ハンターハンターの映画を一挙紹介!観る順番のオススメは?

週刊少年ジャンプにおいて大ヒットしている漫画ハンターハンターは、二度のアニメ化をするばかりか、劇場版も公開されました。ここでは、劇場版ハンターハンターについて紹介していきたいと思います。

映画版ハンターハンターは面白い?



ハンターハンターは、週刊少年ジャンプにおいて大ヒットしている漫画で、二度もアニメ化するなど超人気作です。作者の冨樫義博さんがよく休載することでも知られていて、ワンピースと同時期に連載したにも関わらず、現時点では33巻までしか出ていません

そんなハンターハンターですが、アニメの方も賛否両論はありながらも、劇場版を二本も公開するなど人気はありました。原作ファンはアニメ版に対して良い評価を下すことは少ないですが、アニメからハンターハンターのファンになった層には面白かったようです。

ハンターハンターは、原作が非常に濃密で深く描かれているため、それをアニメにするのは難しいのだと思われます。劇場版でも、原作の緊迫感を表現しきれていなかったように思いますが、独自の良さもあったので、ご紹介していきます。

映画版ハンターハンターの来場者特典が魅力だった!

劇場版は二本も公開されましたが、いずれも来場者特典が凄まじく良かったです。特に、劇場版一作目であるファントムルージュでは、ここでしか手に入らない単行本0巻が限定で配布されました

0巻の内容は、メインキャラクターのクラピカがどのような経緯でハンターを目指そうと思ったかが描かれており、クルタ族の村やクラピカの家族、そして親友のパイロとの関係についてが詳しく描かれています。

0巻を見てからファントムルージュを見るか、ファントムルージュを見てから0巻を見るかでも、感動の度合いが変わってくると思います。意外とおすすめは、0巻を見てからファントムルージュを見る方。それだと、ファントムルージュの最後では泣けるかもしれません。

劇場版二作目のラストミッションでは、ハンター十ヶ条手ぬぐいが限定で来場者にプレゼントされました。これはこれで熱い商品です。

映画版ハンターハンターの見る順番は?

ハンターハンターの映画を見る順番は、もちろん公開順のファントムルージュ→ラストミッションです。作中の流れを考えても、ラストミッション→ファントムルージュという流れは考えられません。

ラストミッションではゴンとキルアもだいぶ成長しているので、ラストミッションから見てしまったら、ファントムルージュのゴンとキルアの未熟さが目立ってしまい、楽しみきれないと思います。

さらに、ラストミッションでは最強のハンターであるネテロ会長のバトルも見れるので、それは楽しみにとっておいて、ファントムルージュから視聴することをおすすめします。

映画版ハンターハンターの時系列を考察!

まず一作目であるファントムルージュの時系列ですが、ヨークシンシティ編が終わりグリードアイランド編が始まる間の数日間です。それも、この時のゴンとキルアはまだ発を使えないので、大富豪のバッテラ氏と会う直前と考えられます。

そもそも、ヨークシンシティ編とグリードアイランド編の境で、ゴンとキルアにファントムルージュの物語で戦い抜くだけの実際的余裕があったとは思えませんが、劇場版は強引に物語が組み込まれています。

ラストミッションは、グリードアイランドをクリアして、カイトと未知の生物を探索している時。一時的にカイトと別れて、ズシの戦いぶりを観戦するために天空闘技場に訪れた話です。

この時も、カイトと一時的に離れるという不自然な流れではありますが、おかげで原作では語られていなかったハンター協会の闇について知ることができます。

ファントムルージュで見せたゴンキルの活躍!



ファントムルージュでは、ゴンとキルアは発を使えないため、かなり作中でも苦戦を強いられ、敵であるはずのノブナガに助けられたりなど、全体的には実力不足な感じでした。しかし、最後は本物ではありませんが、イルミを二人がかりで倒すことができ、ゴンとキルアの成長がみられました。

なんとなくあっさりイルミを倒してしまった所は評価が分かれる所でしょうが、キルアの葛藤とゴンの人格の良さがよくわかる作品となっていて、二人の友情には心温まります。ゴンとキルアが好きな人には、二人の活躍が凝縮された本作はおすすめです。

天野ひろゆきがイケメンキャラの声を担当?!



劇場版第2弾であるラストミッションでは、敵の首領であるジェドを中村獅童さん、ジェドの参謀である修羅を天野ひろゆきさん、二人の使い的な役割である煉獄を山本美月さんが声を担当しました。

この中でも、修羅というイケメンキャラを天野ひろゆきさんが担当するのは違和感があるような感じがしますが、実際の修羅の声はかっこよく、はまり役だったと思います。

それもそのはず、天野ひろゆきさんはハンターハンターの大ファンであり、このラストミッションでもかなりの気合いをもってアフレコに望んだ模様。その成果が現れた、素晴らしいイケメンボイスだったと思います。

ハンターハンター劇場版第3弾はくるか?

劇場版第3弾以前に、アニメ再開すら怪しいハンターハンター。それどころか、原作再開すら怪しいハンターハンターなので、劇場版第3弾は絶望的だとは思います。今は暗黒大陸編がスタートしていますが、あまりにもストックが少ないので、アニメ化すら厳しい状態です。

もしアニメが再開するとしても、暗黒大陸編が佳境に入った頃だと思うので、下手をすれば10年くらい先ではないでしょうか。声優も一新して、その時の最高のグラフィックで新しくハンターハンターの暗黒大陸編をアニメで見れると思います。

暗黒大陸編はジンがメインになりそうなので、居残り組のゴンやその仲間たちを中心に、暗黒大陸に行かなかった者たちの物語を劇場版にするなども楽しいと思います。

HUNTER×HUNTER 33 (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
集英社 (2016-06-03)
売り上げランキング: 2,608
劇場版 HUNTER X HUNTER The LAST MISSION
(2014-11-23)
売り上げランキング: 15,255
HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
集英社 (2017-06-26)
売り上げランキング: 6