ロックはブラックラグーン最悪の悪党?岡島緑郎の変化を名言とともに紹介!

広江礼威による大人気アクション青年漫画、ブラックラグーンの連載再開を記念して、今回は主人公のロックに焦点をあててご紹介させていただきます!銃を持たない大悪党、岡島緑郎がどうやって今の大悪党になったのか。今回は彼の名言、名シーンと共にブラックラグーンをおさらいします!

大人気青年漫画 ブラックラグーンの主人公ロックって?


ブラックラグーン月間サンデージェネックスより2001年4月に第1話が読みきりで掲載され、2002年5月より連載が開始された広江礼威によるハードアクション青年漫画です。架空の悦楽の街、ロアナプラを舞台に陰謀と暴力を切り抜けながら主人公、岡島緑郎が成長していく様を描いています。

今回は連載再開を記念し、ブラックラグーンの主人公、ロックこと岡島緑郎にスポットを当てて彼がいかにしてロアナプラ1のクソ野郎といわれるほどまでに変化したのを追っていきます。

ロックとは?

ロックこと岡島緑郎(おかじまろくろう)は、旭日重工資材部東南アジア課に勤務していた日本人で、この物語の主人公です。第1話で会社に見捨てられて以降は、ロアナプラのラグーン商会に勤務しており、ネクタイを締めた海賊と周りから言われています。律儀にも会社員時代のホワイトカラーの服装(スーツにネクタイ)をしており、悪党が蔓延るロアナプラでは少し浮いたスタイルを貫いています。

ナイフや銃などの武器は一切使用できませんが、頭の良さはぴか一でラグーン商会の作戦参謀の位置にいます。また、日常会話が円滑に出来るほど英語が堪能で、日本語英語に続きフランス語もたしなむ程度に話すことが出来ます。

サラリーマン時代の知識、情報も時には参考にする等類まれな記憶力も持っており、まさに頭脳派といったところです。

アニメ版ロックの声優は浪川大輔

アニメ版ロックの声優を務めるのは子役の頃から天才と名高い声優、浪川大輔で、ルパン三世の石川五ェ門からレベルEのバカ王子(バカ=キ=エル・ドグラ)までこなす事が出来る現在の声優界の申し子ともいえるベテラン声優です。

2010年には第4回声優アワードで助演男優賞を受賞し、また自身が監督を務める映画を発表したり、歌手デビューをしたり、2016年には声優養成所を立ち上げるなど、様々な活動を行っている人でも有ります。

ブラックラグーンのインタビューで浪川は役者陣はみんな演じきったと話しており、ブラックラグーンの世界観や作品の見所などについてもとても重厚にできていると触れていました。また、第3期のOVA試写会のインタビューでは、原作はまだまだ続くのでまたロックを演じたいという思いが強いと語っています。

普通のサラリーマンから悪党へ ロックの変化に迫る!

ブラックラグーンの物語は主人公の岡島緑郎上司のミスの尻拭いでロアナプラに訪れた際、ラグーン商会の面々に誘拐され、それが元で会社から切り捨てられるところから物語が始まります。

日本で普通に生活をしていると映画やドラマの中でしか見ることが出来ない世界が日常にあり、強烈にその世界に惹かれた岡島は事が済み今までいた日常に戻るときに自身の名前や経歴の全てを捨ててロックとして生きることを覚悟します。

銃を持たず、いつもスーツ姿で一見普通のサラリーマンのように見えるロックですが、人の命をビットに賭ける程の悪党へと成長していったその様を、各話を追いながらご紹介します。

第1章 BlackLagoon

第一章のロック編といわれるBlaclLagoonでは、サラリーマンの岡島からラグーン商会の海賊、ロックへ変化します。まだ一般人だった頃の貴重な画像ですが、自分の命が簡単に捨てられて吐くなどまだまだ常識人の人柄が伺えます。

顔つきが柔らかくて優し気ですよね。第一章で日本で築いた全てを捨ててロックに変化した岡島。バラライカに良い悪党になると言われるほどのポテンシャルは秘めているものの、まだ一般人との違いは見られません

第3章 Das Wieder Erstehen Des Adlers

続いての変化は第二章を飛ばして第三章第2次戦争時のドイツの潜水艦Uボートに潜入したときの変化です。レヴィの金に対する考え方、命や遺品に対する考え方を聞き納得できない様子のロックです。

ロアナプラの街に少しずつ馴染んだ二章は大した変化は見られませんでしたが、第3章のネオナチ編ではレヴィの言う金や命に関して常識的な考えを持っています。未だに元居た世界の感覚が捨てきれず、レヴィの言う事への違和感や感想を表に出す事が出来ません。

しかし、今まで暮らしていた世界の価値観ロアナプラの世界の価値観、その狭間に立って悩み始めたロックは少しずつですが変化をしてきました。こちらの記事もオススメ!

第4章 Calm Down, Two Men

第4章は幕間のような扱いですが、ラグーン商会の普段の業務をレヴィとロックの二人でこなしている様子です。日常、同僚として顔を突き合わしながらもお互いの生い立ちや考えの違いで衝突をするレヴィとロック。

ロックがラグーン商会に入って、初めてレヴィに怒った章です。前の第3章では自身が感じた生死観に関して何も言わなかったロックはレヴィに喰ってかかり、取っ組み合いのけんかになります。

第5章 Rasta Blasta

5章はロベルタガルシアの二人が初めて登場する章です。誘拐されたガルシアを取り戻す為に、ターミネーターばりのメイドのロベルタがロアナプラにやってきました。フローレンシアの猟犬と言われるロベルタは、非常に戦闘能力が高く、同僚のベニー曰く、ロベルタ、バラライカ、レヴィを地球で一番おっかない女の上位三人とまで言われています。

ロベルタの仕事着のメイド姿でロアナプラで暴れ、レヴィやバラライカ達以外、その場にいた人たちは歯が立たなかったためロアナプラではロベルタとガルシアが南米に戻った後もしばらくメイドは禁句になっていました。

ここでは過去に資材部に居た頃の仕事で調べた資料の有用性にロックは気づきます。ラブレス家の事についての詳細まで覚えている記憶力は、今後ロックの変化に深くかかわってきます

第6章 Goat, Jihad, Rock’N Roll

日本人の赤軍派のテロリスト、タケナカと邂逅しロックが誘拐される話です。

久しぶりに会った日本人の若者のロックに対し、タケナカは自身のテロリストになったきっかけや思想を話して理解を得ようとしますが、ロックはそれを拒絶します。

自身がこの先道を誤れば、こうなるのでは無いかという思いや、異国で会った(会社関係者以外では)初めての日本人がタケナカだった為にその境遇へ歯痒さを抱きます。

第7章 Bloodsport Fairy tale

双子編と呼ばれるBloodsport Fairy taleでロックは世界の闇の部分に触れ続けた子供達に出会います。常識・良識・善悪の知識が無いわけでもなく、ただ生きるためにそう生きてくるしかなかった二人に対して、ロックは自身が持っていた常識が覆される思いをします。

もしも誰か一人でも手を差し伸べていたら。その誰か一人になるには自分が出会うのが遅すぎたこと、自分の出来る範囲とそれ以外という限界をロックは思い知ることになります。こちらの記事もオススメ!

第8章 Greenback Jane

ロアナプラという危険きわまる町に迷い込んでしまったジェーンは助けを求めて教会のドアを叩きますが、そこはエダ達がいる暴力教会でした。

この章は珍しくロアナプラを外側から見た視点で描かれています。その外側からの視点はジェーンのものでもありロックのものでもあります。ロックは銃を持たない代わりに作戦参謀として活躍し、無事ジェーンを守り通すことに成功しました。

この章のロックの変化というと参謀としての立ち位置で成功してしまった事で、今後ロックは銃を持たなくて良くなってしまった章でもあります。

第9章 Fujiyama Gangsta Paradise

日本編では、バラライカの通訳として護衛のレヴィと共に日本へ来日します。日本のヤクザ同士の抗争にバラライカが一枚噛む形ですが、本当の目的は日本のヤクザ同士の抗争という戦争を持ち込み、戦力を根絶やしにすることでした。

ロックは日本で鷲峰雪緒という女子高生に出会います。ヤクザの家に生まれた彼女は、平穏な日常を望みつつも死と侠気が散りばめる任侠の世界に染まろうとします。ロックはそれを留めようとしますが失敗し、傷を抱えたままロアナプラへ帰還しました。

この章ではロックはロアナプラで生きる悪党としての覚悟をきめます。ロックが鷲峰組に対してバラライカへの依頼をバラライカは正しい判断だ、いい悪党になるとロックを賞賛し手を貸しますが、雪緒は自死しロックは助けることが出来ませんでした。

10章 El Baile de la muerte

第10章ロベルタ復讐編では、ガルシアファビオラがロックに助けを求めてきます。復讐に囚われ我を忘れたロベルタをガルシア達の元へ戻すために、ロアナプラ全土を巻き込んで繰り広げられる抗争の善意と悪意の中を駆け抜けました。

この章では今まで日本編や双子編など過去を通して悪人へと成長したロックが伺えます。ロックの考え方、行動の全てが悪人になっており、ロック自身は善意と思っていても人の命をビットに賭けて立てた作戦やその考え方をファビオラからロアナプラ1のクソ野郎と言われてしまいました。こちらの記事もオススメ!

してやったぜ!ロックの名言&名シーンを紹介!

悪党として生きることを選んだブラックラグーンの主人公、ロック。その悪党になるまでの名シーン、名セリフを一挙紹介します。

俺の名はロックだ

日本でうだつの上がらない会社員だった岡島。その彼がロックとして生きることを選んだ時に会社の上司に啖呵を切るシーンです。

会社と家、そのどちらもに居場所が無く、ただ日々を消化するように働いていた岡島は、ラグーン商会の面々に出会い、また、簡単に会社から自分の命を切り捨てられるという経験をし、ロアナプラで悪党として生きることを選びます。

え?ライターなら警官が・・・。

レヴィの考え方や生き方を真っ向から否定し、正面から殴りあった後の和解するシーンです。

自身の生い立ちに起こった様々な不幸を理由に善意や幸福を真っ向から否定する生き方をしているレヴィに対し、ロックは「人は生きていれば誰だって辛い目には遭う」と一蹴します。殴りあいの大喧嘩をした結果、レヴィはロックを仲間として認め、パトカーの中で和解をします。

悲惨な結末に泣き崩れるロック

双子編のラストで、彼女達が死んだことを悔やみ悲嘆するロックと、ロックのその気持ちを受け止めながらも諭すベニーのシーンです。

自分ではもう救えないくらい遠くに行ってしまっていた双子。それでも助けたいと行動したロックは自身の無力さを知る結果になりました。

俺の趣味だ。



日本編で雪緒を救うために、全てを壊そうとするバラライカを止めようとしたときのロックのセリフです。

初めてロックはバラライカに対して啖呵を切り、バラライカはロックの生き方やスタンスを気に入ります

最高の賭けになるのさ。

ロベルタ復讐編で、立派な悪党に成長したロックのセリフです。

ロベルタやガルシアたちを助けるために、彼らの命をビットに賭けた作戦を立てたロック。その時に吐いたセリフで、ロックのクソ野郎度合いが伺えます

善意と悪意

危険な賭けをガルシアにさせ、結果ロベルタを取り戻すことが出来ました

ロックは彼らの手助けが出来たと喜びますが、それは世間一般の言う善意ではなく、ロアナプラ流に染まっていました。自分の手を汚さずに自分だけは安全な場所ガルシア達に命を賭けた賭けをさせた。そしてそれを人助けだとのたまうロックに対して、ファビオラはこの町一番のクソ野郎という評価を下します。

自分は正しいことをし、結果助けることが出来たというロックの満足感を否定し、命を賭けるような危険な事をガルシアにさせ、奇跡的に助かったこと、ロックの考え方自体が悪党の考え方になっていることをファビオラに指摘され、自身の夕闇に立ち続けるというスタンスが変わってしまったことをロックは知ることになります。

戻る気分がなくなったんだ。

フォンに自身が何でロアナプラで悪党をやることになったかの話をせがまれ、過去を振り返っているシーンです。

一通り話した後、フォンに正しく説明しろと突っ込まれ、そのときの心情を露土したロックのセリフです。

番外編:目が覚めたら巨乳の女にっっっ!

原作の巻末漫画から、男の子、女の子編で、アニメ版はDVDの特典としてみることが出来ます。

普段は絶対に見ることが出来ない男女逆転したロックたち面々を見ることが出来ます。バラライカの旦那、かっこいいですよね。

ロアナプラで一番のクソ野郎=ロック

ここまで読んでくださりありがとうございます。今回は大人気青年漫画、ブラックラグーンの主人公、ロックを紹介させていただきました。

普通の日本人の会社員からロアナプラ1のクソ野郎への変化を今回は追ってみました。TVの中でしか見ることの出来なかった鉄火場を体験し、自分の生きる場所を決めたロック。ストーリーを追う毎に悪党として成長していった彼は、この先どう成長するのかとても楽しみです。

そんなロックの成長譚とも言えるブラックラグーンは、ガンアクションの好きな方戦闘ものが好きな方マフィアものが好きな方何よりかっこいいシーンやセリフが好きな方にお勧めします。こちらの記事もオススメ!

BLACK LAGOON コミック 1-10巻セット (サンデーGXコミックス)
広江 礼威
小学館
売り上げランキング: 3,479
BLACK LAGOON Blu-ray BOX
BLACK LAGOON Blu-ray BOX
posted with amazlet at 17.06.28
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-12-21)
売り上げランキング: 3,581