【大島優子】演技力が凄い!圧倒的人気を誇る大島優子の8つの素顔!

大島優子さんは元AKB48のメンバーで、不動のセンター前田敦子さんと人気を二分していたスーパーエースです。現在は女優として成功を収めている大島さんですが、ここでは今一度、大島さんの素顔に迫っていきたいと思います。

女優としても人気を誇る大島優子

大島優子さんは、元AKB48の人気メンバーで、もともとは女優業に憧れていたこともあり、その演技力も上々です。AKB時代に培ったアイドル根性と根の真面目さが女優業でも生き、器用でなんでも平均以上にこなす才能が女優業に向いているのかもしれません
本人は自分のことをブスと思っているような発言も多々ありますが、普通に一般レベルに大島さんがいれば間違いなく上玉で、気安そうなキャラクターからも親しみを持ちやすいですね。女優としても人気なのが頷けます。

大島優子の素顔①幼少期子役として活躍していた!

大島優子さんは、実は芸能活動を始めたのは1996年と随分古いです。キャリアだけでみればAKBメンバーの中でも随一の大島さんは、そのなんでも器用にこなすセンスは、長い芸能活動によって感覚的に培われたものでもあるかもしれません。
そして、画像の大島さんは、随分と若い頃です。90年代後半に大ヒットしたテレビドラマ『バージンロード』にも大島さんは出演していて、主人公の桜井和美の幼少時代を演じられていたようです。おぼろげな記憶ですが、確かに主人公の幼少時代の娘は可愛かったことを覚えています。

大島優子の素顔②意外!実はクォーターだった!

意外に思われるかもしれませんが、大島優子さんはクォーターです。クォーターとは、ハーフのさらに半分のこと。四分の一だけ外国の血が混ざっている人間を言います。
大島さんは、アメリカの人と日本人のハーフのお母様から生まれ、お父様は生粋の日本人なのでクォーターということになります。大島さんの場合は、言われてみない気づかないくらい日本顔です。クォーターともなれば、日本の遺伝子が濃く反映された場合、外見には現れないのかもしれません。
ハーフやクォーターには美男美女が本当に多いですが、これは遺伝子は遠いものとの結合の方が良質な子どもが生まれるという法則に従ったものです。皆さまも、美しい子どもが欲しければ外国人との結婚も良いと思います。

大島優子の素顔③壮絶な過去があっても笑顔を絶やさない

大島優子さんは、小学校卒業直後にご両親が離婚し、それなりに苦労して育ってきたそうです。安定感がありそうな性格で、少々挫折してもすぐに這い上がってくるような大島さんの精神は、この時期の辛い体験があったからかもしれません。
離婚の原因は、見える範囲で言えばお母様にあったようです。父親が手伝っているお店の常連客と蒸発し、そのまま戻ってこなかったとか。もしかしたら、お父様にもなにか原因はあったのかもしれませんが、少なくとも子どもおいて消えるなんて信じられない母親です。
そんなお母様ですが、優子さんが高校生の時に再開し、今は良好な関係のようです。お父様も非常に面倒見の良い方のようで、優子さんはお父様のことをとても好意的に思っているようです。

大島優子の素顔④身長が小さい事がコンプレックス

大島優子さんは、身長が低いことがコンプレックスだということをカミングアウトしています。大島さんの身長は152cmで、確かに女性としても背は低いですね。
しかし、そんな大島さんは背が低くて悩んでいる一般人にアドバイスをしています。「コンプレックスは時にチャームポイントになる」。大島さんのお父様もとても身長が低く、男性としては低い160cm程なのだそうですが、並んで歩くときにいつもお父さんより身長が高くなくて良かったと思うそうです。
それに、身長が低い女性の方が好みだという男性の方が多いと思います。大島さんは実際の身長こそ低いのかもしれませんが、ダンスもパワフルで目を引き、全然身体が小さいようには思いません。身長が低いからこそパワフルに振る舞っていたと言いますが、コンプレックスはバネになりますね。

大島優子の素顔⑤第1回総選挙は高熱を出しながらの出場!

大島優子さんは、第一回AKB総選挙の時に会場にはいなく、途中からの登場となりました。その時に、男性に手を引かれ具合悪そうに登場していたことに疑問を抱いていた方も多くいたようです。
実は、この時、大島さんは歩けないほどの高熱をだしており、とても会場にはくることができなかったようです。しかし、お世話になっているファンに一言挨拶がしたい、という大島さんの要望により、かなり無理やりに登場したわけですから根性があります。
この時の大島さんは、総選挙で2位という結果に対しこのようなコメントを残しています。「私は上を目指すことをやめません。皆さん、私の背中をこれからも押してください」。力強いこのコメントは、いかに大島さんがAKBに賭けていたのかがわかるものです。

大島優子の素顔⑥変幻自在の変顔がヤバい

大島優子さんレベルのかわいさがあれば、変顔をしてもある程度のレベルが保たれているのがセオリーです。しかし、大島さんの場合は本当に変顔で、回覧注意なレベルです。もはやホラー……というより、奇妙な肉食動物のような変顔は、AKBでも屈指の変顔の持ち主と言えそうです。
ここに載せた大島さんの変顔は、大島さんの変顔史上でも特に酷いものですが、たまに可愛らしい感じの変顔もあるので見てみてください。他には、AKBでは指原莉乃さんもかなりの変顔の達人で、変顔のレベルで大島さんに匹敵するか、もしかしたらそれ以上なので見る価値があります。
他のメンバーと変顔を競っているような画像が「大島優子変顔」で検索したら出てきますが、何故か大島さんは元が良いのに一人だけ回覧注意レベルになる、不思議な変顔の持ち主です。

大島優子の素顔⑦数年で演技力が格段に成長している!

大島優子さんは2014年にAKB48を卒業し、かねてからの念願だった女優業に本格的に進出していきました。他の一部のメンバーはソロシングルやファッションブランドの展開をしてきた中、大島さんははじめから女優業だけでも大変だということを悟っていたので、ほぼ女優業一本の選択を取ったようです。
卒業してからの大島さんは、『ヤメゴク~ヤクザやめていただきます~』などで視聴率が上がらなかったこともありましたが、最新の『東京タラレバ娘』では演技力に定評があり、高評価を得ることができました。
同じくAKB48を卒業し、女優業に転身した前田敦子さんと比べても、大島さんの方が女優としての評価は高く、実力でも現在の女優としてのポジションでも、大島さんがリードしています。ここにきて、ようやくアイドルではなく、女優としての実力差が現れてきたのかもしれません。

大島優子の素顔⑧ドラマ出演でメガネ姿がかわいいと話題に

ドラマ『東京タラレバ娘』で大島優子さんがメガネ姿になっていますが、これがかわいいと評判です。大島さんは近年、かなり痩せてきたようなので、それを誤魔化すためにもメガネを活用したという噂もありますが、とにかく似合っていればなんでもいいです。
痩せた原因はストレスや、彼氏がいないためだという噂もありますが、毎回このような話を聞いて思うのは、それは本人から直接聞いた話なのか? と思う所です。タダの推測であるのであれば、いかにも私はわかってますよ的な発言は、ネットという多くの人達が閲覧する場ではやめてほしいです。
大島さんが着用したメガネは、Loyd(ロイド)という裏原宿のメガネ屋で販売していて、ブランド名はHUSKY NOISE(ハスキーノイズ)です。これを着用して、大島優子さんと同じような気分に浸るのも良いかもしれません。

大島優子はようやく本領を出してきた女優!

もともと女優志望な所があった大島優子さんは、ようやく自身が望んでいた状態を勝ち取ったとも言えます。AKB時代は色んな我慢もあったと思いますが、もう我慢しなくてもよくなった大島さんには、どんどん女優として羽ばたいていってほしいです。
大島さんのルックス的に、逆に30代以降になった方が様々な役柄をこなしていけそうなので、息の長い活躍をする女優になるかもしれません。これからがまだまだ楽しみな大島さんを、応援していきましょう。
東京タラレバ娘 Blu-ray BOX
バップ (2017-08-02)
売り上げランキング: 13,245
#1
#1
posted with amazlet at 17.05.28
(2017-01-20)
売り上げランキング: 1,907