齋藤飛鳥がソロ曲で本領発揮!高い歌唱力と歌詞に注目の魅力まとめ!

乃木坂46の齋藤飛鳥さんがソロ曲を発表しました。ここでは乃木坂46随一の美少女、齋藤飛鳥さんのソロ曲についてご紹介します。

齋藤飛鳥が乃木坂46の3rdアルバムでソロ曲を!

乃木坂46の齋藤飛鳥さんが、乃木坂46の3rdアルバム『生まれてから初めて見た夢』でソロ曲を注入しました。齋藤飛鳥さんと言えば美少女揃いの乃木坂46の中でも、西野七瀬さんと白石麻衣さんに並ぶ美少女です。
ドラムがプロ級だったり文学少女な齋藤飛鳥さんですが、ここにきて歌唱力も向上しつつあることがわかりました。気になるソロ曲は実際に視聴していただいた方が早いですが、ここでは齋藤飛鳥さんのソロ曲の魅力をご紹介していきます。
自分ではご飯も食べられないという困ったキャラクターの齋藤飛鳥さんですが、そのルックスがあまりに可愛すぎるので許されてしまいます。基本的に自分は暗い性格だと自称している齋藤飛鳥さんですが、ソロ曲の方はどうでしょうか。

齋藤飛鳥の歌声には彼女の人間性が表れている?

乃木坂46の3rdアルバムに注入されている齋藤飛鳥さんのソロ曲のタイトルは、『硬い殻のように抱きしめたい』です。歌は恋人か大切な人に対して歌っているもので、齋藤飛鳥さんが誰かに恋をしたらこんな感じで接するのかなと思うような歌声です。
齋藤飛鳥さんはご自身のことを暗い性格だと言っていますが、普段の齋藤飛鳥さんを見ている限りでは特別暗いようには見えません。しかし、どことなく一人の時間が好きなのかなと思う雰囲気はあるので、案外孤独な時間を大切にしている女の子かもしれません(文学好きだし)。
そんな齋藤飛鳥さんの歌声ですが、やはりどことなく淡白でどことなく引いているような印象を受けます。でもそれはマイナスな意味ではなく、大切な誰かとの齋藤飛鳥さんなりの適度な距離感を大事にしているような歌声です。

ソロ曲は歌詞が必見!齋藤飛鳥の恋愛観?

齋藤飛鳥さんのソロ曲『硬い殻のように抱きしめたい』は、落ち込んでいる相手を齋藤飛鳥さんが慰めるような歌詞となっています。「何だか疲れちゃった 珍しく弱音を言った君らしくない君だから 黙って側にいてあげる」という歌詞から始まります。
齋藤飛鳥さんはこの歌詞を普段の齋藤飛鳥さんのように歌っており、本当に齋藤飛鳥さんが側にいて慰めてくれているかのような感じを演出しています。齋藤飛鳥さんは純粋な歌唱力で言えばまだ伸びしろがあると思いますが、見事に齋藤飛鳥さんらしさを出しているファンにはたまらないソロ曲です。
歌詞が齋藤飛鳥さんが勇気を与えてくれるようなものなので、齋藤飛鳥さんのファンでもし齋藤飛鳥さんが自分の恋人や友達だったら良いのに……と思うファンは、実際にアルバムを購入して視聴してみると良いと思います。

齋藤飛鳥の好きな男性のタイプは根暗?!

齋藤飛鳥さんの好きなタイプですが、ご自身が言うには少し暗い所があるタイプが良いらしいです。齋藤飛鳥さんは自分自身にも暗い所があると思っているので、相手にも暗い所があると合うと思うとテレビで発言していました。
さらに、体型は身体が薄い人が好みだとも言っています。齋藤飛鳥さんは華奢な男性がタイプ見たいです。さらに面白いことを言っていたのは、齋藤飛鳥さんは普段はテンションが低いのに、何か嬉しいことがあったら突然スキップするような男性が好みだと発言しています。
齋藤飛鳥さんの好みのタイプは、このような暗くテンションが低い感じの人で、体型は薄い身体で何か嬉しいことがあったらスキップするという、なかなかいなさそうなタイプです。あなたは齋藤飛鳥さんの好みに適合する男性でしょうか?

【噂】齋藤飛鳥を落とすのはちょろいらしい?

齋藤飛鳥さんはご自身で言っていますが、自分はちょろいのですぐに人を好きになると発言していました。そして、さりげなくプレゼントをくれる人が好きなようで、物をくれたらすぐ好きになってしまうと発言しています。
この齋藤飛鳥さんの公言が正しいとすれば、意外と齋藤飛鳥さんは本当に簡単に落とせるのではと思ってしまいます。食べ物とかをくれたら好きになってしまうという齋藤飛鳥さんは、本当に意外とちょろいのかもしれません。
齋藤飛鳥さんのソロ曲を聞いて齋藤飛鳥さんを好きになった方は、齋藤飛鳥さんに好きになってもらうような男性を目指すのもいいかもしれません。一般人がアイドルと付き合うことは不可能ですが、もしかしたら齋藤飛鳥さん並にかわいい娘と付き合えるかもしれません。

2016年から乃木坂46のセンターなった齋藤飛鳥

齋藤飛鳥さんは2016年夏に発売された乃木坂46の15thシングル『裸足でSummer』で、初のセンターを勤めました。この時は齋藤飛鳥さんは自分に自信がなかったようで、もし自分がセンターになることでCDの売り上げが下がったら自分のせいだとテレビで泣いていました。
しかし、実際は齋藤飛鳥さんのセンターは好評であり、『裸足でSummer』も初週オリコン1位を獲得しました。齋藤飛鳥さんほどの人気メンバーがセンターになって乃木坂46の人気が落ちる訳ないので、齋藤飛鳥さんはややネガティブな所があるのでしょう。

齋藤飛鳥がさらなる飛躍をする条件とは?

齋藤飛鳥さんは「神に選ばれし美少女」と呼ばれ、その小顔が魅力的で8頭身モデルとしても活動されています。アイドル業の他にもモデル業でも成功をおさめていて、20代後半の女性向けのファッション誌『sweet』でも活躍中です。
『sweet』は20代後半女性がターゲットにも関わらず専属モデルに抜擢されていることから、いかに齋藤飛鳥さんがモデルとして優秀かが伺えます。
齋藤飛鳥さんが今後も飛躍していくには、世界で戦っていけるモデルになることも一つの条件でしょう。実際に、齋藤飛鳥さんは世界的ファッションブランド『ANNA SUI』のモデルにも選ばれたことがあるので、齋藤飛鳥さんのルックスであれば今後も世界で戦える機会は訪れるでしょう。

齋藤飛鳥の次回のソロ曲に期待!

すげー楽しそう。可愛い💕#乃木坂46 #齋藤飛鳥

なっつ@坂道LOVEさん(@sakasaka46)がシェアした投稿 –

齋藤飛鳥さんのソロ曲『硬い殻のように抱きしめたい』は、齋藤飛鳥さんの恋愛観を表現しているような歌声と、勇気づけてくれるような歌詞が魅力的でした。
しかし、齋藤飛鳥さんは多芸多才で器用なことから、まだまだ歌は上達するはずです。後2ランクステップアップした齋藤飛鳥さんのソロ曲を、ぜひまた聴いてみたいと思います。
こちらの記事もチェック!
硬い殻のように抱きしめたい
Sony Music Labels Inc. (2017-05-24)
売り上げランキング: 532

齋藤飛鳥 ファースト写真集 潮騒(セブンネット限定表紙Ver.)
細居 幸次郎/写真
幻冬舎
売り上げランキング: 49,020