綾野剛の出世作『クローズZERO』ってどんな映画?実はあのイケメン俳優も出演してた!\t

クローズといえばヤンキー漫画の定番中の定番ですよね。今回はクローズの出演者、綾野剛にスポットライトを当てて紹介していきます。

綾野剛出演「クローズZERO」はもうチェックした?


クローズZEROという映画をご存知でしょうか?高橋ヒロシの漫画「クローズ」を原作とした映画です。同作は2007年10月に公開され、2年後の2009年4月には続編となる「クローズZERO II」そして、2014年4月にはシリーズ第三作「クローズEXPLODE」が公開されるなど、長期にわたって人気を誇っています。

クローズZEROのキャッチコピーは「熱く生きろ。」、「今を生きるオメーら、バカなままでいい、燃え尽きろ。」、「全部壊して、ゼロになれ。」となっています。ストーリーとしては主人公の坊屋春道鈴蘭高校という不良ばかりの学校に転校してくる一年前を描いたものとなっています。

ちなみに原作者である高橋ヒロシは「クローズ」連載中の頃から実写での映画化企画を全て蹴っていたそうですが、全てオリジナルのストーリー展開での映画化を条件についに合意したという裏話があります。しかし、最終的には映画原作の漫画が書かれるほどの人気を誇ったそうです。

クローズZEROのストーリー

主人公が転校してきた鈴蘭高校は県内随一の不良高校で、偏差値も県内最低と劣悪な環境です。多くの猛者や腕っ節が集い、派閥やグループなどを形成しますが、一匹狼のような不良も存在するため、今まで学校全体をまとめる番長的な存在はいませんでした

そこに転入生としてやってきた滝谷源治(たきやげんじ)実家がヤクザの一家です。彼は劉生会というヤクザをつぐために不可能と言われていた鈴蘭高校の制覇を本気で目指し始めます。源治は人付き合いが嫌いで、群れることを好みません。とあるきっかけから鈴蘭OBのチンピラ、片桐拳と友情を深めた彼は忠太、牧瀬、伊崎らを率いてG.P.Sというグループを結成します。

そして、源治はついにG.P.Sのメンバーと共に現状鈴蘭高校トップにもっとも近いと言われる芹沢軍団と鳳仙を倒しに向かいます。

キャストに注目すればもっと楽しめる!

クローズZEROは当時まだあまり知られていなかった綾野剛を人気俳優へと押し上げた作品ですが、同作には他にも豪華なキャストがたくさん出演しているんです。まず、主人公の滝谷源治はかの有名な小栗旬が演じています。長髪ツーブロックに2本のラインが入った髪型が特徴的でしたね。

G.P.Sナンバー2の伊崎瞬を演じたのは「バトルロワイアル」などで有名な高岡蒼甫です。金髪頭で3年D組のトップでしたが、源治の魅力につかれ、G.P.Sに加入しました。G.P.Sに加入してからは冷静に物事を考えて周りを一番よく見ているキャラクターです。

そして、芹沢軍団のトップ、芹沢多摩雄を演じたのは人気俳優、山田孝之です。「百獣の王」の異名を持つ鈴蘭の頂点にもっとも近いと言われている彼を演じるにはぴったりなキャスティングだったと思います。

他にもクローズZEROには桐谷健太や上地雄輔、黒木メイサ、遠藤憲一などと数々の名だたるメンバーが揃っています。

クローズZEROは一度は見ておきたい映画!

ちなみに撮影の裏話として、今作の撮影は2005年を持って廃校となった旧大阪府立高槻南高等学校というところで行われたそうです。卒業生の意向により、落書きなどを演出するペインティングはペンキを使わずに、全てカッティングシートなどで代用したそうです。

そんなスタッフらの努力もあり、クローズZEROは興行収入約25億円という記録を叩き出しました。さらに、この映画のすごいところは2009年から2012年頃ブータンの若者を感化し、乱闘を起こさせるという社会問題を引き起こしたということではないでしょうか?

国内だけでなく海外にもそれだけの影響を与える、クローズZERO。まだ見ていないという方は要チェックです!きっとハマって、クローズZERO IIやクローズEXPLODEまで一気に見てしまうこと間違いなしです。

映画「クローズZERO」【TBSオンデマンド】
(2016-07-15)
売り上げランキング: 41,986