【ブラックラグーン】高評価なアニメ版の見どころ紹介! 双子編や日本編は何話から?

ブラックラグーンはマフィア間の抗争を題材に様々な人間ドラマを描いている作品で、非常に人気が高いです。原作は漫画ですが、ここでは高評価のアニメ版についてご紹介していきます。

ブラックラグーンの世界観とは?

ブラックラグーンは架空の犯罪都市ロアナプラで繰り広げられるマフィア間の抗争を題材にした作品です。ハードボイルドな世界観なのでダメな人はダメかもしれませんが、ハリウッドのアクション映画が好きな人などはハマるかもしれません。
ガンアクションや白兵戦でマフィアをぶっ殺していく物語ですが、この作品が一番見せたいの殺しの部分ではなくヒューマンドラマです。非常に精巧に心理描写がなされていて、かつリアルに苦しんでいる人々の目線で物語が描かれているため、つい作品に引き込まれてしまいます。
現実の世界にもありそうな過酷な境遇の人々のヒューマンドラマでもあり、ただ激しいアクションバトルが題材の作品ではないので、とても感動できる作品です。日常から離れて、世界の裏側で起こっているような事件や抗争に興味がある人にはオススメの作品です。

ブラックラグーンのあらすじを紹介

主人公は岡島緑郎(おかじまろくろう)という日本人の元普通のサラリーマンです。しかし、東南アジアで海賊ラグーン商会に拉致されてしまいます。そこで銃の腕は立つが性格と品性に難ありのレヴィと出会い、レヴィの相棒である黒人マッチョなダッチと白人インテリ風のベニーとも知り合います。
岡島緑郎の勤める旭日重工は秘密裏に密輸をしており、その密輸に関わるディスクを手に入れたラグーン商会。岡島緑郎はわけもわからないまま世界一の犯罪都市ロアナプラに案内され、そこで元ソ連軍の精鋭部隊から構成されるロシアンマフィアの女ボス、バラライカと出会います。
一方の旭日重工の方は岡島緑郎を見限り、ディスク奪還のための傭兵部隊を投入。そのやり方に釈然としなかった岡島緑郎は、事件が解決した後も旭日重工に戻ることはなく、レヴィたちと共にラグーン商会の一員として海賊ロックとして生きていくことを決めるのでした。

ブラックラグーンはメインキャラの4人が素敵!

ブラックラグーンの魅力は、なんといってもメインキャラクターの4名が超個性的で、かつそれらが絶妙に嚙み合っていてハードボイルドな表現が上手くされている所です。
はじめはわけもわからずラグーン商会に拉致され、そのままホテル・モスクワのバラライカに気に入られ海賊として生きていくことにしたロックですが、悲惨な事件をこなすごとに精神的に成長し、人間的に変わっていく所が魅力的です。
また、ヒロインのレヴィは超強気でぶっ壊れていて、戦闘中も狂気の笑みを絶やさず死闘を楽しんでいる姿が圧巻です。さらに日常でもレヴィの激しさは留まるところを知らず、犯罪都市で暮らしているにも関わらず男勝りで豪傑な所が魅力です。しかし、やさしく空気の読める面もあったりします。
黒人マッチョのダッチはとにかく渋く、イイ味を出しています。しかし、意外と戦闘は得意ではないのかレヴィに任せっきりです。ベニーはいかにもコンピューターマニアな印象のキャラですが、その頭脳は度々問題の打開策を提示し、ダッチやレヴィを救っていきます。
こちらの記事もオススメ!

ブラックラグーンのサブキャラも印象に残り過ぎる!

ブラックラグーンの魅力はメインの4名が魅力的なのは当然なのですが、周囲のサブキャラクター達が負けじ劣らずの個性を放っている所も魅力的です。その代表的なキャラクターとしてあげられるのが、ロアナプラにおいて強い権力を握っているホテル・モスクワのバラライカでしょう。
バラライカは旧ソ連軍では大尉を勤めていただけあり、統率力と人望が厚く、かなり強引だが合理的な作戦で死線を潜り抜けてきた人物です。そのやり方はかなりエグイものがありますが、非情なだけに目的の遂行と結果を勝ち取る力強さがあり、ロアナプラでは大きな権力を握るに至りました。
他にもレヴィ以上の銃の腕を持ち、バラライカにも一歩リードしているやり手の三合会(トライアド)のボス張維新(チャン・ワァイサン)や、CIAの工作員でシスターの姿に扮しているレヴィの悪友エダなど、ロアナプラには魅力的なサブキャラクター達が多数います。

ブラックラグーンのアニメ版は音楽と声優が上手い!

ブラックラグーンはハードボイルドで重く心にのしかかってくる話が多いですが、上手くロック調の曲や重めの曲が使用されていて、ガンアクションや犯罪都市で行われるサスペンスに重みを付加させています
また、声優もかわいい系が得意な方よりは、ちょっと陰湿で強気な声が得意な方々が起用されていることが多く、世界観をチープなものではなくリアリティあるものに見せている所も魅力的です。

ブラックラグーン最大の感動は13話からの『双子編』!

ブラックラグーンの作中で特に印象に残る悲惨な話が、アニメ13話からの双子編です。この話はヘンゼルとグレーテルという美しい双子がメインとなる話なのですが、最後まで報われることがない切なく哀しい物語です。
ヘンゼルとグレーテルはいかついキャラクターばかりのブラックラグーンの世界において、異質なくらい萌え要素のある美しいキャラクターで、特に髪の長いグレーテルの方は非常にかわいらしく印象に残るキャラでした。
戦闘能力も作中随一で、幼い身体に似合わずマフィアどもをぶっ殺していくのですが、グレーテルが使用しているブローニングM1918自動小銃は、グレーテルが扱うとまるで重機関銃のような迫力を示し圧巻です。
こちらの記事もオススメ!

ブラックラグーンのOVAはメイドが強すぎ!?

TVアニメ版の一期と二期の続編であるOVA版では、TVアニメ版でも大活躍したラブレス家のメイドのロベルタが再登場します。しかし、ある事件がきっかけでOVAのロベルタはTVアニメ版の時よりも凶悪になってしまい、もはや誰も手が付けられないほどの存在と化してしまいます。
TVアニメの時でも十分強かったロベルタですが、OVAでは薬品の力も使っており、完全にゲリラ兵時代の異名である「フローレンシア猟犬」と化しています。その戦闘力はレヴィやシェンホアでも手が付けられないほどで、包囲網をかいくぐり圧倒的な戦力で単身奔走していきます。

ブラックラグーンは高評価だから4期もあり得る!?

2017年5月19日よりサンデーGX(ジェネックス)で連載が再開されたブラックラグーン。連載が続き十分なストックが溜まってくれば、アニメ4期も全然あり得ると思います。今現在はまだ不明すぎて、なんとも言えないというのが正直な話です。

ブラックラグーンはどこまでいけるか?

海外でも評価の高いブラックラグーンは、まだまだこれから物語を展開させてファン層を増やしていくのではないでしょうか。
非常に精巧でリアリティーのある物語&世界観なので、萌えアニメが苦手な人でも十分に楽しんで観ることができる作品です。そのため、上手く宣伝していけば人気が波及し、さらに知名度を上げて広がっていける可能性があると思います。今後の展開にもまだまだ期待したいです。
こちらの記事もオススメ!
BLACK LAGOON コミック 1-10巻セット (サンデーGXコミックス)
広江 礼威
小学館
売り上げランキング: 2,997

BLACK LAGOON Blu-ray BOX
BLACK LAGOON Blu-ray BOX
posted with amazlet at 17.06.21
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-12-21)
売り上げランキング: 8,544