「アホガール」アニメ化!キャストは杉田智和×悠木碧で超豪華!

2017年7月4日からの放送が決定しているアニメ「アホガール」。本作はキャスト陣の豪華さや主演2人の未知数具合等からあらゆる注目を集めている。主題歌は誰か、制作はどこで誰がいるのか、原作は?そんな気になる所を探っていこう!

やったね、よしこちゃん。「アホガール」がアニメになるよ!

2017年、驚天動地のアホな夏がやってくる

17年7月4日より放送開始するアニメ「アホガール」。空前絶後のアホJKを悠木碧が、それをあしらう一匹狼気取りの幼馴染を杉田智和が演じると言う事や他にもそれなりの面子に思わぬ名前がキャスティングされている声優陣に注目が集まっている。
そんな「アホガール」を制作するのはどんな人達で、どこが作るのか。OPEDなどの主題歌はどんな感じなのか。もっと突っ込めば期待できるのかどうか。そんな気になる「アホガール」情報をさくっとまるっと、どんなにアホの子でもわかる様、紹介していこう!

「アホガール」ってどんな作品?原作は漫画?

テンション高めのギャグ漫画!

さてそもそも「アホガール」は週刊少年マガジンで連載を開始し、現在は別冊少年マガジンにて連載されている高校を舞台としたギャグ漫画となっており、本作は四コマ漫画の形式で紡がれている。
作者は、以前アニメ化もされた「漫画家さんとアシスタントさんと」のヒロユキで、本作にも彼の特徴である所の、残念なキャラへのツッコミや制裁が痛快な雑把ながらもわかり易いテンション高めのギャグ漫画然とした部分は如何無く発揮されている。
物語としては、空前絶後の!驚天動地の!アホJK花畑よしこが、相思相愛(相思相愛とは言ってない)の幼馴染へ猛烈なアプローチを掛けてはあしらわれると言う日常に、様々なキャラを巻き込んでは残念に仕上げていくトラブルだらけの日常を描いたものとなっている。

“笑いに全てを捧げられる”アホガールの超豪華声優陣!

笑いに全力投球!

さてさて注目を集めている気になる所の声優陣だが、まず件のアホの子、よしこを演じるのは悠木碧さんだ。そして対になる幼馴染、通称「あっくん」を演じるのは杉田智和さんである。まず主演のペア2人の正当な番と言うのがもう珍しい割に色物っぽくて面白い。
独りにこだわる秀才あっくんと友達になろうと奮闘するさやかを原田彩楓さん、ストーカー気質で思い込みが激しく、心の風紀を乱しがちな風紀委員長は上坂すみれさん、そして、アホガールDNAの元である所のよしこの母よしえは日笠陽子さんが演じる事となっている。
他にも、佐藤利奈さん、矢代拓さん、千本木彩花さん、M・A・Oさん、井口裕香さん、前田玲奈さんがキャストに名を連ねているだけに細かな部分に至っても笑いに手を抜いてない事が解るだろう。

犬:浪川大輔

出典:http://ahogirl.jp

さて、字面だけでも面白いのは「犬:浪川大輔」に尽きるだろう。公式HPの「とてもいい役、とても人気があるキャラクターと聞いております。限られた中でどれだけ表現できるかが勝負だと思います。頑張ります、犬!!」というコメントの踊らされてる(踊ってる?)ベテランと言うのも実にツボだ。
そんなキャスト陣を、主人公役の悠木さんは自身の公式ファンクラブにてこう評していた。
もうね、キャスト見て頂ければ想像してもらえるかなと思うんですけど、笑いのためなら全てを捧げられる人だけで構成された作品です(笑)そんなチームで臨む、キュートでポップで(嘘)ちょっぴりセクシーな(嘘)ラブコメ(嘘)お楽しみにっ☆

出典:http://aoimania.com

正にその通りだろう。天真爛漫が似合うあおちゃんがあんぽんたんで、キョン等やれやれ系ツッコミやアドリブの光る杉田さんも居れば、普段や演技問わずギャグ系統に明るい日笠さんに上坂さん、井口さん、佐藤さんがいるのだ、これは強い。

杉田智和×悠木碧でアニメ、大丈夫なの?

幼馴染カップルとか全く想像出来ないのだが…

高校生を杉田さんが演じれば、その彼に猛烈アピールを見せる女子高生を悠木さんだ。ちょっと耳にしただけでは戸惑い以外の何物でもない。なんならこの二人で思い浮かぶのは歌って戦うアニメの博士と主人公だろうし、某格闘ゲームの主人公と魔法少女でもあった。
アニメの現場を離れるとご主人様事件やエンカウント等でも度々仲の良さ(?)が報告されている2人であるが、恋愛の絡む密接な1対の役としては初と言っても良いのかもしれないだけにその未知数具合が気になるのである。
とは言っても演技力の光る2人であるし、それぞれがハマっていればその掛け合いも相乗効果でまた素晴らしいモノにも成り得るだろう。そうなれば、新鮮な2人の掛け合いもまたより面白く受け取れてくるのではと思う程に楽しみになってくる。

「アホガール」の制作陣は?

気になる制作会社に監督、主題歌は?

さて、では気になる制作陣をピックアップしておこう。キャストも大事だが、作るのは彼等なのだからやはり重要なポイントだろう。会社はディオメディアで、総監督に草川啓造、監督に玉木慎吾、シリーズ構成はあおしまたかしとなっている。
監督に会社としては「侵略!イカ娘」や「はんだくん」を制作していた会社で、シリーズ構成のあおしまさんは「ガヴリールドロップアウト」や「干物妹!うまるちゃん」等、ギャグ漫画のアニメ化それも四コマも経験があるだけに期待が高まるし、安心して良い所だろう。
他にも主題歌として、OPはangelaが、EDは上坂すみれが担当する事となっている。angelaはKやファフナー、シドニアと言った作品の印象が強いかもしれないが、生徒会役員共で主題歌を担当してもいたし、何より2人がひょうきんで楽しい方達なだけにこちらも楽しみだ、ほあ☆ほあ☆

空前絶後の“アホ”の子、います!

公開されているPVを見れば、期待も出来ると言うモノだろう。あおちゃんの天真爛漫かつ節の効いた勢いある感じや杉田さんのやれやれ系ながらもツッコミの激しさや勢いある叫びはもうこれだけの為に見ても良い程だ。
PVではあるがよく動くし画面からもう勢いある感じが溢れ出ていて最早勢いしかないまである。その勢いに笑いの為に全てを捧げる豪華声優陣が勢いよく乗ってくるのだからもう敵無しだろう。
根拠の無い自信と的外れな思い込みにあっくんへの愛に溢れ、まともなコミュニケーションが成立しない癖に周りの多くを巻き込んで自身のペースに乗せては大暴れする、そんな彼女から元気をもらうのだ。
きっと夏バテなんてかっ飛ばしてくれる事だろう!バナナはあるか?視聴準備は万全か?放送は7月4日より始まる、もうすぐなのだ、見逃せないぞ!
アホガール(9) (講談社コミックス)
ヒロユキ
講談社 (2017-06-09)
売り上げランキング: 1,635

アホガール(1) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2013-07-19)
売り上げランキング: 2,992