青木宣親の全て!MLBでの活躍や成績を紹介!

ヒューストン・アストロズに所属している青木宣親はメジャー6年目のシーズンを送っている。日本時代と変わらずにアメリカで安打を量産している和製安打製造機、青木宣親の活躍や魅力を紹介!日米通算2000本安打達成間近!

青木宣親プロフィール



1982年1月5日宮崎県日向市に生まれた青木宣親は現在アメリカメジャーリーグ、ヒューストン・アストロズに所属しているプロ野球選手である。

Nori Aokiと呼ばれているその男は、NPB史上二人目のシーズン200安打達成者及びNPB唯一の2度のシーズン200安打達成者である(2005年、2010年)。

青木宣親は宮崎県立日向高校から早稲田大学、早稲田大学野球部時代は鳥谷敬(阪神)等とともに史上初の4連覇に貢献し、2003年のドラフトでヤクルトスワローズから4巡目指名を受け入団、背番号は「23」だった。

青木宣親は2005年のプロ2年目のシーズンにて、イチロー(マーリンズ)以来のシーズン200安打を達成し、打率.344でセリーグの首位打者、新人王となった。

学生時代の活躍とは



青木宣親が野球を始めたのは小学1年生の頃だった。小学生時代の青木宣親は投手だったと云う。宮崎県立日向高校に進学後も2年生の頃にはエースとなり3年生の春季大会で優勝するも、夏は準々決勝で敗れた。

早稲田大学に進学すると、鳥谷敬・比嘉寿光・由田慎太郎、1学年上の和田毅、1学年下には田中浩康、2学年下には武内晋一、越智大祐など後にプロ入りする選手等と共に汗を流した。

チャンスメーカーとして青木宣親は2番打者を主に任され、2002年3年春の東京大学戦では5打数5安打1四球の活躍で1試合6得点という六大学記録更新をした。

秋季リーグにおいては打率.436を記録するなど、大学時代ベストナイン3回通算58試合で190打数63安打打率.332、0本塁打、20打点という記録を残した。

青木宣親のバッティングとは

his first home run in 2017 and first as an Astro!! 😀 #青木宣親 #noriaoki #japanese #houstonastros #mlb

Asian Baseball Players in MLBさん(@asian_baseball_players_in_mlb)がシェアした投稿 –


「安打製造機」と称される青木宣親のバッティングとはいかなるものなのだろうか?まぁ単刀直入に解説すると、青木宣親はイチロー選手の次に安打を打つことが上手い日本人選手である。

日本プロ野球での青木宣親の通算打率は.329でした。首位打者を3度獲得しています。当時メジャーリーグのスカウトからは「理想的なリードオフマン」「最高の選手で理想的な選手」などと賞賛された。

青木宣親は2ストライクに追い込まれてからも打率が高く、また左打者でありながら左投手を苦手とする訳でもなく、本塁打も20本(日本時代最高)を打つなど長打力もある。

アメリカでも毎年本塁打を放っていて最高は2012年の10本、メジャーリーグにおいての青木宣親の通算打率は.286で安定した助っ人選手として活躍している。

日米通算2000本安打

世界の青木!😙AOKI-METER! #青木宣親 #アストロズ #astros

川東雅仁さん(@lifeisgood1947)がシェアした投稿 –

青木宣親が日本時代通算8年で1284本の安打を積み重ねてきました。そしてメジャーリーグ通算5年で積み上げてきた安打数は681本、つまり2016年終了時点日米通算1965本

青木宣親は2017年シーズン中に日米通算2000本安打を達成することは確実とされており、 AOKI-METERを作っているファンもいる程だ。

2018年にはメジャーリーグ通算1000本安打という数字も見えてきそうな青木宣親だが、今シーズンどこまで安打数を伸ばしてくるのか注目が集まるところだ。

アメリカの一軍でレギュラーでい続けることは決して容易なことではない、青木宣親は、いとも簡単にこなしているように観えてしまう所が凄い、日米通算2000本安打、お祝いの日はもう間近だ!

身長は小さいがMLBでも中心選手

日米通算2000本安打まで… あと16本⚾ ✿*: #青木宣親 #norichikaaoki #アストロズ #astros #1984

Ayaさん(@ayabloomington)がシェアした投稿 –



青木宣親の身長は175cmだ。日本のプロ野球の平均身長はおよそ180cm、アメリカメジャーリーグの平均身長はおよそ185cmなので青木宣親は小さい選手に分類される。

175cmという身長は一般のサラリーマン世界では小さい方とは言わず、普通以上と称されるが、野球界ではそうはいかないようだ。

しかしながら青木宣親はその身長差など関係ないと言わんばかりに活躍を続けており、主に1番打者として出塁率は毎年.350近くを記録するなどしている。

本塁打や、超豪速球ばかりが野球の魅力ではない、青木宣親やイチローに代表されるような、野手のいないところに打球を運び安打にする技術は観ているファンをより興奮させる

WBCでは精神的主柱だった



惜しくも準決勝でアメリカに敗れた2017WBCでの日本代表。今大会日本人メジャーリーガーとして唯一の参加となった青木宣親はチームの最年長選手でもあった。

日本プロ野球史上初となる2度の200安打を達成している伝説の男、青木宣親は日本代表チームの精神的主柱でもあった。

青木宣親がチームに合流するやいなや青木宣親の打撃練習を見た小久保裕紀監督は、「さすがのバットコントロールだと思いましたね、ほとんど打ち損じがない」と感心していた。

押さえ込まれたメジャーリーガー

2017.3.5.Sun #京セラドーム #WBC #強化試合 #侍ジャパン #SAMURAIJAPAN #青木宣親 #背番号7 #アストロズ #NorichikaAoki #HoustonAstros

ダビ⚾遠征記さん(@davids_heart)がシェアした投稿 –



WBCで2度の優勝経験を持つ青木宣親がチームの主柱であることは確かだったのだが、残念ながら青木宣親のバットから快音が響いた訳ではなかった。

青木宣親は主に3番打者として出場していたが、最終的には22打数4安打打率.182と期待を大幅に裏切った形となった。対戦国も日本代表チームの唯一のメジャーリーガーとして警戒を強めていたのだろう。

だが決して青木宣親の存在が無駄になって訳ではない、若手で今後も活躍が期待されている、筒香嘉智や鈴木誠也といった選手も現役メジャーリーガーから何かしらの刺激を受けただろう。

青木宣親の年俸を調査!



2003年ドラフトにてヤクルトスワローズに4巡目指名を受けて入団した青木宣親は契約金7000万円年俸1000万円での契約。2年目に200安打を達成し首位打者と新人王を獲得すると7倍増しの7000万円で契約を結んだ。。

3年目には192安打を放った青木宣親は最多安打と盗塁王で1億4000万円でサインした。その後も安定した活躍を続けた青木宣親は2007年には首位打者となり2億2000万円でサイン。

2008年も打率.347で154安打と打った青木宣親は2億6000万円の年俸でサインした。2009年も安定した成績で打率は.303、年俸を2億8000万円とした。

2010年は自身2度目プロ野球史上初となる2度目の200本安打を達成、野球史に名を刻んだ青木宣親は3億円の年俸でサインした。

メジャー挑戦と年俸推移

#青木宣親 #侍ジャパン #WBC #wbc2017 2017.3.8 東京ドーム

柚さん(@yuzuyuzuco777)がシェアした投稿 –



メジャーリーグ挑戦を表明した青木宣親は移籍先をミルウォーキー・ブルワーズに決めたのだが、青木宣親への金銭面での評価は高い数字ではなかった。ヤクルト時代の1/3となる1500万ドル2年契約(約1億2500万円)

しかし青木宣親はそんなことにはめげずに3年連続打率.280を超え2014年オフには400万ドル4億6000万円)プラス出来高という条件まで登った。

2015年はサンフランシスコ・ジャイアンツに入団し、470万ドル4億7000万円)でサインをし93試合に出場するもよく年はシアトル・マリナーズに移籍した。

1年550万ドル(5億5000万円)で契約に合意、118試合で打率.283の好成績を残すもアストロズへ移籍、1年550万ドルで契約している。(金額、日本円換算は全て推定)

青木宣親の成績と今後



日本の侍、青木宣親がどこまで登りつめるのか楽しみなところですが、まずは日米通算2000本安打の達成が最優先の目標となるだろう。

2017年5月23日現在青木宣親は不振のため試合には出場していないようだが、こちらは秒読みだ。近々の達成は間違いない。

もう一つの青木宣親の目標としてはシーズン3割超えという数字ではないだろうか。アメリカに来てからの最高打率は.288なので達成できない数字ではなさそうだ。

日本が誇る小さな侍、安打製造機、青木宣親は今シーズンの目標を打率3割超えとし、それを達成してくれるのではないかと信じる。