【川端 慎吾】怪我と戦うヤクルトの救世主◯つの魅力!経歴や成績も紹介!

バットコントロールは球界でもトップクラス、2015年の首位打者・川端慎吾は現在、怪我との戦いで二軍調整中だ。川端慎吾がいなければスワローズの浮上はない!救世主となって低迷するチームを救ってくれ!

川端慎吾はヤクルトに舞い降りた救世主!

2017年東京ヤクルトスワローズは怪我人が続出し、2017年交流戦終了時点でセントラルリーグの最下位と2015年優勝時の強さは一体どこへ行ってしまったのだろうか。
現在、椎間板ヘルニアで2軍調整中の川端慎吾が、もし川端慎吾がスワローズの1軍に帰ってくるのならば、間違いなく救世主となるだろう。
スワローズの主力打者である山田哲人と川端慎吾が並んで打順を組めば、怖いもの無し。相手投手に与えるプレッシャーはとてつもなくでかい。
2005年市立和歌山商業高校からドラフト3位でスワローズに入団した川端慎吾は、ヤクルトに舞い降りた救世主なのだ、一刻も早く元気にプレーする姿をファンは待ち望んでいる!

川端慎吾は怪我でも負けない

2007年に左手の薬指骨折、2009年に右肩痛、2011年は左手の首痛、2013年には左足首関節、2016年足骨折、そして2017年は椎間板ヘルニアととにかく、怪我の多い川端慎吾。
しかし、まるで雑草のように強い川端慎吾は怪我から復帰すると月間MVP(2013年9月)を獲得するなど、チームにとって心強い活躍をしてくれる。
2015年のセリーグ最多安打・首位打者の巧打者川端慎吾、一刻も早い復帰が待たれるが、今回のヘルニアでの手術は回避したという情報もある。
怪我の多いイメージが定着しているが復帰すれば活躍するというイメージもある、川端慎吾は怪我でも負けない。真中監督が今一番欲しいのは川端慎吾の復帰だろう。

川端慎吾に迫る6つの魅力ーその1-

川端慎吾は高卒新人ながら即レギュラー

2006年川端慎吾は、高卒新人ながら一軍キャンプスタートとなった。開幕一軍とまでは行かなかったが、2軍では4月から遊撃手のレギュラーの座を掴んでいた。
高卒新人として79試合に出場した川端慎吾は打率.240とプロの壁に苦戦するも、6本塁打、31打点と長打力をアピールしていた。
シーズン終盤になると10月9日のドラゴンズ戦で一軍プロデビューを果たし、翌日のカープ戦でプロ初安打・マルチヒットと共にヒーローインタビューを受けた。
ヤクルト球団史上高卒新人の一軍出場は1987年の土橋勝征以来20年ぶりで1年目の安打に関しては1968年の奥宮種男まで遡る。

川端慎吾に迫る6つの魅力ーその2-

川端慎吾は好球必打!

2016.11.19 #東京ヤクルトスワローズ #川端慎吾 #松山坊っちゃんスタジアム

あおいさんさん(@aoi.mcory)がシェアした投稿 –

好球必打とは、必打(ヒツダ)をパソコンで文字変換をしてもなかなか出てこない。「必ず打つ」と入力し、「ず」と「つ」をdelするのだが…。
川端慎吾は初球からどんどんと打っていく打者である。とても積極性のある打者である。イメージとして川端慎吾は「ボールを選んで打つタイプ」だが実際はファーストストライクを打っていく打者なのである。
トリプルスリー男、チームメイトの山田哲人もまた、ファーストストライクを打ってくる打者である。ストライクボール、つまり好球を打つ打者川端慎吾は2015年195本の安打を放ち打率.336で首位打者となった。

川端慎吾に迫る6つの魅力ーその3-

プロ野球最強の2番打者!

バントを行わずに3番の山田4番の畠山に繋ぐ恐怖の2番打者川端慎吾。最近のプロ野球では、メジャーリーグでもあるように長打力のある選手を2番に据えるオーダーが主流となりつつある。
2015年のスワローズは強かった。攻撃的なオーダーで相手バッテリーはことごとくスワローズにやられていた。
最強の2番打者として川端慎吾は打率.336にて自身初の首位打者を獲得した。川端慎吾はただ長打力があるだけではなく、2番打者らしい動きも見せる。
ストライクギリギリの、いわゆる「くさい球」はカットで粘る。2ストライクに追い込まれても打率.270とリーグトップだった。まさに最強の2番打者にふさわしい。

川端慎吾に迫る6つの魅力ーその4-

川端慎吾の妹が凄い!

埼玉アストライア 23 川端友紀選手 #拡がれ女子プロ野球 #川端友紀 #女子プロ野球 springsnow_0831 さん

拡がれ女子プロ野球さん(@hrgr_jwbl)がシェアした投稿 –

スポーツを志す、女性の憧れの的、川端友紀さんは、川端慎吾の妹である。そう上記の写真は川端慎吾ではなく、妹の友紀さんの写真である。
川端友紀さんは日本女子プロ野球、埼玉アストライアの選手なのだ。背番号は「23」右投げ左打ちで投手と内野手をこなす。
プロ1年目に遊撃手のレギュラーとなった川端友紀は4割近い打率を残し首位打者を獲得した。打撃センスは兄と同様に長けた能力を持っているようだ。
年齢は川端慎吾と1つ違い、時より二人が同時に映った映像なども見かけることがあるが仲の良い兄妹のようだ。

川端慎吾に迫る6つの魅力ーその5-

川端慎吾はバットコントロールが上手い!

プロ野球選手が選ぶ、「プロ野球バットコントロールの上手い選手」見事1位に輝いた、川端慎吾。川端慎吾に出し入りしたいと言う選手がいるほどにバットコントロールが上手い。
2014年から3年連続で3割を打っている川端慎吾は三振も少なく2ストライクに追い込まれてからも、ファールで粘るなど、巧みなバットコントロールの使い手だ。
重さ910グラムのバットを使用していると言う川端慎吾は、ホームランを狙えるバットよりも「打ちやすさ」を優先させたバットを使用していると語る。
川端慎吾が使用するSSKのバットのポイントは手元よりにあり、飛距離は犠牲になるが扱いやすくなる、横浜DeNAベイスターズの倉本選手は川端慎吾を手本とし、同等のバットを使用している。

川端慎吾に迫る6つの魅力ーその6-

ヤクルトファンの誰もが待っている!

「おーい川端慎吾よー早く復帰してくれ!」と神宮球場のライトスタンドからビニール傘を持った東京ヤクルトスワローズのファンから悲鳴が聞こえそうな状態。実際にありそうな現実だが…。
現在スワローズは主力選手の故障が相次いで起きており、川端慎吾他、バレンティン、畠山、中村悠平、投手陣もライアン小川、山中、松岡、古野など優勝するには欠かせないメンバーが離脱している。
現場を指揮している真中監督が一番困っている状況だろう。前述でも述べたが、一刻も早く川端慎吾の復帰が待たれる状況なわけで。
しかしここで無理をすれば選手寿命に関わる話になりかねない。ヘルニアは恐ろしい怪我であるから。シーズンオフに手術をするなどし完璧に直してからゆっくり復帰してもらいたいものだが、何せチームの状態は厳しい。川端慎吾の心中や如何に。

川端慎吾の今後は!?

ここまで2014年より3年連続で打率3割を残している川端慎吾は、現在、椎間板ヘルニアにより2軍での調整を余儀なくされている。詳しい情報はつかめていないが、近日中の手術は回避したという情報はある。
2軍での実戦に出場しているとの情報もあるため、状態がよければ一軍に上がってくる可能性はある。川端慎吾は逆境に強い男である。確かに怪我の多い選手で過去にも幾度も怪我で戦列を離れたことがあるが、
帰ってきては、月間MVPを獲得するなど、結果を残してくれる選手である。2015年のスワローズは強かった、それは川端慎吾が凄かったから。
ファン、首脳陣、チームメイト誰もが川端慎吾の復帰を待ちわびている。2番サード川端慎吾、3番セカンド山田哲人のスワローズ安打製造コンビの’復活で常勝スワローズの復活に期待!

ヘルニアの怪我から復帰なるか!?

椎間板ヘルニアで2軍調整中の川端慎吾のヘルニアからの復帰はあるのだろうか。ひとまず手術は回避したとのことだが、ヘルニアは自然完治が難しいのだ。
筋肉により患部を補うか手術か。運動量の多いプロ野球選手であれば、中途半端に直して再発させることが1番のネックだろう。筆者自身も椎間板ヘルニアなのでよくわかる。私は筋肉増強(腹筋・背筋筋トレ法)により今は痛みはない。
チームドクター等の専門家が近くにいるだろうから、大丈夫だとは思うが、焦って選手寿命を縮めるようなことは避けたいところ。
ファンとしてはゆっくりと完治させ、万全の状態で試合に臨んでもらいたいと思う。いずれにせよ川端慎吾の復活が楽しみである。