田中麗奈出演のおすすめドラマTOP5!衰えない美しさを堪能せよ!

最近セクシー役がふえ、妙に色っぽくなったと評判の田中麗奈。あまりにも怖かったクールな悪女役から正統派の役まで、幅広い役を演じ美しさを披露!田中麗奈の魅力が分かるドラマを紹介します

最近色っぽい役が多い田中麗奈ってどんな人?



1980年5月22日生まれ、福岡県久留米市出身です。小学生の時から女優志望が強く、中学生の時に福岡のモデル事務所に所属します。「高校を卒業するまでは家を出てはいけない」と、親に言われたため、暫くは、福岡と東京での両方で活動していました。

大ブレイクのきっかけは、サントリーのジュース「なっちゃん」のCMに出演したことです。パッケージの可愛い顔のなっちゃんと、田中麗奈さんの爽やかな可愛さがハマってました。

しばらくの間”なっちゃんの子”って呼ばれてました。わたしなんて、田中麗奈さんの名前も「なっちゃん」だと思ってましたからね。映画初主演の「がんばっていきまっしょい」は、ボート部というちょっとかわった部活の話だったため、とても話題になりました。

田中麗奈が出演!おすすめドラマその(1)

静かな芸術家で色っぽかった NHKドラマ「愛おしくて」

不倫ドラマなのかと思ったのですが、そうではないんです。吉田栄作さんは動物病院を経営しているのですが、その資金を秋吉久美子さん(怜子)に出してもらっています。そのかわり、怜子の愛人(二人とも独身)になっているんですね。

怜子は有名な絞り染め作家で、そこに田中麗奈さん(小夏)が弟子入りします。怜子は飼っている犬の世話を小夏に押し付けます。ところが小夏は大の犬嫌い。これによって小夏と吉田栄作は知り合うんですね。

二人は恋愛関係になって怜子の逆鱗にふれます。もしかしてこの話の展開は・・・・そうです思っていた通り、小夏のデザインを怜子が盗むんですね~。更に、動物病院の資金を引き揚げるっていい出して、どうなるのかと思っていたのですが、流石はNHK、ハッピーエンドでおわりました。

田中麗奈が出演!おすすめドラマその(2)

愛人役が様になっていた ドラマ「美しき罠」

社長の娘婿となり、現在会社の常務となった荘太(村上弘明さん)。美しく完璧な妻・美津子(若村真由美さん)がいるにもかかわらず、子会社の店長・りか(田中麗奈さん)と不倫関係にあります。

美津子はそれを感じ取り、壮太の亡くなった友人の弟・圭一とりかを家に呼び、二人をくっつけようとします。圭一とりかは結局好意をもつようになり、結婚するんですね。ところがいざ結婚しようとすると、美津子は圭一を渡したくないと思いはじめて、もうドロドロ。

りかと美津子の戦いとなるんですが、二人の美しさが全く違っているんです。美津子は社長令嬢で、華やかな美しさ。それに対してりかは、落ち着いていて癒し系、ちょっと色っぽいところのある美しさで男性人を翻弄していました。

田中麗奈が出演!おすすめドラマその(3)

美しい悪魔役が板に付いていた ドラマ「真昼の悪魔」

このドラマは土曜日の11:40~放送されたんですが、いくら土曜日とはいってもこんなに遅い時間ですよ。にもかかわらず、話題でしたね。クールな美しさを持つ田中麗奈さんが、精神異常とも思われる役をやって、もう葉子以外には見えませんでした

優秀な外科医である葉子。いつも天使のような微笑みを投げかけるものの、心の中は乾ききっていて、何にも心を動かさず、それによって退屈な日々を送っているのでした。「何か悪いことをすれば、良心の呵責をえるかもしれない」と思い、やってみようとするのです。

ここからが怖いんですよ~。まずは、手の中でハツカネズミを手のひらでギューっと絞め殺すんです。絶対に気持ち悪い!でも、陽子は良心の呵責どころか気持ち悪いとさえ思わないんです。

葉子は幸せになるのか?



葉子の悪はどんどんエスカレートしていくんですね。そんな中、御曹司の大塚(大倉孝二)と知り合います。自分の自慢ばかりする大塚に嫌気がさし、大塚が惨めな思いをするように痛めつけるんですが、それでも大塚は葉子が好き。

まぁ、完全に”M”なんでしょうね。葉子は今まで行ってきた“悪”を打ち明けるんですが、それでも葉子が好きなんですよ。二人とも精神異常者ですね。原作は遠藤周作さんで、どうやら結末は原作とドラマと違うようです。

原作を読んだことがないので、今度挑戦してみる予定です。その前に、まだドラマを見ていない方、田中麗奈さん演じる天使の頬笑みの悪魔は必見ですよ。

田中麗奈が出演!おすすめドラマその(4)

女優なら一度は演じたい瑤泉院 NHKドラマ「忠臣蔵の恋」

一年に一度は、映像化されている「忠臣蔵」のストーリー。NHKで放送された「忠臣蔵の恋」は、サブタイトルが「四十八人目の中心」で赤穂浪士を愛した人に焦点を当てています。

浅井家江戸屋敷の奥女中の一人、きよが中心の話で主演は武井咲さん。そして浅井家の奥様・瑤泉院を演じたのが田中麗奈さん。大女優といわれる人のほとんどは、瑤泉院を演じてますね。

切れ長の目元の田中さんが演じる瑤泉院は、うなじのあたりがやけに色っぽかったので、”妖泉院”でもいいではないか?なんて思って見てました。(我ながら、”ウマイ”と思ってます。)

田中麗奈が出演!おすすめドラマその(5)

出演シーンが少しだったけど存在感たっぷり 「赤い指」

東野圭吾さん原作の、加賀恭一朗シリーズの中の一つ「赤い指」。痴呆の母親に殺人の罪をなすりつけようとするですが、実はこの母親は痴呆のフリをしていただけだったんです。

加賀刑事の役を演じた阿部寛さんは、本当に上手かったですよね。田中麗奈さんの役は、加賀刑事のお父さんが入院している病院の看護師。事件とは全く関係ないんですけど、ちょいちょい出てきて、最後に泣かせる場面で登場。

お父さんと将棋をさしていた看護師の田中さん。お父さんが亡くなってしまって、「お父さん気づいていたと思いますよ。将棋の相手があなただって・・・」と、加賀刑事に言って、そこからの件はもう号泣でした。

独特の雰囲気で躍進中の田中麗奈の演技力に注目!

田中麗奈さんというと、「なっちゃん」のイメージが強く、健康的で解放的な印象なんですけど、いつの間にこんなにセクシーになったんでしょう。悪女役や、男性を翻弄する愛人役、更には正統派の役まで幅広い役をこなしています。

そして、綺麗になったな~とつくづく思います。あごから首へのライン、そして、うなじがほんとに綺麗なので、色っぽく感じます。和服を着た時に特に感じますね。今年は、主演映画「幼な子われらに生まれ」が公開予定です。

浅野忠信さんと夫婦役で、複雑な母親の心理を演じます。この二人なら、かなり見ごたえのある映画になっているでしょう。楽しみです。

真昼の悪魔 DVD-BOX
真昼の悪魔 DVD-BOX
posted with amazlet at 17.05.23
ポニーキャニオン (2017-07-05)
売り上げランキング: 9,788