『一週間フレンズ』はどんな作品?今さら人には聞けない魅力紹介!

『一週間フレンズ』とはどんな作品なんでしょう?その魅力を知ることによってあなたも長谷祐樹と藤宮香織を応援したくなること間違いなしです。

漫画とアニメと映画、3つの作品それぞれの魅力を感じられる『一週間フレンズ』です。さあこの世界観に一歩踏み込みましょう。

『一週間フレンズ』は限られた恋を描く人気漫画

一週間フレンズは月刊ガンガンコミックスJOKERで連載されていた葉月抹茶さんの作品です。4コマ漫画とストーリー型式漫画をミックスした構成になっています。コミックは7巻まで出ており、すでに完結しています。累計100万部以上売り上げられているほどとても人気な作品です。
そんな一週間フレンズはアニメ化も実写映画化もされました。アニメのほうは岩崎太郎さんが監督し、2014年の4月〜6月まで放映されました。映画は村上正典監督によって、2017年の2月に公開されました。映画の方は最近なので記憶に新しいですよね。アニメ映画共にとてもキャストの皆さんが作品の雰囲気と合っていて、とても素敵な作品に仕上がっていたと思います。

『一週間フレンズ』の主題歌はスキマスイイッチの名曲「奏」]

スキマスイッチの奏

そんな一週間フレンズは映画、アニメ共にスキマスイッチの主題歌にしています。スキマスイッチの奏は発売して10年以上たった今でもカラオケランキングで上位を獲得するほど、ロングヒットしているラブバラードです。これまでにもいろいろな歌手にカバーされている人気曲なのでスキマスイッチとして聞いたことはなくても他の歌手のカバーを聴いたことはあるのではないでしょうか?

一週間フレンズとタイアップ

一週間フレンズの主題歌は映画・アニメ共に”奏”ですが、映画とアニメでは違う点がいくつかあります。まず歌っている人が違います。映画版は、スキマスイッチが一週間フレンズ用にリメイクしたものを使っていますが、アニメ版は主人公である藤宮香織が歌っているというイメージで、藤宮香織を演じている雨宮天がカバーしたものを主題歌にしています。

一週間フレンズと奏の歌詞

一週間フレンズは一週間という限られた記憶の中で友達や恋愛をしていくという物語ですが、奏の歌詞を聞いていると、’’君の手を引くその役目が僕の使命だなんてそう思ってた。’’や”重ねた日々がほら導いてくれる”など、物語の主人公である長谷くんの藤宮さんに対する思いとマッチしている歌詞だと思います。

『一週間フレンズ』のあらすじとは?どんなストーリー?

あらすじ

一週間フレンズとは一週間という限られた記憶の中でつのっていく友情や恋愛を描いた物語です。主役の藤宮香織ちゃんは月曜日になるたび友達の記憶を全て無くしてしまうという体質の持ち主です。そんな藤宮香織に想いを寄せる長谷祐樹くんが、最初は拒否されながらもひたむきに彼女を想い、友達を紹介し彼女の体質を治していくそんな物語です。

ストーリーの魅力

一週間しか、記憶を残せない藤宮香織ちゃんが最初はその体質から長谷くんを避けます。しかしいろんな仲間と出会い、少しづつ打ち解けていく様子に、そうそう頑張れっ!と言ってあげたくなるようなストーリーがこの作品の魅力だと思います。

『一週間フレンズ』に登場する個性的なキャラクターたち

長谷祐樹のキャラ情報

長谷祐樹はこの物語の主人公で、後述する彼の友達の桐生将吾に顔を見ただけで何を考えているか見透かされるほど単純な性格をしています。また、物事を悪い方向に考えてしまうネガティブな一面ももっています。

長谷祐樹のアニメ版声優

アニメでの声優は山谷祥生さんで、声優になってから一年目という一週間フレンズの主役を短期間ゲットしたとてもすごい人です。痩せやすい体質で、デブ活と称して太ろうとし、逆リバウンドで痩せてしまった事もあるほどです。
そんな山谷祥生さんは長谷祐樹とはオーディションからシンクロしていたようで、実際アニメを見ても、その演技は、1年しか経っていないとは思えないほど自然です。本人にも演じているという感覚がなかったほどだったそうなので、とてもぴったりな役だったのではないかと思います。

長谷祐樹の実写(映画)キャスト

映画でのキャストは山﨑賢人さんです。これまでもたくさんの恋愛映画に出演しており、言わずと知れた王子様のような俳優さんですよね。たくさんの恋愛マンガの主人公として様々な映画やドラマに出ている、絶対的主人公なので、長谷祐樹のあのほんわかした雰囲気をうまく表現してくれていたと思います。

藤宮香織のキャラ情報

藤宮香織はこの物語のヒロインで、一週間で友達との記憶を忘れてしまう健忘症の一種にかかっています。このことから、普段から友達を作ろうとせず、教室ではいつも一人で過ごしており、笑顔を見せないようにしています。しかし主人公と出会い心を開くことによってもともと持っていたピュアでほんわかした内面を出せるようになってきます。

藤宮かおりのアニメ版声優

アニメでの声優さんは東京喰種の霧嶋董香なども演じている雨宮天さんで、クールビューティーな声優さんです。その見た目と相反して、蜘蛛が苦手だったり、足が好きだったりとクールとは言い難い内面をしています。特に、仲の良い声優をいじって楽しんでいるときはその場の誰よりも子供っぽくなる事もあります。藤宮香織もクールな性格を装っているが、内面はとても天然でピュアなので、雨宮さんにぴったりな役だと思います。

藤宮香織の実写(映画)キャスト

映画でのキャストは川口春奈さんです。 近年さまざまな映画やドラマに引っ張りだこな女優さんですよね。可愛く、清純な雰囲気を持っており、笑顔がとても可愛らしく印象的です。しかし、桜蘭高校ホスト部の藤岡ハルヒなどクールなキャラも演じられており、そのクールな顔と、笑顔の可愛さは、藤宮香織そのものだと思います。

桐生将吾

桐生将吾は一見ダルそうに見せかけていろいろと世話を焼いてくれる、面倒見の良い男の子です。友人である長谷祐樹には事あるごとに相談に乗りアシストやアドバイスをして、解決に導けるよう面倒をよく見ています。

桐生将吾のアニメ版声優

アニメでの声優さんはアニメに幅広く出演している細谷佳正さんです。とても真面目な人だけど、ラジオなどではテンパって共演者がいじりたくなるほどの大量の汗をかきます。しかし真面目な性格からなのか、演じている役も幅広く、自然な演技が持ち味なだけあって、桐生もとてもよく演じられていたと思います。

桐生将吾の実写(映画)キャスト

映画でのキャストは松尾太陽さんです。超特急のメンバー単独で映画に出演するのはこの作品が初めてです。しかし元々俳優志望だったという事もあり、非常に周りに溶け込んでいました。また同じ事務所の山﨑賢人さんとはいつか共演しようと言っていた事もあり、今回の作品での共演はとても嬉しいものだったのではないでしょうか?

山岸沙希

山岸沙希は物忘れが非常に多い女の子で、昨日の事も忘れてしまったりしています。そんな事もあってか、友達に頼るくせが付いており、実際桐生くんにも大変お世話になっています。その忘れっぽさと小柄な体型により、小学生の時にいじめにあっていた事もあり、人に嫌われる事を恐れています。

山岸沙希のアニメ版キャスト

アニメでの声優さんはスイートプリキュアのキュアミューズやゆるゆりの吉川ちなつなどを演じた大久保瑠美さんです。上記二つの作品のように幼い女の子のキャラをとてもうまく演じられていて、大久保瑠美さん自身もとても可愛らしい容姿をしています。そんな、演技も本人自身も可愛いらしい大久保瑠美さんはどこか幼さが漂う山岸沙希ととてもあってとてもよいと私は思います。

山岸沙希の実写(映画)キャスト

映画でのキャストは高橋春織さんで、まだたくさんの作品に出ているわけではありませんが地獄先生ぬ〜べ〜や俺物語!などマンガ原作の作品に出演することが多く、どの役もぴったりとはまっていました!山岸沙希は特に、映画と原作では設定が全然違うキャラなのにもかかわらず、とてもうまく作品に溶け込んでいたと思います。今後の活躍に期待の女優さんですね。

魅力その1〜ヒロインの藤宮香織のピュアな可愛さ〜

この作品の魅力の1つとしてあげられるのはヒロインの藤宮香織がとても可愛いというところです。藤宮香織は今まで友達がいなかったからか、純粋でピュアな性格をしています。他のヒロインとは群を抜いて純粋で素直なところが人を惹きつけるのかなと思います。そんな藤宮香織なピュアさを少しご紹介します。

藤宮香織のピュアなセリフ

長谷くんの勧めで日記をつけ始めた藤宮香織が、友達ができた喜びからか長谷くんにしたお願いのセリフ「日記を読み返すと、毎週月曜日に必ず入っている言葉があるの。また俺と友達になってくださいって。ねえ、長谷君、来週もその言葉を楽しみにしていて良いですか?」こんなことはにかみなから言われたらもう友達になるしかないですよね。こんなピュアなセリフをまっすぐと伝えられるそれが藤宮香織の魅力の1つだと思います。

藤宮香織の行動

記憶がなくなってしまうため、人付き合いをしてこなかったからか、人付き合いの仕方がよくわかっていないようです。藤宮香織の友達のイメージは少女漫画で構成されているので、友達になった長谷くんにお弁当を作ってくるなど友達を非常に大切にし、また、人を疑うことを一切しないそんなピュアな行動をしています。この普通の女子では考えられないようなピュアな行動が、人気を集めるのではないでしょうか?

魅力その2〜真っ直ぐで、一途な長谷祐樹の想い〜

また、主人公の長谷祐樹も非常に好感の持てるキャラクターです。藤宮香織ちゃんに友達になることを拒否されても月曜日になって忘れられても、藤宮香織ちゃんと友達になることを望み、声をかけに行く、この断られてもめげない精神が藤宮香織ちゃんの心を変えたのではないかなと思います。そんな長谷祐樹の一途な部分について紹介します。

長谷祐樹のひたむきさ

長谷祐樹は、いつも藤宮香織ちゃんの幸せの為に行動しています。だから藤宮香織ちゃんに友達である桐生を紹介したり、山岸沙希ちゃんと友達になりたいといえば、それを全力で応援したりともしかしたら恋愛的に言えば自分のマイナスになりかねない行為でも、藤宮香織ちゃんの幸せの為に行ったりしています。こんなひたむきに藤宮香織ちゃんの幸せを思って行動する。そんなところがとても魅力的だと思います。

魅力その3〜主人公だけじゃない!交差する想い〜

山岸沙希と桐生将吾

原作ではくっついた描写は見当たりませんが、幼い頃から桐生くんに助けられており、桐生くんもそんな沙希ちゃんを助けるこのような構図がよく見られ、お互いに想いあっていることがよくわかります。また、高校になってからも沙希ちゃんをたびたび助けている桐生くんと頼っている沙希ちゃんのこの絶妙な距離感がムズムズします。

山岸沙希と長谷祐樹

映画版では、長谷祐樹と幼馴染だったという設定になっており、沙希ちゃんはむかしから長谷祐樹のことを想っているということになっています。ずっと想っていた相手が自分のそばで自分ではない違う相手にずっと視線を向けられているそんな状況とても切ないですよね。そんな切ない部分も見どころだとおもいます。

『一週間フレンズ』の感動的なストーリーをぜひ見て欲しい!

一週間フレンズの一週間という短い期間しか記憶がもたない中で、確かに想いが成長して行くその姿に誰もがドキドキするとおもいます。映画版、アニメ、原作と少しずつ話が違うので、ぜひ自分が見ているのと違うほうも見て楽しんでもらえたらとおもいます。
私たちも一週間を大切に積み重ねていきましょう。