アベンジャーズのメンバーを一挙紹介!メンバーの強さや関係を深掘りする

「地球最強のヒーロー達」と言われるアメコミのヒーローチームである「アベンジャーズ」。2012年実写化された映画「アベンジャーズ」はコミックスを原作としつつも、設定やストーリーはマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)独自のものとなっていてます。そんな大ヒット映画である「アベンジャーズ」のメンバーを彼らの恐るべきパワーと共に紹介し、ヒーローを取り巻く登場人物もご紹介します。

今更聞けない「アベンジャーズ」って?

アベンジャーズ原作は1963年にマーベル・コミックが開始したアメコミ

シリーズ3作目となる『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の全米公開予定日も2018年5月4日に決まり、(日本公開日は残念ながら、まだ未定です)アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、ソーなどのマーベルスーパーヒーローが集結したファン待望の『アベンジャーズ』シリーズ第3弾となる映画の製作&撮影が現在進行中です。

そんな大人気の「アベンジャーズ」ですが、もともとは1960年代に流行したMARVELというアメリカンコミックスに登場するヒーローのチームの話を映画実写化したものです。

それぞれのスーパーヒーローが各々の作品で活躍していますが、彼らが集結してグループになった形をアベンジャーズと呼びます。

Team Iron Man VS Team Cap. #Marvel #CivilWar

Iron Manさん(@ironman.official)がシェアした投稿 –

そんなアイアンマンキャプテン・アメリカソーハルクなどのマーベルスーパーヒーローが集結した『アベンジャーズ』(2012)は実写映画化されて、世界中で爆発的ヒットを記録しました。

続く2015年に公開された続編である『アベンジャーズ・エイジ・オブ・ウルトロン』でも再び大ヒットを収め、アメコミで一世を風靡したアメリカンヒーローたちが、地球滅亡の危機と戦うSFアクション映画である『アベンジャーズ』は、これぞハリウッドのアクション映画と言えるほど見所満載です。バトルシーンでは、実写とCGの両方をミックスした大迫力の戦闘シーンが見られますよ。

映画「アベンジャーズ」の簡単なあらすじ

神の国を追放されたロキと宇宙人チタウリが手を組んで、世界征服をもくろむところからストーリーがスタートします。ロキはワームホールでS.H.I.E.L.D.(ヒーローを集めた機関)の研究施設に侵入し、無限のパワーを秘めた4次元キューブを盗み出します。

4次元キューブを盗まれたことによって、世界滅亡の危機を感じたS.H.I.E.L.D.の長官であるニックは、以前から計画を考えていたアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルクを集結したチームを結成するというアベンジャーズ計画を実行しようとします。

個性の強いヒーローたちは、最初はお互いに反発しあっていましたが、S.H.I.E.L.D.のコールソンの死によって、そのバラバラだった気持ちを1つにして結束力を高め最後には力を合わせて世界を滅亡の危機から救うハッピーエンドのストーリーです。

Twitter上で、今年の2月に第3作目となる「アベンジャーズ」シリーズの触りが公開されましたが、今までの映画「アベンジャーズ」シリーズ作品は下記のような感じになっています。

①『アイアンマン』 (2008)
②『インクレディブル・ハルク』(2008)
③『アイアンマン2』(2010)
④『マイティ・ソー』(2011)
⑤『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)
⑥『アベンジャーズ』(2012)
⑦『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)
⑧『アベンジャーズ/インフィニティ―・ウォー Part 1』(日本未公開)
⑨『アベンジャーズ/インフィニティ―・ウォー Part 2』(日本未公開)こちらの記事もオススメ!

MCUの集大成の映画『アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー』は凄い!

どうやら「アベンジャーズ」と「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に登場したことがある40年以上の歴史ある人気キャラ最強ヴィランであるサノスが登場するようなのです。

他にもマーベル・シネマティック・ユニバース (MCU)の集大成として期待されている映画『アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー』には、総勢66名のキャラクターが登場するということが分かったばかりです。しかも、そのメンツはヒーローばかりでなくヴィラン(悪役)も入っているそうですから、ファンには楽しみな映画になりそうですね。

これまでマーベルが映画シリーズで10年間かけて育ててきたキャラクターを一同に集め、『アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー』では、スパイダーマンを加え?サノスと呼ばれる銀河最強のヴィランと対決させることになりそうです。

「アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー」22名のキャステイングが発表!

#marvel #avengers #dccomics #chrispratt #superheros #may2018 #may2019

Avengers: Infinity Warさん(@avengers_infinitywar_2018_2019)がシェアした投稿 –

こちらの記事もオススメ!

22名の豪華な顔ぶれがDisney Casting Calls で発表されました!

クリス・ヘムズワース(ソー)、ジョシュ・ブローリン(サノス)、クリス・プラット(スター・ロード/ピーター・クイル)、セバスチャン・スタン(バッキー)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ベネディクト・カンバー、バッチ(ドクター・ストレンジ)、ブリー・ラーソン(キャロル・ダンバース/キャプテン・マーベル

ゾーイ・ザルダナ(ガモーラ)、カレン・ギラン(ネビュラ)、ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)、クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、エリザベス・オルセン(ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ)、ブラッドリー・クーパー(ロケット・ラクーン)、ヴィン・ディーゼル(グルート

サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)、ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)、 ベネディクト・ウォン(ウォン)、デイヴ・バウティスタ(ドラックス)、ポール・ベタニー(ヴィジョン)、チャドウィック・ボーズマン(ティ・チャラ/ブラックパンサー)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、ロバート・ダウニー・Jr.(トニー・スターク/アイアンマン

まだまだ、登場キャラがいるので残りが楽しみですね。

「アベンジャーズ」メンバーをビック3から一挙紹介!

そんな映画「アベンジャーズ」ですが、毎回派手なアクションシーンや豪華なキャストでアベンジャーズシリーズ作品が1つ増えるたびに過去のシリーズ作品も含めて話題になっています。

それぞれに個性の強いビック3と呼ばれるキャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソーというヒーローたちと共に他のスーパーヒーロー、そして彼らを取り巻く主要登場人物をご紹介します。

ちなみに・・・原作と映画で少しだけ違う点もあるので、基本予備知識として知っておくと次に「アベンジャーズ」を観るときに楽しめると思いますよ。

キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)で初登場したこのキャプテン・アメリカであり、スティーブ・ロジャースは1981年ボストン生まれのクリス・エヴァンスが演じます。

アベンジャーズのリーダーでもある彼ですが、もともとスティーブは、第二次世界大戦当時陸軍に志願したのですが、徴兵検査にも落ちるような虚弱体だったために不合格になってしまいっています。しかし、その後スーパーソルジャーの超人血清の実験に参加して無敵の肉体を手に入れました。

大戦末期の頃にスティーブは、爆弾をアメリカに到達させないため爆撃機を自分ごと北極で沈め、行方不明になりました。70年後、北極で氷漬けとなった飛行機とスティーブがS.H.I.E.L.D.によって発見されてキャプテンアメリカは現代に蘇りました。そのためか、若干時代のズレがあって世間からズレているところもあります。世界に一つしか無い特殊合金であるヴィヴラニウム製のシールドを手足のように扱って戦います。

アイアンマン/トニー・スターク 

Last chance… #ironman

Iron Manさん(@ironman.official)がシェアした投稿 –

アイアンマン (Iron Man)とはマーベル・コミックを代表するスーパーヒーローの一人です。本名は、アンソニー・エドワード・スターク( Anthony Edward Stark )通称、トニー・スターク( Tony Stark )はロバート・ダウニー・ジュニアが演じています。

マーベル史上最高の天才的な頭脳を持ち実業家で発明家の大富豪。トニーは、他のキャラと違いスーパーパワーを持っておらず、お金の力でパワードスーツを開発改良し装着して戦います。

「スーツさえあればアイアンマンは自分でなくても良いのかもしれない」ということで悩みながらも戦い続けています。頭脳明晰のため独善的な一面を持っているのでたびたび周囲とトラブルを起こしてしまいます。

マイティ・ソー

#Thor, the mighty GodOfThunder, returns in #Marvel's Avengers #AgeOfUltron!

The Avengersさん(@avengersmovie)がシェアした投稿 –

別次元の宇宙にあるアスガルド王国の王継承者の王子であるソー役を演じるのは女性から圧倒的支持を得ているクリス・ヘムズワースです。1983年オーストラリアのメルボルン生まれの俳優さんです。最近では女性チームでリブートした『ゴーストバスターズ』(2016)にも出演していますよね。

地球の人々はアスガルド人の存在を北欧神話として伝承していて、ソーは雷神として語られてきました。激しい気性だったため父親であるオーディンによって地球へと追放され、地球で真の勇気を学んで英雄として覚醒しました。

武器は無敵の力を持つハンマー・ムジョルニア。大地をたたけば衝撃波を、かざせば雷を呼び、ふりまわすことで発生する推進力でソーは飛ぶことも出来ます。原作ではこのムジョルニアは、落としたら地球が滅び、そーっと地面に置くだけでも地球の核に向かってみるみるめり込んでいくくらいの破壊力があるもので、ソーにしか扱えないモノになっています。

ハルク/ブルース・バナー

Here we have the official #Hulk character poster for #Marvel's #Avengers #AgeOfUltron! #HulkSmash!

The Avengersさん(@avengersmovie)がシェアした投稿 –

ハルク(Hulk)は印象的な緑色の巨体と物凄い怪力で知られているヒーローの一人です。新型爆弾ガンマボムの爆破実験の際に爆発に巻き込まれて大量のガンマ線を浴びてしまった物理学者であるロバート・ブルース・バナー博士が変身した形態です。

全身に大量のガンマ線を浴びてしまった副作用として、彼は「怒り」の感情が高ぶると体が緑色に変化し、巨体化するという恐ろしい体に生まれ変わってしまいました。パワーの代名詞といっても過言ではないこの緑の怪力ヒーローの力はヴィランもおののくほどだと言われています。

実は、「インクレディブル・ハルク」でハルクを演じていたのはエドワード・ノートンだったのですが、金銭問題なのか個人的な問題なのかは定かではありませんが、「アベンジャーズ」ではアカデミー常連俳優のマーク・ラファロが演じることになりました。

ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ

当初アイアンマンの敵であった元KGBの女スパイで、ヴィランとして登場したキャラクターのブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフですが、マーベルシネマティックユニバースでは『アイアンマン2』で初登場しました。

セクシーな魔性の女スパイとして知られているブラック・ウィドウは、1984年マンハッタン生まれのスカーレット・ヨハンソンが演じています。ブラック・ウィドウは、元々オリンピック選手よりも身体能力があり、柔道、忍術、合気道までこなす上、バレリーナでもあり、世界最高の暗殺者です。

彼女の身体は、戦闘や諜報活動をするために、マインドコントロールを受け、バイオテクノロジーにより若い身体を保てるように改造されています。ある時、自分の任務に対して疑問を抱き、シールドのエージェントとなりアベンジャーズに参加します。

ホークアイ/クリント・バートン 

"You step out that door, you're an Avenger." #Avengers #AgeOfUltron

The Avengersさん(@avengersmovie)がシェアした投稿 –

ホークアイ/クリント・バートンごく普通の人間です。しかし、超人的な肉体、そしてスーパーパワーは持っていないけれど驚異的な身体能力と鷹の目と呼ばれるホークアイの異名のとおりに何事も見逃さない洞察力と弓矢を絶対に外さない神級の弓の名手です。

普通の弓矢だけではなくて、さまざまなトリックアローとアクロバティックな動きを組み合わせた攻撃を得意としています。弓矢以外の武器にも長けいたため一時期は弓矢を捨てて日本刀で戦っていたこともあります。

彼も実は、もともとはブラック・ウィドウと同じヴィランとして登場しました。そんなホークアイを演じるのは、1971年アメリカ生まれの俳優ジェレミー・リー・レナーです。

S.H.I.E.L.D〈シールド〉国際平和維持組織

Get the chance to create a @Marvel comic cover! Announcing our Tumblr #AvengersFanArtContest​: marvelentertainmentfanart.tumblr.com

The Avengersさん(@avengersmovie)がシェアした投稿 –

マーベル作品のその全てがリンクするプロジェクトが「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」と呼ばれるもので、知っておくとより楽しめるのが「国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.(シールド)」の存在です。

未知の脅威から人類を守るのが役目で、MCUの複数作品に登場しています。この組織がただのアベンジャーズのサポート役だと思ったら大間違えですよ。TVシリーズ『エージェント・オブ・シールド』では、彼らをメインにしたドラマが展開しています。(現在WOWOWで放送予定)

このストーリーの始まりは『アベンジャーズ』の戦いの後からスタートします。主人公は、ニック・フューリーの部下コールソン。彼は『アベンジャーズ』で死んだと思われていましたが、実は生きていた……という驚くような幕開けは必見です。さてそんなただ者ではないシールドのメンバーをご紹介します。

ハワード・スターク

ITS THE SAME FREAKING ROBE – #AgentCarter #HowardStark #IronMan2 #IronMan #TonyStark

Cap/Bucky Fan Pageさん(@winter.captain)がシェアした投稿 –

ハワード・スタークは、アイアンマン(トニー・スターク)の実父にあたる人物として登場します。『アイアンマン』では写真だけで登場、『アイアンマン2』ではシールド長官ニック・フューリーからトニーに対して、「共に仕事をした優秀な発明家だ」と言う発言もされています。

ハワードを演じるドミニク・クーパーは、1978年イギリス出身の俳優さんです。イギリス生まれのせいなのか彼は子供の頃アメコミを読んおらず、この役を引き受けると同時にキャラクターを研究したそうです。

とてもエキサイティングで活発な起業家で大富豪、おまけにプレイボーイで、クリエイターで発明家のトニー役をどんなふうに演じているかはご自身の目でお確かめを。

ペギー・カーター

All I want is for it to be like it was. During the war.

Margaret "Peggy" Carterさん(@peggy_carter_)がシェアした投稿 –

10代の頃にレジスタンスに参加して銃の名手となり、キャプテン・アメリカと共にいくつかの任務で活動したペギー・カーター。2人はやがて恋に落ちるのですが、爆発によって記憶喪失となり、キャプテン・アメリカが死亡したと思われていた間彼女は静かに暮らしていました。

彼がいなくなった第二次世界大戦後は、政府の秘密機関のエージェントとして活躍していました。後にこの組織がシールドとなりますそんなペギー・カーターを演じるのは、1982年イギリス生まれのヘイリー・エリザベス・アトウェルです。最近では、2015年に公開されたデイズニーの実写版「シンデレラ」でエラ(主人公)のお母さん役を演じています。

ニック・フューリー 

"Show 'em what we've got." #Avengers #AgeOfUltron

The Avengersさん(@avengersmovie)がシェアした投稿 –

スーパー組織シールドの長官であり、凄腕のスパイにして戦闘のエキスパートです。ニック・フューリーはスターンバーグ博士によって作られた血清によって、老化が大幅に遅らせられています。

武器のあるなしに関わらず、戦闘の専門家であり、元ヘビー級のボクサーで、テコンドーの黒帯と柔術の茶帯を持っています。同時多発的に現れたヒーローたちをたばねてアベンジャーズを結成しようとした人物です。

第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争に参加し、その経験から「軍事アドバイザー」と しても活動します。そして、自らの死を装って地下に隠れてヒーローたちを助けています。そんなシールドの長官は、1948年ワシントンD.C.生まれのサミュエル・L・ジャクソンが演じています。彼は、ジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ』シリーズのメイス・ウィンドゥも演じています。

マリア・ヒル 

凛とした美貌でニック長官の優秀な右腕として確実に任務を行うシールドの副司令官であるマリア・ヒル。そんなマリアを演じるのは1982年カナダのバンクーバー出身のコビー・スマルダーズです。

美人でクールに仕事を完璧にこなす性格であるがゆえに、いつも任務を優先しており頭が固いタイプで融通が利かない部分もあるマリアをコビーは見事に演じています。

コビーは、10代の頃にスカウトされてモデルとなり、そのルックスと9頭身の完璧なプロポーションは「数十年に一人の逸材」と呼ばれ国際的に活躍し、2000年代からは女優としてのキャリアをスタートさせています。姿を隠しているニック・フューリーとアベンジャーズとのパイプ役としても活躍しています。

フィル・コールソン

To someone who doesn't lack conviction- Happy Birthday to @ClarkGregg! #CoulsonLives

The Avengersさん(@avengersmovie)がシェアした投稿 –

アイアンマン』で初登場したフィル・コールソンは、1962年ボストン生まれの俳優・脚本家・映画監督であるクラーク・グレッグです。コールソンは、長官ニック・フューリーの部下であり、シールドのエージェントでもあります。

アベンジャーズのヒーローたちからもとても信頼されていました。普通の人間なのにロキに立ち向かい殺されてしまいます。彼の死は、バラバラだったアベンジャーズが団結したきっかけにもなりました。

しかし、実は生きていてシールドのメンバーを率いて活動中です。死んだ彼がなぜ生き返ったのか?これについては「エージェント・オブ・シールド」をご覧になられるといいかもしれません。2018年公開予定の映画「アベンジャーズ・インフィニティ・ワォー Part 1」には、どうやらフィル・コールソンの名前も挙がっているようですから、(まだ未発表のようですが・・・)コールソンが復活?するかもしれませんね。

「アベンジャーズ」に後から参加したキャラ

最初に「アベンジャーズ」と戦ったロキはソーの義弟。そして、次に戦ったウルトロンはもともとアイアンマンであるトニー・スタークが創りだしたもの。そのウルトロンが作り出したヴィジョンがアベンジャーズの一員になったりと・・・結構過去のキャラの位置関係が複雑なアベンジャーズです。

キャプテン・アメリカの宿敵であるヒドラ党は、アベンジャーズをサポートしている国際平和維持組織シールドを裏で操っていたり、ヒドラ党だったスカーレット・ウィッチホークアイは後にアベンジャーズ入りするなど悪者が正義の味方になったりして面白いのがマーベルなのかもしれません。そんな後から参加することになったキャラをご紹介します。

ウォーマシーン/ジム・ローズ

『アイアンマン2』より活躍しているウォーマシーンことローズ大佐アイアンマンであるトニー・スタークの親友で、空軍のエリートです。トニーが取り乱したときに、彼をとりおさえるため自らアイアンマン・スーツを着ることになり、それがきっかけでスーツを着て活躍するようになり、アイアンマンと同型の重火器型アーマーを装着して戦うようになりました。

ペイントや装備を変えてアイアン・パトリオットと名乗った時もあります。アベンジャーズのメンバーとして定着しており、アイアンマン、ヴィジョンらと共に政府側として戦います。ウォーマシーンを演じるのは、1964年カンザスシティ出身のドン・チードルです。

ファルコン/サミュエル・トーマス・ウィルソン

Hey, #AntMan — we heard the #Avengers were looking for ya… 🐜 (via @MarvelAntMan)

The Avengersさん(@avengersmovie)がシェアした投稿 –

マーベルコミック初のアフリカ系アメリカ人ヒーローであるサミュエルは、ニューヨークのハーレムという抑圧と偏見にみち溢れた街で生まれ育ち、空っぽな魂を抱え生きている時にキャプテン・アメリカに出会います。

彼は、サイドキックとして訓練を受けたのち、特別な飛行器具も与えてもらい、ジェット・パワーによる人工翼で空を飛ぶ戦いの達人に成長します。ファルコンは鳥に親しみを持ち、ペットのハヤブサ(ファルコン)、レッドウィングとは精神的にもつながりを持ちテレパシーで意思疎通できる。

サミュエルを演じるのは、1978年ニューオーリンズ出身の俳優アンソニー・マッキー。彼は、舞台俳優として活躍して2002年にオビー賞を受賞しています。

スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ

"I can handle this." #Avengers #AgeOfUltron

The Avengersさん(@avengersmovie)がシェアした投稿 –

双子の弟であるクイック・シルバーと共に『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』後から登場したスカーレットミュータントとして生まれたスカーレットは、ミュータントとしての能力だけでなく、魔法のような特殊能力で目に見える範囲のターゲットを不幸にする力(ヘックス・パワー)の持ち主

その力もあるのか、ヒーロー達を翻弄しているスカーレット・ウィッチ。実はX−MENシリーズに登場するヴィランであるマグニートーの実の娘であり、ホーク・アイの元カノだったりと波乱万丈な人生をおくる名前通りの魔女です。スカーレットは、1989年ロサンジェルス出身の女優エリザベス・チェイス・”リジー”・オルセンが演じています。

クイックシルバー/ピエトロ・マキシモフ

"You didn't see that coming?" #Avengers #AgeOfUltron

The Avengersさん(@avengersmovie)がシェアした投稿 –

クイックシルバーことピエトロ・マキシモフは、スカーレットの双子で、彼もまたヒドラ党によって生み出され、スーパーパワーを得たミュータントであります。弾丸に匹敵する超高速で動くことが出来る身体能力を持ち、ホークアイの放つ矢ですらかわすことができるほど高スピードで移動することが出来ます

銀髪であることからクイックシルバーと呼ばれています。はじめはウルトロンと組んでアベンジャーズと戦うのですが、ウルトロンの本心を知ってアベンジャーズと共に戦うようになりました。クイックシルバーは、1990年生まれでイギリス出身のアーロン・テイラー=ジョンソンが演じています。

ヴィジョン

Experience a #Vision with an all-new #Avengers #AgeofUltron poster, arriving in theaters May 1!

The Avengersさん(@avengersmovie)がシェアした投稿 –

ウルトロンが、究極の体を手に入れようと創造した人造のボディをアベンジャーズが奪い取り、そこにトニーの執事的存在でウルトロンによって破壊されかけた人工知能J.A.R.V.I.S.を移植させて生まれた人造人間であるヴィジョン

チームの中でも最強のスーパーパワーを持っており、人間離れした天才的頭脳と超人的体を持つアンドロイドです。彼のボデイーはロボットのような単純な金属の塊ではなく、人間の細胞と同じように、無数のナノロボットと特殊な人工細胞で構成されています。

そんなヴィジョンは1971年イギリス出身の俳優ポール・ベタニーが演じています。

恐るべき「アベンジャーズ」の悪役キャラ

ウルトロン

"I'm going to tear you apart; from the inside." – #Ultron. #Marvel's #Avengers #AgeOfUltron in theaters May 1!

The Avengersさん(@avengersmovie)がシェアした投稿 –

当初、人類の助けになるためにプログラムされていた人工知能ウルトロンだったのですが、起動時に人類を助ける最も良い方法は絶滅させることだと考えてしまい人類に反旗を翻し強敵となってしまいます

自分の意識をネット経由で転送できるため、一度機械の体を壊されてもすぐに再生できます。そのために、たとえ倒したとしてもウルトロンの脅威は常にあり、彼のプログラムの断片だけでも見つかれば、最終的には意識全てが回復して復活を遂げてしまうからです。

ウルトロンは、1960年生まれのボストン出身である俳優ジェームズ・スペイダーが演じています。「セックスと嘘とビデオテープ」(1989年)では、グレアム役を演じてカンヌ国際映画祭男優賞を受賞しています。

ロキ

Happy Birthday to our old nemesis, #TheGodOfMischief, #Loki! Hope you have a mischievous day #TomHiddleston!

The Avengersさん(@avengersmovie)がシェアした投稿 –

アスガルドにてマイティ・ソーとともに育てられたロキは、幼い頃よりソーをねたみ、憎んでいるソーの義弟。嫉妬心からいたずら心が働き本物の悪の感情へと変化してしまいます。アスガルドをのっとうろうとしますが、ソーによって追放されてしまいます。

超人的な腕力を持ち、敏捷性や耐久力に優れ、傷に対する抵抗力を持っているロキ。現実操作の達人で、姿を変化させたり、人の心を操ったり、幻影を見せることができます。さらに、魔法の杖を操って強い力をさらに強化することもできます。

そんなロキは、1981年生まれのロンドン出身のトーマス•ウィリアム•ヒドルストンが演じています。彼の母方は準貴族の世襲称号をもつ家系であり、彼はケンブリッジ大学卒という高学歴でお育ちもいい俳優さんです。

ウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズ

キャプテン・アメリカであるスティーブの幼なじみであり、彼の右腕であった猟犬部隊・ハウリング・コマンドーズという特殊ユニットの一員でした。作戦中に列車から落ちて死んだと言われていたのですが、実はヒドラに捕まって洗脳されて暗殺者として仕立てられ情け容赦ない暗殺者ウィンター・ソルジャーと化してしまいます

暗殺者としての活動する時以外はコールドスリープをされていたために年をとっていません。そんなウィンター・ソルジャーは1982年ルーマニア生まれのアメリカ人俳優であるセバスチャン・スタンが演じています。彼は、あの有名なテレビドラマの「ゴシップガール」(2007–2012)に出演していました。

その他の「アベンジャーズ」登場人物

さて、ここまでアベンジャーズメンバーをビック3のヒーロー達やS.H.I.E.L.D〈シールド〉国際平和維持組織のメンバー、そしてアベンジャーズに後から参加したキャラや悪役までご紹介してきましたが、アベンジャーズにはまだまだ登場人物がいます。

ヒーローの心の支えになり、遠くからでも見守ってくれ、必要があらば叱ったりアドバイスをくれるやヒーローを支える人々がいるからこそのアベンジャーズです。そんな大切な人々の面々をご紹介して行きたいと思います。

ヒーロー同士の関係性やキャラクターたちの性格設定などが分かると、この次はもっとアベンジャーズが面白くなること間違えありません。ここまで知れば、明日からあなたもアベンジャーズおたくの仲間入りが出来るかも?しれませんよ。

ハンク・ピム/元アントマン

ハンク・ピムは自ら発明したピム粒子を発明し、そのガスを応用して体を縮小して、アリのように小さくなる能力を得ることに成功した天才科学者です。アベンジャーズの結成メンバーでもあります。そして、ホープ・ヴァン・ダインの父親でもあります。

最初は、自身がアントマンとなって活躍していました。しかし、任務中に妻が行方不明になった事がきっかけでハワード・スタークやペギー・カーターと対立してシールドを去りました。長い間、アントマン・スーツを封印していたのですが、悪者の陰謀を食い止めるために、新たな2代目アントマンにスコット仕立てあげました。

そんなハンクを演じるのはハリウッド大スターである俳優のマイケル・ダグラスです。それまで大人向けの映画ばかりに出演していた彼は、自分の子供たちに自分がマーベル映画に出ているのを見てもらうためにアントマンとして出演したそうですよ。いくつになってもダンディーなダグラスさんですよね。

ホープ・ヴァン・ダイン

Lastly, we have a look at Evangeline Lilly as #HopeVanDyne in #Marvel's #AntMan!

Ant-Manさん(@marvelantman)がシェアした投稿 –

ホープ・ヴァン・ダインは、ハンク・ピムとジャネット・ヴァン・ダインの娘です。最初はアントマン/スコット・ラングを嫌っていたのですが、徐々に心を開いていきます。格闘技をスコットに教えるほどの腕前を持っています。

長年、父であるハンクに見捨てられたと勝手に思い込み、彼と距離を置きながらピム・テック社でダレン・クロスの部下として働いていました。蟻とコミニュケートが取れ蟻を操ることができます。

そんなホープは、1979年カナダ出身の大人気海外ドラマ『LOST』でブレイクした女優であるエヴァンジェリン・リリーが演じています。ちなみに・・・アントマンのエンドロールでピム博士がホープの母であるジャネットが使うはずだったスーツを見せます。アベンジャーズ創立メンバーのワスプの正体は・・・ホープなのかも?

ジェーン・フォスター

👻👻👻 … #thor #jane #thorthemovie #tumblrpost #tumblr #aliens #marveltumblrpost

👻Dim👻,🍥Gem🍥,💀Alex💀,🚽Cindy🚽さん(@queermajesticdeers)がシェアした投稿 –

ジェーン・フォスターは、女性天文科学者です。ニューメキシコで次元のトンネルを調査中、地球へと追放されたソーと出会います。最初は研究の対象だったソーとの関係は、徐々に恋人へと変化していきます。原作ではジェーンは看護師だったのでちょっと違いますね。

そんなジェーンは、ダーク・エルフが覚醒したときには偶然にも世界を闇につつむ物質エーテルに憑依されてしまい、その災いをとりのぞくため、ソーにアスガルドに連れていかれたこともあります。

ジェーンは、1981年イスラエル出身のハーバード卒の才色兼備であるナタリー・ポートマンが演じています。ハーバード卒の彼女に天文学者はピッたりかもしれませんね。彼女は、映画『ブラック・スワン』でアカデミー主演女優賞を受賞し、『スター・ウォーズ』のパドメ役も演じています。

ホーガン

アスガルドにいるソーの友人の戦士であり家来であるホーガンは、日本の俳優浅野忠信さんが演じています。神の世界から地球に追放されたソーを連れ戻しにくるウォリアーズ・スリー(三銃士)の一人で、寡黙な戦士。常に戦うことばかりを考えているキャラです。

実は、浅野さんはクォーター。母方の祖父はアメリカ人だったのです。とは言っても英語がペラペラだったわけではなく、一生懸命勉強をして指定された役の演技とセリフをビデオに収め製作サイドに送るビデオ・オーディションを2回行ってこの役を手に入れたそうです。

三銃士だったレイ・スティーヴンソン、ジョシュア・ダラスらと一緒に過ごすことが多かったため、TADANOBUの頭3文字をとって「タッド」の愛称で呼ばれたそうです。

アントマン/スコット・ラング

Homem Formiga | Ant-man Ant-Man' (Homem-Formiga (título no Brasil) ou O Homem-Formiga (título em Portugal)) é um filme americano de super-herói de 2015 baseado nos personagens da Marvel Comics de mesmo nome: Scott Lang e Hank Pym. É oduodécimo filme do Universo Cinematográfico Marvel. O filme foi dirigido por Peyton Reed, com um roteiro de Edgar Wright & Joe Cornish e Adam McKay & Paul Rudd, e estrelado por Rudd, Evangeline Lilly,Corey Stoll, Bobby Cannavale, Michael Peña,Tip "T.I." Harris, Anthony Mackie, Wood Harris,Judy Greer, David Dastmalchian, e Michael Douglas. Em Homem-Formiga, Lang tem que ajudar a defender a tecnologia de contração de Homem-Formiga de Pym e traçar um assalto com ramificações em todo o mundo. Crédito Wikipédia #herois #super #superherois #marvel #marvelbrasil #antman #insta #likes #nossosherois #homemformiga

Francisco Lima | Nobres Heróisさん(@nobres_herois)がシェアした投稿 –

体長1.5cmしかないマーベルのスーパーヒーローでもあるアントマン/スコット・ラングは1969年アメリカ生まれの俳優であるポール・ラッドが演じています。初代のアントマンであるハンク・ピムに見出されて瞬時に身体を縮小できる特殊スーツを着用してアントマンになります。

1.5cmという小さな身体ですが、身体能力はかなりパワフルで、強力なパンチで敵を倒します。また蟻とコミニュケート出来るようになって意のままに操ります。

スコットがスーツを身にまとっただけではアントマンの力を操ることができずに、ただのダメ男から決意を持ってヒーローになっていく様子は必見です。対象物に投げつけたものを大きくしたり、小さくしたり出来る円盤デスクを保持しています。

映画『キャプテンアメリカ シビル・ウォー』にスパイダーマン初参戦!

https://youtu.be/dKrVegVI0Us?t=22016年4月29日に日本で公開された「アベンジャーズ シビル・ウォー」には、なんとスパイダーマンが初登場!

2015年2月にソニー・ピクチャーズとマーベルスタジオのパートナーシップ締結されたために、スパイダーマンのキャラクターを『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズにシェアする事が決定しました。

原作では「アベンジャーズ」のメンバーなのですが、今まで出演したことはありませんでした。なぜならば、スパイダーマンの映画化権利はソニーピクチャーズが持っていたためです。だから、今まではマーベルスタジオ作品(今現在はディズニー傘下で展開しています)には一切出演が出来なかったからです。

https://youtu.be/eOrNdBpGMv8?t=13予告トレーラーをご覧になっていただければお分かりになると思いますが、映像のラストのほうに登場するスパイダーマンは、アイアンマンに「新人を紹介する」なんて言われて、お得意の蜘蛛の糸を使ってキャップを拘束して、シールドを奪っている様子が見られます。

リーダーを拘束するということは????敵??味方???はたまた???・・・・実は、スパイダーマンは原作コミックの中ではとても大事な存在であり、初めは推進派に属していたのですが、やがて反対派に寝返ってしまいます。

どうやら、この「シビル・ウォー」ではアイアンマン側のようですが・・・この先はコミックのように寝返ってキャップ側に付くのでしょうかね?続きが楽しみですね。今回こうして主要メンバーを把握したと思いますから、楽しみも倍増すると思います。https://youtu.be/74o3qgKKi-o?list=PLBE597C4BBC175A56&t=5ちなみに・・・・「マーベル・シネマティック・ユニバース(通称MCU)」の映画を観る際の鉄則というか、ルールがあるのでお教えしておきますね。映画は必ずストーリーが終わってもエンドロールの終わりまで観てくださいね。

なぜならば、エンドロールが始まって、中盤に差し掛かる部分と終盤には必ずといっていいほど、次の作品に繋がる映像が差し込まれているからなのです。

ぜひ、次回ご覧になる時にはエンドロールが終わるまでしっかりご覧になることをオススメいたします。映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(Avengers: Infinity War)』もまだ日本での公開予定は未発表ですが、楽しみですね。こちらの記事もオススメ!

アベンジャーズ (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 1,223
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(字幕版)
(2014-12-24)
売り上げランキング: 30