【プライベートライアン】歴史に残る最もリアルな戦争映画の5つの魅力

スティーブン・スピルバーグ監督の代表的戦争映画。あまりにも真実に近い映像だったため、第二次世界大戦で生還した人が視聴して、PTSDにかかった人がいるとまでいわれています。これほどまでに評価された理由は何か?プライベートライアンの秘密に迫ります。

スティーヴン・スピルバーグ監督の傑作映画「プライベートライアン」とは?

スティーブン・スピルバーグ監督の「太陽の帝国」「1941」「シンドラーのリスト」に続く第二次世界大戦をテーマにした、第4作目の作品です。アカデミー賞に11部門ノミネートされ、5部門受賞し、興行成績では1998年全米1位の記録となっています。

3時間の長編映画にもかかわらず、わずか60日とういう異例の早さで撮影されました。しかも映画には珍しく、時系列をおっての撮影だったので、予算がどれほどかかったのか想像に難くないです。

スピルバーグ監督というと、「インディージョンズ」など娯楽作品イメージが強かったのですが、「シンドラーのリスト」くらいから、重いテーマも撮れるんだっていうイメージに変わりましたね。(あくまで私の意見です)

プライベートライアンの魅力その1~実話を題材にしたあらすじ



ノルマンディ上陸作戦は、多くの負傷者を残したものの成功した。オハマビーチで、生き延びたミラー大尉(トム・ハンクス)にライアン二等兵(マット・デイモン)を救出せよという命令が下された

ジェームス・ライアンには3人の兄がいたが3人とも戦死。故郷で待つ母親の元に、せめてジェームスだけでも返さなければならないと上層部が決めた。ミラーは部下7人を連れて、生死も分からないライアン二等兵救出に向かった。

ドイツ兵があちこちにいて、助けに行くのも命がけなのに、なぜ8人の命をかけて一人を救うんだろう?と思いましたね。映画の中の8人も当然そう思ったようで、軍の絶対的命令に不満を持ちながら、任務を遂行します。

険悪な雰囲気を生のまま撮影

トムハンクスをはじめとする8人は、実際に軍の訓練に2週間ほど参加しました。2週間といえどもかなり過酷な訓練で、そのまま映画の撮影に入ったのです。マット・デイモンはその訓練に参加せず、時系列に沿い、8人がライアンに対して憎悪の気持を持ったところで、初めてマッド演じるライアン二等兵が登場

これによって、「こいつか!ライアンは!!」っていう生の表情が、画面からヒシヒシと伝わってくることに成功。さすがに世界のスピルバーグ監督、やることが大きいです。ライアン二等兵のモデルになったのは、ナイランド兄弟。

フレデリック・ナイランド軍曹には3人の兄がいたが戦死。フレデリックは前線から脱して本国へ帰国。実際には救出隊が結成されたわけでもなく、自力で前線から脱したようです。

プライベートライアンの魅力その2~映画史に残る20分の冒頭ノルマンディ上陸シーン



ノルマンディー上陸シーンから始まるんですが、船で陸にたどりつく前に、どんどん打たれて死んで行きます。陸までたどりつける船はいるのか?と思いますが、少しづつ陸に上がっていくんですね。

陸に上がってからも、内臓がはみ出ている兵士が「ママー」と叫ぶ、片腕をなくして歩いている兵士が、自分の腕を見つけて拾うなど、早送りしたくなるような悲惨なシーンがなんと20分も続きます。

やっとのことで、ドイツ軍を制圧しますが周りにはたくさんの死体の山。作戦が成功してほっとするんですが、そうだった、日本はこの時ドイツとお友達でした。ちょっと複雑な心境でしたね。

実際の撮影はアイルランドで行われた

このシーンの撮影は、アイルランドのビーチで行われました。ノルマンディは許可が下りなかったからなんですね。ドイツ軍はチェコ語でも話しているのですが、実際にノルマンディいたドイツ軍は、チェコスロバキアなどの東軍で編成されていたため、チェコ語で話す人たちもいました。

そこまで詳細にわたって再現されていたのです。現在、ノルマンディには連合軍で命を落とした人たちのお墓があります。

プライベートライアンの魅力その3~トム・ハンクスをはじめとする豪華なキャスト

迫力ある映像。 一人の母親のために指令を受けた男たち。 #savingprivateryan #プライベートライアン

cinema'cinemaさん(@le___cinema)がシェアした投稿 –

主演はアカデミー主演男優賞を二度も受賞しているトム・ハンクス。「プライベートライアン」でもノミネートされました。トム・ハンクスが爽やかだから、悲惨なシーンが多くても堪えられたとまでいわれました。

兵士がつける大量のドッグ・タグが缶の中に入れられていて、それを無造作に広げるシーンはショックでした。生きているかも分からないライアンを救出しろなんて、オレたちの命はどうでもいいのかって、無言の抗議に聞こえました。

名演技ですよね。そしてライアンを演じたマッド・デイモンですが、今ではボーンシリーズなどでに肉体改造されていますが、この時は痩せすぎているとスピルバーグ監督は思ったようです。

大物俳優の口添えで演じることが決定

マット・ディモンをスピルバーグ監督に推したのが、今は亡きロビン・ウィリアムズ。そういえば、映画「グッド・ウィル・ハンティング」で、マット・ディモンと共演していました。

ライアンが、納屋で兄弟の話をしますが、当初台本にはありませんでした。マットがアドリブで行ったことをスピルバーグが採用したのです。脚本家としても才能のあるマットですから、即興で盛り上げるストーリーが思い浮かんだのでしょう。

ライアン救出隊の他の7人も、トム・サイズモア、エドワード・バーンズ、ヴァン・ディーゼルらがキャスティングされ、この映画を期に注目されています。特にヴァン・ディーゼルに関しては、それまで全く知らなかったのですが、大柄でインパクトありましたね。

プライベートライアンの魅力その4~自分がその場にいるような迫力

一般的には、三脚を用いて撮影するのですが、それではリアルな映像がとれないと、ハンディカメラで撮影されました。兵士一人ひとりの動向を追っているので、迫力ありますよね。

特にアパム伍長(ジェレミー・ディビス)には共感できますね。ありえないヒーローだと、自分とはかけ離れた人物に思えるんですが、アパム伍長はものすごく普通の人なんですよ。

フランス語とドイツ語が話せるため通訳としてミラー部隊に加わります。でも実践がないんですよ。廃墟ビルの上で格闘する音を聞いて、上がれなくなってしまいその場に座り込んでしまいます。

恐怖心が等身大だった

これによって、仲間がドイツ軍に殺されてしまうんですね。このあと、一度捕虜となって連合軍に投降するように解放したドイツ軍が、再びドイツ軍に加わって再度捕虜になります。

そのドイツ兵を殺してしまうんですね。武器を持っていない相手に対しては強くなれるんですよ。場違いな場面で復讐するんですよね。この情けない部分ってヒーローよりも共感できるんですよね。

この辺りの心理が、まるで自分が戦場にいるような気分にさせられてしまうんですよね。

プライベートライアンの魅力その5~劇中での名言

仲間を数名亡くしてしまったものの、ミラー大尉達はライアン二等兵を見つけることができます。直ぐに帰還を命じられても、ライアンは戻ろうとしません。ミラー大尉と部下はそりゃぁ怒りますよね。

どちらにしても、フランスのラ・メール地域は激戦地区になっていて、すぐに脱出できる状態ではありませんでした。ちなみにこのラ・メールという地域は、映画の中で唯一の架空の街で、スタジオ内に作られたセットです。

ミラー大尉は敵の砲弾を浴びてしまい命を落としてしまいます。そして死に際にライアンに言った言葉が「James・・・Earn This・・・」でした。ジェームス、これ(8人が救助にきたこと)を無駄にするな!ということですね。

「プライベートライアン」などの戦争映画が伝えるメッセージとは?

ノルマンディーにあるオマハビーチのアメリカ軍兵士の墓

@longchamp1123がシェアした投稿 –

ノルマンディー上陸の時に、運よく生き延びられてミラー大尉でしたが、結局その数日後、違う戦地で命を落としてしまいます。折角、生き延びられたのに~いったい何だったんだろう?とつくづく思います。

こうした戦争映画が伝えるメッセージは、「反戦」。こんなに悲惨なシーンは事実であり、意味のないことであるということが、よく伝わってきます。この時明らかに敵国であったドイツ軍にとっても、やはり悲惨だったことは間違いないことですからね。

クリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」では、アメリカ側、日本側の両方からみた戦地を描き、全ての人にとって悲惨なんだということを伝えています。

負の遺産も忘れてはならない・・・

中学生ぶり⁇ くらい久々見たわ〜‼︎ やっぱり面白い‼︎ #プライベートライアン #戦争映画 #movies #otaku #yeahoe

DJ なおと↯まふぃあさん(@naoto_mafia)がシェアした投稿 –

戦場で戦った人たち、祖国で耐えた人たち、全ての人たちは”これからの未来が良くなる”と信じていました。その人たちの思いのおかげで今の幸せがあることを忘れたくないですね。

ちょっと、真面目に終わらせてみました。

プライベート・ライアン (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 24,312

プライベート・ライアン [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013-08-23)
売り上げランキング: 1,032