ズラタン・イブラヒモビッチの名言ランキングTOP10!伝説の悪童を知れ!

世界最高峰のFWズラタン・イブラヒモビッチの名言TOP10の特集します!彼が悪童と呼ばれる理由や世界トップクラスのストライカーである理由が分かるかもしれません!発言やその背景に迫っていきます。

世界屈指のFWズラタン・イブラヒモビッチとは

I came. I said. I conquered.

IAmZlatanさん(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿 –

ズラタン・イブラヒモビッチは1981103日生まれの35歳。身長195cmの大型フォワードで現在はイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属しています。代表での活躍も著しい、母国スウェーデンの英雄です。
4つのリーグのビッグクラブを渡り歩いてきたイブラヒモビッチは、全てのリーグで優勝を経験し、5度の得点王に輝くほどのストライカーです。恵まれた体格とその才能を生かし、得点を量産していきました。
幼い頃はサッカーとテコンドーをやっていたイブラヒモビッチ。学校では相当やんちゃだったようで全く手が追えないほどだったようです。そんな彼がサッカーのプロになり世界屈指の実力を手に入れるまで、どんな名言を残してきたのでしょうか。

悪童、ズラタン・イブラヒモビッチの名言TOP10はこれだ!

10位 俺はズラタンだ。それ以外の何者でもない。

Smile! #behindthescenes #madebysweden @volvopersonbilarsverige

IAmZlatanさん(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿 –

オランダ代表のレジェンド、マルコ・ファン・バステンの後継者と言われていたイブラヒモビッチ。在籍していたアヤックスではファン・バステンやパトリック・クラファートなどが背負っていた9番を受け継ぐことになりました。
それ以来常にファン・バステンの後継者として彼の影を背負いながらプレーすることになりました。後継者と言われるプレッシャーの中でも得点を量産しエールディビジ優勝を果たしています。
しかし、いい加減うんざりしたイブラヒモビッチ、もともとファン・バステンに憧れていた訳ではなかった彼が放ったのがこの一言でした。後継者と呼ばれることは、彼には魅力ではなかったのでしょう。

9位 俺がインテルにスクデットをもたらした

My favorite @VitaminWell is #Reload. Which one is yours?

IAmZlatanさん(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿 –

2006-09年のシーズンをインテルで過ごしたイブラヒモビッチは、在籍している3シーズンの間スクデット(セリエAリーグ優勝)を逃したことはありませんでした。
在籍3年目のシーズンでは35試合に出場し25得点をマークし、自身もセリエA得点王に輝きました。
このシーズンは、イブラヒモビッチのおかげでスクデットを獲得したと言っても過言ではないくらいの躍進ぶりでした。
確かにイブラヒモビッチの活躍ぶりはすごかったですが、あくまでチームで勝ち取った優勝です。それを俺のおかげだというのはイブラヒモビッチ以外できないと思います。この辺りはさすがです。

8位 ついに俺のユニフォームが彼を連れ戻した。

Finally my shirt brought him back. @paulpogba

IAmZlatanさん(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿 –

これはマンチェスター・ユナイテッドにフランス代表ポール・ポグバの移籍が決定した時の言葉です。当時移籍金ランキング1位だったガレス・ベイルを抜く移籍金1500万ユーロ(約115億円)という破格の移籍金でした。
ユベントスで著しい成長を遂げたポグバに様々なビッグクラブからオファーがありました。ビッグクラブからの誘いを断り、古巣のユナイテッドを選んだのはユナイテッドのおかげで成長できたと感じていたからでした。
この世界中が注目する移籍の中でイブラヒモビッチは、自分のおかげでポグバが帰ってきたと発言しています。これが冗談なのか本心なのかわかりませんが、イブラヒモビッチなら本心で言っていても納得してしまいます。

7位 一つ確かなことは、俺のいないW杯なんて見る価値がない

Don’t miss out on the big launch today. Stay tuned at @azsportswear #itsnotaboutthegear

IAmZlatanさん(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿 –

2014年のW杯出場権をかけたポルドガルトのプレーオフに敗れた時の一言。この時スウェーデンは合計スコア2-4で敗退しています。イブラヒモビッチ自身は得点しているだけに納得できずこの発言につながったと思います。
スウェーデンはその前の2010年でも同じくプレーオフで敗退しています。世界から見たら中堅のスウェーデンが参加資格を取るのは困難でした。W杯で活躍するイブラヒモビッチを見たかったのですがその夢も叶いませんでした。
本人は世界最高峰の選手だという自負があるため、W杯のタイトルが欲しかったと思いますが、縁のないタイトルとなってしまいました。その後イブラヒモビッチは代表引退を発表しています。

6位 素晴らしい監督だが臆病者

ペップ、マンC! #ペップ #グアルディオラ #マンチェスターシティ

shoichiroさん(@siders_1)がシェアした投稿 –

これはイブラヒモビッチが監督ジョゼップ・グアルディオラ(以下ペップ)に対して言った言葉です。イブラヒモビッチとペップの仲の悪さは有名で、それは2人が一緒だったFCバルセロナ時代からの話です。
イブラヒモビッチは自伝で批判するくらい嫌いですが、監督としては認めています。どうやらプレーの内容やチームへの貢献度の話ではなく、人として二人は合わず対立してしまったようです。同じチームなのに半年も口をきかない期間があるくらい対立していました。
対立して以来バルセロナでの出場機会が減り、イブラヒモビッチは移籍します、ペップも追い出したいような意思をみせていました。その後も関係は修復はしていません。今後は、両者が所属するチームが対戦するときの言動など、注目してみてください。

5位 ロナウドが俺のヒーローだ

ブラジルの怪物ロナウドを尊敬している選手としてあげたイブラヒモビッチ。ロナウドといえば日韓W杯でも大五郎カットで爆発的な活躍をみせチームを優勝に導いた選手で、知っている人も多いと思います。
ロナウドのポスターを部屋に飾るほど好きだったそうで、最高だと褒めちぎっています。ロナウドをヒーローだといい目指してきた彼は、プレースタイルこそ違うものの、同じ世界屈指のストライカーになっています。
また、インテル時代に同じピッチに立ったイブラヒモビッチは、半笑いでロナウドから視線を外しませんでした。それは尊敬している選手と対峙した興奮と緊張から来るものだったそうですが、目線の先のロナウドは少し戸惑ったようにも見えました。

4位 なんでだい?君は今、その神を見つめてるじゃないか。

W杯のプレーオフ中、リポーターとのインタビュー中の一言です。『神に尋ねるのは難しそうね。』とリポーターがイブラヒモビッチに質問した時、自らを神といい回答していました。インタビューしていた人も驚いたと思います。
普段から俺様発言が目立ち、自分こそが最高だと言っているイブラヒモビッチですが、この時は神の位置まで上り詰めていますね。でも不思議とかっこいいと思ってしまうのは彼がイブラヒモビッチだからでしょう。
イブラヒモビッチだから許される冗談で、イブラヒモビッチだから名言になったこの言葉。彼の精神は一流プレイヤーの域をとっくに抜けていたのかもしれません。

3位 世界には、誰にも応援されない名前がある

PSG在籍時、カーン戦の得点後にイブラヒモビッチは警告覚悟でユニフォームを脱ぎました。それは体に刻まれた餓死と戦う人々の名前を見せるためでした。
イブラヒモビッチはこの日の為に、消えるタトゥーで50人の子供達の名前を体に刻みました。これは国連WFPへの支援のために施されたものです。本当は8500百万人全員の名前を入れたいと言っていました。
世界のリーダー達に見せることで、世界の餓死問題を解決できると思いチャリティーに参加したイブラヒモビッチ。自分の活躍を見るたびに彼らを思い出して欲しいとも発言し、問題解決に前向きな姿勢を見せています。

Q: Den 14 november 2012 slog ni England med fyra mål i invigningsmatchen på Nationalarenan. Ikväll, den 14 november 2015, är det dags för en annan viktig match på arenan, Playoff mot Danmark. Hur går dina tankar inför matchen? Zlatan: Fokuserad. Q: Danskarna har försökt inta Skåne genom att fylla Malmö stad med Bendtner-affischer och danska flaggor. Har du någon hälsning till danskarna som försöker psyka svenskarna i söder? Zlatan: Ingen alls. Q: Sverige har mött Danmark 104 gånger och historiskt sett är det fördel för Sverige med flest vinster. Danskarna visar hellre på andra siffror, som att du aldrig gjort mål mot danskarna. Någon kommentar på det? Zlatan: Ingen där heller. Q: Vid Fotbollsgalan i måndags fick du ett par ord på vägen av Frank och Melwin: ”Sumpa inte det här”. Kan grabbarna och svenska folket räkna med att du leder det svenska landslaget mot EM i Frankrike? Zlatan: Jag hoppas det.

IAmZlatanさん(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿 –

また、INAS世界選手権という知的障害を持った人たちのサッカー大会でも寄付をしています。母国スウェーデンが開催国ブラジルまでの遠征費が捻出できなかった時、イブラヒモビッチが全額寄付しました。
チャリティーオークションにだすユニフォームの寄付をお願いされたイブラヒモビッチは、それだけでは全額まかなえないのを見越して、逆に銀行口座を聞きます。そこに遠征費用510万円全額振り込みました。
その後のスウェーデンサッカー協会のインタビューでは『サッカーに性別や健常者などは関係ない、誰にでもプレーされるべき』と語りました。ピッチを離れると悪童の異名も感じさせないくらいに魅力的です。

2位 『我が道を進め』と俺は言いたい。それがどんな道であってもだ。

Q: Tonight, it’s time for Champions League as you receive Manchester City at home on Parc des Princes. The other day you got a perfect warm-up by winning 4-1 over league-third Nice, a match where you performed a hat trick. What are your thoughts about the quarterfinal? Zlatan: An important and difficult match. Q: Manchester City eliminated Dynamo Kiev in the previous round, and for the first time in club history they get to play quarterfinals in the Champions League. What do you think of the light-blue team from Manchester? Zlatan: It’s a very good team. Q: City is, just as PSG, a world class team packed with stars. Which City players would have made the PSG starting lineup? Zlatan: They have a good team, and we have a good team. Q: The keeper for Manchester City is Englishman Joe Hart, a player who has conceded beautiful Zlatan goals before. How about adding to his misery tonight? Zlatan: Let’s see what happens.

IAmZlatanさん(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿 –

これは名言の一部の抜粋です。自分の哲学を信じて進み続け、成功したイブラヒモビッチだからこそできた発言です。信じた道が成功に繋がることを身をもって表現している彼がいうから信頼できる言葉です。
自らを変わり者と言っているイブラヒモビッチ、とにかく周りの意見に惑わされることなく我が道を進むタイプです。変わり者なので叩かれることも多い彼ですが、実力をみせることで批判する人に認めさせてきました。
彼は普通とは違う人を潰そうとする行為を嫌っていますが、それは人一倍避難を受けてきたからだと思います。人一倍批判されてきた彼が、自分と同じような境遇の人を勇気付けるために放った一言にもとれます。

1位 王としてここにやってきて、レジェンドとして去ることになる。だが、再び戻ってくるよ。

これはイブラヒモビッチがPSGでの引退時に放った一言です。PSG4年間在籍したクラブで本人は相当居心地が良かったようです。それにしても普通の人には思いつかないようなセリフを残しましたね。
ここでも彼は得点を量産、加入したシーズンから4年目までリーグアンで4連覇を達成しています。とにかくどこへ行っても活躍できるのは彼の強靭なメンタルとプレースタイルの確立が大きいところだと思います。
この4年間で得点王と年間MVP3回受賞するなど、驚異的な活躍をみせたイブラヒモビッチ。PSG歴代最多得点者の記録も塗り替え、魔法のシーズンを過ごすことになりました。そんな彼だからこそこの言葉が出たのだと思います。

悪童の数々の名言。今後の発言からも目が離せない!

Nr 33

IAmZlatanさん(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿 –

いかがでしたでしょうか。イブラヒモビッチはプレーでも発言でもサポーターを楽しませてくれています。彼を嫌っていた人ですら虜にしてしまうほどの魅力を持った選手ですね。
その強気なプレースタイルや発言から悪童の名をつけられていますが、知られてない意外な一面もみれたのではないでしょうか。
現在34歳になった彼は怪我で戦線を離脱していますが、1日でも早く復帰できることを願っています。そして復帰後も、現役引退後もイブラ節での発言から目が離せません。スウェーデンのレジェンドはどんな言葉を残してくれるのでしょうか。