【クレイモア】最強美女たちの激闘を描くダークファンタジー6つの魅力!アニメ版は最終回が違う?

本格派ダーク・ファンタジー【クレイモア】タイトル通り、巨大な大剣を携えた美麗な女戦士たちの物語。アニメは酷評?その理由は、原作との相違点とは?最強の戦士の考査も含めて紹介します!

無理矢理終わらせた!?アニメ『クレイモア』に非難殺到!

出典:https://www.amazon.co.jp

八木敦弘によるコミックが原作の【クレイモア】本格的なダーク・ファンタジーが魅力のストーリーに、のめり込んだ方も多いのではないでしょうか!原作は連載誌を変更しながら2001年~2014年連載が続き、コミックは全27巻となっています。13年もの歴史ある超大作なんですね!
アニメは2007年の春アニメとして放送が始まり、全26話で完結しています。原作が全155話+@と考えると、かなり縮小してのアニメ化だったのが分かりますね…原作ファンが、アニメを酷評する点は、この部分にあると考えられます。
アニメ開始時は、原作に沿った内容で進んでいたようですがアニメ終了時には、原作が完了しておらず…そのために“オリジナルストーリー”での完結となりました…しかし、その内容がファンからすると【あまりにもアレ】だったようで、OVAで原作そのままの制作を!と、望む声も多いのです。

旧世代の戦士、微笑のテレサは過去最強No.1のクレイモア

本作の主人公は、クレアをという名の戦士ですがクレアがクレイモアになった大きなきっかけとなった人物がいます。それは、彼女が幼少期に出会った“最強”とうたわれるテレサ。彼女は、妖魔を斬り裂く際に表情を変えることなく剣を振るう事から『微笑のテレサ』の通名で知られていました。
テレサは、依頼を受けて立ち寄った村で妖魔の支配下に置かれていた少女クレアを開放しますが…それは、あくまでも仕事だから。救われたクレアはテレサに懐き共に旅をするようになります。
初めこそ、疎ましがり殴りつけて引き離したり存在自体を見てみぬふりをしていたテレサでしたが、後にテレサにとってクレアはかけがえのない存在になると同時に弱味にも繋がってしまいます。そしてクレアと共に生きる為に組織を抜けた為、粛清の対象となり命を落とす結果に。

半人半妖じゃない、クレアは『特殊体』妖魔の血肉は4分の1

【クレイモア】の主人公にして、強さを表すNo.では最下位の47番目を持つ戦士クレア…主人公なのに強さが最下位?と、思う方も多いでしょう。クレイモア達は、それぞれ担当する持ち場があり、強さを表すのは舞台となる大陸の数と同じ数のNo.
割り振られたNo.からパワーバランスを考慮され、47箇所の場所に散っています。その中で、クレアは最も低いNo.を持ち他のクレイモアと共闘する際には“なぜ最下位の47が来たんだ?”と思われることも…。
他のクレイモア達が、身体の中に妖魔の血肉を埋め込まれる事により半身半妖の『クレイモア』となりますが、クレアの場合は半人半妖ではなく身体の中に埋め込まれたのは恩人でもあるテレサの血肉…特殊体と呼ばれるクレアの身体には、他のクレイモア達にない『何か』があるようですが…

腕を切断された後、イレーネから腕を譲り受ける

妖魔と呼ばれる魔物の血を入れる事により、中には髪の色や瞳の色が変わり『クレイモア』となる女戦士達ですが血肉を埋めこんだ事により『妖力解放』と呼ばれる能力を発揮する事が可能になり半人半妖になると、元の身体能力も向上しますが妖力解放は更に力を向上させる契機となるようです。
クレイモア達は腕や足を切り落とされただけでは、死ぬ事もありません…クレアも足を切断されましたがまるで部品をつけるように元の位置に足を固定し妖力解放で回復に力を充てたこともありました。
腕を斬り落とされた時には、テレサの死と深い関係を持つイレーネから残る片腕へ剣術を仕込まれた後に“右腕を譲り受けます”イレーネは、過去に組織を抜けたテレサの討伐隊メンバーの1人…その際に“覚醒したプリシラに左腕を落とされています”
両腕をなくしてもクレアに託した事とは…コミックでは最終回までに綺麗に回収される部分でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

覚醒者・深淵の者とは?

【クレイモア】を紹介する上で欠かせない存在“覚醒者と深淵の者”この二種は言い方は違えど、どちらもクレイモアの成れの果てを指す言葉です。クレア達クレイモアは通常の戦闘力でも十分妖魔と渡り合える力を持ちますが、妖力解放する事で優位に立つこともできるというのはお伝えしたと思います。
しかし、半人半妖のクレイモア達が妖力解放に頼りすぎると完全な妖魔と化してしまうのです。妖魔となってしまった者を覚醒者と呼び、覚醒したものは人の内蔵を好んで食べる化物となりはてます。
クレアが追うのは覚醒者プリシラ…そして、覚醒した中には初代最強だったクレイモアや男戦士達もおり、覚醒したものの派手に行動せず表に出てこない覚醒者たちを“深淵の者”と称しています。

【ネタバレ】クレアは最下位のNo.47だが、それは実験体ゆえに?

先述しましたがクレアは妖魔の血肉が4分の1という事もあり、クレイモアになる前の訓練生時には大剣を振るうのもままならない状態。また、大剣が160センチの大きさですがクレアの身長は170センチと、他のクレイモア達よりも低めです。
身長は妖魔の血と関係しているか明らかになっていませんが、平均的な統計を見ると少なからず関係していると見ていいのではないでしょうか。しかし、クレアが最下位のNo.を振られる理由は他にありました。
それは、過去最強と言われたテレサの血肉を身体に埋め込んだ『実験体』故に、能力も未知数だったのです。突出した能力は妖力探査に優れる事くらいだったクレアは先述したイレーネから右腕と譲り受け、彼女の通り名の由来だった高速剣を使えるように。しかし、これだけではありません!

出典:https://www.amazon.co.jp

他にもクレアは『風切り』や剣を使わずに体術で戦う術なども身につけます。どちらも他の戦士たちが有した技や戦法になり、他の戦士も友人の固有技を応用技として使用したり習得する事はしていましたがクレアは1から高速剣などを習得する、この点は凄いと言えるでしょう。
筆者はテレサの血肉を入れたことによりクレアは『最強』の戦士になると想像していたのですが、そういった事はなく逆に他の戦士よりも弱いと知った時、なぜクレアを主人公に置いたのだろう?というのが素直な感想でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

しかし、この疑問はすぐに解決されます。クレアがテレサと出会い、テレサが“覚醒したプリシラに殺され”同時にイレーネもプリシラに左腕を切断された事により最終的な目的であるプリシラを倒すという部分が明確になります。それは、クレア・テレサ・イレーネ3人の思いが一つになる場面と言えるでしょう。
一見、テレサとクレアの物語でクレアの復讐劇のように思えますが、イレーネから右腕を譲り受け『高速剣』を習得したクレア…プリシラを倒す際にイレーネの右腕と高速剣がなければ『いけなかった』のです。
残念ながら、アニメでは描かれる事がなかった原作の最終回は涙なくしては読むことが出来ません、まさかハッピーエンドで終わるとは…ちょっと予想外でした。

最強の戦士は誰だ?アニメに登場したキャラクターで考査!

クレイモア達は、それぞれ強さを表すNo.で振り分けられているとお伝えしましたが、その他にも『攻撃型』『防御型』そして原作の登場のみですが『特殊型』という属性で分けられています。
攻撃型は妖魔への復讐心が強い傾向の者、防御型は生き残りたいと自己防衛本能が強い傾向の者…という潜在意識からなるもののようで、クレアはテレサを覚醒したプリシラに目の前で殺された事から、当然ですが攻撃型になります。
今回は、アニメに登場したキャラクター限定となってしまいますが、個人的な見解をもとに上位TOP5を考査したいと思います!バトルアクションのジャンル全てに言える事ですが、単純な力のみが強さという事ではないので、その点をふまえていただけたら幸いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位|ジーン・攻撃型…クレアの良き友人であり、ジーン自身クレアに命を助けられた者の1人。腕を捻転させて螺旋状にした後に、通常の状態へ戻す時の“回転力“を利用した旋空剣という剣技を持ち、捻転させ敵を突く時の威力だけなら右に出る者はいないほど!
No.9の実力者で、特筆すべき点は類まれなる精神力だと言えます。完全覚醒してしまった際は、精神力で無理やり自身を押さえつけ人であり続けた猛者です。イカつい見た目に反して演じた声優は三石琴乃というギャップも良いですね。

第4位|ミリア・攻撃型…半人半妖のクレイモアとなり、友人や自身の成れの果ての姿を嘆き、組織へ静かな怒りを燃やす本作のもう一人の復讐者。No.6ではあるものの、その実力は彼女の判断力など総合的な部分も入れると、No.以上の実力者であると感じます。
通名は『幻影のミリア』瞬間的な妖力解放により超人的なスピードで相手を翻弄するスタイルを得意としており、後には妖力解放なくして高速移動を可能にした幻影を昇華させたものを習得します。

第3位|ガラテア・防御型…『神眼のガラテア』と呼ばれる彼女の特徴は、通り名の通り優れた『目』を持っている事でしょう。目と言っても『見る』事ではなく妖魔・クレイモア双方の妖気、そして心理状態を探ることも可能にしています。原作では、目的を達成する為に自身の目を敢えて潰し盲目になります。ガラテアの変貌に驚いた方もいたでしょう。
第2位|イレーネ・攻撃型…過去、組織を抜けたテレサを粛清する為に遣わされた討伐隊のリーダー、そしてその際に覚醒し暴走したプリシラに左腕を斬り落とされてしまいます。その後は組織に戻らず、妖気を抑えながら逃亡生活をしており、後にクレアとは『再開』を果たす。
『高速剣のイレーネ』から剣技と右腕をクレアは託され、イレーネの意思をクレアが受け継ぎます。

第1位|テレサ・攻撃型…旧世代当時、過去最強のクレイモアと呼ばれたNo.1『微笑のテレサ』残念ながら、覚醒したプリシラにあっという間に両腕を切断され、首をはねられてしまったテレサですが、筆者は矢張りテレサを越すクレイモアはいないと思っています。
それは、自身を粛清しにやってきた討伐隊数名を前にしても余裕さえ感じる言動と立ち振舞、No.1を粛清するのですから討伐隊に選ばれた者もイレーネを初めNo.2以下の相当の実力者ばかりです。もしも…クレアという『弱点』がなかったら…と、考えてしまいますね~。
クレアと出会い優しさを知ってしまったが故の、情けが仇となってしまった事は非常に悔やまれますが、テレサの死無くしてクレアは『成長』できなかったと思えば、ただあっけなく死んだだけとは言い難いでしょう。

アニメ最終回は原作と内容が違う!?

さて…最後に非常に残念な事をお伝えしなければいけません。それは、ここまで紹介しておいてアニメの最終回が視聴者からボロクソに叩かれている事に深く触れなければいけない為です。記事の冒頭でもちょっと触れましたが最終回は完全オリジナルストーリー。
原作コミックの最終回は、13年も続いた連載のフィナーレとしては伏線も回収され綺麗に完結しています。しかし、問題はアニメの最終回…もともと、クレアを殺した覚醒者プリシラを討つ為に自らクレイモアとなったクレアでしたが…。
プリシラと対峙した最終決戦、まさかの人物によりテレサの敵を討つことはできなかったのです!その人物とはラキという少年。テレサがクレアを救ったように、クレアもまたラキという少年を救い共に旅をする仲になっていました…。

【北斗の拳】のケンシロウの後ろをちょこまか歩いているリンとバットのような存在です。しかし、この2人はケンの戦いの最中にいきなり目の前に飛び出してきたりはしません…ラキは、復讐の刃をプリシラに振り下ろすクレアの目の前に飛び出てくると突如クレアに抱きつきます。
『復讐に身を任せないで』というのがラキの伝えたい事…決して悪い事ではないですがタイミングが…。プリシラを倒した後、クレアが人に戻れなくなってしまう事を止めたいラキの主張にクレアの過去を知り生きる目的を理解する視聴者サイドとしては微妙だと感じてしまう事が起きるわけです。

結果、プリシラを逃してしまうもハッピーエンドを迎えた最終回…。この点に注意していただければ【クレイモア】のアニメは楽しめるでしょう。しかし、本当に見てほしいのは全く違う最終回を迎えた原作コミックの方なのです…。
機会があればぜひ読んでください、なぜ惜しまれるアニメだったのかきっと分かると思います。また、アニメでは惜しくも登場しない魅力的な戦士たち、そして深淵の者が登場するのもポイントです!
CLAYMORE 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-10-12)
売り上げランキング: 11,878

Claymore: Complete Series Box Set [Blu-ray] [Import]
Funimation
売り上げランキング: 7,998