【魔法陣グルグル】が再アニメ化!豪華キャスト&プロダクションIGの手で名作が蘇る!

20世紀に子供たちを虜にしたファンタジーアニメ『魔法陣グルグル』ですが、これまでに2度アニメ化がされています。そして21世紀という現代に三度目のアニメ化が決定しました。その3度目のアニメ化がどのようなものになるのか、期待を込めて予習します。

三度のアニメ化!『魔法陣グルグル』は不朽の名作

『魔法陣グルグル』は衛藤ヒロユキによる漫画を原作としてアニメです。ジャンルはギャグファンタジー漫画。現スクエア・エニックスが刊行する『月刊少年ガンガン』にて1992年から2003年の間に連載されていました。

2012年からは続編の『魔法陣グルグル2』が『ガンガンONLINE』にて連載中です。過去に人気のあった昔懐かしさのある作品ですが、いまなおその人気が衰えることなく現役で発信し続けています。

『魔法陣グルグル』最大の特徴はファンタジーとメルヘン、ロールプレイングゲームにパロディなど色々な要素が詰まっているところです。魔物や精霊などのファンタジー世界がメルヘンチックで可愛いデザインで表現されています。とても入り込みやすいです。某有名RPGを意識したメッセージログのギャグも笑えます

『魔法陣グルグル』 あらすじ


物語の舞台はジェムジャム大陸にあるジミナ村から始まります。主人公の少年ニケは勇者マニアの父親に巻き込まれて魔王ギリを倒す旅に旅立つはめになりました。旅立つ前に魔法オババのところに立ち寄ったニケはミグミグ族だけが使える魔法「グルグル」を使えるククリと出会います。こうしてダメ勇者と失敗ばかりの魔法使いの珍道中な旅が始まったのです。

これまでのアニメ化の経緯

アニメの第1作目は1994年から1995年の間に全45話が放送されました。ストーリーは原作漫画通りに描かれていますが、31話以降はオリジナルの展開とラストを迎えています。日本アニメーションが制作し、テレビ朝日系列にて放送されました。声優のキャスティングも素晴らしく、原作の持つメルヘンチックな雰囲気が動画として再現されています

続編の第2作目の『ドキドキ♡伝説 魔法陣グルグル』が放送されたのは2000年のことです。製作は前作と同じ日本アニメーションですが、放送局はテレビ東京系列でした。ストーリーは前作が網羅した4巻以降の5巻からとなっており、ラストのオリジナルストーリーはなかったことになっています。

基本的に声優のキャスティングは引き継がれていますが、スケジュールなどの都合により一部入れ替えがありました

『魔法陣グルグル』最新作はなんとあのプロダクションIG

そして21世紀の最新作を制作したのはあのプロダクションIGです。押井守が劇場作品を制作したことで、その名を有名にしました。『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』や『人狼 JIN-ROH』など日本だけでなく、海外でも評価の高い作品を多く排出しています。

プロダクションIGの豪華さは押井だけでなく、神山健治によるテレビアニメ版「攻殻機動隊」シリーズや『東のエデン』、浜名孝行監督の『獣の奏者 エリン』など硬派なアニメを多く排出しまいした。そのプロダクションIGが『魔法陣グルグル』の最新作を原作の最初から、スタッフとキャストを一新して制作するというだけで楽しみすぎます。

主題歌も決定済み!

主題歌が決まっていることも発表されています。オープニングテーマに起用されたのは長野県出身の新進気鋭バンドORESAMA。タイトルは『Trip Trip Trip』です。タイトルだけでも大騒ぎの予感に満ちた旅が暗示されます。作品の雰囲気にあった曲が期待は大きいです。

タイトルは未定ながら、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND feat.ボンジュール鈴木がエンディング曲を務めることがわかっています。その界隈では有名であるトラックメーカーとテクノグループのコラボということで、どのような曲に仕上がるのかいまから楽しみです。

知ってる人も知らない人も『魔法陣グルグル』の主要キャラクターをおさらい

勇者ニケ

本作の主人公で13歳の少年です。勇者マニアの父親に勇者として育てられ、旅に出たのも嫌々でした。しかし同行者のクルルが可愛い女の子だと知ると態度を一変させて魔王討伐の旅に心躍らせます。その女の子に弱くすぐに調子に乗る性格のおかげで騒動に発展するのが面白いキャラクターです。

人の話をよく聞かないこともあり、ヒロインのククリとのかみ合わない会話も笑えます。また他人につっこむこともよくあり、ギャグアニメ(漫画)の主人公らしさを持ったキャラクターです。

勇者としての特性では光魔法の最高峰「キラキラ」を使います。これは自然に含まれるあらゆるエネルギーを剣の形にして戦うことができるというカッコいい魔法です。最初はソノヘタれな性格から力を持て余しますが、次第に火水地風の力を使えるようになっていきます。

グルグル使いの少女ククル


勇者ニケと同じ13歳の少女で、彼と一緒に旅をする本作のヒロインです。表題の『魔法陣グルグル』を扱えることで、実質的な主人公とも言えます。ミグミグ族最後の末裔であり、現在ではグルグルを使えるのはこのククルだけです。魔法陣を描いて色々な精霊やパワーを召喚できます。

とはいえ、ククルは未熟な身でありほとんどの魔法陣を失敗してしまいます。心の魔法と言われるだけあって術者の精神状態にも左右される魔法です。ピンチに陥ってトンデもないギャグになってしまうこともあります。勇者のことを過大評価しているきらいがあり、ククリビジョンでは勇者がイケメンなのも面白いです。

風の精霊ギップル

ニケとククリたちの案内人であり、世界の地理や文化にも詳しい存在。解説要員。頭部に生えた二本の触手は魔力を感知する機能もあります。マントは伸縮自在で、勇者たちのテントになって便利です。しかしそのマントの下はフンドシ一丁という姿なので、上を向けば見たくない姿があらわになっています。

知識も豊富で便利なギップルですが、戦闘能力は高くありません。それだけなら良いのですが、危険な場所からするに逃げてしまうという厄介な性質を持っています。ゆえに重要な戦闘シーンでは姿をみかけないことが多いです。勇者たちよりは常識を持っている様子で、彼らの突飛もない行動に対するツッコミという重要な役割も持っています。

アドバーグ・エルドル a.k.aキタキタおやじ

52歳のたんなるオヤジで、白髪に禿げ頭というビジュアルもオヤジです。元々はキタの町の町長で、その町では神聖な儀式に女性舞踊の「キタキタ踊り」がありました。しかし町に女性が生まれなくなり、キタキタおやじが最後の継承者としてキタキタ踊りの後継者を探してニケたちと旅に出ます

禿げたオヤジが縮れ毛いっぱいのスネを丸出しにして踊る様は見られたものじゃありません。しかも、ところかまわず踊るものだから、敵味方問わずにひんしゅくを買います。そのケロっとした性格と同様に、その身に何が起こってもケロっとしている最強のキャラクターという面も持ち、そのギャップが面白いです。

気になる『魔法陣グルグル』の新キャストたちが豪華!

ニケ役に石上静香

石上静香は2010年頃から活動を始めた新人声優です。これまでにも主役キャラの声を務めており、本作では堂々の主人公の座を射止めました。漫画家を目指していたという過去もあります。

『健全ロボ ダイミダラー』の喜友名霧子や『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』の華城綾女など下ネタ全開キャラのイメージが強いです。本人自身もなんども下ネタに結び付けてしまうというキャラクターがファンの間では定着しています。

ククリ役は期待の新人、小原好美

ヒロインのククリ役を見事射止めたのは、経歴も情報もまだまだ少ない新人の小原好美です。元々は女優としてテレビやドラマで活動を続けていましたが、2016年から声優としての活動を始めています。

声優の経歴としては2年目と出現したばかりですが、今年には『オトッペ』のウォッタ役や月がきれい』の水野茜役など、メインキャラクターの役ばかりを務めているから驚きです。SNSでもその演技力の高さが話題になっており、まさに期待の新人です。

ギップル役は意外にも櫻井孝宏

精霊ということで、華奢な声で女性声優のイメージがありますが、新作ではなんと櫻井孝宏が声を当てています。『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN』のクラウド・ストライフや『モノノ怪』の薬売り役など寡黙で低音イケメンボイスが特徴的なので、意外で驚きです。

意外な配役ということで、新作でのギップルの印象がどうなるかわかりません。しかし櫻井孝宏は好きな声優のひとりで、その低音なイケボで魅了するおとぼけ妖精は意外に面白そうです。そういった意味で『魔法陣グルグル』の放送が楽しみになってきました。」

キタキタおやじの声優に小西克幸

小西克幸は変わり者や三枚目の役を多くこなしてきたベテラン声優です。親しみやすいおじさんのイメージもあります。兄貴肌やモンスターの声など広い演技の幅も持った声優です。多くのポケモンの声を担当したことで知られています。意外にも声優を志す前はサッカー少年でした。

小西も櫻井と同様に渋くて低い声の持ち主なので、ギャグ要素の大きいキタキタおやじの声に抜擢されたのは意外です。しかしその幅広い演技に定評があるので、どのようなキタキタおやじが誕生するのか楽しみでもあります。この豪華なキャストだけで最新版『魔法陣グルグル』の放送が楽しみです。

いまから楽しみな『魔法陣グルグル』の再アニメ化!

これまでに2度もテレビアニメ化されてきた衛藤ヒロユキによる大人気漫画『魔法陣グルグル』ですが、2017年に再アニメ化されるということで話題になりました。プロダクションIGが制作するということで、その期待も高まっています。豪華声優陣も発表され、話題のアニメとなりそうです。

そんな『魔法陣グルグル』が放送されるのは2017年の夏ということで、もうすぐそこまで迫ってきています。子供の頃ハマった人も、初見の人も満足できる作品になるんじゃないでしょうか。2017年夏期放送予定のアニメのなかで、最も気になる作品です。

魔法陣グルグル2(8) (ガンガンコミックスONLINE)
衛藤ヒロユキ
スクウェア・エニックス (2017-06-22)
売り上げランキング: 394
魔法陣グルグル 新装版 コミック 全8巻完結セット (ガンガンコミックスONLINE)
衛藤ヒロユキ
スクウェア・エニックス
売り上げランキング: 7,865