尾田栄一郎も嫉妬?『四月は君の嘘』が泣ける5つの理由。名言やOPED曲、漫画とアニメの表現比較も!ネタバレ注意

若き音楽家たちが葛藤する青春ストーリー。嘘によって、登場人物たちがどう変化していくのか?主人公が苦悩する訳とは?ワンピース作者の尾田栄一郎先生が絶賛する『四月は君の嘘』を見てみましょう!

『四月は君の嘘』とは?

月刊マガジンで漫画連載

出典:https://www.amazon.co.jp

2011年5月から2015年3月号まで「月刊少年マガジン」で連載されていた「四月は君の嘘」。内容もデザインも少女向けかな?と思っていると、これが少年誌でも大ヒットになりました。

「月刊少年マガジン」で連載デビューした新川直司先生は、青春漫画をマガジンで書き続け、次の連載に向け担当と話し合ううちに「ヴァイオリンを弾く少女を描きたい」と思ったそうです。しかし、新川先生自身はクラッシック音楽には縁遠いヘヴィメタル信者。

担当は「音楽関係の漫画は、絵で表現するのが難しいんじゃ…」とアイデア段階で没に。それにも負けず、挑戦した「四月は君の嘘」は、担当の予想を上回る人気作品になりました。

ノイタミナでアニメ化

久しぶりにアニメ版の「四月は君の嘘」を全話一気に鑑賞。本当、好きな作品。 #四月は君の嘘

shingoharadaさん(@shingoharada1218)がシェアした投稿 –

アニメ化では、イシグロキョウヘイさんが監督を担当します。イシグロ監督はフリーランスになってからの初監督。熱が入った作品になりました!

「僕らは誰かと出会った瞬間から、一人ではいられないんだ。」と始まるストーリーは、表情豊かに動き回るキャラクターに引き込まれていきます。漫画では想像するしかなかった“声”も、この作品では神がかっていました。

筆者のオススメは、宮園かをり役の種田梨沙さん。明るく芯の強い活発な女の子。しかし、裏では悲しい秘密をひた隠しにして振舞うかをりは、種田さんの声以外では表現できなかったでしょう。

広瀬すずと山崎賢人の実写化

出典:https://www.amazon.co.jp

そして、2016年9月に実写化して帰ってきました!主人公を公生からかをりに変え、ますますかをりの悲しさを助長するようになった実写化。これは涙無くしては語れません。

もちろん、公生の心の闇も深く根深いものですが、筆者はかをりを演じた広瀬すずちゃんの笑顔が悲しく見えて、しょうがありませんでした。

「君嘘(きみうそ)」と略されて愛された漫画は、アニメ化し実写へ。どの作品を見ても感動し、どうしようもないことに苛立ちを覚え、泣いてしまいます。これほどまでに心を打つ作品、あらすじを紹介しましょう。

『四月は君の嘘』のあらすじ

出典:https://www.amazon.co.jp

幼い頃から、天才的なピアノの腕で「神童」と言われてきた有馬公生。厳しい母の指導の元、数々のピアノコンクールで優勝していました。まるで機械のような正確な演奏は「ヒューマンメトロノーム」と呼ばれ、誰にもまねできない芸当です。

ところが、公生が11歳の時に異変が起こりました。もともと病気を患っていた母の死。これをきっかけに公生の耳は、自分の奏でるピアノの音だけが聞こえなくなります。そのため、ピアノから遠ざかるようになっていきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

視覚にも異変は表れます。見る物全ても色がない世界、モノトーンの世界で公生は日々過ごしていました。14歳になったある日、ヴァイオリンを弾く宮園かをりと出会います。かをりの演奏を聴いているうち、自然と公生の目には色付いた景色が戻ってきました

この出会いから公生の日常は変わっていきます。遠ざかっていたピアノに向き合わせようとする、強引なかをり。周囲もグイグイ音楽の道へ連れ戻そうとします。かつてのライバルたちにも背中を押され、公生はピアノに向き合いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

そして、恋も動き出します。公生は強引ながらもピアノの道へ導いてくれたかをりへ恋心抱きましたが、かをりは公生の親友:渡亮太へ好意を寄せていました。

果たして、再びピアノに向き合う公生は音楽の道へ突き進むことができるのか?かをりへの恋心はハッピーエンドへと続くのか?気になるところですね。 ※ネタバレへ続く…

泣ける理由1.【漫画版】ONEPIECEの尾田栄一郎も嫉妬する表現力が泣ける!

出典:https://www.amazon.co.jp

「四月は君の嘘」がヒットしたきっかけを作ったのが、尾田栄一郎先生。TV番組「一流が嫉妬したスゴイ人」で、嫉妬した漫画にこの作品を挙げました。

「締め切り前の気分転換のつもりで手に取った「四月は君の嘘」。1,2巻で止めようと思っていたところ、気付いたら全巻制覇してしまった。」なんと、自分の原稿を落としそうになったそうです。「グイグイ引き込むんじゃないよ!」ともコメントされた作品なんです。

尾田先生が嫉妬したのは「表現力」。日本人特有の“距離感”がイイ!と絶賛しています。「漫画が最も苦手な分野“音楽”の表現が、まあ見事!」ということです。音が無い漫画であっても、聞こえてくるような表現力があるということでしょう。

泣ける理由2.【アニメ版】アニメ版のOP、ED、挿入歌が泣ける!

オープニングテーマ

出典:https://www.amazon.co.jp

「光るなら」Goose house(グースハウス):もともと個人で活動していたシンガーソングライターの集まり。1羽では出来ないことも群れなら出来る。ということで、渡り鳥の鴈(Wild goose)から名付けたグループ名だそうです。

「七色シンフォニー」コアラモード.:あんにゅさんと小幡康祐さん、男女2人組のユニットです。故郷の横浜みなとみらいを拠点にストリートライブをしていました。あんにゅさんのふんわりした歌声に、キリっと締まる小幡さんのサウンドが魅力です。

エンディングテーマ・挿入歌

出典:https://www.amazon.co.jp

「キラメキ」wacci:「わたしたち」という意味を込めて名付けられたグループ。かをりのいじらしさを堪能した後のエンディングで、パッと気持ちを切り替えるには持って来いのポップなサウンドです。

「オレンジ」7!!:三ツ矢サイダーCMオーディションで、バンド部門グランプリを獲得した女性ロックグループ。ボーカルNANAEの澄んだ声で「君の笑顔を思い出して…」と歌われてしまうと、泣きそうになります。

この作品には、クラッシック音楽がふんだんに取り入れられており「あっ、聞いたことがある」と、耳を傾けてしまうでしょう。アニメで流れてくるクラッシクのタイミングがイイんです!

ほとんどキャラクターが演奏しているのですが、その心情に合った音楽ばかり。音楽で感情表現をしているように聴こえます。

泣ける理由3.作品テーマ「母と子」の愛と別れが泣ける!

アニメ第13話「愛の悲しみ」公生は、かをりの伴奏をするためガラコンサートのステージで出番を待ちます。しかし、会場にかをりは現れない。1人でもステージに立つことを決めた公生は、母が好きだったクライスラー「愛の悲しみ」を弾き始めます。

ここで回想される母との思い出。虐待にも思えた母のピアノレッスン。これは、死期を悟った母が「将来、音楽で食べていけるように」「今のうちに…体が動くうちに…」と、公生に与えた愛情でした。

しかし、母の愛情は公生を追い詰めてしまいました。音楽が公生を苦しめるようになり、母にかけた最後の言葉は「お前なんか、死んじゃえばいいんだ」。これがお別れの言葉になってしまいます。

弾き始めた音は、怒りをぶつけたように荒々しい物でした。「証明してやる。僕はすごい」「僕を伴奏に添えるかをりは…もっと、スゴイ!」。何かを吐き出すように鍵盤を叩きつけていましたが、ふと小さい頃の思い出が蘇ります。

母が言った言葉「赤ちゃんの頭をなでるように、抱きしめるように弾くのよ」。ここから公生の演奏が変わりました。今までは迫力で押していた音が、誰かに語り掛けるような「愛の悲しみ」になったのです。公生は演奏を通じて、きちんと母にお別れをすることができました。

泣ける理由4.公生母、凪、瀬戸等、脇役が名言量産する?泣ける名言TOP5

TOP5:澤部椿

#四月は君の嘘 #澤部椿 5月19日は澤部椿の誕生日

@123123saiがシェアした投稿 –



「あんたの青春って何!? 14の春は二度と来ないのよ」

アニメ第1話から、鬱々としている公生に向かっての発言です。椿には、ピアノを弾いて輝いていた公生の思い出があります。キラキラ光っていなければいけない思春期、あの頃の公生に戻って欲しかったのでしょう。

TOP4:瀬戸紘子



「ピアノは演奏者の全てを引きずり出すわよ」

公生の母:早希とは音大時代からの友人。日本屈指の評価を受けるピアニストでもあります。幼い頃の公生にいち早く才能を見出し、ピアニストの道を勧めたのも紘子でした。楽しそうに演奏する公生や、1人になり音楽に苦悩する公生を見続けた、指導者からの言葉です。

TOP3:相座凪

「頑張って、負けないで、なんて…なんて無責任な言葉だ…」

凪らしい言葉です。ツンデレお嬢は、1人前の女性でした。皆さんは沈んでいる人を見かけたとき、元気づけたくなりませんか?その時「頑張って!」と声をかけたくなりますよね。その行為を、凪は自己満足と吐き捨てました。凪なりに闇があるのでしょう。

TOP2:渡亮太

「無理かどうかは、女の子が教えてくれるさ」

サッカー部のキャプテン。モテモテのリア充君からの名言です。渡りのモテ具合に対し、自分には無理だと諦めの態度を見せます。そんな公生を見た渡は、自分で決めつけることでは無い。相手が決めることだ。と諭します。

TOP1:有馬早希(公生母)

「悲しみに慣れておくためよ」

公生の問いかけ「「愛の喜び」と「愛の悲しみ」があるのに、どうしていつも「愛の悲しみ」を弾くの?」に対して、母が言った言葉です。病状が重くなり「私の宝物は幸せなれるかしら…」と、公生のことを心配し続けた母。これには泣けます。

泣ける理由5.”嘘”の本当の意味が泣ける!※ネタバレ注意

難病を患っていたかをり。自分でも病気の進行具合は手に取るように分かります。それはヴァイオリンの弓さえ握れぬほどに…。こうなってからもかをりは嘘を付き続けました。

「コンクールに出ようと思っている」と公生から打ち明けられたかをりは、「難しい」と言われていた手術を受ける決心がつきます。コンクール当日は、かをりの手術日。演奏も序盤に差し掛かっていた公生は、かをりの幻想を見ます。そして、全てを悟るのでした。

いつもの学校生活に戻った公生のそばには、かをりの姿はありません。あるのは、かをりが残した手紙だけ。そこには、今までかをりがついてきた「嘘」が綴られていました。

かをりの「嘘」

かをりが公生を初めて見たのは、5歳の時のピアノコンクール。公生のピアノを聴いたかをりは「一緒に演奏したい」と、自分はヴァイオリンの道へ転向しました。このことを隠し、「渡君が好き」と公生に近づき、公生をピアノの元へ向かわせました。

そして、かをりの付いた最大の嘘は「好きな人は公生じゃない」ということ。かをりは最後の手紙に今まで隠してきた公生への本当の気持ちを遺し、旅立ったのです。「公生が好き」と、言えないままに…。

『四月は君の嘘』は「嘘」が心を強くする青春物語

講談社漫画賞受賞作品

出典:https://www.amazon.co.jp

尾田栄一郎先生がきっかけではありますが、世に知られるようになってからは大変な感動を呼びました。2012年度マンガ大賞にノミネートされ、2013年には講談社漫画大賞少年部門を受賞しています。

そして2014年には『四月は君の嘘』クラッシクコンサートが開催され、大変な反響を生んでいます。これほどまでに人気が出たのは、『四月は君の嘘』自体に力があったからに他なりません!

「嘘」とタイトルに付いたこの作品は、優しいシーンも残酷な出来事もすべてさらけ出しています。嘘によって守られ、傷つけられ、救われる物語を、もう一度堪能してみませんか?心が弱っている時におすすめの物語です!