【吉田麻也】サウサンプトンでの活躍で評価が急上昇!年俸や奥さんの情報も!

日本代表のCBでプレミアリーグでも活躍している吉田麻也。今では知名度も高いですが、彼はどんなサッカー人生を送って来たのでしょうか。美人と騒がれる奥さんの情報も。日本に欠かせない存在となった彼の歴史を振り返ってみましょう。

吉田麻也のプロフィール

8189cmの高身長を生かしたプレーで日本代表のFCに所属しSBの内田篤人とは非常に仲良いことで有名で、移動バスの中で隣同士で座り、イヤホンを片方ずつつけて音楽を聴くといった恋人同士のような行動をするほどです。
美人な奥さんと結婚し子供も生まれ、人としてもサッカー選手としても順調な吉田麻也は今までどんなサッカー人生を送ってきたのでしょうか。サッカーを始めた小学校から現在まで、奥さんの情報なども含めて振り返っていきましょう。

吉田麻也のデビューからこれまで

4th day done! I'm exhausted…😭 4日目を乗り切った!きちー。笑 #daihyo #samuraiblue #

Maya Yoshidaさん(@mayayoshida22)がシェアした投稿 –

プロ入り前

小学校FCに入団。小学校70人トライアルを受けて合格者4人の狭き門に合格します。
ちょうど進学のために引越しをする兄と二人暮らしをしユースに入団。その後、愛知県豊田市の北西部にある豊田高校普通科に自分の力で進学。この時からプレミアリーグでの活躍を夢見て、英語の勉強に力を入れていたそうです。
高校在学中には2006年の全日本ユースではキャプテンとしてチームを支え準優勝を果たしています。その後、ユースでの活躍を買われ、晴れてトップチームに昇格への昇格を果たしています。

名古屋グランパス時代

プロCBとして徐々に起用されていきます。3年目にはスタメンとして活躍し、グランパスの躍進に貢献していきました。
プロ3試合目のオランダ戦に先発した吉田は、オランダのエースVVVフェンロの会長の目に止まります。
その翌年、吉田の元にVVVフェンロの会長が注目してくれいたのです。吉田は育ててくれたグランパスを去り、海外移籍を決意します。多くのサポーターに見送られ、グランパスを後にしました。

VVVフェンロ時代

夢の欧州の舞台に立った吉田は、チームに合流してすぐの練習試合で左足首を骨折してしまう。すぐにオランダで手術を受けたが、術後の状態が思わしくなく日本に一時帰国し検査を受けると、結果は再手術、長期離脱を余儀なくされてしまいます。
これは吉田にとって相当辛い経験となりましたが『これまでのサッカー人生の中でも、

復帰したシーズンは途中出場の日々が続きました。20試合に出場するもレギュラーの座は獲得できず、フラストレーションが溜まっていきます。しかしコツコツと努力を続けた吉田は翌年、レギュラーの座を獲得します。
この年の119月の第5PSVアイントホーフェン戦では、勝ち越しとなるジャンピングボレーを決めています、これがオランダサッカー番組のシーズンベストゴールで第1に選ばれました。
この年はシーズンを通してスタメンとしてチームを支え、CBながらもチームの得点ランキング25得点をマークし、残留に大きく貢献しました。しかし吉田はさらなる成長を求め、プレミアリーグのサウサンプトンへの移籍を決意します。

サウサンプトン〜現在

高校の時から夢見ていたプレミアリーグでのプレー、日々の努力が身を結んだ瞬間でした。移籍早々の1330日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦でもスタメンとして出場、ユナイテッドに所属していた香川真司も出場していたためプレミアリーグ史上初の日本人対決が実現しました、これはサッカーファンなら誰しもが喜んだ瞬間でした。

16年のシーズンでは度重なるミスにより、新加入のフィルジル・ファン・ダイクにCBを奪われてしまいます。9試合ぶりに選抜したウェストハム戦では決勝点を決め貢献するが、その後も出場機会に恵まれることはありませんでした。
17年のシーズンで努力が身を結び、リーグ戦後半から出場機会がどんどん増えます。1月に行われたFAカップでは得点も記録し、その月のEFLカップ戦では強豪リヴァプール相手に無失点、この大会ではベストイレブンに選出される活躍を見せました。
リーグ戦でも活躍し、4月のクリスタル・パレス戦の試合後に監督から『マヤはサウサンプトンの未来だ』とも言われました。この年には日本人初のプレミアリーグでの出場100試合も果たしています。活躍する吉田から目が離せません。

サウサンプトンでの活躍で評価が急上昇?

Last pre-season match tomorrow vs athletic Bilbao🇪🇸 #lastpreseasongame #saintsfc

Maya Yoshidaさん(@mayayoshida22)がシェアした投稿 –

サウサンプトンでは吉田の3番手、それはポルトガル代表ジョゼ・フォンテとオランダ代表フィルジル・ファン・ダイクがいるからです。それでも吉田の株が急上昇しているのは、置かれている環境の良さにあります。
プレミアリーグでは欧州リーグとカップ戦があります。かなりの消耗戦で、11人の選手を固定で使うことが難しくなり、

First day!! #firstday #saintsfc #テスト嫌い

Maya Yoshidaさん(@mayayoshida22)がシェアした投稿 –

10入りしています。このランキングは最高時速を競うのですが、吉田は8位にランクインしています。
吉田と同じCBになり、さらなる活躍が期待できるかもしれませんね。

吉田麻也と奥さんの出会いは自動車教習所?

吉田麻也の奥さんは横田典子さん、吉田より4年間の交際を経て無事にゴールインしました。
プロポーズは思い出の場所でのサプライズ、プロのカメラマンも雇い指輪ではなく時計を送ったそうです。このシチュエーションも内田篤人と考えたようで、二人の仲の良さがみてとれますね。

123兄弟には女の子みたいな名前をつけています。穂波(ほなみ)、未礼(みれい)、麻也(まや)と名付けていますので、女の子が欲しかったお母さんも嬉しいのではないでしょうか。

吉田麻也の年俸の推移は?

Won the first game of pre-season in Holland 🇳🇱 #preseason #holland #zwolle #saintsfc

Maya Yoshidaさん(@mayayoshida22)がシェアした投稿 –

プロデビュー時に3億になり、現在では9千万円までになっています。活躍している吉田ですが年齢などを考えると移籍がない限りはJリーグの年俸ランキング3倍になるので海外サッカーはさすがといったところです。お金が全てではないですが、モチベーションに繋がることもあると思うので、優秀な若手選手はどんどん海外にチャレンジしてほしいです。

世界屈指のセンターバックへ

2days to go. #ヨビサマセ #daihyo #roadtorussia #イランツイッター開けない

Maya Yoshidaさん(@mayayoshida22)がシェアした投稿 –

今では日本代表史上最高のVVVフェンロの監督も『マヤはたまに、驚くほど単純なミスをする』と語っています。一流になりつつある吉田に足りないのは、