飯田圭織のバスツアー伝説とは?今も語り継がれる悲劇の真相を振り返る!

ファンの間で伝説化しているバスツアー。とてもえげつない事件だったので、知らない人もいるかもしれません。あの悲劇はいかにして起こったのか?ご存知の方も、もう一度思い出してみましょう。

【飯田圭織】モー娘。2代目リーダーの歴史を紹介!

モーニング娘発足

出典:https://www.amazon.co.jp

1997年から活動している女性アイドルグループ:モーニング娘。メンバーが流動的に加入・脱退を繰り返すことが革新的なユニットです。モー娘。の歴史は、テレビ東京のオーデション番組「ASAYAN」から始まりました。

「シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディション」で落選した中澤裕子・石黒彩・飯田圭織・安倍なつみ・福田明日香の5人を、モーニング娘としてグループデビューさせることがつんく♂から発表されます。

原型は「メヌード」

出典:https://www.amazon.co.jp

プエルトリコの少年アイドルグループ「メヌード」。1980年代には中南米で爆発的な人気を誇っていました。このグループの特徴は、「16歳になったら脱退」。メンバーの入れ替えをしながら常に新鮮さを保つ。というコンセプトです。

このコンセプトに感化されたつんく♂は年齢制限こそ設けないが、顔ぶれが変わるフレッシュなアイドルグループを結成することに成功しました!そして、“脱退”というネガティブな言い回しから“卒業”という、明るい明日を想像させるイメージ変更にも成功します。

AKB48との違いは?

出典:https://www.amazon.co.jp

素人アイドルグループのはしりは「おニャン子クラブ」でしょう。普通の女の子をアイドル化し、ファンの力によって育てていく。こちらは秋元康が仕掛けたグループ

そのおニャン子を見て育ったつんく♂が、より本格的なアイドルグループを目指しモー娘。を結成。そしてファンに最も近いアイドルとしてAKBグループを秋元康が始動させました。

モー娘。とAKBの大きな違いは「距離感」でしょう。モー娘。は「メディアを通じてメンバーの成長を見守っていく」。AKBは「気軽に会いに行けるアイドル」成長を直に見られます。

モー娘。昔好きだったw #飯田圭織

Tomoki Oguriさん(@ogurin_demio_zephyr)がシェアした投稿 –

そのモー娘。2代目リーダーが飯田圭織さん。当時のメンバーの中では背が高く、リーダーなのに後列にいることが多かった気がします。TBS「うたばん」という中居正広さんと石橋貴明さん司会の歌番組では、いじられ担当。

メンバーの人数が多かったこともあり、なかなか名前を覚えきれなかったMC2人。野球選手に置き換えてメンバーを覚えだしました。そこでカオリンに付けられたあだ名は「ジョンソン」1975年に巨人に入団したデーブ・ジョンソン選手からの拝借でした。

【飯田圭織】伝説のバスツアー事件の全貌 !前夜祭

KYタレント?

モー娘。を卒業してから2年後、笑えない事件が起こってしまいます。皆さんの周りにも「空気の読めない奴」っていませんか?「なぜ、この場でそれを言う…」「ここはそうじゃないだろう!」と突っ込みたくなるような行動…。

その行動を起こしてしまったのが、タレントである飯田圭織さん。タレントとは、人柄の良さで世間の関心を集め番組や場を盛り上げる役目を果たすプロフェッショナルです。そのプロが空気の読めない事件を起こしてしまいました。

大人の七夕祭り:祭りの前

出典:https://www.amazon.co.jp

芸能人を生で見る機会は、コンサートや舞台ディナーショーなど色々あります。その中でも一番身近に感じられる企画がツアー物でしょう。カオリンも、前年に引き続き2007年7月7日バスツアーを開催しました。

ツアーの申し込み締め切りは6月11日。ファンたちはその日を待ちわびウキウキ・ソワソワしていました。価格は19,000円と、お高めの日帰りツアー。「カオリンと一緒に1年に1度の七夕を過ごせる!」鼻息荒くその日が来るのを指折り数えるファンたち。

大人の七夕祭り:前夜祭

いよいよツアー前日!「何を着ていこう?」「何を話そう?」もう、期待で爆発寸前です!大袈裟な…。と思う方もいらっしゃると思いますが、ファン心理というのはこういうものなのです!1週間前からドキドキが止まらないのですから。

「さあ、リュックの中身をもう一度点検だ」と、ファスナーを開いたときTVから耳を疑うニュースが流れます。「飯田圭織、できちゃった婚発表」一瞬にして世界が止まりました。何が起こったのか分かりません。

大人の七夕祭り:前夜祭2

出典:https://www.amazon.co.jp

「はっ!」と我に返るが、ニュース番組はもう違う事件を報道している。チャンネルを変えると、やはり「飯田圭織、できちゃった婚発表」のニュースが…。間違いではないと確信します。「結婚…しかも、赤ちゃんが…」。

入念に準備を整えてきた日々、節約をして捻出したツアー代金。頭がグルグル回りだします。1か月前から楽しみにしていたバスツアーを明日に控えた最悪のタイミングでした。一方で「誤報かもしれない」と希望にすがりつく自分がいます。

【飯田圭織】伝説のバスツアー事件の全貌 !祭り当日

大人の七夕祭り:当日

寝られなかったが、朝は来ます。とうとう当日を迎えました。さあ、本番です!本来ならこの道は天国へと向かう道のはずでした。重い足を引きずりながら集合場所へ到着。やはり、周りのファンたちは暗い顔をしています。

バスに乗り込むとガイドから千葉県野田市にある清水公園が目的地だと知らされました。そして、昨日のデキ婚ニュースがデマでない事も知らされます。「七夕は1年に1度織姫と彦星が会える日です。皆さんも飯田さんに会えてよかったですね。」とサラッと言われてしまいました。

大人の七夕祭り:当日2

ガイドにしてみれば、深く掘り下げてはいけないニュースだったのでしょう。参加者の1人から「彦星様、見つかって良かったね。カオリン」とつぶやく声が聞こえました。ざわつくバス内。そのうちに皆が口々に「おめでとう」と言い始めます。

「はぁ?なんでそんなことが言えるんだ」と思った人もいたそうです。しかし、「おめでとう」と口にした人たちからむせび泣く声も聞こえます。そこで「ああ、オレ達はカオリンのことを不幸にしたいんじゃない。寂しかったんだ。」と初めて気付きました。

大人の七夕祭り:当日3

公園に到着後、バーベキューが開催されます。配布されたのは肉・ソーセージ各1枚。デザートのバナナを2本食べた人は、スタッフに人間失格呼ばわりされる。食後の巨大迷路では、取り残された人もいるようでした。

7月初旬のムシムシしていた公園。耐えきれずリバースする者も…。そんな中、ライブスタート!当然、ノリきれません。みんなで「笹の葉サラサラ」を合唱しながら、笹の葉に短冊を付ける。この短冊に「早く帰りたい」と願いを書く人もいたでしょう。

【飯田圭織】伝説のバスツアー事件の全貌 !祭りの後

出典:https://www.amazon.co.jp

ファンたちのツイートを見てみると、解散後の電車内で嗚咽してしまった人もいるそうです。他の乗客が注目する中、涙が止まらない状況。中にはホームのベンチから立ち上がることもできない位、放心状態が続いた人もいたとか…。

なぜこのタイミングで「デキ婚」の発表をしたのか?ツアー後の報道にならなかったのか?せめて、食事をもうちょっと何とかするとか(笑) 配慮は出来なかったのでしょうか?「おめでたいニュースだから、早くファンに知らせたい!」とでも思ったのか?不思議です…

【飯田圭織】伝説のバスツアー事件が漫画化!

2010年「週刊少年チャンピオン」に連載されている「キガタガキタ!~恐怖新聞より~」で、このバスツアーがネタにされる事態が発生!

「キガタガキタ!~恐怖新聞より~」は、原作:つのだじろう、漫画:西条真二の「恐怖新聞」のリメイク作品です。この作中「地獄の門」で、巨大迷路イベントをネタにした“呪いの迷路”、カオリンをモデルにしたアイドルが、自己中発言を連発しています。

このアイドルが放つ、おちょくった発言が“カオリンが言った言葉”として虚実入り混じる伝説となってしまいました。

結論、幸せならそれでいい!

この話を「過去の事件」として面白おかしく話せないのには、ある背景があります。ツアーの時にお腹にいた赤ちゃんが、生後6ヶ月で他界しているため…。慢性腎不全だったといいます。

メディアで取り上げることが出来なくなり、カオリン自身の露出も減ってきたことから「伝説のバスツアー」としてネットで一人歩きを始めたようです。

カオリンは2017年の秋に第3子出産予定をブログで発表しました。今も仲良し夫婦でいることが、このバスツアー参加者の慰めになってくれればいいのですが…。

ONDAS
ONDAS
posted with amazlet at 17.05.13
飯田圭織
テイチクエンタテインメント (2016-07-20)
売り上げランキング: 222,154