【映画ホットロード】豪華キャスト一覧!出演者の原作再現度が高すぎる!

「こんなに誰かを好きになったのは、初めてだった」紡木たく原作の大人気漫画「ホットロード」実写映画です。少女漫画でありながら男子にも評判が高く、実写化が望まれていましたが長く実現しませんでした。2014年に実写化された「ホットロード」ですが、再現度が高いと評価を受けています。さあ、映画を振り返ってみましょう。

映画【ホットロード】あらすじから見る人物像

愛の無い夫婦から生まれた宮市和希(能年玲奈)は、父の死後、シングルマザーとなった母親と二人暮らしをしていた。その母親には、高校時代から相思相愛の彼氏がいる。お互い別の人と結婚をしながら、未だに関係を続ける二人に嫌気がさしていた。

14歳になった和希は、たった一人の家族である母親からの愛を感じられず寂しさを抱えている。自分を見て欲しい!との思いから、母親の誕生日に万引きをはたらくなど孤独からのSOSを発していたが、その思いは母に届かない。



そんな時、転校してきた絵里(竹富聖花)に誘われ暴走族の集会へ。そこで春山洋志(登坂広臣)と出会う。春山も家庭に問題を抱える少年だった。暴走族仲間からの信頼は厚く、カリス的存在の春山。なぜか、和樹にだけは絡んでくる。

いつものように絡んできた春山は、和希の態度から何かを察し「おまえんち家庭環境わりいだろ?」と問いかける。いきなりの発言に和希は「おめえに関係ねーだろ!」と口論になってしまう。最悪の出会いだった…。

暴走族「NIGHTS(ナイツ)」には、総勢500人が所属していた。皆、心に傷を持った少年・少女たちだ。春山もそんな中の一人、孤独という傷をなめ合うように春山と和希は同棲を始める。母と和解できない日々を送っていた和希、隣に春山がいることが嬉しかった。

ある日「NIGHTS」の切り込み隊長に春山が抜擢される。抗争が絶えない暴走族に、和希は不安でいっぱいになる。しかし、和希は春山の元を去ることはできなかった。不安を抱えたまま、慣れない同棲生活を送る二人、この稚拙な恋にハッピーエンドは来るのか?

「ホットロード」キャストは再現度が高い!

出典:https://www.amazon.co.jp

「ホットロード」と言えば1986~87年「別冊マーガレット」で連載されていた大人気漫画です。当時の中高生の中では、あっという間に話題になり、単行本は男女問わず回し読みをされていました。

同年代の「ワル」に憧れて「なんちゃってヤンキー」も横行していた時代。尾崎豊さんの歌に感化され、「盗んだバイク」や「夜の校舎、窓ガラス壊してまわった」というフレーズをむやみに言い放っていたものです。

そんな思春期の真っただ中に現れた春山と和希は、背伸びをしたい少年・少女の心をわしずかみにしました。

春山洋志:登坂広臣

三代目J Soul Brothersのボーカル。半年間ではありましたが、美容師をしていた経歴を持ちます。その後アパレルに努め、2010年には「VOCAL BATTLE AUDITION2」で合格し、三代目J Soul Brothersのボーカルに就任。この「ホットロード」が、俳優デビューとなります。

春山は、16歳で一人暮らしをしているガソリンスタンドスタッフ。高いカリスマ性を持ち、暴走族「NIGHTS」を統率する力を発揮します。外見は、線が細く繊細なイメージを持ちますが、強い覚悟を持った根性があります。

この春山のイメージを登坂さんは、上手く引き継いでいます。有名な「ホットロード」の名シーンをこなした、根性も春山ゆずりでしょう。

森下絵里(えり):竹富聖花

#竹富聖花 #竹富聖花祭り

ぽんさん(@po_n_po_n)がシェアした投稿 –

10歳の頃からボクシングを習っているという活発な女優さんです。2016年11月に芸名を「春花」に変えて再出発をしていたのをご存知ですか?もともと「スウィートパワー」に所属していましたが、今は「ジャパン・ミュージックエンターテイメント」に移籍しました。

この移籍をきっかけに芸名を変更しています。この移籍劇ですが、デビュー時からさかのぼると見えてきます。竹富聖花さんは、大の堀北真希ファンです。堀北さんが所属する「スウィートパワー」が信じ募集をしていたことで芸能界入りしました。

その堀北さんが引退したことで、事務所の移籍をし心機一転「春花」として再出発したのでしょう。「ホットロード」では、和希と春山のキューピットのような重要な役割を果たしました。

「ホットロード」はバイクも再現!見事なカスタム

ホンダCBR400F「春山仕様」・ホンダCB400F「ヨンフォア」どちらも、1980年代に人気を誇ったバイクです。「ヨンフォア」の方は福山雅治さんの愛車としても有名ですね。

発売当初は「おお400。お前は風だ。」というコピーで巷を賑わせました。劇中では、ボディやホイールのペイント、ハンドルやカウルなども原作に合わせて交換しています。両車とも今は旧車ファンにとっては高根の花。「プレミアムバイク」になっています。

映画【ホットロード】は能年玲奈でなければ実写化しなかった!

宮市和樹:能年玲奈(のん)

出典:https://www.amazon.co.jp

原作者である紡木たく先生が監修しているこの映画、なぜ今まで実写化しなかったかというと「イメージに合わない」と云ことで、紡木たく先生がOKしなかったそうです。しかし、映画「カラスの親指」で能年玲奈ちゃんの存在を知り「彼女ならOK」と許可が出ました。

確かに能年玲奈ちゃんなら、和希の「繊細で孤独な心」をイメージできます。そして見事に和希の強さも再現できました。今なお残る名作「ホットロード」まだ観ていない方は、是非ご覧ください!

ホットロード
ホットロード
posted with amazlet at 17.06.21
(2015-05-18)
売り上げランキング: 7,732