レアル・マドリードの歴代最強フォーメーションはこれ!無敵の布陣を考えた

夢のようなゲームのような話ですが、私の中でレアルマドリード歴代最強フォーメーションを考えました!賛否あると思いますが、ヨロシクです!(笑)

夢のよう!?レアルマドリード歴代最強フォーメーションを考えてみた!



チャンピオンズリーグ連覇を成し遂げた“白い巨人”こと、レアルマドリードの歴代最強フォーメーションを考えてみました!そした、スタメンは完全に私の趣味と癖と好みで選出しました。

まず!フォーメーションは、【4-3-3】ディフェンスラインはスタンダードな4バックで、サイドバックはガンガン攻撃参加。中盤は逆三角形のワンボランチ(アンカー)を置き、残りの2人はチームのバランスを考えながら好きに動いてもらいます。

前線のフォワードの2人は左右ウィングで、ドリブルで仕掛けながらサイドバックとの連携で崩してもらいましょう。それでは、スタメン紹介に行きます!

歴代最強フォーメーション…DF,GK編

Gran trabajo en #Vallecas. @spanisharmy

Iker Casillasさん(@ikercasillas)がシェアした投稿 –



もちろんGKは“カシージャス”に決まりでしょう?そして早くもキャプテンも任せます!

攻撃的なレアルマドリードでの“後ろには、俺が居るから好きなように攻撃してこい!”みたいな雰囲気(笑)あの兄貴オーラは絶対必要です。最終ラインをまとめ、チームもまとめてもらいます。“背番号1”

ディフェンスラインは右サイドバックから、スペイン代表でもお馴染みの“カルバハル”豊富な運動量を持ち攻撃も得意な選手を選びました。守備の時も相手にしつこく付いていく姿勢は、本当に素晴らしい。

クロスも、ニア、ファーと蹴り分け攻撃の幅を広げてくれます!(最後まで、ミチェル・サルガドと悩みました)“背番号2”

Gracias, madridistas. Thank you, madridistas. #HalaMadrid

Sergio Ramosさん(@sr4oficial)がシェアした投稿 –

右センターバックは“セルヒオ・ラモス”この選出は迷いませんでした!

コーナーキックなどセットプレーの中から得点も期待出来る選手です。それにこんなにスピード、高さ、強さを揃えたこんなセンターバックはいません。“背番号3”

#FernandoHierro #realmadrid

Football Courierさん(@footballcourier)がシェアした投稿 –

左センターバックはレジェンドのひとり“フェルナンド・イエロ”に決めました。

身長も高く、ロングボールを跳ね返すのが得意でディフェンスラインの統率力も持ち味のひとつです。以外にテクニックもある選手なので、攻撃の組み立てにも参加させたいと思います。“背番号4”

El Mejor lateral de todos los tiempos… #HBT ✌⚽#RobertoCarlos3

Rafael Lozano Baqueroさん(@rafae11ozano)がシェアした投稿 –

左サイドバックは、「悪魔の左足」と恐れられたブラジル産スーパー攻撃的サイドバックの“ロベルトカルロス”に決めました!

フリーキックの時、壁に立つの嫌なキッカーランキング1位のロベルトカルロス。破壊力のあるシュートはもちろん、スピードも半端ないです!(同じブラジル出身のマルセロとかなり迷いました、笑)“背番号6”

歴代最強フォーメーション…MF編

XABI ALONSO

Jugadores del Real Madrid C.Fさん(@instajugadores_realmadrid)がシェアした投稿 –

中盤のアンカーポジションには“シャビ・アロンソ”を選びました。

レアルマドリードは攻撃的なので、もっと守備的な選手の方がバランス取れるのかな?と思いましたが、パスの出し手が必要だと思いシャビ・アロンソに決めました。“背番号14”

Control ?? #angeldimaria #realmadrid

Angel di Mariaさん(@_di.maria)がシェアした投稿 –

逆三角形中盤の右は、私の好きな選手のひとりでもある“ディマリア”に決めました。

ドリブル、パス、シュート、どれもワールドクラス!それだけではなく、守備でもしっかり仕事をしてくれる選手なのでこの最強チームの“汗かき役”も任せたいと思います。“背番号11”

最後のミッドフィルダー枠のひとつは、“ジダン”で決まりです!実は、この最強フォーメーションの1番最初に決めた選手はジダンです。

これまでのメンバーは、賛否あると思いますがジダンは間違いなくスタメンだと思います。左右どちらの足からでも関係無く出せる正確なパスで、攻撃のリズムを作り出して欲しいです。“背番号5”

歴代最強フォーメーション…FW編



右ウィングは、バルセロナから「禁断の移籍」をしてレアルマドリード入りしたドリブラーの“ルイス・フィーゴ”に決めました。

決してスピードが早いとはいえませんが、独特なリズムのドリブルは何故か相手に取られません。ルイス・フィーゴがドリブルで中に切れ込み、空いたスペースをディ・マリアが使う。想像ですが、最高です!“背番号10”

⚽ @cristiano: @juventus 0-1 @realmadrid #UCLfinal

#UCLfinalさん(@uefachampionsleague)がシェアした投稿 –



現在のレアルマドリードのエース!左ウイングは“クリスティアーノ・ロナウド”で間違いないでしょう?

気付いたら、両ウイングはポルトガルコンビになりました。説明不要の実力で攻撃のキーマンになってくれるでしょう。“背番号9”クリスティアーノ・ロナウドが“7”じゃない?感の良い方なら最後の選手がもうわかってしまったかもしれません。

そう!“ラウル・ゴンザレス”で決まりですよね?レアルマドリードの背番号7はこの選手しかいません!背番号7にこだわっていたベッカムも、クリスティアーノ・ロナウドもラウル・ゴンザレスから背番号7を奪う事は出来ませんでした。

それに、レアルマドリードの試合出場数歴代1位の「741試合」はラウル・ゴンザレスの大記録です。得点数もクリスティアーノ・ロナウドに続き、2位の「323ゴール」なので、センターフォワードはラウル・ゴンザレス!“背番号7”

この最強フォーメーション…をまとめる監督は!?

ここまで私の考える、レアルマドリードの最強フォーメーションと歴代選手からドリームチームを選んでみましたがどうでしたか?このスーパードリームチームをまとめる監督を誰にするのか、本当に悩みました(笑)

これまでもアンチェロッティ、モウリーニョ、ビセンテ・デル・ボスケ、強豪クラブにはいつも良い監督がいるものです。そして…。

@zidane as a player: ?(2002) #Zidane as @realmadrid coach: ?? (2016 & 2017) #UCL #RealMadrid #championsleague

#UCLfinalさん(@uefachampionsleague)がシェアした投稿 –

悩んだ結果!“ジダン監督”に決めました!ジダン選手兼監督でいきましょう。逆に、こんなスーパースター11人に細かい戦術なんか必要ありませんし、司令塔ジダンがピッチの中で指示すれば良くないですか?(笑)

 一応交代枠の3人は、中盤に2人グティ、イスコで前線にはベイルに決めました。色々悩みましたが、本当に楽しかったです!