アンドレス・イニエスタはまさにドン!天才と呼ばれる男の凄さとは?

アンドレス・イニエスタ、スペイン代表の復活と名門バルセロナの中心選手としてのこれまでの足跡と、年齢と同じ数のタイトルを目指して!

アンドレス・イニエスタのプロフィール

簡単にプロフィールを紹介します。フルネームはアンドレ・イニエスタ・ルハン1984年5月11日(最近33歳になりました)もう少し小さいように見えますが、意外に身長は171㎝あります。

ポジションは歳を重ねるごとに進化していますが、フォワードとして左右のウイング、ミッドフィルダーとして攻撃的なポジションはもちろんチームの為に黒子役に徹することもできます!

アンドレス・イニエスタが“ドン”と呼ばれているのを知っていますか?なぜ“ドン”なのかというと、スペインでの地位が高い人に用いられる言葉で、ピッチで振舞うその存在感にちなんでつけられたのです。

アンドレス・イニエスタのお気に入りスパイクはこれだ!

Empieza la temporada. #Magista II http://go.nike.com/MagistaIIFA16

Andres Iniestaさん(@andresiniesta8)がシェアした投稿 –



どうですか?この笑顔!スポンサーのNIKEのスパイクと会話ができるんじゃないのか?と思ってしまうような100点の笑顔(笑)

試合前にこのお気に入りのスパイクなでなでして、「今日も頼むぞ!相棒。」とか言ってそうじゃないですか?私の想像が勝手に膨らんでるのは本当にすみません。

“プレー中にあらゆる方向への素早いカットと正確なコントロールが可能なスパイク”と言われている「NIKEマジスタ オーパス」ドリブルでの素早い切り替えしの多いアンドレス・イニエスタにピッタリのスパイクだと思います。

昔からNIKEのスパイクを愛用しているのでアンドレス・イニエスタぐらいになればスパイクと会話が出来るほど、相思相愛なんです!

ドリブルだけじゃない!イニエスタのプレースタイル

Gran victoria en el derbi! Sólo nos quedan 90' para ser campeones!! Força Barça!

Andres Iniestaさん(@andresiniesta8)がシェアした投稿 –

アンドレス・イニエスタはその小さな身体をハンデでは無く、上手く活かした選手のひとりだと思います。今ではお馴染みとなったスルスルと相手ディフェンダーとの接触を避けてるように見えるドリブルがイニエスタの真骨頂です。

ですが、もともと守備的な中盤から攻撃的な中盤までの全ての中盤の位置でプレー出来たアンドレス・イニエスタ。短いパスも長いパスも両方出せる選手なのでドリブルだけでは無く、パサーとしてもチームの為に貢献出来るのも魅力のひとつです。

にバルセロナではだけでなく、スペイン代表でも中盤でパサーとしてだけでなく、時には自らサイドにポジションを変えサイドを起点とするゲームメイクできる選手であり、ゴールチャンスをアシストする変幻自在な選手なのです!

??? #FCBarcelona #Messi #Neymar #Suárez #ForçaBarça

FC Barcelonaさん(@fcbarcelona)がシェアした投稿 –

最初は守備的ミッドフィルダー、そこから攻撃センスを活かしウイングをやったりと器用なイメージのアンドレス・イニエスタですが。どの選手でも出来る事では無いですし、サッカーIQが高いアンドレス・イニエスタだから出来る事です。

上写真の3人『メッシ、ネイマール、スアレス』このスーパーなフォワード3人が居るので最近のアンドレス・イニエスタのバルセロナでの役割は、この3人に気持ちよく点を取ってもらう為にバルセロナの“黒子役”に変わってきている印象です。

以前に比べて、得点シーンに絡む姿が見れないのは寂しいですが、攻撃から守備への切り替えそのまた逆に守備から攻撃の際ポジション位置やサイドチェンジのタイミングは、今日本人が見習うべきプレーのひとつだと思います。

背番号には少しこだわりがある?

アンドレス・イニエスタのお兄さんであり、師匠でもある“シャビ”はどうしても外せない選手です。今はカタールで活躍しているシャビですが、バルセロナ在籍時の差番号は“6番”でスペイン代表では“8番”でした。

アンドレス・イニエスタの背番号は、バルセロナでは“8番”スペイン代表では“6番”で、2人でお互い背番号を交換してるようにしていたのです。

お互いが認め合い、バルセロナでもスペイン代表でも一番の理解者でパートナー。いつも近くに居た天才同士、友人であり兄弟でもあり師弟関係にもある2人の、お互いをリスペクトし合うのがこの背番号逆にする事。アンドレス・イニエスタの背番号のこだわりに繋がるのです。

アンドレス・イニエスタの活躍 クラブチーム編

??? A week ago… ??? #WeDidIt !!! #FCBarcelona #igersFCB #ForçaBarça

FC Barcelonaさん(@fcbarcelona)がシェアした投稿 –

アンドレス・イニエスタは8歳の時からバルセロナに在籍しています。8歳からなので、25年!四半世紀をバルセロナでサッカーをしているんです。正直私は驚きました。(笑)そして羨ましいとも思いました。

今では毎シーズン優勝争いをしているバルセロナですが、少しの間低迷期があったのはご存知でしょうか?

00-01シーズンは4位、01-02シーズンも4位、02-03シーズンはなんと6位にまで順位を落としていたのです。2000年代にチャンピオンズリーグに出場できなかったのは、この6位に終わった次の03-04シーズンだけです。

この低迷期の3シーズン中に監督も4人変わるなど、今のバルセロナからは想像できないですよね?

Gracias Míster!!

Andres Iniestaさん(@andresiniesta8)がシェアした投稿 –

※左ルイ・ファン・ハール監督、右アンドレス・イニエスタ 

この当時はメッシもいなければ、ネイマールももちろんいません。どうにもこうにも上手くいかなかったバルセロナはチームの起爆剤になればと19歳のアンドレス・イニエスタをトップチームで最初に起用したんです。そしてその当時の監督がルイ・ファン・ハール監督なんです!

最初は19歳の少年に誰も期待はしていませんでした。アンドレス・イニエスタのバルセロナデビューは2003年になります。この当時19歳。ここからトップチームに定着するとチームも毎シーズン優勝争いをするチームに戻っていきました。

ーム事情で、不慣れなポジションを任されたりもしましたが、その経験が今のプレースタイルに繋がるんです!真面目な性格がプレーの幅を広げたと思います。

アンドレス・イニエスタの活躍 代表チーム編

‪Gran partido, @Sefutbol!! Volvemos a casa con muy buenas sensaciones!!‬

Andres Iniestaさん(@andresiniesta8)がシェアした投稿 –

今年33歳のアンドレス・イニエスタはもうベテランであり、素晴らしいリーダーです。バルセロナの調子が上がってくると同時に、スペイン代表の調子も上がってきたイメージがあります。その中心にはいつもアンドレス・イニエスタがいました。

スペイン代表でのアンドレス・イニエスタはアンダー世代の時から数々のタイトルを獲得してきました!スペイン代表で初めて声のかかった2001年のUEFAU-16欧州選手権で優勝し、次の年の2002年のUEFAU-19欧州選手権でも見事優勝。

2003年のFIFAワールドユース選手権では準優勝でしたが、アンドレス・イニエスタはベストイレブンに選ばれる活躍。U-21スペイン代表になるとではキャプテンを任される事も多くなりました。

El campeón ??

Fan Club Xavi Hernándezさん(@xavihernandezfc)がシェアした投稿 –

A代表でのデビューは2006年でロシアとの親善試合でした。そこから約10年、ポジションも左右のウィングや中盤でのゲームメイクまでその時々でポジションも変化させてきました。

アンドレス・イニエスタを観ていると、ドコであろうと与えられた役割を完璧にこなすので、ポジションなんか“ただの最初立ち位置”と感じます。通算115試合13得点とキャプテンも任される時もあり、スペイン代表でのキャップ数は現時点で4位。

EURO 2008の優勝から、 2010 FIFA ワールドカップ優勝、EURO 2012の2大会連続優勝とこの時期のスペインは本物の“無敵艦隊”でした。

名将ペップグアルディオラに最高の選手と言わせた理由とは?

有名な話かもしれませんが、現在マンチェスターシティ監督のペップグアルディオラが現役時代の事です。バルセロナの選手時代チームメイトのにシャビに「じきにお前は俺を引退に追い込むだろう。そして彼(アンドレス・イニエスタ)は俺たち2人を引退に追い込むかもしれない。」と、当時バルセロナのU-15で活躍していたアンドレス・イニエスタを見て「今まで見た選手の中で最高な選手」と絶賛した話です。

見事に、ペップグアルディオラからシャビへシャビからアンドレス・イニエスタへバルサイズムは上手く受け継がれてきた印象です。個人的に次は、DFピケか、セルヒオ・ブスケツだろうと思っています。

しつこいようですが、アンドレス・イニエスタは今年で33歳になりました。そして、スペイン代表やバルセロナでのこれまでのタイトル獲得数が現在“32”個になります。今季残されたタイトルは、リーガエスパニョーラ優勝とスペイン国王杯の2つあります。

年齢とこれまでのタイトル数が同じになる選手なんて中々いません、今シーズンも残り少なくなってきましたが“33”個目そして年齢を上回る“34”個目のタイトルの獲得を楽しみにしています!