倉科カナ出演おすすめドラマTOP8!笑顔の裏に燃える女優魂を見よ!

ある時は女優として、ある時はタレントとしてお茶の間を賑わせている「倉科カナ」。キュートな笑顔で老若男女を問わず幅広い世代から支持されており、圧倒的な人気を獲得しています!そこで今回は、彼女の出演しているドラマのTOP8をご紹介します!

笑顔が素敵な女優「倉科カナ」とは?

ある時は「女優」としての顔を持ち、ある時は「タレント」としてお茶の間を賑わせている実力派の「倉科カナ」。女性なら誰もが羨むレベルの美貌を持っており、幅広い世代の女性たちから支持を獲得しています。もちろん男性からの人気も高く、様々なシーンでの活躍にも大いに期待されている女優なのです!

美人が多いと言われている熊本の出身で、「美人が多い」という噂を確かなものにしています!高校三年生の時に受けた「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリを受賞し、芸能界の世界に入った彼女なのですが、当時からその魅力には注目されていたようです。老若男女を問わず魅了している、まさに「実力派」なのです!

倉科カナ出演のおすすめドラマTOP8はこれだ!

#倉科カナ

自由星人さん(@zibunrasiku123)がシェアした投稿 –

そんな幅広いジャンルとフィールドで活躍を見せている「倉科カナ」ですが、なんと言っても特筆すべきはその「演技力」です!可愛いだけでなく、確かな実力を持ち合わせている彼女は、実は数多くのドラマや映画で作品に華を添えているのです!ドラマや映画に彼女が出演しているだけで、少し安心してしまうのは筆者だけではないはず!

そこで今回は、「倉科カナ」の出演しているドラマの中から、特に人気のあるドラマのTOP8をご紹介いたします!作品のメインを飾る彼女の作品や、陰ながらも支え続ける「縁の下の力持ち」といった役柄まで、幅広くご紹介いたしますよ!彼女の演技をまだあまり知らないファンの方は必見のラインナップです!

第8位は「根津サンセットカフェ」

第8位は「根津サンセットカフェ」のご紹介です!「倉科カナ」の初ドラマ出演の作品となっており、彼女にとっても思い入れのある作品となっています!2006年から放送されているTBS系列の深夜番組で、この時間帯ならではのゆる〜っとした雰囲気がとても魅力的な作品なのです!

この作品の中での「倉科カナ」は同じ名前の「カナ」という女性を演じています。作品のタイトルにもある「根津サンセットカフェ」の店長を勤めており、物語の中心人物として作品を盛り上げています!ですがお店は非常に暇なので、いつまでも暇を持て余しているようです。(笑)のんびりしている時にこそみたい作品ですね。

第7位は「エリートヤンキー三郎」



第7位は「エリートヤンキー三郎」のご紹介です!原作は漫画で、「週間ヤングマガジン」にて約4年間連載されていました。漫画として世に知れ渡っている時から人気は凄まじく、ドラマ化が決まった時にはファンの間で大いに盛り上がっていたようです!タイトルにもある「エリートヤンキー」というネーミングが、作品の面白さを物語っています。

この作品の中での「倉科カナ」は、ヒロインである「浅井春菜」を見事に演じており、作品に華を添えています!彼女のコミカルでキュートな演技が非常に輝いており、作品を大いに盛り上げていますね!この役を演じている時も相当若かったのですが、この頃から「演技派女優」としての風格が見え隠れしています!

第6位は「Mother」



第6位は「Mother」のご紹介です!2010年に日テレの「水曜ドラマ」の枠で放送されていた連続ドラマで、「社会派のサスペンスドラマ」として放送当時は話題となっていました。ドラマのキャッチコピーは「母性は女性を狂わせる。」となっており、ドラマのイメージを決定付ける言葉となって視聴者を釘付けにしていました。

実は「倉科カナ」はこのドラマで、初めて民放のプライムタイムでの連続ドラマに出演することになり、彼女にとっても大きな第一歩となっていたようです。今の彼女の活躍を考えると、この「Mother」での出演も、今のキャリアに大きく影響しているのではないでしょうか?ファンならぜひ押さえておきたい作品ですね!

第5位は「名前をなくした女神」

第5位は「名前をなくした女神」のご紹介です!2011年のフジテレビで放送されていた連続ドラマで、ネガティブな人間関係などを存分に描いている作品となっています。キャッチコピーは「ようこそ、ママ友地獄へ」で、リアルな子育て世代のママたちの実情を描いています。

この作品での「倉科カナ」は「進藤真央」という女性を演じており、23歳の通称「ヤンママ」を見事に演じています。なかなか普段の彼女からは想像もできない姿での演技に、ファンの間でも多少物議を醸していたかもしれませんね。(笑)ですが、「演技派」としての実力はしっかりと見せつけているので、ファンならば一度は目に焼き付けておくと良いかもしれません。

第4位は「私が恋愛できない理由」

第4位は「私が恋愛できない理由」のご紹介です!2011年にフジテレビで放送されていた月9ドラマで、豪華な女性キャストが何人も起用されており、当時非常に話題になっていたドラマなのです。主演には「香里奈」が抜擢され、他にも「吉高由里子」「大島優子」など、旬な女優たちをしっかりと揃えた豪華な作品となっています。

この作品の中での「倉科カナ」は「前田ひかり」という女性の役をしっかりと演じており、彼女の素直な性格までもが活かされた役となっています。作中での彼女も非常に明るく前向きな性格なので、「倉科カナ」自身もやりやすかったのではないでしょうか?豪華な顔ぶれにも劣らない、素晴らしい演技を披露していますよ!

第3位は「刑事7人」

第3位は「刑事7人」のご紹介です!2015年に第1シリーズが公開され、2016年に第2シリーズが公開されている、人気ドラマです!主演は「東山紀之」で、彼が演じる「天樹悠」が物語の中心となって活躍し、個性豊かな刑事たちと凶悪犯罪に立ち向かっていくというストーリーとなっています。

この作品での「倉科カナ」は「水田環」という女刑事を演じており、クールでかっこいい彼女を見ることができます!作中での彼女の活躍は凄まじく、細かいところにまで追求していくその姿は、まさに本物の刑事そのものです!彼女の迫真の演技もあって、大いに人気が出た作品ですね!ファンなら盛り上がること間違いなしですよ!

第2位は「ファーストクラス」



第2位は「ファーストクラス」のご紹介です!こちらは2014年に放送されていた人気ドラマで、一時期「悪態」で注目を集めていた「沢尻エリカ」が主演の作品となっています!ドラマの表紙を見て分かる通り、女性の毒々しい面が作品の中にはびこっており、リアルな女性社会を描いている非常に生々しい作品なのです。(笑)

この作品の中での「倉科カナ」は「須賀さくら」という女性を演じているのですが、今までの作品にはなかった、また新たな「倉科カナ」を見ることができます。(笑)作中での彼女は福岡出身の野心家デザイナーなのですが、とてつもなく腹黒いのです!なかなかこんな彼女はお目にかかれないので、一度見てみる価値はあるかもしれません。(笑)

第1位は「花のスボラ飯」

出典:https://www.amazon.co.jp

栄えある第1位は「花のスボラ飯」のご紹介です!実は「倉科カナ」はこのドラマで初めて、民放での主演女優を飾ることに成功ました!ドラマの主演を演じるということは、女優にとって最高の評価と言っても過言ではありません!長年かけて培ってきた実力をようやく認められた、まさに記念すべき作品なのです!

この作品の原作は漫画で、「倉科カナ」が演じるズボラな性格の主婦「駒沢花」が、なんとかして手抜き料理でやりきろうとするグルメコメディードラマとなっています。ゆる〜い雰囲気もとても良いのですが、作中での彼女の魅力的な演出にも要注目です!ファンなら必見の作品ですね!

まさに多才!人気女優「倉科カナ」から目が離せない!

#倉科カナ #kurashinakana #かわいい #綺麗 #好き

ひ か りさん(@hikari__02)がシェアした投稿 –

いかがだったでしょうか?彼女ならではの良さを最大限に活かした、様々な役柄がとても魅力的でしたね!最近ではテレビでの露出も以前に比べて増えてきたので、「まだあまり知らないけど、気になる!」といった方も多いかもしれませんね。ぜひこれを機会に、彼女の魅力にどっぷりと浸かってみてはいかがでしょうか?これからも「倉科カナ」に要注目です!