【焼きたて!!ジャぱん】迷シーンTOP10!衝撃の最終回や過激すぎるあのシーンも!

世界に誇れる美味しいパン「ジャぱん」を作る!様々なパンが飛び出すコメディ漫画「焼きたて!!ジャぱん」では、主人公・和馬を中心に数々の迷シーンが繰り広げられます。そんな迷シーンを選りすぐりの10個にまとめて紹介します!

痛快ヒューぱん漫画『焼きたて!!ジャぱん』とは?

規格外の製パン漫画『焼きたて!!ジャぱん』

この物語はパン職人に有利な「太陽の手」を持つ主人公、東和馬が他を寄せ付けない発想によって多くのパンを生み出していく製パン漫画です。コメディ要素が強く、パンを食べた後のリアクションが注目の見どころなんです。
中学を卒業したのち兼ねてからの目標であるパン職人を目指すため、東京へと上京して有名ベーカリー「パンタジア」の採用試験へ臨みます。多くのライバルたちと競い合うわけですが、初回から和馬は底知れない才能を見せつけ試験官たちも大驚愕。
その実力で試験を見事突破した和馬は、パンタジアの職人として立ちはだかる難題や苦難に持ち前のポジティブ精神とパンに懸けるひたむきな情熱で立ち向かい、仲間とともに成長してゆくのです。

『焼きたて!!ジャぱん』の迷シーン:第10位

第10位 黒焦げクロワッサン登場!東のアイディアが光る一品

採用試験の最終選考まで勝ち上がった和馬たちに出された課題はクロワッサン。「黒輪さんって誰?」と、和馬が相変わらずのボケっぷりをかます中、同じく最終選考まで残った河内恭介は自信の無さと焦りから和馬を騙し、そのアイディアを奪います。
そこで登場するのがなんと「黒焦げのクロワッサン」。324層に重ねた生地を焼成した結果出来上がった「ジャぱん43号」なんですが、試験管の黒柳の前に出された時には黒焦げ状態・・・パンを作った河内もドキドキを抑えられません。
しかし完成品をスプーンで叩くと、黒焦げなのはクロワッサンの表面だけだとわかり中身はまさに光り輝く三日月そのもの。食した黒柳の悶絶がその美味さを物語ります。最後は和馬を騙したことをきちんと反省する河内も見られるので気持ちの良い迷シーンです。

『焼きたて!!ジャぱん』の迷シーン:第9位

第9位:ジャぱん16号!!富士山型のパンで和馬が評価を覆すシーン

和馬が初めてパン製作を披露するシーン。採用試験ライバル・河内の妨害でジャぱん56号が作れなくなってしまい代わりに披露するのがジャぱん16号です。富士山型をしていますがインドのパン「ナン」であって生地に練りこまれたヨーグルトとカレーの相性が抜群の絶品です。
このパンを食した試験官の黒柳が和馬の実力に気付いて、他のどの試験者よりも高い評価を与えるシーンは食べる時のド派手なリアクションと相まって面白いです。さらに和馬はカレーのことを日本食だと勘違いしていて、「カレーは辛いからカレーなんじゃ!」と豪語するところも笑えます。
それに対する河内のツッコミやヒロイン梓川月乃の驚きも見られ、焼きたて!!ジャぱんのオーソドックスな話の形がよくわかる迷シーンとなっています。アニメだと第二話にあたり、和馬の天然っぷりもよくわかります。

『焼きたて!!ジャぱん』の迷シーン:第8位

第8位 パンタジア新人戦!!焼きそばパン作りに懸ける努力のシーン

新人戦の二回戦は焼きそばパン対決!和馬の対戦相手は外国人パン職人で強敵のシャチホコ。課題は焼きそばパンでも今回はパンを作る必要はなく、挟み込む焼きそばだけを作るということで和馬は大苦戦します。
そんなこんなで不安に駆られる和馬・河内の南東京支店チームですが、店長である松代健から修行のために「劉(りゅう)さん」を紹介されます。この劉さんの登場シーンはとても印象的で、まるで北◯の拳のケン◯ロウのごとく吠えながら焼きそばを作ってみせます
パン以外の料理はとんと不器用な和馬が、自分の頭に焼きそばをぶっ掛けてしまったりとあたふたしながらも頑張って努力するシーンは、和馬の可愛い姿も見られるオススメの迷シーンです。

『焼きたて!!ジャぱん』の迷シーン:第7位

第7位 和馬VS冠茂!!新人戦での戦い

新人戦の決勝。和馬の対戦相手は天才的な頭脳を持つ冠です。パン職人としての腕も一流の冠は酵母菌の知識を活かして和馬に挑んできます。白熱した戦いの決勝ですが和馬はモチモチ食感を狙ったグルテン二倍のdoubleグルテンパンで応じます。
この戦いの迷シーンは、その結末にあります。なんと月乃の姉である梓川雪乃が、敗北した冠の大切にしていた研究所を爆破してしまうんです!!爆破ですよ、爆破(笑)。何もそこまでしなくても・・・と誰もが思いますが、雪乃の残虐性が垣間見えます。
決勝戦ももちろん注目ですが、この雪乃の行動にも大注目です。怒り狂った雪乃が悪魔の形相で爆破スイッチを押すそのシーンは酷いですが、なぜか惨さを通り越して少し笑ってしまうのは終始この漫画に流れるコメディチックな雰囲気のおかげかもしれないです。

『焼きたて!!ジャぱん』の迷シーン:第6位

第6位 電子レンジを使ったパンで勝負!!

舞台はモナコカップ本選1回戦。日本代表として参加した和馬・河内・諏訪原たちが挑むのはスピードパンバトルです。これは制限時間60分という短い時間の中で美味しいパンを作らなければいけないという難題です。この難題に和馬が持ち出したのがなんと電子レンジ!!
世界各国の強豪チームと争う中、和馬たちが電子レンジでパンを作る様子は常識はずれで、奇想天外です。“チン”という電子レンジの音を鳴らしながらパンを作るなんて、焼きたて!!ジャぱんじゃなきゃ見られないと思います。
出来上がったジャぱん3号の味は申し分がなく快勝かとも思われましたが、審査員のピエロが大の電子レンジ嫌いであったため完全なる難癖がついてしまいます。個人的な好き嫌いでまさか不合格に・・・?という無茶苦茶な話の展開も面白い部分です。ちなみにこのピエロは焼きたて!!ジャぱん界で1、2を争うほどキャラが濃く面白いです。

『焼きたて!!ジャぱん』の迷シーン:第5位

第5位 モニカの色気とツンデレ

モナコカップの決勝で諏訪原と当たったのがモニカ・アデナウアー。アメリカ代表のパン職人として参戦するが本職は菓子職人です。菓子職人なだけあって「命の次にお菓子が大好き」と話しています。小柄で可愛らしい人気キャラクターです。
そんなモニカの迷シーンはしばしば見せるツンデレと色気です。同じアメリカ代表のシャチホコにお菓子を取られた時には足蹴りをかまし、「勝手にモニカのお菓子に手を出さないでよね!!」と怒って大事そうにお菓子を抱え込みます。これがなかなか可愛いです。
色気が得意なのはさすが西洋人といったところで、対決時には水着姿で会場に現れます。対戦相手の諏訪原を色気で誘惑して勝利をより確実にしようともします。しかしまあこの作戦の結果は、諏訪原が対抗意識を燃やして上半身を脱いだだけでした(笑)。

『焼きたて!!ジャぱん』の迷シーン:第4位

第4位 コアラの正体・謎が明かされるシーン

新人戦でずっとコアラのマスクを被っていた謎の人物。コアラは月乃の妹である水乃の差し金でありその正体を隠し続けていました。相当の実力を持っていて、話が進むにつれますますその正体に注目が集まっていましたが、なかなか明かされません。
いち早く見抜いたのは松代店長です。その正体はかつて和馬が戦った「サンピエール」東京本店の元店長・模糊山でした。昔に松代と模糊山は同じく拳法を志した仲なので、早く気付けたのでした。以前は傲慢だった模糊山はコアラ姿になると謙虚で油断もなくなっており、正体を知った時はかなり驚きです。
和馬とコアラが戦う準々決勝は勝敗がつかず引き分けとなり再試合が促されますが、店長を務めたほどのキャリアを持つ自分はこれ以上勝ち進むに値しないと引き下がります。よって勝者は和馬なんですが、かつての自分を乗り越えて真剣にパンと向き合い直した模糊山の姿がとても印象的で感動します。しかし模糊山のギャップが激しすぎますので迷シーン入りとなりました(笑)。

『焼きたて!!ジャぱん』の迷シーン:第3位

第3位 最終回の河内・ダルシム

数々の迷シーンを生んだ焼きたて!!ジャぱんですが、ぶっ飛び具合は話数を重ねるごとに増してゆき最終回でも盛大にぶっ飛びの花を咲かせます。地球温暖化が進んでしまい津波が全世界へ迫るんですが、ここで和馬が作った究極のパン・素パンを食べた河内がダルシムへと変化。
そして全世界の大陸をダルシムのパワーで浮かせることにより世界を救ったのです。もはやパンさえ食べればなんでもありなんだということを良く読者に分からせてくれたお話でしたね(笑)。
そしてダルシムとなったままゲーム内でリュウやケンと戦い続ける羽目になった河内は最終的にはパン職人をやめることにもなり(あれだけ頑張ってきたのに・・・)おなじみの「なんやて!?」と言うセリフで幕を閉じるのです。不憫というかなんと言うか、読んでいてあっけにとられましたね(笑)。

『焼きたて!!ジャぱん』の迷シーン:第2位

第2位 名探偵ピエロ現る!!

モナコカップ最終戦でシャチホコの古代米味噌パンを食べたピエロはその美味さを表現するために、名探偵コナン君になり変わります。完全に別漫画のキャラクターを登場させてしまうあたりはさすがと言うか呆れると言うか言葉に迷いますが、焼きたて!!ジャぱん屈指の迷シーンであることは間違いありません。
コナン君の姿ですが性格は本物と似ても似つかず暴言を吐きまくります。河内をハゲ呼ばわりしたり松代店長をモジャモジャ頭と言ったり触れるものみんなを傷つけていくスタイルで振舞いますが、そのはしゃぎっぷりはとにかく面白いので必見です。
アニメでは「コナンである自分が登場したからには視聴率もアップさ」などと悪びれもせずに言うので、河内には「手前味噌なやつだ」と突っ込まれますが、「コナンは手前味噌」と「古代米味噌」のダジャレがオチになります(なにを言ってるのかわからねーと思うがr)。

『焼きたて!!ジャぱん』の迷シーン:第1位

第1位 黒柳のリアクション覚醒!!

堤政伸(つつみまさのぶ)と冠茂が橋口組の後継をかけて行ったジャム対決。この時に審査員を務めたのが黒柳です。パン食リアクション王である黒柳ですが、この時のリアクションは格別に光っていました。
堤の作り上げた熱々の「ジャム・フランベ」に顔面を突っ込んだ黒柳はその熱さで火傷を起こして顔をパンパンに腫れ上がらせます。腫れ上がったその容貌はまさに「アンパンマン」に登場するジャムおじさんであり、プロとして命がけで美味しさを表現したのでした。
常識的に考えると色々突っ込みどころ満載の迷シーンですが、最後には黒柳のプロ根性に心を打たれることでしょう(笑)。焼きたて!!ジャぱんには予想の遥か上をゆくリアクションの数々が存在しますが、このジャム回で魅せるそれは群を抜くと言えます。

(ギャグ)グルメ漫画なら『焼きたて!!ジャパン』がオススメ!

『焼きたて!!ジャパン』で新たな食マンガを体験しよう!

ギャグ漫画であり、製パン漫画であり、青春漫画でもある。この「焼きたて!!ジャぱん」には面白いと言うことのほかにさまざまな魅力が詰め込まれています。読み進めていくにつれ、和馬や仲間たち・ライバルたちが一生懸命パン作りに励む姿が見られて自分も頑張ろうという気持ちになれます。
パンについても意外と知らなかった情報や豆知識が得られるので、どんどんパンのことが好きになってくるでしょう。コメディ漫画なのでふざけた描写も多々ありますが、1本の筋が作品に通っていると思いますので話がブレることはありません。
何かフード関連を題材とした漫画をお探しであれば、この焼きたて!!ジャぱんと言う名作を読んで、新たな食マンガを体験して見てください。きっとハマってしまいますよ。

それぞれの開幕!! パンタジア新人戦開始!
(2016-03-25)
売り上げランキング: 142,499

焼きたて!!ジャぱん(1) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2013-01-01)
売り上げランキング: 128,852