【阿部慎之助】2000本安打へ!5つのポイントで徹底解説

ジャイアンツの頼れる4番打者阿部慎之助は2000本安打目前。史上最強の捕手として戦い続けた阿部慎之助は2017年シーズン、近年練習し続けていた一塁手として固定されつつある。若手捕手の小林誠司の成長もあり打撃に専念できる環境は整った。阿部慎之助に迫ります!

2000本安打間近!巨人/阿部慎之助

#巨人 1回2死二塁、右越え2ランを放つ阿部(photo by Takeru Nakajima)2017-5-10 #読売ジャイアンツ #読売巨人軍 #阪神戦 #東京ドーム #阿部慎之助

Hochi Photographers/スポーツ報知写真部さん(@hochi_photo)がシェアした投稿 –



1979年3月20日生まれ千葉県浦安出身の阿部慎之助は読売ジャイアンツの中心選手である。阿部慎之助は180cm97kgと恵まれた体格で捕手としてその名を轟かせた。

右投げ左打ち、背番号「10」安田学園高校から中央大学、2000年のドラフト1位でジャイアンツに入団した。阿部慎之助2014年にはNPB史上3位の6億円の年俸を受給するなど名実ともにNo1の選手だ。

プロ16年間で阿部慎之助が積み上げてきた安打数は1917本、2017年シーズンは達成確実とされる2000本安打をクリアし、近年打撃不振とされている鬱憤を晴らすつもりだ。

捕手という体に負担が掛かる中、主に主軸を任され2011年頃からは4番に定着、頼れる男「慎之介」はジャイアンツの攻守の要としてファンの期待に何度となく答えてきた。

ポイント① 阿部慎之助の武器は……

#阿部慎之助#ジャイアンツ#ビジターイベント #練習見学#女性限定練習見学ツアー #0429

YUIさん(@12yuuuui24)がシェアした投稿 –

阿部慎之助はテレビで見ているといつも本塁打などを打ってくれる、ファンにとってこんなにありがたい選手はいません。そんな阿部慎之助はツイスト打法の使い手だということをご存知だろうか。

阿部慎之助はボールを打つ時に、タイミングを外されて体が泳がされるのを防いで、ボールを捉える高度な技術の使い手だ。ツイスト打法は「二枚腰」と言う別の表現もされる。

腰を逆回転運動させるツイスト打法だが、阿部慎之助以外に、メジャーリーガーのイチロー選手も行なっている。阿部慎之助の武器はこのツイスト打法なのだ。

直球を待っていて、タイミングを外す変化球が来ても、体の状態が崩されずしっかり残っていて、ボールを捉えて、スタンドに打球を運ぶ阿部慎之助の姿をなんども目にして来た。

高いキャプテンシーと守備能力

2017.04.06 #阿部慎之助 #小林誠司 #giants #ハマスタ

みさっきーさん(@89___g31)がシェアした投稿 –



阿部慎之助の打撃以外の武器といえば、高い能力を誇る守備能力だ。阿部慎之助はアマチュア時代からスローイングが良いことでプロから評価されていた。

2010年には両リーグトップの進塁阻止率を記録した。阿部慎之助はジャイアンツの正捕手として約15年マスクをかぶり続けた。言ってみればジャイアンツの脳みそだった訳だ。

2007年から2014年まで主将として、また阿部慎之助が正捕手になってからは実にリーグ優勝7回、日本一を3回達成している。

チームを引っ張り優勝へと導く強いキャプテンシーこそが阿部慎之助の最大の武器と言えるだろう。逆の言い方をすれば、阿部慎之助が機能しないジャイアンツは刀を持たない侍である。

ポイント② 阿部慎之助プロ入り後の活躍



巨人軍では山倉和博以来となる23年ぶりとなる「新人捕手開幕スタメン」として先発出場を果たした阿部慎之助は、その試合で初打席初安打初打点を含む4打点を挙げる鮮烈デビューを果たした。

阿部慎之助は新人の年に田淵幸一以来2人目となる二桁本塁打を放った。2年目には1987年、山倉和博以来のベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。

2002年高橋由伸(現巨人監督)が故障となると主に3番打者として、8月の3度を含む4度のサヨナラ打を記録「サヨナラ慎ちゃん」と呼ばれる様になった。

阿部慎之助のシーズン最多本塁打数は2010年の44本、2012年には首位打者と打点王の2冠に輝いた。ベストナインになる事9回、ゴールデングラブや最優秀選手など他にも多数の賞を受賞している。

ポイント③ キャプテン・阿部慎之助としての活躍

4/30こぶし球場 #tokyogiants #読売ジャイアンツ #讀賣巨人軍 #こぶし球場 #阿部慎之助

コバ えもんさん(@k_o_b_a_e_m_o_n)がシェアした投稿 –

阿部慎之助が目指していたキャプテン像とは「上を向き続ける人」、「前を向き続ける人」なのです。例えチームが負けていても「下を向くな!」「行くぞ!」と檄を飛ばす。

2007年から2014年まで主将を務めた阿部慎之助が中心となったジャイアンツは強かった。阿部慎之助が主将となったチームは6度のリーグ優勝、2度の日本一

リーグ優勝やシリーズ優勝での「乾杯」の合図を仕切る阿部慎之助の姿は多くのファンの人の脳裏に焼き付いている。4番で捕手で主将、全ての負荷を背負った阿部慎之助の功績は偉大だ。

又キャンプ中やシーズンオフにおいても若手を引っ張って自主トレを行うなど、先輩としても頼れる男である。小林誠司を中心とする若手は阿部慎之助から学ぶことはまだまだ多いのではないだろうか。

ポイント④ 態度が悪い?阿部慎之助の性格



実力と人気がある選手は勘違いされやすくアンチも多いのはこの世の定めなのか。阿部慎之助も例外ではない様だ。ジャイアンツの中心選手である阿部慎之助はファンからの声援が多いのは当然。

この様な記事があった。とあるファンがスタンドから阿部慎之助に声をかけたらしい、阿部慎之助は聞こえなかったのか、それに応えることをしなかったという、長野久義や他の選手は反応していたのに。

その人は巨人ファンだが、その一件で阿部慎之助を嫌っているらしい。「なんて心が狭いんだ」と筆者は感じる。1000万人を超えるとも言われる巨人ファン、その呼びかけ一つ一つに答えていたら、野球選手などできない。

たまたまが重なっただけで、阿部慎之助を嫌いになったりしないでもらいたい。ファンの単なるわがままだと思う。もう少し暖かい目でスター選手を見守ってあげないと面白いところが、つまらなくなってしまう。

ファン感謝デー

2017.05.04 東京ドーム 阿部ちゃん #東京ドーム #ジャイアンツ #GIANTS #阿部慎之助

M2D_45さん(@mattsuntsunshooooo)がシェアした投稿 –

先ほど阿部慎之助のことを嫌った人がいることを紹介したが、補足させてもらうと、試合前の選手は選手により集中の度合いやリラックスの加減が異なる。

自分が好きな選手をもっと好きになりたいのであればシーズンオフなどに行われる「ファン感謝デー」に行ってみると面白いかもしれない。読んで字のごとく「ファン感謝デー」だから。

ちなみに阿部慎之助選手に限らずプロ野球選手になる様な人は、みんな性格はきつい、良く言えば気が強く、芯が太い。子供の頃からエースで4番の集まりだから。

中にはファンに愛想を振りまく選手もいるけど、たいていの選手は試合前(仕事中)は気合入りまくりで集中力高めているんだよ。今度無視されたら「あいつめっちゃ気合入ってる、何かオーラ感じる」って思ってみて!

ポイント⑤ 阿部慎之助の年俸推移を調査!

2017-4-13広島戦⚾#阿部慎之助 #中井大介 #脇谷亮太 #ジャイアンツ #GIANTS#東京ドーム

さろさん(@sarocoro)がシェアした投稿 –



2000年11月にジャイアンツに入団した阿部慎之助は契約金1億円プラス出来高払い5千万円推定10億円という巨額契約を結んだとも言われている。

1年目は1300万円だった年俸は2年目には3800万円となった。阿部慎之助は1年目から正捕手としてチームの貢献していた。阿部慎之助が1億円の王台に載せたのは2004年オフで33本塁打を放った年である。

2007年からチームの主将となった阿部慎之助は打率.275、33本、101打点2億4000万円で契約を更改した。ここからジャイアンツは強く、阿部慎之助の成績も上昇、2009年オフには3億5000万円(3年契約変動制)の年俸を手に入れる。

圧巻は2013年打率.296、32本塁打、91打点と各部門で好成績、松井秀喜に並ぶ球団最高年俸の6億円の年俸を手に入れた。2017年現在は3億2600万の契約でプレーしている。

阿部慎之助健在!やはりGの4番は慎之介!



阿部慎之助は新人の年から16年連続で二桁本塁打を打ち続けている。2017年二桁を打てば、あの長嶋茂雄の記録(17年)に並ぶ。平成のミスタージャイアンツと言っても過言ではない。

さらに阿部慎之助が2017年達成するであろう偉大な記録は2000本安打で、どの様な形で決めてくれるのかファンにとっては楽しみである。

阿部慎之助の事だから、サヨナラ安打や、本塁打で決めてくれるかもしれない。ここ3年ほどは数字を落とし、4番を外れることもあった阿部慎之助だが2017年は4番として健在

阿部慎之助ジャイアンツにあり!と言った活躍を見せてくれている。阿部慎之助が打つとジャイアンツは自然と強くなる。次なる4番候補も模索しているジャイアンツ、阿部慎之助にはもう一花、二花咲かせてもらうとしよう!