坂本勇人に結婚の噂!その真相と熱愛遍歴を調査した\t

坂本勇人といえば巨人軍の頼れるリーダーですよね。そんな彼に結婚の噂が立っているのをご存知でしょうか?今回はそんな彼の結婚に関する噂を過去の恋愛遍歴とともに振り返ります。

読売ジャイアンツの主将!坂本勇人とは?

坂本勇人(さかもとゆうと)という野球選手、ご存知ですよね?巨人軍の中心選手として活躍する彼に今、結婚の噂が持ち上がっているのですが、果たして一体真相はどうなんでしょうか?今回はその噂を追ってみました。

彼は1988年12月14日生まれ兵庫県出身のプロ野球選手です。現在は読売ジャイアンツに所属し、第19代目となる主将を務めています。そして、2016年にはセントラルリーグ遊撃手史上初の首位打者を獲得するなどまさに破竹の勢いで活躍しています。

小学一年生の頃から野球を始めたそうで、野球一筋の人生を送ってきたようです。プロ入りする前には田中将大とバッテリーを組んでいたこともあるそうです。そして、第78回選抜高等学校野球大会にも出場した経験を持ち合わせます。こちらの記事もチェック!

坂本勇人が結婚しているという噂は本当?



坂本勇人の結婚歴ですが、今まで結婚したことは一度もないようです。現在28歳なのでそこまで不思議な話でもないのではないでしょうか。しかし、坂本はその容姿や運動神経の良さから野球界屈指のモテ男と言われています。

雑誌「フライデー」では坂本勇人選手のベッド画像が流出したこともあります。歴代の彼女は多くいるらしいのですが、中でも一番結婚まで近づいた方は同じくアスリートの田中理恵さんだと言われています。2014年3月14日のフライデーのスクープをきっかけにスポニチの一面で大きく二人の熱愛が報道されました。

他にもJJモデルの土岐田麗子なども噂が浮上していたようです。坂本が田中と破局した後に浮上しました。そして続いてはタレントかつモデルのダレノガレ明美です。彼女自身が坂本の大ファンであることを公言しています。ブログでダレノガレが彼氏ができたことを報告するも、誰かは明かさなかったことで噂が浮上したみたいですね。こちらの記事もチェック!

坂本勇人の結婚相手は一体誰?

謎に包まれた結婚相手の予想は誰だ?

坂本勇人の結婚相手ですが、現在は熱愛報道もなく、本人からの発表もないのですぐに結婚するということはないと思います。今までの経歴で言えば、結婚に一番近かったのはやはりアスリートの田中理恵なのではないでしょうか。彼女との間には多くの報道がありました。

彼女は元体操選手で引退後は日本体育大学で教員として活躍しています。二人は付き合っていた期間自体は短かったものの、結婚を前提に真剣に交際していたと言います。そんな二人の出会いのきっかけは2013年の秋頃に巨人の食事会に田中理恵が招かれたことから始まったと言われています。

二人とも関西出身ということもあり、すぐに意気投合し、仲良くなったそうです。お互いの両親にも紹介を済ませ、ゴールイン目前と思われた二人ですが、田中はタレント活動を本格的に開始しようとしていたため坂本の求める専業主婦とはなれず最終的に2014年7月頃に二人は破局してしまいました

お互いの両親にも紹介済みということで結婚まで秒読みだった二人ですが、結局は破局という最後を迎え別々の道へと進むことになりました。以前と変わらず野球に打ち込む坂本に対し、田中理恵は2017年1月には自身のブログ上で結婚を発表しています。

お相手は明かされていないものの、30代の一般男性だと言われています。

坂本勇人の野球人生を追う

読売巨人の主将に至るまでの戦績

先ほどもご紹介したように坂本勇人の野球人生は小学一年生の時から始まります。当時は昆陽里タイガースというチームに所属していて、田中投手とバッテリーを組んでいました。卒業後は八戸市の光星学院高等学校に進学し、1年生の頃からいきなりショートのレギュラーを勤めるようになります。

そして、選抜高等学校野球大会に出場を果たします。チームは一回戦で敗退してしまったものの、坂本自身は3安打を記録します。高校を卒業し、2006年9月に行われた高校生ドラフト会議にて読売ジャイアンツが堂上直倫の外れ一位で坂本勇人を指名し、契約金8000万円、年棒650万円で契約を結びます。

入団2年目までつけた背番号61は200「6」年のドラフト「1」位という数字に起因しているようです。2007年の7月には一軍に昇格し、好戦績を残します

その後、2008年には松井秀喜以来初となる10代での開幕スタメン入りを果たします。順調な活躍を残していた彼ですが、夏場には打率が2割2分台まで落ち込み、代打を出されることもしばしば。しかし、最終的には盛り返して、全試合スタメン出場を果たしました。

高卒2年目での全試合スタメンは中西太、清原和博に続く史上3人目の快挙でした。オールスターゲームにも出場し、第二戦で初安打を記録します。2009年は下位打線での出場が続きましたが、それでも4割近い打率を維持する好成績でした。

7月には腰痛を発症し、数試合欠場もありましたが、最終的な打率は3割を達成し、ベストナインにも選出されました。そして、2010年には全試合フルイニング出場を達成し、1億2000万円の年棒を獲得します。2014年には優勝旅行先のハワイで阿部慎之助から巨人主将の座を受け継ぎ、最年少での主将に任命されました。

坂本勇人は今後も活躍が期待できる巨人のエース

2010年に年棒が一億円を突破し、晴れて一億円プレーヤーの一人となった坂本勇人ですが、2016年には三井ゴールデン・グラブ賞を受賞するなど多くの活躍を見せ、年棒は前年から一億円増の3億5000万円となりました。これにより、阿部慎之助や内海を抜いて、現在は巨人軍の中で最高の年棒受給者となりました。

今年はWBC日本代表のメンバーに選出され、打率4割超を記録するなど全く衰えるところを知らず破竹の勢いで邁進しています。今後も彼の野球での活躍、さらには恋愛面での動きにも注目したいですね。

オフィシャルBOOK ♯6 坂本勇人
大道典嘉
徳間書店
売り上げランキング: 178,050

だから僕は、笑顔になれる
主婦と生活社
売り上げランキング: 81,602