桐谷美玲の演技にブーイングの嵐!?演技力を検証してみた

今までいろいろなドラマ・映画で主役を演じてきた桐谷さんに「演技が下手」という声が上がっています。皆さんの評価はどうでしょうか?演技力を検証してみました。

桐谷美玲のこれまでの演技評価は?

#かわいい #桐谷美玲

@collectgrlsiiiがシェアした投稿 –



桐谷美玲さんがスクリーンに映し出されるときは、美しい泣き顔だったり可憐なほほえみだったり…。女性なら憧れてしまう整った容姿で登場します。CMでも奇麗な笑顔で癒してくれますよね。

なんて油断していたら「ヒロイン失格」で大爆発を起こしました。変顔?坊主頭?なんだこの妄想は!と視聴者を混乱に陥れました。(笑) これまでの役柄と180度変わった桐谷さんを見せつけてくれました!

今までの演技では、そつなくどんな役柄をこなしていたため、逆に個性が見えませんでしたよね。ふっ切れた演技を手に入れた桐谷さんは、これからどんな道を歩んで行くのでしょうか?

「人は見た目が100パーセント」桐谷美玲にブーイングの嵐?!

まもなく第8話放送です♡ ぜひ♡ #桐谷美玲 #人は見た目が100パーセント #ひとパー @mirei_kiritani_ @hitopa_fuji

桐谷美玲's fan♡さん(@kiritani_mirei_fan_)がシェアした投稿 –



2017年4月からスタートしたドラマ「人は見た目が100パーセント」。イケていないリケジョ女子3人を描いた漫画が原作のTVドラマです。配役発表時から「このキャスティングはどうなの?」と話題になりました。

ドラマスタート前から、キャストの議論が始まっていたのはどうしてなんでしょうか?水川あさみさんが地味すぎる役だから?お笑い芸人のブルゾンちえみさんが出ているから? まずはストーリーから見てみましょう

「人は見た目が100パーセント」あらすじ

第8話放送まであと少し♡ #桐谷美玲 #ひとパー #人は見た目が100パーセント @mirei_kiritani_ @hitopa_fuji

桐谷美玲's fan♡さん(@kiritani_mirei_fan_)がシェアした投稿 –

製薬会社に勤める城之内純(桐谷美玲)は、研究所に引きこもって、研究に没頭していた。一緒に研究をする仲間、前田満子(水川あさみ)佐藤聖良(ブルゾンちえみ)の頭脳明晰なリケジョ3人組は「美への追及」として「就労後研究」を行う。

今まで人生を勉強に捧げてきた3人は、ファッション雑誌や女性誌を読み漁り日夜研究に明け暮れる。しかし「女子力なにそれ おいしいの?」の精神で生きてきた彼女たちから、そう簡単に“ダサさ”は抜けない。

失敗を繰り返す彼女たちに希望の光は指すのか?果たして本当に正しい道に進んでいるのか? といったコメディードラマです。

キャストの議論が始まったのは、キレイすぎるから!

ここで、注目なのは「女子モドキ」という役柄です。桐谷さんは日本を代表する美女です。「世界で最も美しい顔」にランクインしたトップクラスの女性なんです。その彼女が「イケてないリケジョ」を演じることに避難が殺到!

「ありえない!」という声が大声で上がりました(笑) 桐谷さんに、地味で卑屈、気弱なコンプレックスの塊を演じさせても「説得力がない!」というものです。ブルゾンちえみさんには、非難の声は上がらなかったようですね。(笑)

桐谷美玲が映画「ツナグ」で見せた演技

「ツナグ」あらすじを紹介

「たった1度だけ、死者との再会を叶えてくれる人がいる…」

この世とあの世を一晩だけ繋ぐことが出来る仲介人「ツナグ」。この仕事を祖母:アイ子(樹木希林)から引き継いだ高校生の渋谷歩(松坂桃李)は、色々な人の人生を覗くことになる。

見習いとして、最初に出会ったのは亡き母を想う中年男性。そして親友を亡くしたクラスメイト、失踪した恋人を探している男性。こうした人たちの依頼を叶えていくうえで、歩は自分のしている事の重さを感じていった。

死んでいた恋人

祖母アイ子は、病院で一人の若者と出会う。恋人が居なくなってしまったと悩む、土谷功一(佐藤隆太)はアイ子に「もう一度、恋人に逢いたい」と打ち明ける。恋人:日向キラリ(桐谷美玲)は、7年前に友達と旅行に行くと言って二度と戻ってこなかった。

アイ子の言う「ツナグ」の意味を知り依頼をするが、心中では葛藤が止まない。この依頼でキラリに会うことが出来たら、キラリは死んだということだ。この事実を受け入れる自信がないまま、約束の時間は近づいてきてしまう。

面会場所のホテルに足が向かないまま考え込んでいると、自分を探していた歩に見つかった。歩に説得され、会う覚悟を決めた功一はキラリとの再会を果たす。そこで、色々な事実が判明する。

キラリは偽名。出会った当時20歳だと言っていた年も違っていた。出身地も別で何もかもがウソだらけだった。当時17歳だったキラリは、親子げんかで東京に家出してきていた。そこを功一に助けられていた。

功一に出会い2年後プロポーズされた時に「両親に謝罪し、結婚を報告しよう」と実家に向かう。その旅でフェリー事故に遭い溺死してしまった。偽名で過ごしていたため、功一には連絡がいかなかったようだ。

キラリと再会を果たした功一は、どんなに愛されていたかを知った…。

キラリ役の桐谷美玲はどう演技した?

率直な感想は「無いな」の一言。演技が固まっていないというか、芯が無くフワフワした印象でした。功一が遺品を持ってキラリ(本名は鍬本輝子)の熊本の実家に向かいますが、繁華街ではなくのどかな田舎です。

その田舎の17歳が「東京で風俗しながらでも生き抜く!」と家出をしてきたのに“強さ”が足りないような気がします。ただ淡々とセリフを並べているような感じ。対峙する佐藤隆太さんの演技が浮いてしまっています。

桐谷美玲は「ヒロイン失格」で爆発!

「ツナグ」に対して「ヒロイン失格」は高評価です。映画公開前から「変顔が凄い!」なんて宣伝をしていましたが「変顔って言ってもキレイなんでしょ。女優の変顔なんてたかが知れてる」と思っていました。

実際観たら、振り切れている桐谷さんに驚愕です。「ここまでやるのか?!」と驚きの連続です。「実は、桐谷さんって底力あるな!」と見直してしまいました。演技力なのか?と聞かれれば、少し悩んでしまいますが、一皮むけたことは確かです!

桐谷美玲はコメディー女優として期待されている!

映画「ヒロイン失格」での客層は10、20代女性がほとんどでした。山崎賢人さんファンや坂口健太郎さんファンがほとんどかと思いきや「美玲ちゃんの頑張りを見に来た」との声も多かったようです。恋愛映画というよりコメディーとして人気が出た映画でした。

これは、桐谷美玲サイドとしたら良い発見です。若い女子から共感が得られ、応援できる素養がある、キレイな容姿が嫌味にならない。コメディエンヌとしての道が開けた、ということは個性が見られなかった桐谷さんには光になるでしょう。

実際「人は見た目が100パーセント」でも、コメディエンヌとして活躍している今、この道で成功して欲しいと願っております!

美玲さんの生活。
美玲さんの生活。
posted with amazlet at 17.06.03
桐谷 美玲
集英社
売り上げランキング: 158,143

Enter your text …

ヒロイン失格
ヒロイン失格
posted with amazlet at 17.06.03
(2016-03-16)
売り上げランキング: 8,684