江角マキコの現在が衝撃!デビューからの歩みを振り返る

女優として華々しい芸能生活を送った江角マキコさん。2017年、芸能界から突然の引退をした彼女のデビューから引退までの歩みと現在の様子をご紹介!

江角マキコのプロフィール

2017年、突然の芸能界引退を発表して世間を驚かせた女優、江角マキコさん。強い女性の象徴として芸能界で活躍し続けた彼女のプロフィールをご覧ください。
江角 マキコ(えすみ まきこ、1966年(昭和41年)12月18日 – )は、日本の元女優、元タレント、元バレーボールの実業団選手。

島根県出雲市出身。研音を経てインクワイヤーに所属していた。前夫は写真家の桐島ローランド、現夫はフジテレビのディレクター・平野眞。大宮アルディージャなどでプレーしたサッカー選手の江角浩司とは遠戚にあたる。島根県立大社高等学校卒業。

出典:https://ja.wikipedia.org

キリッとした綺麗な顔立ちと、真面目でサバサバとした強気な性格で、特に女性からの支持を集めた江角マキコさん。これからまだまだ活躍が期待されていたのですが、あることがきっかけとなり彼女は突然の引退を発表されました。今回は、彼女のこれまでの芸能生活と現在の様子をご紹介します。

江角マキコのデビューからの歩み

バレーボール選手からモデルへ転身!

江角さんは島根県立大社高等学校に在学していた頃からバレーボール部に所属していました。江角さんが在学していた学校は特別バレーボール強豪校という訳ではなかったそうなのですが、基礎体力を測った際、江角さんの垂直跳びがその年では全国でトップだったらしく、高校卒業後に日本タバコ産業女子バレーチームに誘われ入団。選手として活躍していました。
午前は会社で事務仕事、午後は体育館に移動し深夜までバレーボールの練習と、まさに目まぐるしい日々が続いたようです。寮での生活で、新人の江角さんは掃除や洗濯などもしなければならず、耐えきれなくなり一度実家に帰ろうと寮を飛び出たこともあるそうです。

しかし、両親に追い返され、寮に戻った江角さんは罰として雑用を1ヶ月やることに。バレーボールの練習も十分なウォーミングアップ無しで挑んだため、上腕二頭筋を断裂してしまい入院してしまいます。そのことがきっかけで江角さんは選手を諦め、会社も辞め、大きな挫折を経験します。
彼女によると、バレーボール選手時代は辛いことばかりで思い出したくもないほどのものだった、と語っていました。そしてその後、江角さんはファッションモデルへ転身します。
キリッとした端正な顔立ちと、170cmという高身長を武器にファッションモデルとして活躍していきます。1994年には矢沢永吉さんのアルバム「the Name Is…」のジャケット写真のモデルに起用されたことがあるそうです。そうしてモデルの仕事を続けていた彼女に、またしても転機が訪れるのです。

映画「幻の光」で女優デビュー

彼女が女優としてデビューしたのは28歳の時。鬼才、是枝裕和監督作品の劇場映画「幻の光」で主演を務めました。ファッションモデル時代の知名度もあり、遅咲きながらも主演女優デビューを果たします。この作品で日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞し、女優として華々しいスタートを切りました。
また、1996年2月には写真家の霧島ローランドさんと結婚しましたが、9ヶ月で離婚しています。そして、女優としての仕事を着実にこなしていく中、彼女の代表作となった大ヒットドラマと出会うことになるのです。

主演ドラマ「ショムニ」が大ヒット!

1998年4月15日、江角さんが主演のドラマ「ショムニ」がスタートします。ドラマが始まるやいなや高視聴率を記録し、たちまち大ヒットドラマに。江角さん演じる坪井千夏の男尊女卑をものともしないサバサバした性格がお茶の間に大受けし、特に働く女性からの大きな支持を得る結果となりました。また、ショムニ第2シリーズのエンディングテーマ「ONE WAY DRIVE」で歌手デビューも果たしています。
大好評を博したこのドラマは、ショムニの完結編と称されている「ショムニFOREVER」が放送されるまで常に高視聴率を記録し続けました。また、このドラマで江角さんはザテレビジョンドラマアカデミー賞の主演女優賞を受賞し、大物女優の仲間入りを果たしました。

結婚・出産を機にバラエティーで活躍

2003年の「ショムニFOREVER」の放送直後、同ドラマの担当ディレクター平野眞さんと再婚することが発表されました。以降も女優として変わらぬ活躍をしていた彼女ですが、2005年に第1子が誕生し、1年間ほど女優業を休業して育児に専念していました。
そして休業から1年後、NHKドラマ「マチベン」でドラマ復帰。また、バラエティ番組「グータンヌーボ」でのMCが決定して以降はバラエティ番組の出演が増え、女優兼タレントとして幅広い活躍を見せます。
2009年には日本テレビの人気バラエティ番組「ぐるぐるナインティンナイン」の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!10」でレギュラーとなることが発表され、世間を驚かせました。その後、7年間にも渡りレギュラーを務めました。

本格的に女優復帰!「ショムニ2013」が話題に

2009年に第2子を出産しますが、すぐにバラエティ番組に復帰し活動を再開。その後、日本テレビのドラマ「ブルドクター」で本格的に女優復帰を果たします。そして、何と言っても2013年に放送されたショムニの第4シリーズとなる「ショムニ2013」は大変な話題となり、江角さん演じる坪井千夏以外のキャストを一新して放送されることが発表された時には、過去のショムニシリーズのファンからは賛否両論ありました。
放送が開始され、初回は前シリーズの人気や話題性もあり高視聴率を記録しましたが、それ以降は視聴率が奮わず、平均視聴率は11.1%というシリーズ最低の平均視聴率を記録しました。しかしやはり江角さん演じる坪井千夏の復活を喜ぶ声もあり、結果的に今の若い世代にもショムニシリーズが知れ渡る結果となりました。

ある騒動が週刊誌に掲載され女優生命の危機!

女優兼タレントとして順調に仕事をこなしていた彼女ですが、2014年9月4日、週刊誌にある騒動が掲載されました。その内容は「2012年12月頃、江角さんは当時の男性マネージャーに命令し、タレントの長嶋一茂さんの自宅に「バカ息子」と落書きをさせた」とのこと。
同時に掲載されていた実際の壁の落書きの写真はあまりにも幼稚なものであり、真面目でしっかりしたイメージのある江角さんからはとても想像できないような出来事で、誰もが驚きを隠せませんでした。
報道が出てからしばらくは何も語らなかった彼女ですが、どこかで「間違いだとしたら、近いうちにきちんと説明の場を設け、はっきりと否定するだろう」と思われていました。そして掲載から5日後の9月9日、彼女はブログを更新しました。

しかしその内容は「元マネージャーが勝手にやったことであり、自身は全く関係ないが、元マネージャーの管理ができていなかったことは私にも責任がある」というような弁明だったのです。元マネージャーに責任を押し付けるような内容に、世間からは避難が殺到。また、会見、ましてや直筆のファックスでもなく、広告収入を得ることのできるブログでの弁明にも批判が集まりました。
その後は、週刊誌や記者からの格好の的となった江角さん。彼女のプライベートな事が次々と取り上げられました。江角さんは長女が通う小学校でモンスターペアレントのようになっている事、ママ友トラブルがあった事、今回の騒動での江角さんの長女の転校の事など、それはもう様々なことが連日報道されました。

さらなる騒動が発覚し、ついに芸能界引退!

その後はテレビ出演も激減。2016年には唯一継続していたバラエティ番組「私の何がイケないの?」も突然の放送終了。本人は「仕事をセーブし育児に専念していた」と後の週刊誌のインタビューで語っていたそうですが、実際は芸能界から干されたと見て良いでしょう。
 
そして、2017年1月23日、江角さんの所属事務所から報道各社にファックスが届きます。内容は、江角マキコさんの不倫報道の否定と、芸能界の引退宣言でした。突然の引退宣言に、誰もが驚きを隠せませんでした。
そして、引退宣言の翌日に発売された週刊誌にて、彼女に最後の追い討ちをかける内容が掲載されました。「妻子ある男性と6時間の密会不倫をしていた」という内容です。また、江角さんの旦那さんとは別居状態にあるらしく、旦那さんは不倫相手の存在を知っており、別居の事実も認めました。

さらに、その不倫相手というのが、2016年に巨額詐欺事件で逮捕された中の1人で、しかも江角さんはその詐欺被害者の1人だったのです。詐欺被害に遭って以降も交流を続けていたようで、詐欺関与や洗脳疑惑まで噂される騒動に発展します。
 
さすがにこのような騒動まで報道されるとなっては、彼女も引退せざるをえなくなったのでしょう。結局、報道や引退のことに関して直接江角さん本人の口から説明されることの無いまま引退されました。その後の週刊誌のインタビューで詳しく答えていましたが、どれも言い訳のようなものばかりで、誰もが釈然としないままの引退となりました。

江角マキコの現在は?

現在の彼女の情報としては、専業主婦になり、家族との時間を大切にしているということ以外はわかっていません。そして、週刊誌に掲載されている彼女の薬指にキラッと輝く指輪が!このことについて問われた彼女の旦那さんは「この指輪は自分があげたものでは無い」とのこと。不倫報道されている男性から貰ったものとも考えられなくはないですね。やはり不倫報道は事実なのでしょうか。
世の女性達が憧れる女性として20年以上も芸能界で活躍してきた江角マキコさん。最後はとても辛い幕引きとなってしまいましたが、これからは子供のために生きていく素敵な母親であってほしいですね。