満島ひかり出演のおすすめドラマTOP6!卓越した演技力を見よ!

演技派女優として名高い満島ひかりさん。この名声は、低迷期があってこその努力の結晶でしょう。今回は、低迷期を脱出してからのおすすめドラマを紹介します!

【満島ひかり】Folderから女優へ!

❤️ #満島ひかり

??Dong Yang?Goose?さん(@bastian_tung)がシェアした投稿 –

女優の満島ひかりさん「濃い目の顔だから沖縄出身かな?」と思った方、正解です。そして、印象的な顔にはもう一つ訳がありました。フランス系アメリカ人を祖父に持つ、クォーターなんです。

スッピンメイクでも、美しさが際立っていますよね。元が整っているからなのでしょう。そんな満島さんの経歴は「安室奈美恵with SUPER MONKEY’S」オーディション優勝から始まりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

男女混合ユニット「Folder」で、デビュー。映画「モスラ2 海底の大決戦」に子役で出演を果たします。その後、Folderは7人組から5人組へと編成を変え、新たに「Folder5」として活躍をします。

Folder5の活躍休止後は、低迷期を過ごしました。転機となった作品は「愛のむきだし」。今や園子温監督の代表作になっています。この作品で“もはや狂気”とまで評価された演技が話題を呼びました。

数々の新人賞を獲得し、女優:満島ひかりの誕生を見せつけた出世作です。ここからのドラマ作品も、スゴイんです!

おすすめドラマTOP6!

第6位「若者たち2014」

2014年7月から放送のドラマ。1966年に作られた「若者たち」の現代版リメイク作品です。 幼い頃に両親を亡くした5人兄弟。この兄弟が力を合わせ、たくましく現代社会を生き抜いていくヒューマンストーリー。

親代わりとして家族を支える長男、世間を斜め上から見る次男。母の代わりとして気丈にふるまう長女、夢を追い続ける3男、メンヘラ気質の4男。それぞれ問題を抱えています。

昔の「若者たち」でも「-2014」でも、人が陥りそうな罠にまんまとハマってしまっている若者たち。家族であるが故の苦悩も存分に描かれた作品です

家族って“面倒”ですよね。自分の裏も表も知り尽くしている人が、常にそばにいる状況。そして、そんな家族だからこそ「心配をかけたくない」という気持ちも生まれてきます。このドラマは、兄弟愛をとても濃密に描きました

妻夫木聡さん、瑛太さん、江本佑さん、野村周平さん。この豪華キャストを“兄弟”に見せていたのが、満島ひかりさんです。常に強く優しく自然体で接していた長女の姿は、高い演技力のなせる業でしょう

第5位「ごめんね青春!」

隣り合わせに立つ仏教系男子校とカトリック系女子高。思想が全く違う高校で、両高の合併話が持ち上がる!もともと仲が悪かった両高の教員と生徒が、一緒の教室で仲良く授業を受けることが出来るのか?

宮藤官九郎脚本で前評判も高かったドラマです。学園ドラマでありながら、主人公は生徒でなく先生。主人公が同校の生徒時代に起こした罪をバックに、自身の恋愛や学園での騒動を描いた学園コメディーでした。

??????? #ごめんね青春 #錦戸亮#満島ひかり

e.tさん(@e.t08)がシェアした投稿 –

仏教男子校の先生を錦戸亮さんが演じているのに対し、カトリック女子高の先生が満島ひかりさん。英語を担当していますが、この先生は生活指導で本領を発揮します!

高校時代から腕っぷしが強かったため「ブラックタイガー」と呼ばれ恐れられていました。生徒を守ることに全力疾走し、男子を目の敵にする敬虔さ(?)を持つシスター。怒鳴り散らしている印象が強いですね(笑)

ドラマ放送時からインスタを始めた事でも話題になりました。衣装を公開したり、生徒役の俳優たちとじゃれていたりと、蜂谷先生インスタはドラマと同時進行で楽しめました。

第4位「トットてれび」

「NHK専属女優第1号」という肩書を聞いたことがありますか?そう“玉ねぎ頭”でお馴染みの黒柳徹子さんの肩書でした。

「トットテレビ」は、黒柳徹子さんの幼少期を描いた「窓際のトットちゃん」「トットチャンネル」「トットひとり」この3作を原作として、青春篇・友情篇を描いたドラマです。

テレビ創世記から活躍している大御所:黒柳徹子さん。昭和を代表する数々のスターと共演し、今なお、若手・ベテラン分け隔てなく接する姿が絶賛される理由でしょう。自由奔放な姿が可愛く描かれました。

#満島ひかり きれい、大好き。

この一生 満島ひかりだけをさん(@hikarifan)がシェアした投稿 –

このキャスティングは黒柳さん本人が、「おひさま」で同一人物を演じた満島ひかりさんを指名。満島さんは、2回断った末にOKすることになります。まるで“三顧の礼”ようですね。

「ザ・べステン」「徹子の部屋」を見ていた方はご存知と思いますが、“早口で、聞きたい事をまくし立て、無茶ぶりをする”。そして、興味がない場合「へえ~」で強制終了させる手腕は、黒柳さん独特の技です(笑)

このマイペースさを、憑依したかのように満島さんは演じました。話し方、たたずまい、天真爛漫さが「黒柳徹子」その人のようです!真似をしている風ではなく、本当に若い頃の黒柳さんを想像できました。

第3位「モテキ」

「金なし・夢なし・彼女なし」3拍子揃った草食系男子が突然訪れた「モテ期」にはまる、恋愛シミュレーションゲームのようなドラマです。

主人公:幸世(森山未來)は、恋愛スペックが低いあまり、好意を悪戯と受け取る傾向アリ。ストレスで太ったり痩せたりする主人公に、数々の女性がアタックを開始する!

頭の中がお祭り状態になってしまう幸世に、本当の恋は見つかるのか?視聴者を“じれったい思い”に引き込む秀逸な作品でした。

#モテキ #いつかちゃん #満島ひかり

Marie Araiさん(@__mariemon13)がシェアした投稿 –

22歳の照明助手、元気で女らしさは無く主人公と恋愛偏差値が似ている中柴いつかを、満島さんは演じました。天真爛漫な笑顔が素敵!ショートカットが、元気さを倍増させます。満島さんの演技は自然体なんですよね。

気兼ねなく友達付き合いが出来る主人公といつかの関係ですが、関係性に変化が生まれてくると、急に女を見せます。その変わり身を、満島さんは見事に演じ分けてしまいます!今まで、元気娘だった子から漂う色気…。これには萌えますよ!

第2位「おひさま」

#dramawoman#wakuwakujapan#おひさま#ohisama#inouemao#井上真央

ⓞⓒⓗⓘⓒⓐ-ⓒⓗⓐⓝさん(@ochicamelody19)がシェアした投稿 –

病気を患っている母と、最期の時を過ごすため陽子(井上真央)は安曇野に一家で移住します。

「おひさまのようにいつも笑って、世界を明るく照らす」という名前の由来の通り、明るく過ごす陽子。親友の筒井郁子(満島ひかり)・相馬真知子(マイコ)と共に、高校生生活を送っていました。

亡き母の夢である教師になった陽子は、子供たちの笑顔を守るため奮闘する毎日。戦後の混乱の中、GHQの関与により教育方針までも変わってしまいます。数々の変化が起こる日本で、陽子の周りにも転機が訪れました。

この時代らしくない、“強さ”をみなぎらせた女学生役でした。友達3人で集まっているシーンの中で、どうしても存在感が出てしまう満島さん。特に、オーバーアクションでもないし、うるさいわけでもないし…。

でも、目立ってしまうんですよね。井上真央さんが主役なので、そこに居るのは自然です。マイコさんは、少し大人し目な雰囲気なので3人でいると、満島さんにどうしても目が行ってしまいます

このドラマでは、永山絢斗さんとの熱愛も噂になっていますね。

第1位「Woman」

夫に先立たれた2児の母が、生活苦を理由に生活保護を申請したことから青柳小春(満島ひかり)の過去が明かされていく物語です。幼い子供2人を抱えながら、パートを掛け持ちして働くシングルマザー小春。

このままでは生活は困窮していくばかりです。「せめて電気代だけでも…」と生活保護を申請しますが、20年も会っていない実の母親から援助の意思が得られたため、生活保護は受けることが出来なくなります。

その頃、体調の変化を感じ取った小春は血液検査を受けます。そして、絶縁状態にあった母親に、子供と共に会いに行くことを決意しました…。

当初は「シングルマザーの過酷な現状」を見せつけるドラマかと思い、暗すぎる問題作だと思いながら観ていました。これでもか!と突きつけられる数々の苦難。それでも「わたしには、命をかけて守る命がある。」と立ち上がる小春。

芯の強い女性役は、満島さんにピッタリですね!小柄な体のどこに、こんなパワーが眠っているのでしょうか?歯を食いしばって生き抜く姿が、感動を呼びました。

“役を演じている”と思わせない、お母さんぶりも見事です。このドラマには、話の内容にも満島さんの演技力にもドップリハマってしまいました!

【満島ひかり】弟:満島真之介も人気急上昇!

満島さんは4人兄弟、弟2人に妹1人の構成です。上の弟は、俳優の満島真之介さん。妹はモデルの満島みなみさん。下の弟は、バスケ選手の満島光太郎さん。皆さん有名人なんです。

満島ひかりさんは、2016年の年明けに離婚をしていますが、すでに永山絢斗さんとの熱愛話も出ています。魅力的な女優さんなので、絢斗さんも心配でしょう(笑)

一方、弟の満島真之介さんは2014年に、満島ひかりさんのマネージャーと結婚をしています。真之介さんの出世作「風俗行ったら人生変わったwww」は、マネージャーさんとお付き合いしていた頃の作品です。奥様は幸運の女神だったのですね!

満島ひかりさんの活躍は同サイト「【満島ひかり】女優界最強の演技力サイボーグを作り出すための8工程https://festy.jp/web/posts/1002171 でも見ることが出来ます!

2017年はTVドラマ「破獄」、映画「愚行録」「海辺の生と死」でスクリーンを飾り、舞台「百鬼オペラ【羅生門】」で、生の姿が見られます。パワフルな演技を存分に味わいましょう!