が恋に落ちていく様がいじらしくとても純粋なラブストーリー。主人公二階堂ふみさんが演じる里子が「私は愛を知らないまま死ぬのでしょうか」という切ない思いと、初めて抱きしめられた感触を思い出し、彼の所に押しかけてしまうシーンには、感情輸入させられます。禁断な恋だからこそ、切なくて盛り上がる気持ちが伝わってきます。

二階堂ふみさんの口に長谷川さんの指が入っていくところがたまりません!また初経験後に、体を洗い流すシーンでは、二階堂ふみさんの後ろから見た裸姿が、なんとも女性らしいくてセクシーでした。ちゃんと昭和の臭いも出しつつ…おしりが丸見えという。スタイル抜群だから出来る演技は、圧巻させられますね~。

二階堂ふみおすすめラブシーンTOP4

「地獄でなぜ悪い」

出典:http://stat.ameba.jp

「地獄でなぜ悪い」のストーリーは、やくざ映画です。やくざの娘ミツコを二階堂ふみさんが演じ、過激なキスシーンが話題となりました。園監督初挑戦が娯楽作品“痛快無比のウルトラ・アクション活劇”として笑いどころもたっぷりの見所満載の映画です。共演者も堤真一さんや國村隼さん、長谷川博己さんなど実力演技派揃いです。

迫力満点で血潮が飛び、血だらけシーンや血の海シーンも沢山あるのに、なぜか笑える傑作映画なのです。

出典:http://stat.ameba.jp

過激なキスシーンを言えばここですね!浮気した彼氏と最後のキスシーンが度肝を抜かれる衝撃なんです。彼の口にガラスの破片を入れ、ディープキスを・・・。当然彼の口からは血が大量に溢れてくるのです。普通なら考えられないようなキスシーンで続々感が止まりませんでした。

普通なら怖い女性ですがなぜか綺麗でかっこよく見えるから不思議です。二階堂ふみさんの魅力恐るべし・・・ですね!!

二階堂ふみおすすめラブシーンTOP3

「蜜のあわれ」



「蜜のあわれ」の映画は、明治~昭和に活躍された作家『室生犀星(むろう さいせい)』さんが1959年に発表した小説を石井岳龍監督によって実写化されました。この蜜のあわれは、現実離れしたストーリーで老作家の妄想から金魚の少女が現れるというもの。サブタイトルも「老作家のおじさまと金魚の少女の秘めた恋」と、なんとも興味がそそられるタイトルなのです。

しかも、その金魚の少女役を二階堂ふみさんが熱演し、老作家役を大杉漣さんが演じます。映画のポスター写真も、おじさまに甘える少女の可愛さが溢れていますよね。映画に関しては賛否両論ありますが、私的にはこの映画とても面白くて良かったです。

#蜜のあわれ

まほしさん(@hmnknmh)がシェアした投稿 –



この蜜のあわれで二階堂ふみさんが演技が絶賛されました!金魚役の彼女の魅力で9割は持っていると言ってもいいほど、重要な役目。彼女の金魚はとても可愛らしく、愛おしささえも感じました。おじさまに甘える姿は、本当にキュンときてしまうほど。世の中の男性は、彼女の金魚に翻弄されたのでは?

自由奔放で、ほっとけないところもまたキュート。二階堂ふみさんだったからこそ、可愛くてセクシーな金魚になったのでしょう。間違いなく、「蜜のあわれ」は二階堂ふみさんの代表作になりましたね!!

二階堂ふみおすすめラブシーンTOP2

「SCOOP」



「SCOOP!」は、1986年「盗写1/250秒」という映画をリメイクして作られた映画です。実は、この映画、あまり知られておらず、知る人ぞ知る!といった感じでしたので大根監督がリメイクしようとあっためられていた作品なのです。キャストも主人公のカメラマンに福山雅治さんを起用して話題を集めました。また、彼の部下で新人記者に二階堂ふみさんでした。この映画での彼女の演技も素晴らしいです!

新人記者も本当に体を張った大変な仕事なのだと、この映画をみて思った正直な感想でした。男も女も関係なく、スクープ写真を取るために必死にカメラマンも頑張っているんですね!!私たち一般庶民にはわかりませんが、芸能人の方たちを悩ませるている記者側からの目線で、新鮮でした。キャスティングも、福山さんの元カノ役に吉田羊さん。またリリーフランキーさんが良い味だしていました。

出典:http://stat.ameba.jp

今までの二階堂ふみさんのラブシーンは、どちらかというと年配の男性をその気にさせる自分から誘っちゃう感じが多いですね。しかし、今回のSCOOPでは、福山さんが攻めてくるのを受け入れている感じに妖婉さを感じました。やっと二人が結ばれるシーンは、お互いに求め合う姿がよくてこちらまで熱くなりました!!

福山さんに耳を噛まれる二階堂ふみさんもセクシーすぎました。この子本当に22歳?と感動しちゃいましたよ。女優さんって本当にすごい!でも、忘れてならないのが、彼女はまだ大学生だということ・・・。本当に演技が上手で感心させられます。

二階堂ふみおすすめラブシーンTOP1

「私の男」



二階堂ふみさんのラブシーンダントツ1位はやはり「私の男」ですね!この映画で一番の見せ場が、涙目で父親に「お父さんしよ!」って父親のシャツのボタンを外し、体に顔を埋める姿・・・。なんとも切なく、近親相姦という、間違えた愛情の形になっています。映画のストーリーとしては、父親を浅野忠信さんが演じ、彼は母親の愛情に飢えていました。 二階堂ふみさんは家族を無くし感じることなく養女となりました。

お互い愛情を知らず生活する中で、絡み合う複雑な思いや足らないものを補いながら、お互いの存在が愛へと変っていくのです。二人が求め合うのも時間の問題になってきます。結ばれてはいけない、恋をしてはいけない関係だからこそ燃え上がってしまうのでしょうか?

吐き気がするくらいの一途さ。 #私の男

やまぐちさん(@tennenjanaiyo69)がシェアした投稿 –

この映画で、二階堂ふみさんのハリがある豊艶な胸が揺れちゃって目が釘付けになりました。まだこのときは10代というからさらに驚きですよね!ナイスボディをもった二階堂ふみさん。今後の間違いなく日本の女優を背負っていかれますね!

二階堂ふみさんのこれから演技にさらに期待ををし、映画やドラマは絶対に見て応援していきたいとおもいます!!!