【蒼穹のファフナーEXODUS】衝撃の最終回の評価は!新作情報とともにエクソダスを振り返る!

蒼穹のファフナーEXODUSは長年愛されるファフナーシリーズの4作目です。辛く厳しいストーリーと衝撃展開で話題を呼びました。今回は蒼穹のファフナーEXODUSについて、振り返っていきたいと思います。ただし、記事内はネタバレを多分に含みますので注意してください。

蒼穹のファフナーEXODUSとは

出典:https://www.amazon.co.jp

まずは「蒼穹のファフナーEXODUS(エグゾダス)」の概要について。この作品は2004年から続く「蒼穹のファフナー」シリーズの4作目。テレビシリーズでは2期にあたります。全26話で、2015年に分割2クールとして放送されました。
ストーリーの脚本には小説家としても有名な冲方丁さんを起用しており、その作り込まれた世界観と深い人間ドラマで根強いファンを獲得しました。今回はそんな蒼穹のファフナーEXODUSを新情報とともに、最終回まで改めて振り返っていきたいと思います。

蒼穹のファフナーEXODUSの評価は?そのストーリーと見所を振り返ろう!

「蒼穹のファフナー」ストーリーあらすじ

出典:https://www.amazon.co.jp

ということで、初めに「蒼穹のファフナー」のストーリーと見所について紹介してきます。まずはファフナー全体のあらすじから。物語の始めである1期の舞台は西暦2146年。人類はフェストゥムと呼ばれる怪物によって滅亡の危機に瀕していました。彼らから懸命に逃げ、平和という文化を保存してきた竜宮島も例外ではなく、遂にフェストゥムに発見されてしまいます。
主人公の一騎は同級生の総士の導きに従い、言われるがままにファフナーへ搭乗し、戦いへと身を投じていきますが……。1期では訳の分からないまま戦場へと繰り出された少年たちの苦悩や覚悟。対話の大切さやわかり合う心などについて描かれました。

「蒼穹のファフナーEXODUS」あらすじ

出典:https://www.amazon.co.jp

そして、エグゾダスの舞台は1期から更に劇場版を経た西暦2151年。1期の約5年後。劇場版から3年後の世界です。パイロットとしての活動限界を迎えた一騎たち主要キャラはそれぞれ第一線を引退。あるものは研究者として、あるものは後輩の教育係としてそれぞれ別の役割を見出し始めています。
そんな中、ある日敵対していたはずの人類軍が島に接触してくるという事件が起きました。彼らのもたらした情報によって、再び島は戦火へ身を投じることとなります。曰く「宇宙から新たな巨大ミール『アルタイル』が飛来中である」。戦いを通して、フェストゥムとの共存を望むようになった島の人々は、この「アルタイル」とも対話を試みようとしますが……。

成長したキャラたちがカッコいい

出典:https://www.amazon.co.jp

ここからはそんなエグゾダスの見所について紹介します。まず紹介する見所は何といっても、1期と劇場版を通して成長したキャラたちの姿が描かれている点です。作中では約5年の年月が流れており、1期当時中学生だった彼らも遂に成人間近。それぞれ自分の道を歩み始めており、成長した凛々しい姿が見られます。
特に主人公組の真壁一騎と皆城総士は本当にたくましく成長しました。総士病と呼ばれていたのは、今は昔。総士が帰ってきてくれたからか精神状態も安定。すっかり、大人の貫録を身に着けています。総士とも相思相あ――お互いにわかり合い、名実ともに信頼し合えるパートナーに成長しました。

ハッピーエンドのその後を描く残酷なストーリー

――が、キャラが成長しても安心できないのが蒼穹のファフナー。むしろ、視聴者としてもキャラとの付き合いが長くなればなるだけ、突然訪れる悲しい別れがより一層辛いものになります。そう……蒼穹のファフナーのもう1つの魅力といえばなんといっても残酷で容赦のないそのストーリー。
2期だから、劇場版で大円満を迎えたから、今回は多少マイルドになると思った? 安心してください、そんなことはありません。今回もそんな残酷なファフナーが健在です。主要キャラが本当にどんどん死んでいきます。前作がハッピーエンドだからといって今作もそうとは限らない。そんな容赦のないストーリーがとても魅力的です。

よりパワーアップしたデスポエム

そんな悲惨で厳しいストーリーの中の僅かなオアシスとしてファンの間で人気なのが総士のポエムです。今作でも、そんな彼のデスポエムは健在――どころか、よりパワーアップしてキレを増しています。なにせ、1話冒頭しょっぱなからデスポエムで開幕――『君は知るだろう』。以降、アバンやED手前でほぼ毎回発揮される彼のポエムを楽しむことができます。
また、本編でも彼のキレは健在です。独特な言い回しと天然ボケから発せられる名言の数々(――『テクニカルな助言をしたまでだ』)。変性意識の影響による獰猛な言動(――虚無の申し子)。唐突に生まれた姪っ子との不器用な交流(――珪素おじさん)などなど、エグゾダスでも殺伐とした本編に彩りを加えるユニークな竜宮島のファッションリーダーさんが魅力的です。

蒼穹のファフナーexodusはopも相変わらず凄かった

また、蒼穹のファフナーと言えばop曲も魅力的。特にangelaさん歌う1期opテーマ曲『Shangri-La』は今でも多くのファンがいる名曲です。そんな1期の名曲に続き、2期エグゾダスでもangelaさんがopを担当。
前半opの「イグジスト」も素敵な曲なのですが、続く18話から流れる「DEAD OR ALIVE」は別格です。特に1期のオマージュも多分に含んだ、op映像が本当に素晴らしい。キャラクターたちが総出演で正に集大成ともいえる映像になっていますので、ぜひopにも注目してみてください。

多くの謎を残したラスト…伏線を紹介&解説【ネタバレ注意】

最終回あらすじ

そして、エグゾダス最終回。まずはあらすじから振り返ります。遂に地球へと到来する「アルタイル」。それに合わせて人類軍にフェストゥムと島の人々、三つ巴の戦いも激化していきます。そんな中何とか「アルタイル」と接触する竜宮島ですが、まだ人類には「アルタイル」と対話するほどの力は育っておらず……。対話が実現するその日まで、島と共に海の底へ封印することに。
こうして、島の人々はいつか故郷にことを胸に誓いつつ、島を脱出したのでした……。ええ、まさかの島脱出オチです。2期のラストであるものの、多くの謎を残して終わりました。――というわけで、ここからはそんな最終回についてと、明かされなかった謎や伏線の数々を紹介していきたいと思います。

純粋ミール「アルタイル」

宇宙から飛翔した純粋なミール。すっごい強い。これが人類の敵になると本当に勝ち目がないので対話して仲良くなろう、というのが今回の目的でした。しかし、残念ながらこんなに強大なものと対話する力は今の人類にはなく……。彼と対話できる日まで――具体的には最高のエスペラント美羽ちゃんが成長するまで島で眠っていてもらうことになりました。
実はとても重要な存在なのですが、本編でまったく正体の明かされなかった謎の存在でもあります。純粋ミールということですが、人類とフェストゥムのどちらの味方になるのか?またどんな力を持っているのか?このミールの正体については続編に期待です。

最高のエスペラント「日和美和」

出典:https://www.amazon.co.jp

そんなアルタイルと対話するという使命をもった美羽ちゃん。彼女は人類最高のエスペラントです。エスペラントとは、フェストゥムやミールと対話する能力を持った人のこと。その能力を買われ、エグゾダスではアルタイルとの対話に挑みますが、まだ幼いために上手く「おはなし」することができませんでした。
それもそのはず、ある事情によりエグゾダスで体が成長しましたが、まだ彼女は生後5年ほど。まだ子どもで対話能力も成長過程な様子。ファフナー世界の超重要人物で、ある意味主人公と言っても過言ではない存在です。

沈んだ島と島民たち

そして、もう1つ重要なのがアルタイルと共に沈んだ竜宮島について。竜宮島と島のコアはアルタイルを封印するために海の底に沈みましたが、その際、芹ちゃんも島のコアである織姫ちゃんを庇い、一緒に眠りにつきました。島が目覚める際には、彼女や島のコアがどのような姿で登場するかにも注目していきたいです。……もしや、初の珪素系女子?
更に、竜宮島から脱出した島の人々は、シュリーナガルの難民たちとともに戦場の舞台にもなった海神島に移住することになりました。この海神島も実はちょっと訳あり。シュリーナガルのコアを移植した際にこちらにも新たな人型のコアが生まれていましたが……。

フェストゥムの脅威とミツヒロ

また、これまでファフナーでは人類とフェストゥムの対立、あるいは対話を描いてきました。1期では北極のミールと、劇場版と2期ではそこから派生した欠片たちと。しかし、今回の2期で、北極のミールから派生した欠片の特に大きかったモノはあらかた消失。ファンの間では、これで彼らの脅威はほとんど去ったのでは?と推測されています。
が、まだ不穏な影も。強い力を残したまま逃亡したマークレゾンとそれに登場するミツヒロにコアだった少年です。それにアルタイルが健在な限り、人類軍の動向も注目せざる負えません。そんな残存勢力たちにも注目です。

「こそうし」の今後と一騎の育児

しかし、そんなこまごまとした事情より2期で最も衝撃だった展開は――珪素おじさんのまさかのショタ化!1期ラストで存在と無の地平線に消えていったファッションリーダー。劇場版で復活したものの、今回も無理をし過ぎて同化現象が進み、2期のラストで消滅。その際「フェストゥムに痛みを与える存在」として、ニヒトのコックピットで赤ん坊に転生しました。
乙姫ちゃんに対する織姫ちゃんのような存在だと考察できます。また、たったの2年でかなり成長しており、美羽ちゃんと同じ成長が早いようです。こちらも謎が多く、これからどんな役割を持っていくのか続編に期待です。――ちなみに、こそうし記というものを監督の能戸さんがTwitterで公開しており、こちらもおすすめ。一騎の育児の様子を垣間見れます。

蒼穹のファフナー、遂に続編制作決定!新情報も続々発表

このように多くの謎や伏線を残したまま幕を下ろした「蒼穹のファフナーEXODUS」。なので、最終回放送直後から続編を求む声が挙がっていましたが……2016年皆城総士生誕祭イベントで遂に続編「蒼穹のファフナー THE BEYOND」の制作決定を発表!
2017年6月現在にはPVもすでに公開されており、早くも注目が集まっています。そのPVが上記のこちら。短い映像ですがそれだけでも新情報や驚く要素がてんこ盛りです。中でも私が驚いたのは――なんと、美羽ちゃんがパイロットになっている点! 大丈夫? 彼女、人類最後の希望だよ?……など、早くも気になって仕方がありません。

これからも蒼穹のファフナーから目が離せない!

――ということで、「蒼穹のファフナーEXODUS」についてでしたが、いかがでしたか? 辛口な評価も一定数あるエグゾダスですが、ビターな味わいのファフナーらしい素晴らしいラストだったと個人的には思います。
それに、もやもやしている部分はきっと続編の「蒼穹のファフナー THE BEYOND」で解消されるはず!また一騎と総士(2代目)にも会えますしね!そんなまだまだ広がり続けるファフナーの世界からこれからも目が離せません!
蒼穹のファフナー EXODUS 1 [Blu-ray]
キングレコード (2015-02-04)
売り上げランキング: 22,653

「蒼穹のファフナー」コンプリートベストアルバム
angela
キングレコード (2015-02-11)
売り上げランキング: 7,677